直木賞のすべて
第46回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

46   一覧へ 45前の回へ 後の回へ47
昭和36年/1961年下半期
(昭和37年/1962年1月23日決定発表/『オール讀物』昭和37年/1962年4月号選評掲載)
選考委員  木々高太郎
男64歳
源氏鶏太
男49歳
中山義秀
男61歳
大佛次郎
男64歳
川口松太郎
男62歳
海音寺潮五郎
男60歳
今日出海
男58歳
松本清張
男52歳
村上元三
男51歳
小島政二郎
男67歳
吉川英治
男69歳
選評総行数  63 49 26 43 38 90 53 58 64 47  
選評なし
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
伊藤桂一 「螢の河」
39
男44歳
7 17 8 19 15 5 8 20 10 17    
来水明子 『背教者』
615
女29歳
16 8 14 19 12 17 20 0 10 7    
笹沢左保 『空白の起点』
512
男31歳
9 3 0 0 0 0 0 9 4 4    
林青梧 「仁王」
167
男32歳
3 3 4 0 0 0 0 7 6 1    
杜山悠 「粟井宿の人足」
164
男45歳
6 14 4 6 8 19 12 11 12 10    
陳舜臣 『枯草の根』
536
男37歳
11 5 0 0 0 0 0 7 7 5    
各務秀雄 「そこからの出発」
男32歳
3 6 0 0 0 0 0 0 6 2    
                    欠席
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』昭和37年/1962年4月号
1行当たりの文字数:14字


選考委員
木々高太郎男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
はじめは「なし」だった 総行数63 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
7 「珍しく決選投票までやって、「螢の河」(伊藤桂一)ときまった。」「僕も最後には「螢の河」に投じた。」
来水明子
女29歳
16 「よみづらい書き方で、僕は数日をかけた。」「内容は、僕も嫌いではない。」「この作家は、いいものを持っているのだから、この際書き方を一変してみたらどうか。」
笹沢左保
男31歳
9 「内容が、とに角殺せばよい、殺したものをつきとめればよい、ということで、結局よみ終って空白を感ずる。」
林青梧
男32歳
3 「むきになりすぎてはいまいか、」
杜山悠
男45歳
6 「むきになりすぎてはいまいか、」「材料精細だが、これは二三度オールに書かせれば、よくなると思う。」
陳舜臣
男37歳
11 「内容は笹沢のより断然すぐれており、人間の隠れた欲望を描こうとしている。」「然し、乱歩賞のような相当な賞をうけているのに直木賞を重ねるとあれば、古今の名作が要求されよう。」
各務秀雄
男32歳
3 「組合運動をかいて珍しいが、おちる。」
  「今度の予選作品は七つとも、いずれもよし、そしてとり立ててよいものなし、という感じだったので、私は今年は受賞該当者なしというつもりで出た。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
中山義秀
大佛次郎
川口松太郎
海音寺潮五郎
今日出海
松本清張
村上元三
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
源氏鶏太男49歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
清冽な泉の後味 総行数49 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
17 「何か清冽な泉を感じさせるような後味があり、これは、近頃のどぎつい大衆文芸に欠けているものである。」
来水明子
女29歳
8 「この努力には、頭を下げた。」「私がそれほどに高く評価出来なかったのは、この物語文学の形式が、成功していると思われなかったからである。」
笹沢左保
男31歳
3 「登場人物にもうすこしの魅力を盛り上げて貰いたかった。」
林青梧
男32歳
3 「各務氏についていったこととおんなじである。(引用者注:感動があったものの文学的な感動とは違っていたこと)」
杜山悠
男45歳
14 「調べたことを残らず書いてあるという難はあるが、しかし、下層階級のたくさんの登場人物の感情の動きを鮮明に描いている。」
陳舜臣
男37歳
5 「面白かったのだが、よけいなものが目立ち過ぎ、そのために、せっかくの作品の風格を落しているような気がした。」
