直木賞のすべて
第1回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

濱本浩
Hamamoto Hiroshi
生没年月日【注】 明治24年/1891年4月20日~昭和34年/1959年3月12日
経歴 愛媛県松山市生まれ。高知県高知市出身。同志社中学部中退。博文館中学世界訪問記者、改造社編集部員を経験。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第1回直木賞(昭和10年/1935年上期)
  • |候補| 第2回直木賞(昭和10年/1935年下期)
  • |候補| 第3回直木賞(昭和11年/1936年上期)
  • |候補| 第4回直木賞(昭和11年/1936年下期)「鉱毒」
  • |候補| 第5回直木賞(昭和12年/1937年上期)「浅草の灯」「人間曲馬団」
  • |候補| 第6回直木賞(昭和12年/1937年下期)
  • 第1回新潮社文芸賞〔第二部〕(昭和13年/1938年)「浅草の灯」
直木賞
選考委員歴
第17回~第20回(通算2年・4回)
サイト内リンク 小研究-記録(候補回数)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第1回候補  一覧へ
昭和10年/1935年上半期業績全般
該当期までの作品
昭和7年/1932年
「土佐のカルメン」(『文藝春秋』昭和7年/1932年臨時増刊号[7月])
>>昭和9年/1934年9月・竹村書房刊『十二階下の少年達』所収
「天誅二人男」(『オール讀物』昭和7年/1932年9月号)
>>昭和10年/1935年☆月・非凡閣刊『新選大衆小説全集 第22巻』所収
「武士道違ひ」(『日の出』昭和7年/1932年10月号)/大衆コント
「戊辰役後日奇譚」(『オール讀物』昭和7年/1932年11月号)
「乗物怪談」(『日の出』昭和7年/1932年11月号)
昭和8年/1933年
「黒船女郎滝本」(『オール讀物』昭和8年/1933年1月号)
「墨西哥の奈々子」(『サンデー毎日』昭和8年/1933年新春特別号[1月])
「十二階下の少年達」(『オール讀物』昭和8年/1933年4月号)
>>昭和9年/1934年9月・竹村書房刊『十二階下の少年達』所収
「手」(『サンデー毎日』昭和8年/1933年夏季特別号[6月])
>>昭和9年/1934年9月・竹村書房刊『十二階下の少年達』所収
「隅田川の唄」(『オール讀物』昭和8年/1933年8月号)
>>昭和9年/1934年9月・竹村書房刊『十二階下の少年達』所収
「自由の歌」(『サンデー毎日』昭和8年/1933年秋季特別号[9月])
「蟋蟀草紙」(『週刊朝日』昭和8年/1933年秋季特別号[10月])
「逆航路」(『婦人画報』昭和8年/1933年10月号~昭和9年/1934年8月号)
>>昭和10年/1935年☆月・非凡閣刊『新選大衆小説全集 第22巻』所収
昭和9年/1934年
「湖畔の英雄」(『オール讀物』昭和9年/1934年1月号)
>>昭和10年/1935年☆月・非凡閣刊『新選大衆小説全集 第22巻』所収
>>昭和17年/1942年☆月・東光堂刊『湖畔の英雄』所収
「高原の分教場」(『週刊朝日』昭和9年/1934年新年特別号[1月])
>>昭和9年/1934年9月・竹村書房刊『十二階下の少年達』所収
「蠍」(『新青年』昭和9年/1934年2月号)/読物
「鐘はなぜ鳴るか」(『サンデー毎日』昭和9年/1934年春季特別号[3月])
「裏街の乾杯」(『サンデー毎日』昭和9年/1934年4月1日号~5月27日号)
>>昭和10年/1935年☆月・非凡閣刊『新選大衆小説全集 第22巻』所収
「血染の月夜」(『週刊朝日』昭和9年/1934年春季特別号[4月])
「夜明の汽笛」(『オール讀物』昭和9年/1934年7月号)
>>昭和9年/1934年9月・竹村書房刊『十二階下の少年達』所収
「失踪」(『新青年』昭和9年/1934年9月号)
>>昭和30年/1955年10月・東方社刊『私の名は女』所収
「街の花嫁」(『週刊朝日』昭和9年/1934年9月30日号)
「海なりの唄」(『オール讀物』昭和9年/1934年11月号)
など
 
