直木賞のすべて
第41回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/7/5

41   一覧へ 40前の回へ 後の回へ42
昭和34年/1959年上半期
(昭和34年/1959年7月21日決定発表/『オール讀物』昭和34年/1959年10月号選評掲載)
選考委員  源氏鶏太
男47歳
川口松太郎
男59歳
大佛次郎
男61歳
海音寺潮五郎
男57歳
吉川英治
男66歳
小島政二郎
男65歳
中山義秀
男58歳
村上元三
男49歳
木々高太郎
男62歳
選評総行数  32 42 46 69 53 51 26 51  
選評なし
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
渡辺喜恵子 『馬淵川』
601
女45歳
15 15 34 17 26 11 5 14    
平岩弓枝 「鏨師(たがねし)
56
女27歳
4 23 9 13 18 6 4 10    
小田武雄 『うぐいす』
375
男45歳
0 0 0 10 0 3 0 5    
土屋隆夫 『天国は遠すぎる』
408
男42歳
0 0 0 11 0 7 7 0    
柳田知怒夫 『黒白』
398
男51歳
0 0 0 6 0 6 0 5    
津村節子 「鍵」
107
女31歳
0 0 0 7 0 3 4 0    
池波正太郎 「秘図」
116
男36歳
7 6 0 5 9 15 7 5    
                欠席
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』昭和34年/1959年10月号
1行当たりの文字数:14字


選考委員
源氏鶏太男47歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「馬淵川」を推す 総行数32 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
渡辺喜恵子
女45歳
15 「候補作品の中で抜群のように思った。」「人間の生涯ということについて、あらためて考えさせられる。」「敢て、この作品を推したのは、直木賞を得ることによって、この作品は、永く光りを失わないだろうと思い、そうなってほしかったからである。」
平岩弓枝
女27歳
4 「うまいけれども、人情話に終っているように思われた。どこか古風で、若い作家らしくない。」
小田武雄
男45歳
0  
土屋隆夫
男42歳
0  
柳田知怒夫
男51歳
0  
津村節子
女31歳
0  
池波正太郎
男36歳
7 「この小説の主人公には魅力があり、そのように爽やかに描かれてあり、人間の裏と表が、嫌味なく描かれてあり、直木賞には落ちたが、私は、それを惜しいと思っている。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
川口松太郎
大佛次郎
海音寺潮五郎
吉川英治
小島政二郎
中山義秀
村上元三
  ページの先頭へ

選考委員
川口松太郎男59歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
小説の本道 総行数42 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
渡辺喜恵子
女45歳
15 「初めは読みづらかったが、読み進んで行くにつれ、描写の正確さに惹かれて行った。」「私は初め「馬淵川」は直木賞作品にふさわしくないと思っていたが、(引用者中略)贈賞に賛成した。」
平岩弓枝
女27歳
23 「私はこの作家が女人であるとは知らずして読み、当選後に女だと知ってびっくりした。ストーリーも組み立てもその内容も女らしい弱さがなくがっちりとまとまっている。」「大衆小説の本道からいっても、面白く読ませる技倆が大切であり、平岩君は話術の巧みな作家だと思える。」
小田武雄
男45歳
0  
土屋隆夫
男42歳
0  
柳田知怒夫
男51歳
0  
津村節子
女31歳
0  
池波正太郎
男36歳
6 「毎回候補に上りながら、決定打を打てないのを残念に思う。」「縁談やつれに終らざる精進を望みたい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
大佛次郎
海音寺潮五郎
吉川英治
小島政二郎
中山義秀
村上元三
  ページの先頭へ

選考委員
大佛次郎男61歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
馬淵川 総行数46 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
渡辺喜恵子
女45歳
34 「迷ったが、やはり出て来る人物を、それぞれよく描いていることと言い、軽く片付けてない純根さが、才気で振り廻しがちの直木賞作品の中で、いつかは欲しいと思った性質に近いと思った。」
平岩弓枝
女27歳
9 「バランスが取れた快よさが注意をひいた。」「おとなびたことを書いていて、若いひとの魅力を失くしてない。その比例のよさが、楽しく思われた。」
小田武雄
男45歳
0  
土屋隆夫
男42歳
0  
柳田知怒夫
男51歳
0  
津村節子
女31歳
0  
池波正太郎
男36歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
川口松太郎
海音寺潮五郎
吉川英治
小島政二郎
中山義秀
村上元三
  ページの先頭へ