各務秀雄
男32歳
6 「ある感動を持って読んだことはたしかである。しかし、この感動は、文学的な感動とは、ちょっと違っていた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
中山義秀
大佛次郎
川口松太郎
海音寺潮五郎
今日出海
松本清張
村上元三
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
中山義秀男61歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
救い 総行数26 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
8 「「螢の河」には救いがある。」「しかしむせかえるばかり密集した螢の描写や黄色い花の幻想は、詩集の諸篇などの優麗さをしめしていない。」
来水明子
女29歳
14 「これは読者を苛立たせるための労作かと、怪しまれるまわりくどさに辟易した。」「史実の調査に遺漏はなくそのひたむきな努力に敬意を表して、私はこの作品に最後の一票を投じた」
笹沢左保
男31歳
0  
林青梧
男32歳
4 「救いが感じられない。そのため折角の力作を効果の弱いものにしてしまった憾みがある。」
杜山悠
男45歳
4 「救いが感じられない。そのため折角の力作を効果の弱いものにしてしまった憾みがある。」
陳舜臣
男37歳
0  
各務秀雄
男32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
源氏鶏太
大佛次郎
川口松太郎
海音寺潮五郎
今日出海
松本清張
村上元三
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
大佛次郎男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
背教者 総行数43 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
19 「「螢の河」の作者の戦争ものは、明るくて淡々としていて、素直なのが感じがよい。」「久振りで素直にヒュウマンな作品を得た。」
来水明子
女29歳
19 「「背教者」の内容に一番感心した。女のひとだから繊細すぎて読者を疲れさせる欠点はあるが、コンポジションがしっかりして面白いし、とにかく調べたもので、月並に物を書く努力ではない。」
笹沢左保
男31歳
0  
林青梧
男32歳
0  
杜山悠
男45歳
6 「前回の作品の方がよかった。同じ暗くとも非情なところが、線がきっぱりしていた。今度のは、どこか汚れがある。」
陳舜臣
男37歳
0  
各務秀雄
男32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
源氏鶏太
中山義秀
川口松太郎
海音寺潮五郎
今日出海
松本清張
村上元三
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
川口松太郎男62歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
ケレン味のない作品 総行数38 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
15 「従軍中の実験を淡淡と描いてケレン味がなく、叙情的にまとめた好短篇が清潔好きの源氏君他委員たちに好感をもたれたのであろう。」
来水明子
女29歳
12 「主題にがっちり喰い下って丹念に描いて行くねばりの強さには感服した。最後まで力を抜かず息切れもせず調子をくずさなかった筆力は将来のある人と思い次回作を期待する。」
笹沢左保
男31歳
0  
林青梧
男32歳
0  
杜山悠
男45歳
8 「直木賞作品としては暗すぎるので毎回すれすれの線まで行きながら当選しないのは惜しい。」「もう一つ視野を広げて努力される事を希望したい。」
陳舜臣
男37歳
0  
各務秀雄
男32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
源氏鶏太
中山義秀
大佛次郎
海音寺潮五郎
今日出海
松本清張
村上元三
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
海音寺潮五郎男60歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
日なたと日かげ 総行数90 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
5 「近頃の若い人のものにはめずらしく詩のあるのがうれしかった。」
来水明子
女29歳