該当期の作品
「出羽の義民」(『日曜報知』昭和9年/1934年9月2日~昭和10年/1935年3月3日)
「槍を持つ武士」(『週刊朝日』昭和10年/1935年新春読物号[1月])
>>昭和17年/1942年☆月・文松堂刊『静かな十六夜』所収
「囚はれの江藤新平」(『改造』昭和10年/1935年2月号)
「春は再び」(『週刊朝日』昭和10年/1935年春季特別号[4月])
>>昭和17年/1942年☆月・淡海堂出版部刊『こほろぎ草紙』所収
「アヴェ・マリア」(『オール讀物』昭和10年/1935年5月号)
>>昭和30年/1955年10月・東方社刊『私の名は女』所収
「山火事」(『サンデー毎日』昭和10年/1935年6月9日号)
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 濱本浩 男44歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男37歳
5 「僕は、誰れも努力しない大衆文芸の畑で多少なり文芸的な努力を示した濱本浩と、川口君とどちらかを迷ったくらいである。」
吉川英治
男42歳
1 「陸君、木村君、濱本君、湊君、他数氏の名ものぼせられたが、」
久米正雄
男43歳
0  
小島政二郎
男41歳
0  
三上於菟吉
男44歳
3 「濱本浩、岡戸武平、海音寺潮五郎、川口松太郎の諸君を候補として種々考慮の結果、」
佐佐木茂索
男40歳
0  
菊池寛
男46歳
   
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第2回候補  一覧へ
昭和10年/1935年下半期業績全般
該当期の作品
「頼母とその子」(『改造』昭和10年/1935年7月号)
>>昭和16年/1941年7月・興風館刊『江藤新平』所収
「河鹿」(『週刊朝日』昭和10年/1935年銷夏読物号[8月])
>>昭和17年/1942年☆月・文松堂刊『静かな十六夜』所収
「生きてゐる幽霊」(『新青年』昭和10年/1935年8月号)
「浅間の夕焼」(『キング』昭和10年/1935年10月号)
「旅烏日記」(『講談倶楽部』昭和10年/1935年10月号)
「少年と戦争」(『改造』昭和10年/1935年12月号)
「轟く山々」(『オール讀物』昭和10年/1935年12月号)
>>昭和16年/1941年☆月・輝文館刊『五月の花』所収
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 濱本浩 男44歳
選考委員 評価 行数 評言
久米正雄
男44歳
0  
小島政二郎
男42歳
0  
佐佐木茂索
男41歳
0  
白井喬二
男46歳
11 「濱本君の年来の努力と実力も(引用者中略)此の老新進雨工先生に一先ずゆずっておくのも好かろう。」
大佛次郎
男38歳
0  
菊池寛
男47歳
  「候補者としては、浜本浩、海音寺潮五郎君などが、有力であった。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第3回候補  一覧へ
昭和11年/1936年上半期業績全般
該当期の作品
「旅情」(『週刊朝日』昭和11年/1936年新春読物号[1月])
>>昭和16年/1941年☆月・博文館/小説選集『烽火』所収
「黄昏の江戸」(『サンデー毎日』昭和11年/1936年2月23日号)
>>昭和14年/1939年☆月・興亜書房刊『錦旗揚らば』所収
>>昭和17年/1942年☆月・文松堂刊『静かな十六夜』所収
「ゆふやけ」(『新青年』昭和11年/1936年2月号)
「春の入江」(『サンデー毎日』昭和11年/1936年春季特別号[3月])
「藤の咲く頃」(『週刊朝日』昭和11年/1936年春季特別号[4月])
「山の灯ともし頃」(『オール讀物』昭和11年/1936年5月号)
>>昭和14年/1939年☆月・紫文閣刊『海峡』所収
「愚なる失踪」(『明朗』昭和11年/1936年6月号)
「永遠の新妻」(『婦人倶楽部』昭和11年/1936年6月増刊号)
>>昭和15年/1940年☆月・博文館刊『家庭小説名作集』所収
「夜あけ」(『サンデー毎日』昭和11年/1936年夏季特別号[6月])
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 濱本浩 男45歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男43歳
0  
白井喬二
男46歳
3 「濱本浩や、海音寺潮五郎などが、まず順当だと考えられる。」
菊池寛
男47歳
0  
小島政二郎
男42歳
0  
大佛次郎
男38歳
0  
佐佐木茂索
男41歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第4回候補  一覧へ

こうどく ほろ やなかむら あいし
鉱毒―― 滅びたる 谷中村の 哀史――」(『改造』昭和11年/1936年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「改造」  別表記表紙 「KAIZO」併記
巻号 第18巻 第12号  別表記12月号
作品名 別表記 「鑛
副題等 本文 「――滅びたる谷中村の哀史――」
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和11年/1936年11月18日 発行 昭和11年/1936年12月1日
発行者等 編輯発行兼印刷人 山本三生 印刷所 大日本印刷株式会社(東京市)
発行所 改造社(東京市)
総ページ数 568 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×19行
×2段
本文ページ 189~208
(計20頁)
測定枚数 45
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 濱本浩 男45歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男39歳
0  
白井喬二
男47歳
6 「此の人が今少し四つ身の角力を取ってくれたらと惜しく思われます。」
久米正雄
男45歳
0  
吉川英治
男44歳
0  
小島政二郎
男43歳
0  
佐佐木茂索
男42歳
0  
三上於菟吉
男46歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「村の敵」「雪解け」「出征」「徴発令」「家なき勇士」「強制執行」「決死隊」「猟犬」「故郷の土」
時代設定 場所設定
明治35年~[同時代]  栃木県
登場人物
田島熊平(谷中村前村長)
宗三郎(熊平の息子、百姓)
小糸(宗三郎の姉)
古澤清(予備歩兵、自由党村議の息子)




