直木賞のすべて
第22回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

山田克郎
Yamada Katsuro
生没年月日【注】 明治43年/1910年11月5日~昭和58年/1983年4月26日
受賞年齢 39歳5ヵ月
経歴 本名=山田克朗。旧朝鮮・釜山生まれ。石川県金沢市で育ち旧制中学4年のときに香川県高松市に移転。早稲田大学商学部卒。
受賞歴・候補歴
  • |予選候補| 第15回直木賞(昭和17年/1942年上期)「帆装」
  • |予選候補| 第16回直木賞(昭和17年/1942年下期)「魚姿」
  • |候補| 第21回直木賞(昭和24年/1949年上期)「海は紅」
  • 第22回直木賞(昭和24年/1949年下期)「海の廃園」
処女作 「燈台視察船」(昭和12年/1937年)
サイト内リンク リンク集
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第15回推薦候補  一覧へ

ほそう
帆装」(『大衆文藝』昭和17年/1942年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第4巻 第6号  別表記6月号
作品名 別表記 「帆
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和17年/1942年5月20日 発行 昭和17年/1942年6月1日
発行者等 編輯兼印刷発行人 和田英雄 印刷所 常磐印刷所(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市) 本誌広告取扱所 八弘社(東京市)
発行所 合資会社新小説社(東京市)
装幀/装画等  三芳悌吉
総ページ数 152 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
29字
×22行
×2段
本文ページ 46~60
(計15頁)
測定枚数 42
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和17年/1942年9月・泰光堂刊『帆装』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 山田克郎 男31歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男48歳
10 「数度の文学化が足りないと思う。」
佐佐木茂索
男47歳
1  
大佛次郎
男44歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「5」
時代設定 場所設定
[同時代]  太平洋上
登場人物
能崎(香川県粟島商船学校の練習生)
苗村(能崎と同室の練習生、鳥取の商船学校所属)




直木賞 第16回推薦候補  一覧へ

ぎょし
魚姿」(『大衆文藝』昭和17年/1942年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第4巻 第12号  別表記12月大東亞戦争一周年記念号/12月号
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和17年/1942年11月15日 発行 昭和17年/1942年12月1日
発行者等 編輯兼印刷発行人 和田英雄 印刷所 常磐印刷所(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市) 本誌広告取扱所 八弘社(東京市)
発行所 合資会社新小説社(東京市)
装幀/装画等  松田 穰
総ページ数 180 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×22行
×2段
本文ページ 66~87
(計22頁)
測定枚数 57
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和18年/1943年☆月・淡海堂出版刊『美しき魂』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 山田克郎 男32歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男49歳
1  
吉川英治
男50歳
0  
佐佐木茂索
男48歳
0  
久米正雄
男51歳
0  
大佛次郎
男45歳
0  
菊池寛
男54歳
   
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「5」
時代設定 場所設定
[同時代]  ロシア・カムチャッカ
登場人物
西清六(宝永丸船主)
平松常次郎(ロシア領漁業者、宝永丸船員)
郡司大尉(北洋開発の先駆者)