17 「ぼくはこの作品を買わなかった。」「何よりも、読みにくかった。(引用者中略)人間の書きわけがないためだと思った。」「小説というものを、根本からじっくりと考えなおしていただきたい。」
笹沢左保
男31歳
0  
林青梧
男32歳
0  
杜山悠
男45歳
19 「この前の作品がよいという意見が多かったが、ぼくには今度の方がよいと思われた。」
陳舜臣
男37歳
0  
各務秀雄
男32歳
0  
  「ぼくは、(引用者注:直木賞委員会のことを)「この人は可能性がありそうですよ」と、世間に推薦するだけの機関だと思っている。だから、推薦された人は、その可能性を見せる努力をしていただきたい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
源氏鶏太
中山義秀
大佛次郎
川口松太郎
今日出海
松本清張
村上元三
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
今日出海男58歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
技術的にうまい 総行数53 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
8 「他の作品と異るところは無難無瑕な点だろう。」「それほど文学的な香気があるとも思えなかった。」
来水明子
女29歳
20 「文章も確りしている。」「訥々と語って真に迫るのならわかるが、まことによく喋りすぎて真から離れるのは惜しい気がする。しかしこれだけの物語をよく調べて書ける実力は他日必ず大成する人に違いない。」
笹沢左保
男31歳
0  
林青梧
男32歳
0  
杜山悠
男45歳
12 「読みごたえはあるが、読み終えた後の陰惨さは拭い切れない。それに調べが綿密すぎて却て鼻にもつく。」
陳舜臣
男37歳
0  
各務秀雄
男32歳
0  
  「いまでも今期は受賞作なしと主張した私の意見を変える気はしない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
源氏鶏太
中山義秀
大佛次郎
川口松太郎
海音寺潮五郎
松本清張
村上元三
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
松本清張男52歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
淡彩の佳さ 総行数58 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
20 「その巧緻な文章で抒情を盛り上げた佳品であることで認めたい。」「直木賞の性格としては、もっとエネルギーのあるものを取りたい。」
来水明子
女29歳
0  
笹沢左保
男31歳
9 「可能性の犯罪トリックに無理がある。」「直木賞に推すには力不足といったところだ。もっとユニークなものが欲しい。」
林青梧
男32歳
7 「私は「仁王」をわりと買っていたほうだ。このテーマは新聞で読んだことがあるが、作者がそれからヒントを取ってここまで小説にした技術を買いたい。」
杜山悠
男45歳
11 「この作者が克明に資料を調べている態度には好感がもてるし、藩の小役人と、百姓、人足といった最下級の庶民の群れとの対立を追及している一貫した作業に好意をもっている。」
陳舜臣
男37歳
7 「犯罪の点となると、案外に古めかしいトリックなどが使われて、現実性が失われたのは惜しい。」
各務秀雄
男32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
源氏鶏太
中山義秀
大佛次郎
川口松太郎
海音寺潮五郎
今日出海
村上元三
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
村上元三男51歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
やはり出したい 総行数64 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
10 「うまい小品だが、ただそれだけのもの、という印象しか受けなかった。」「ほかの伊藤氏の作品を参照にするというのなら、選考方法を考え直す必要がある、とわたしは思う。」
来水明子
女29歳
10 「文章や語句に対する神経の使い方は細かく行き届いているが、それがかえって平板な印象を与える。」「作者の説く哲学は甘くて、文学少女的な感じを受ける。」
笹沢左保
男31歳
4 「人間を描こうとしている努力は認められるものの、推理小説としての骨組は平凡。」
林青梧
男32歳
6 「主人公とその妻、弟子たちとの関係が月並すぎるし、製作過程の描写も、ただ調べて書いているというだけで、一向に目の前へ浮び上って来ない。」