直木賞 第5回候補  一覧へ

あさくさ
浅草の 灯」(『東京日日新聞』昭和12年/1937年2月2日~4月13日)
媒体・作品情報
測定媒体 平成7年/1995年7月・高知新聞社/Koshin books、高知新聞企業発売『高知県昭和期小説名作集 第4巻 濱本浩』
形態 四六判 上製
総ページ数 477 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×16行
×1段
本文ページ 13~137
(計125頁)
測定枚数 192
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和13年/1938年2月・新潮社刊『浅草の灯』所収
>>昭和21年/1946年9月・コバルト社/映画化文芸名作選『浅草の灯』所収
>>昭和24年/1949年7月・田園社刊『浅草の灯』
>>昭和25年/1950年10月・講談社刊『長篇小説名作全集20 浅草の灯・浅草の肌・劇団パンドラ座』所収
>>昭和31年/1956年☆月・東方社/東方新書『浅草の灯』所収
>>昭和48年/1973年3月・講談社刊『大衆文学大系23 群司次郎正・片岡鉄兵・浜本浩・北村小松・藤沢桓夫』所収
>>平成7年/1995年7月・高知新聞社/Koshin books、高知新聞企業発売『高知県昭和期小説名作集 第4巻 濱本浩』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 濱本浩 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
白井喬二
男47歳
6 「最後の話題に残ったのは、濱本君と新喜劇同人の二者であった。」
大佛次郎
男39歳
0  
三上於菟吉
男46歳
0  
佐佐木茂索
男42歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
「塔の眺め」「美しき生贄」「嗤うカルメン」「楽屋の正義派」「都会の郷愁」「十二階の暁」「火の鳥」「裏街の港」「裏切者」「男の道」
時代設定 場所設定
大正  東京
登場人物
山上七郎(金星歌劇団員)
小杉麗子(金星歌劇団コーラス・ガールの一人)
神田長次郎(通称・ポカ長、未来派の無名画家)
佐々木紅光(金星歌劇団の幹部、芸術協会出身)
松島摩梨枝(紅光の妻)




直木賞 第5回候補  一覧へ

にんげんきょくばだん
人間曲馬団」(『福岡日日新聞』夕刊 昭和12年/1937年3月12日~6月15日)
媒体・作品情報
測定媒体 昭和13年/1938年2月・新潮社刊『浅草の灯』
総ページ数 360 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×14行
×1段
本文ページ 141~360
(計220頁)
測定枚数 309
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和13年/1938年2月・新潮社刊『浅草の灯』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 濱本浩 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
白井喬二
男47歳
6 「最後の話題に残ったのは、濱本君と新喜劇同人の二者であった。」
大佛次郎
男39歳
0  
三上於菟吉
男46歳
0  
佐佐木茂索
男42歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和12年/1937年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「家族写真」「夜霧」「将軍」「電話」「宝石」「枯草」「風雨」「支那鞄」「十字路」「最後の客」「雁は何処へ帰る」「残された椅子」「鳩時計が鳴いた」
時代設定 場所設定
大正  東京~浅間山麓
登場人物
瀧摩耶子(T英学塾中退、酒場「バア・スザンナ」の経営者)
菅井アキラ(摩耶子の女友達、酒場「バア・スザンナ」の共同経営者)
金野甲子吉(アメリカで邦字新聞を経営)
荒巻寛平(新進大衆作家)
藤原龍介(洋画家、綽名「ダンカン」)
大島瀧太郎(陸軍退役少佐)




直木賞 第6回候補  一覧へ
昭和12年/1937年下半期業績全般
該当期の作品
「沈み行く故郷」(『オール讀物』昭和12年/1937年9月号)
「曲馬団の娘」(『講談倶楽部』昭和12年/1937年9月臨時増刊号)
「欣舞節」(『サンデー毎日』昭和12年/1937年秋季特別号[9月])
「水車小屋の花嫁」(『キング』昭和12年/1937年10月号)
「勝利の曲」(『オール讀物』昭和12年/1937年11月号)
「密使とその妻」(『サンデー毎日』昭和12年/1937年11月21日号)
>>昭和15年/1940年☆月・博文館刊『感激小説名作集』所収
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 濱本浩 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
久米正雄
男46歳
36 「今更、吾々と同輩とも云うべき、(引用者中略)同君に呈するのは、聊か本来の目的からは、遠くはなりはしまいかとも思われた。」
大佛次郎
男40歳
0  
小島政二郎
男44歳
0  
白井喬二
男48歳
0  
吉川英治
男45歳
0  
佐佐木茂索
男43歳
0  
菊池寛
男49歳
   
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ次の回へ