選考委員
海音寺潮五郎男57歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
杞憂であれば幸い 総行数69 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
渡辺喜恵子
女45歳
17 「ぼくはこれを一番買った。」「男女多数の人物をそれぞれに個性を持たせて書きわけている点、才能の豊贍が十分にうかがわれた。この人の本質は詩人ではないだろうか。全篇にみなぎる詩情がまことに楽しかった。」
平岩弓枝
女27歳
13 「ぼくはこの作品を買わなかった。」「最後に人情話めいたものが食っついているのがすっかり興趣をそいだ。」「しかし、腕は十分にある人のようだ。」
小田武雄
男45歳
10 「不安がないという点からいえばこの人が一番ではないだろうか。難をいえば優等生の作品的で、ソツはないが、中間小説に新しいものをなんにも寄与しない点であろう。」
土屋隆夫
男42歳
11 「大へん面白かった。」「しかし、新しい仮定がいつも行きずりの人のことばのきれっぱしや細君の何気ないことばのはしくれなどからだけ湧いて来るのは安易にすぎると思われた。」
柳田知怒夫
男51歳
6 「新人でなければない新鮮感がない。時代色を持たせようとして作者がこしらえた言葉が随所にあるが、これがひどく目ざわりである。」
津村節子
女31歳
7 「女が女を書く場合、男の作家は遠くおよばないと感にたえた。認める人がわずかに二人しかなかったのが、ぼくには不思議であった。」
池波正太郎
男36歳
5 「話をつくる腕は達者なものだが、くどすぎる。」「筆力でおしまくる堂々性がほしい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
川口松太郎
大佛次郎
吉川英治
小島政二郎
中山義秀
村上元三
  ページの先頭へ

選考委員
吉川英治男66歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
好対照 総行数53 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
渡辺喜恵子
女45歳
26 「これをかいた筆者の執着をなによりも感じました。」「幾人もの“女の型”が女流ならではとおもわれるほど各々よく描きわけられていました。」「ゆっくりでよいからその異色ある女流作品の一領野を月日をかけて拓いて行かれることを望んでやみません。」
平岩弓枝
女27歳
18 「筆者は作品の上にはケチリンも所在を見せてないのがこの作品の特長といえばいえましょう。なにしても才筆ですし小説をよくのみこんでいます。」
小田武雄
男45歳
0  
土屋隆夫
男42歳
0  
柳田知怒夫
男51歳
0  
津村節子
女31歳
0  
池波正太郎
男36歳
9 「なんとも惜しい」「あり余る才能の作家ですのにいつもそのあり余るものに禍されているうらみをおぼえます。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
川口松太郎
大佛次郎
海音寺潮五郎
小島政二郎
中山義秀
村上元三
  ページの先頭へ

選考委員
小島政二郎男65歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
本物の「馬淵川」 総行数51 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
渡辺喜恵子
女45歳
11 「もとの二千枚のままのを読んで見たい。」「縮めたこれには、物語性はゼロだ。」「そのくらい人物、いや、自然も、この作者が一度筆を付けると、何もかも銀色に生きて光って来るのだ。」
平岩弓枝
女27歳
6 「大衆小説になり過ぎている。最後なんか殊に型通りだ。」
小田武雄
男45歳
3 「こういう自然主義風の小説作法にはもうなんの魅力も感じられない。」
土屋隆夫
男42歳
7 「探偵小説は、人間が書けていないので私には面白くないが、これには人間が書けているから面白かった。が、もっとドラマチックに書けていたらなあ。」
柳田知怒夫
男51歳
6 「どうも手際がよくない。読者と作品の間を隔てる膜見たいなものがある。」
津村節子
女31歳
3 「これを二十五枚で書くぐらいの意気込みを見せてもらいたい。」
池波正太郎
男36歳
15 「リアルをねらって、リアルでこない。随筆「喫茶店スワニイ主人」なんか面白いのだがな。」「小説になると、(引用者中略)血が通わなくなるのが不思議だ。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
川口松太郎
大佛次郎
海音寺潮五郎
吉川英治
中山義秀
村上元三
  ページの先頭へ