杜山悠
男45歳
12 「この作者の大衆文学に対する考え方を、ここらで一度、改めたほうがいいと思う。しかし、こんどの候補作品の中で、わたしはこの作品を第一位に推した。」
陳舜臣
男37歳
7 「推理小説としてはトリックも平凡だし、人が人をなぜ殺さなければならなかったか、という肝腎な点がぼやけてしまっている。」
各務秀雄
男32歳
6 「物々しい文章を使っているが、生硬で素人くさい。」
  「とくにすぐれているものがなくて、少々がっかりした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
源氏鶏太
中山義秀
大佛次郎
川口松太郎
海音寺潮五郎
今日出海
松本清張
小島政二郎
  ページの先頭へ

選考委員
小島政二郎男67歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
少くとも文学 総行数47 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
伊藤桂一
男44歳
17 「少くともこれは文学だ。しかし、受賞作品としてはいかにも弱い。」「最後のところが、短篇の構成上一番大事のところだ。その肝腎のところが、あれではイージイ・ゴーイングだ。」
来水明子
女29歳
7 「人間が書けていないので、人間が紙にベットリくっついたまま浮き上って来ないので、退屈で退屈で参った。」
笹沢左保
男31歳
4 「推理小説家というものは、面白い題を付けるものだと思った。これが文学だろうか。」
林青梧
男32歳
1 「新鮮味がない。」
杜山悠
男45歳
10 「惜しいことにテーマが分裂している。その点、作品の説得力を稀薄にしている。」「この作者の文章は、いい意味の低い調子でなかなかいい。」
陳舜臣
男37歳
5 「何もかも都合よく出来ていて、人間小説の読者である私には興味が持てなかった。」
各務秀雄
男32歳
2 「もっと整理すべきだろう。」
  「今度は受賞作品なし。そういう腹で家を出た。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
木々高太郎
源氏鶏太
中山義秀
大佛次郎
川口松太郎
海音寺潮五郎
今日出海
松本清張
村上元三
  ページの先頭へ


受賞者・作品
伊藤桂一男44歳×各選考委員 
「螢の河」
短篇 39
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男64歳
7 「珍しく決選投票までやって、「螢の河」(伊藤桂一)ときまった。」「僕も最後には「螢の河」に投じた。」
源氏鶏太
男49歳
17 「何か清冽な泉を感じさせるような後味があり、これは、近頃のどぎつい大衆文芸に欠けているものである。」
中山義秀
男61歳
8 「「螢の河」には救いがある。」「しかしむせかえるばかり密集した螢の描写や黄色い花の幻想は、詩集の諸篇などの優麗さをしめしていない。」
大佛次郎
男64歳
19 「「螢の河」の作者の戦争ものは、明るくて淡々としていて、素直なのが感じがよい。」「久振りで素直にヒュウマンな作品を得た。」
川口松太郎
男62歳
15 「従軍中の実験を淡淡と描いてケレン味がなく、叙情的にまとめた好短篇が清潔好きの源氏君他委員たちに好感をもたれたのであろう。」
海音寺潮五郎
男60歳
5 「近頃の若い人のものにはめずらしく詩のあるのがうれしかった。」
今日出海
男58歳
8 「他の作品と異るところは無難無瑕な点だろう。」「それほど文学的な香気があるとも思えなかった。」
松本清張
男52歳
20 「その巧緻な文章で抒情を盛り上げた佳品であることで認めたい。」「直木賞の性格としては、もっとエネルギーのあるものを取りたい。」
村上元三
男51歳
10 「うまい小品だが、ただそれだけのもの、という印象しか受けなかった。」「ほかの伊藤氏の作品を参照にするというのなら、選考方法を考え直す必要がある、とわたしは思う。」
小島政二郎
男67歳
17 「少くともこれは文学だ。しかし、受賞作品としてはいかにも弱い。」「最後のところが、短篇の構成上一番大事のところだ。その肝腎のところが、あれではイージイ・ゴーイングだ。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
来水明子
『背教者』
笹沢左保
『空白の起点』
林青梧
「仁王」
杜山悠
「粟井宿の人足」
陳舜臣
『枯草の根』
各務秀雄
「そこからの出発」
  ページの先頭へ

候補者・作品
来水明子女29歳×各選考委員 
『背教者』
長篇 615
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男64歳
16 「よみづらい書き方で、僕は数日をかけた。」「内容は、僕も嫌いではない。」「この作家は、いいものを持っているのだから、この際書き方を一変してみたらどうか。」