直木賞 第21回候補  一覧へ

うみ くれない
海は 紅」(『大衆文藝』昭和24年/1949年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第11巻 第5号  別表記5月号
作品名 別表記 は紅」 目次 ルビ有り「くれない」
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和24年/1949年4月25日 発行 昭和24年/1949年5月1日
発行者等 編集印刷兼発行人 島 源四郎 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 合資会社新小説社(東京都)
装幀/装画等  木内 廣
総ページ数 96 表記上の枚数 編集者の手帖 80枚 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 2~26
(計25頁)
測定枚数 77
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和24年/1949年12月・光文社刊『現代小説代表選集 第5』所収
>>昭和25年/1950年8月・宝文館刊『海の廃園』所収
>>昭和30年/1955年10月・河出書房/河出新書『海の竪琴』所収
>>昭和35年/1960年☆月・青潮社刊『帆と雲と水平線』所収「小説海は紅」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 山田克郎 男38歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男55歳
5 「有力な候補作品だったが、次の機会を待っても遅くはないと思い、そうした。」
久米正雄
男57歳
7 「「海は紅」の抒情詩と、浪漫味に感心した。」
大佛次郎
男51歳
0  
獅子文六
男56歳
0  
木々高太郎
男52歳
9 「まだ数篇の作しか持たない、その一篇を委員がまわしよみをしたのがある。」
井伏鱒二
男51歳
0  
川口松太郎
男49歳
2 「他に山田克郎の「海は紅」などもあったが、」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『文藝讀物』昭和24年/1949年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「発端」「青春の終止符」「白馬の少女」「海の二匹の狼」「魔の娘」「支部長といふ地位」「灯影の風」「風に倒れた断食」「霧笛の幻想」「昭子と千里」「霧笛舎の亡妻」「終章」
時代設定 場所設定
[同時代]  北海道ノシャップ
登場人物
佐川逸平(若き燈台員)
千里(牧場の娘、部落民に“魔の娘”と呼ばれる)
昭子(燈台長の娘)
堀田(燈台次長、男やもめ)




直木賞 第22受賞  一覧へ

うみ はいえん
海の 廃園」(『文藝讀物』昭和24年/1949年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第8巻 第10号  別表記12月号
作品名 別表記 の廢
印刷/発行年月日 印刷 昭和24年/1949年11月25日 発行 昭和24年/1949年12月1日
発行所 日比谷出版社(東京都)
装幀/装画等  佐藤 敬
総ページ数 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 126~141
(計16頁)
測定枚数 52
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和25年/1950年8月・宝文館刊『海の廃園』所収
>>昭和26年/1951年9月・新小説社/新小説文庫『青い真珠』所収「青い真珠」に改題
>>昭和30年/1955年10月・河出書房/河出新書『海の竪琴』所収
>>昭和31年/1956年11月・大日本雄弁会講談社/ロマン・ブックス『直木賞作品集(1)』所収
>>昭和45年/1970年☆月・春陽堂書店/春陽文庫『海の廃園』
>>『オール讀物』平成1年/1989年臨時増刊号<直木賞受賞傑作短篇35>[3月]
>>平成14年/2002年9月・光文社/光文社文庫『男たちの凱歌 新鷹会・現代小説傑作選』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 山田克郎 男39歳
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男52歳
21 「山田氏の創作態度には真摯なところがあると見受け、また、「海の廃園」のロマン風の材料には一もく置いていた故に、(引用者中略)暫定的に賛成した。」
獅子文六
男56歳
0  
木々高太郎
男52歳
29 「慾を言えば力が弱い。然し、ちっとも汚なくはない。同じ裸を描いても、醜悪を描いて興味をつろうとはしていない。将来、大きなロマンが出るだろう。」
川口松太郎
男50歳
10 「直木賞の趣旨が、どこまでも新人発見というところに重点をおくとすれば、(引用者中略)山田克郎君が最も有力者であり、」「前期で候補として挙げられた「海は紅」と思い合わせて先ず妥当な受賞だと思った。」
久米正雄
男58歳
30 「海の神秘と、多分のロマンチシズムと、抒情味を備えたこれらの作品は、大衆文学として、特殊の高位を持つばかりでなく純文学としても、その彫琢を誇りうるものだ。」
大佛次郎
男52歳
0  
小島政二郎
男56歳
77 「この前のも、今度のも、方面こそ違え、いずれも海に生活する男女を取り扱ったもので、その意図と云うか、野心と云うか、いや私は野心と呼びたい、その野心が私には面白く、好意が持てた。」
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『文藝讀物』昭和25年/1950年6月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「赤い爪と海笛」「巌頭の祈り」「大凶の占い」「秋の声」「虹の鏡面」「海の決闘」「墓園」
時代設定 場所設定
[同時代]  [房総]
登場人物
野枝(海女)
リウ(海女、東京帰りで開放的)
西田(燈台員、野枝の恋人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