選考委員
中山義秀男58歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
真摯な努力 総行数26 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
渡辺喜恵子
女45歳
5 「末の松山の章だけしか読む時間がなかったが、作者の真摯な努力にたいして、当選に祝意を表するとも異存はない。」
平岩弓枝
女27歳
4 「若い女性らしからぬ逞しい、痛烈な切れ味をみせている。」
小田武雄
男45歳
0  
土屋隆夫
男42歳
7 「快読した。」「面白いものは面白い。こうした作品を遺漏なく綴ってゆくのは、おおかたの努力ではなかろうと思われる。」
柳田知怒夫
男51歳
0  
津村節子
女31歳
4 「津村さんの「華燭、孔雀、模造、鍵」が面白かった。思わず全篇を読みとおした。」
池波正太郎
男36歳
7 「私には面白かった。徳山五兵衛と秘戯図の組合せに、これという必然性のない、思いつきにすぎないみたいな安っぽさはあるが、候補作品の中、これが一番大人ではないかと思った。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
川口松太郎
大佛次郎
海音寺潮五郎
吉川英治
小島政二郎
村上元三
  ページの先頭へ

選考委員
村上元三男49歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
二つの型 総行数51 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
渡辺喜恵子
女45歳
14 「将来も職業作家として立って行ける人を選ぶ、という直木賞の条件に、こんどは頑迷なほどわたしはこだわって、(引用者中略)初めから終いまで反対をした。」
平岩弓枝
女27歳
10 「これからはもっとやわらかい文章で、女でなくては書けない作品を読ませてほしい。」
小田武雄
男45歳
5 「発刊されたのは今年の前半期にもせよ候補作品が世に出た時期は、いずれも新しくはない。」
土屋隆夫
男42歳
0  
柳田知怒夫
男51歳
5 「発刊されたのは今年の前半期にもせよ候補作品が世に出た時期は、いずれも新しくはない。」
津村節子
女31歳
0  
池波正太郎
男36歳
5 「遊びが多い。」「気をくさらせないで頑張ってもらいたいと思う。」
  「偶然、こんどの直木賞は二人とも女性になったが、委員たちは何も才女ブームを煽り立てようという気はない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
川口松太郎
大佛次郎
海音寺潮五郎
吉川英治
小島政二郎
中山義秀
  ページの先頭へ


受賞者・作品
渡辺喜恵子女45歳×各選考委員 
『馬淵川』
長篇 601
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
15 「候補作品の中で抜群のように思った。」「人間の生涯ということについて、あらためて考えさせられる。」「敢て、この作品を推したのは、直木賞を得ることによって、この作品は、永く光りを失わないだろうと思い、そうなってほしかったからである。」
川口松太郎
男59歳
15 「初めは読みづらかったが、読み進んで行くにつれ、描写の正確さに惹かれて行った。」「私は初め「馬淵川」は直木賞作品にふさわしくないと思っていたが、(引用者中略)贈賞に賛成した。」
大佛次郎
男61歳
34 「迷ったが、やはり出て来る人物を、それぞれよく描いていることと言い、軽く片付けてない純根さが、才気で振り廻しがちの直木賞作品の中で、いつかは欲しいと思った性質に近いと思った。」
海音寺潮五郎
男57歳
17 「ぼくはこれを一番買った。」「男女多数の人物をそれぞれに個性を持たせて書きわけている点、才能の豊贍が十分にうかがわれた。この人の本質は詩人ではないだろうか。全篇にみなぎる詩情がまことに楽しかった。」
吉川英治
男66歳
26 「これをかいた筆者の執着をなによりも感じました。」「幾人もの“女の型”が女流ならではとおもわれるほど各々よく描きわけられていました。」「ゆっくりでよいからその異色ある女流作品の一領野を月日をかけて拓いて行かれることを望んでやみません。」
小島政二郎
男65歳
11 「もとの二千枚のままのを読んで見たい。」「縮めたこれには、物語性はゼロだ。」「そのくらい人物、いや、自然も、この作者が一度筆を付けると、何もかも銀色に生きて光って来るのだ。」
中山義秀
男58歳
5 「末の松山の章だけしか読む時間がなかったが、作者の真摯な努力にたいして、当選に祝意を表するとも異存はない。」
村上元三
男49歳
14 「将来も職業作家として立って行ける人を選ぶ、という直木賞の条件に、こんどは頑迷なほどわたしはこだわって、(引用者中略)初めから終いまで反対をした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
平岩弓枝
「鏨師(たがねし)
小田武雄
『うぐいす』
土屋隆夫
『天国は遠すぎる』
柳田知怒夫
『黒白』
津村節子
「鍵」
池波正太郎
「秘図」
  ページの先頭へ