源氏鶏太
男49歳
8 「この努力には、頭を下げた。」「私がそれほどに高く評価出来なかったのは、この物語文学の形式が、成功していると思われなかったからである。」
中山義秀
男61歳
14 「これは読者を苛立たせるための労作かと、怪しまれるまわりくどさに辟易した。」「史実の調査に遺漏はなくそのひたむきな努力に敬意を表して、私はこの作品に最後の一票を投じた」
大佛次郎
男64歳
19 「「背教者」の内容に一番感心した。女のひとだから繊細すぎて読者を疲れさせる欠点はあるが、コンポジションがしっかりして面白いし、とにかく調べたもので、月並に物を書く努力ではない。」
川口松太郎
男62歳
12 「主題にがっちり喰い下って丹念に描いて行くねばりの強さには感服した。最後まで力を抜かず息切れもせず調子をくずさなかった筆力は将来のある人と思い次回作を期待する。」
海音寺潮五郎
男60歳
17 「ぼくはこの作品を買わなかった。」「何よりも、読みにくかった。(引用者中略)人間の書きわけがないためだと思った。」「小説というものを、根本からじっくりと考えなおしていただきたい。」
今日出海
男58歳
20 「文章も確りしている。」「訥々と語って真に迫るのならわかるが、まことによく喋りすぎて真から離れるのは惜しい気がする。しかしこれだけの物語をよく調べて書ける実力は他日必ず大成する人に違いない。」
松本清張
男52歳
0  
村上元三
男51歳
10 「文章や語句に対する神経の使い方は細かく行き届いているが、それがかえって平板な印象を与える。」「作者の説く哲学は甘くて、文学少女的な感じを受ける。」
小島政二郎
男67歳
7 「人間が書けていないので、人間が紙にベットリくっついたまま浮き上って来ないので、退屈で退屈で参った。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊藤桂一
「螢の河」
笹沢左保
『空白の起点』
林青梧
「仁王」
杜山悠
「粟井宿の人足」
陳舜臣
『枯草の根』
各務秀雄
「そこからの出発」
  ページの先頭へ

候補者・作品
笹沢左保男31歳×各選考委員 
『空白の起点』
長篇 512
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男64歳
9 「内容が、とに角殺せばよい、殺したものをつきとめればよい、ということで、結局よみ終って空白を感ずる。」
源氏鶏太
男49歳
3 「登場人物にもうすこしの魅力を盛り上げて貰いたかった。」
中山義秀
男61歳
0  
大佛次郎
男64歳
0  
川口松太郎
男62歳
0  
海音寺潮五郎
男60歳
0  
今日出海
男58歳
0  
松本清張
男52歳
9 「可能性の犯罪トリックに無理がある。」「直木賞に推すには力不足といったところだ。もっとユニークなものが欲しい。」
村上元三
男51歳
4 「人間を描こうとしている努力は認められるものの、推理小説としての骨組は平凡。」
小島政二郎
男67歳
4 「推理小説家というものは、面白い題を付けるものだと思った。これが文学だろうか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊藤桂一
「螢の河」
来水明子
『背教者』
林青梧
「仁王」
杜山悠
「粟井宿の人足」
陳舜臣
『枯草の根』
各務秀雄
「そこからの出発」
  ページの先頭へ

候補者・作品
林青梧男32歳×各選考委員 
「仁王」
中篇 167
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男64歳
3 「むきになりすぎてはいまいか、」
源氏鶏太
男49歳
3 「各務氏についていったこととおんなじである。(引用者注:感動があったものの文学的な感動とは違っていたこと)」
中山義秀
男61歳
4 「救いが感じられない。そのため折角の力作を効果の弱いものにしてしまった憾みがある。」
大佛次郎
男64歳
0  
川口松太郎
男62歳
0  
海音寺潮五郎
男60歳
0  
今日出海
男58歳
0  
松本清張
男52歳
7 「私は「仁王」をわりと買っていたほうだ。このテーマは新聞で読んだことがあるが、作者がそれからヒントを取ってここまで小説にした技術を買いたい。」
村上元三
男51歳
6 「主人公とその妻、弟子たちとの関係が月並すぎるし、製作過程の描写も、ただ調べて書いているというだけで、一向に目の前へ浮び上って来ない。」
小島政二郎
男67歳
1 「新鮮味がない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊藤桂一
「螢の河」
来水明子
『背教者』
笹沢左保
『空白の起点』
杜山悠
「粟井宿の人足」
陳舜臣
『枯草の根』
各務秀雄
「そこからの出発」