受賞者・作品
平岩弓枝女27歳×各選考委員 
「鏨師(たがねし)
短篇 56
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
4 「うまいけれども、人情話に終っているように思われた。どこか古風で、若い作家らしくない。」
川口松太郎
男59歳
23 「私はこの作家が女人であるとは知らずして読み、当選後に女だと知ってびっくりした。ストーリーも組み立てもその内容も女らしい弱さがなくがっちりとまとまっている。」「大衆小説の本道からいっても、面白く読ませる技倆が大切であり、平岩君は話術の巧みな作家だと思える。」
大佛次郎
男61歳
9 「バランスが取れた快よさが注意をひいた。」「おとなびたことを書いていて、若いひとの魅力を失くしてない。その比例のよさが、楽しく思われた。」
海音寺潮五郎
男57歳
13 「ぼくはこの作品を買わなかった。」「最後に人情話めいたものが食っついているのがすっかり興趣をそいだ。」「しかし、腕は十分にある人のようだ。」
吉川英治
男66歳
18 「筆者は作品の上にはケチリンも所在を見せてないのがこの作品の特長といえばいえましょう。なにしても才筆ですし小説をよくのみこんでいます。」
小島政二郎
男65歳
6 「大衆小説になり過ぎている。最後なんか殊に型通りだ。」
中山義秀
男58歳
4 「若い女性らしからぬ逞しい、痛烈な切れ味をみせている。」
村上元三
男49歳
10 「これからはもっとやわらかい文章で、女でなくては書けない作品を読ませてほしい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
渡辺喜恵子
『馬淵川』
小田武雄
『うぐいす』
土屋隆夫
『天国は遠すぎる』
柳田知怒夫
『黒白』
津村節子
「鍵」
池波正太郎
「秘図」
  ページの先頭へ

候補者・作品
小田武雄男45歳×各選考委員 
『うぐいす』
短篇集7篇 375
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
0  
川口松太郎
男59歳
0  
大佛次郎
男61歳
0  
海音寺潮五郎
男57歳
10 「不安がないという点からいえばこの人が一番ではないだろうか。難をいえば優等生の作品的で、ソツはないが、中間小説に新しいものをなんにも寄与しない点であろう。」
吉川英治
男66歳
0  
小島政二郎
男65歳
3 「こういう自然主義風の小説作法にはもうなんの魅力も感じられない。」
中山義秀
男58歳
0  
村上元三
男49歳
5 「発刊されたのは今年の前半期にもせよ候補作品が世に出た時期は、いずれも新しくはない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
渡辺喜恵子
『馬淵川』
平岩弓枝
「鏨師(たがねし)
土屋隆夫
『天国は遠すぎる』
柳田知怒夫
『黒白』
津村節子
「鍵」
池波正太郎
「秘図」
  ページの先頭へ

候補者・作品
土屋隆夫男42歳×各選考委員 
『天国は遠すぎる』
長篇 408
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
0  
川口松太郎
男59歳
0  
大佛次郎
男61歳
0  
海音寺潮五郎
男57歳
11 「大へん面白かった。」「しかし、新しい仮定がいつも行きずりの人のことばのきれっぱしや細君の何気ないことばのはしくれなどからだけ湧いて来るのは安易にすぎると思われた。」
吉川英治
男66歳
0  
小島政二郎
男65歳
7 「探偵小説は、人間が書けていないので私には面白くないが、これには人間が書けているから面白かった。が、もっとドラマチックに書けていたらなあ。」
中山義秀
男58歳
7 「快読した。」「面白いものは面白い。こうした作品を遺漏なく綴ってゆくのは、おおかたの努力ではなかろうと思われる。」
村上元三
男49歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
渡辺喜恵子
『馬淵川』
平岩弓枝
「鏨師(たがねし)
小田武雄
『うぐいす』
柳田知怒夫
『黒白』
津村節子
「鍵」
池波正太郎
「秘図」
  ページの先頭へ

候補者・作品
柳田知怒夫男51歳×各選考委員 
『黒白』
短篇集7篇 398
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
0  
川口松太郎
男59歳
0  
大佛次郎
男61歳
0  
海音寺潮五郎
男57歳
6 「新人でなければない新鮮感がない。時代色を持たせようとして作者がこしらえた言葉が随所にあるが、これがひどく目ざわりである。」
吉川英治
男66歳
0  
小島政二郎
男65歳
6 「どうも手際がよくない。読者と作品の間を隔てる膜見たいなものがある。」
中山義秀
男58歳
0  
村上元三
男49歳
5 「発刊されたのは今年の前半期にもせよ候補作品が世に出た時期は、いずれも新しくはない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
渡辺喜恵子
『馬淵川』
平岩弓枝
「鏨師(たがねし)
小田武雄
『うぐいす』
土屋隆夫
『天国は遠すぎる』
津村節子
「鍵」
池波正太郎
「秘図」
  ページの先頭へ

候補者・作品
津村節子女31歳×各選考委員 
「鍵」
短篇 107
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
0  
川口松太郎
男59歳
0  
大佛次郎
男61歳
0  
海音寺潮五郎
男57歳
7 「女が女を書く場合、男の作家は遠くおよばないと感にたえた。認める人がわずかに二人しかなかったのが、ぼくには不思議であった。」
吉川英治
男66歳
0  
小島政二郎
男65歳
3 「これを二十五枚で書くぐらいの意気込みを見せてもらいたい。」
中山義秀
男58歳
4 「津村さんの「華燭、孔雀、模造、鍵」が面白かった。思わず全篇を読みとおした。」
村上元三
男49歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
渡辺喜恵子
『馬淵川』
平岩弓枝
「鏨師(たがねし)
小田武雄
『うぐいす』
土屋隆夫
『天国は遠すぎる』
柳田知怒夫
『黒白』
池波正太郎
「秘図」
  ページの先頭へ

候補者・作品
池波正太郎男36歳×各選考委員 
「秘図」
短篇 116
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
7 「この小説の主人公には魅力があり、そのように爽やかに描かれてあり、人間の裏と表が、嫌味なく描かれてあり、直木賞には落ちたが、私は、それを惜しいと思っている。」
川口松太郎
男59歳
6 「毎回候補に上りながら、決定打を打てないのを残念に思う。」「縁談やつれに終らざる精進を望みたい。」
大佛次郎
男61歳
0  
海音寺潮五郎
男57歳
5 「話をつくる腕は達者なものだが、くどすぎる。」「筆力でおしまくる堂々性がほしい。」
吉川英治
男66歳
9 「なんとも惜しい」「あり余る才能の作家ですのにいつもそのあり余るものに禍されているうらみをおぼえます。」
小島政二郎
男65歳
15 「リアルをねらって、リアルでこない。随筆「喫茶店スワニイ主人」なんか面白いのだがな。」「小説になると、(引用者中略)血が通わなくなるのが不思議だ。」
中山義秀
男58歳
7 「私には面白かった。徳山五兵衛と秘戯図の組合せに、これという必然性のない、思いつきにすぎないみたいな安っぽさはあるが、候補作品の中、これが一番大人ではないかと思った。」
村上元三
男49歳
5 「遊びが多い。」「気をくさらせないで頑張ってもらいたいと思う。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
渡辺喜恵子
『馬淵川』
平岩弓枝
「鏨師(たがねし)
小田武雄
『うぐいす』
土屋隆夫
『天国は遠すぎる』
柳田知怒夫
『黒白』
津村節子
「鍵」
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会リンク集マップ