  ページの先頭へ

候補者・作品
杜山悠男45歳×各選考委員 
「粟井宿の人足」
中篇 164
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男64歳
6 「むきになりすぎてはいまいか、」「材料精細だが、これは二三度オールに書かせれば、よくなると思う。」
源氏鶏太
男49歳
14 「調べたことを残らず書いてあるという難はあるが、しかし、下層階級のたくさんの登場人物の感情の動きを鮮明に描いている。」
中山義秀
男61歳
4 「救いが感じられない。そのため折角の力作を効果の弱いものにしてしまった憾みがある。」
大佛次郎
男64歳
6 「前回の作品の方がよかった。同じ暗くとも非情なところが、線がきっぱりしていた。今度のは、どこか汚れがある。」
川口松太郎
男62歳
8 「直木賞作品としては暗すぎるので毎回すれすれの線まで行きながら当選しないのは惜しい。」「もう一つ視野を広げて努力される事を希望したい。」
海音寺潮五郎
男60歳
19 「この前の作品がよいという意見が多かったが、ぼくには今度の方がよいと思われた。」
今日出海
男58歳
12 「読みごたえはあるが、読み終えた後の陰惨さは拭い切れない。それに調べが綿密すぎて却て鼻にもつく。」
松本清張
男52歳
11 「この作者が克明に資料を調べている態度には好感がもてるし、藩の小役人と、百姓、人足といった最下級の庶民の群れとの対立を追及している一貫した作業に好意をもっている。」
村上元三
男51歳
12 「この作者の大衆文学に対する考え方を、ここらで一度、改めたほうがいいと思う。しかし、こんどの候補作品の中で、わたしはこの作品を第一位に推した。」
小島政二郎
男67歳
10 「惜しいことにテーマが分裂している。その点、作品の説得力を稀薄にしている。」「この作者の文章は、いい意味の低い調子でなかなかいい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊藤桂一
「螢の河」
来水明子
『背教者』
笹沢左保
『空白の起点』
林青梧
「仁王」
陳舜臣
『枯草の根』
各務秀雄
「そこからの出発」
  ページの先頭へ

候補者・作品
陳舜臣男37歳×各選考委員 
『枯草の根』
長篇 536
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男64歳
11 「内容は笹沢のより断然すぐれており、人間の隠れた欲望を描こうとしている。」「然し、乱歩賞のような相当な賞をうけているのに直木賞を重ねるとあれば、古今の名作が要求されよう。」
源氏鶏太
男49歳
5 「面白かったのだが、よけいなものが目立ち過ぎ、そのために、せっかくの作品の風格を落しているような気がした。」
中山義秀
男61歳
0  
大佛次郎
男64歳
0  
川口松太郎
男62歳
0  
海音寺潮五郎
男60歳
0  
今日出海
男58歳
0  
松本清張
男52歳
7 「犯罪の点となると、案外に古めかしいトリックなどが使われて、現実性が失われたのは惜しい。」
村上元三
男51歳
7 「推理小説としてはトリックも平凡だし、人が人をなぜ殺さなければならなかったか、という肝腎な点がぼやけてしまっている。」
小島政二郎
男67歳
5 「何もかも都合よく出来ていて、人間小説の読者である私には興味が持てなかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊藤桂一
「螢の河」
来水明子
『背教者』
笹沢左保
『空白の起点』
林青梧
「仁王」
杜山悠
「粟井宿の人足」
各務秀雄
「そこからの出発」
  ページの先頭へ

候補者・作品
各務秀雄男32歳×各選考委員 
「そこからの出発」
不明 ―
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男64歳
3 「組合運動をかいて珍しいが、おちる。」
源氏鶏太
男49歳
6 「ある感動を持って読んだことはたしかである。しかし、この感動は、文学的な感動とは、ちょっと違っていた。」
中山義秀
男61歳
0  
大佛次郎
男64歳
0  
川口松太郎
男62歳
0  
海音寺潮五郎
男60歳
0  
今日出海
男58歳
0  
松本清張
男52歳
0  
村上元三
男51歳
6 「物々しい文章を使っているが、生硬で素人くさい。」
小島政二郎
男67歳
2 「もっと整理すべきだろう。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
伊藤桂一
「螢の河」
来水明子
『背教者』
笹沢左保
『空白の起点』
林青梧
「仁王」
杜山悠
「粟井宿の人足」
陳舜臣
『枯草の根』
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会マップ