直木賞のすべて
第37回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/1/22

有吉佐和子
Ariyoshi Sawako
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「候補作家の群像 有吉佐和子」と同じものです。
生没年月日【注】 昭和6年/1931年1月20日~昭和59年/1984年8月30日
経歴 和歌山県和歌山市真砂町生まれ。東京女子大学短期大学部英語科卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第1回文學界新人賞(昭和30年/1955年)「地唄」
  • |候補| 第35回芥川賞(昭和31年/1956年上期)「地唄」
  • |候補| 第37回直木賞(昭和32年/1957年上期)「白い扇」
  • |候補| 第6回新潮社文学賞(昭和34年/1959年)『紀ノ川』
  • |候補| 第8回小説新潮賞(昭和36年/1961年)『女弟子』
  • |候補| 第1回女流文学賞(昭和37年/1962年)「墨」
  • |候補| 第14回読売文学賞[小説賞](昭和37年/1962年)『香華』
  • 第1回婦人公論読者賞(昭和37年/1962年)「香華」
  • |候補| 第2回女流文学賞(昭和38年/1963年)『香華』
  • |候補| 第10回新潮社文学賞(昭和38年/1963年)『助左衛門四代記』
  • 第10回小説新潮賞(昭和38年/1963年)『香華』
  • |候補| 第3回女流文学賞(昭和39年/1964年)『助左衛門四代記』
  • 第1回マドモアゼル読者賞(昭和39年/1964年)「連舞」
  • |候補| 第4回女流文学賞(昭和40年/1965年)『非色』
  • 第6回女流文学賞(昭和42年/1967年)「華岡青洲の妻」
  • |候補| 第14回新潮社文学賞(昭和42年/1967年)『華岡青洲の妻』
  • 第2回新風賞(昭和42年/1967年)『華岡青洲の妻』
  • 第29回文藝春秋読者賞(昭和42年/1967年)「海暗」
  • 第6回婦人公論読者賞(昭和43年/1968年)「出雲の阿国」
  • 第20回芸術選奨文部大臣賞[文学部門](昭和44年/1969年度)『出雲の阿国』
  • 第7回新風賞(昭和47年/1972年)『恍惚の人』
  • 第20回毎日芸術賞(昭和53年/1978年度)『和宮様御留』
個人全集 『有吉佐和子選集』第2期全13巻(昭和52年/1977年8月~昭和53年/1978年8月・新潮社刊)
サイト内リンク 小研究-記録(年少候補)
リンク集
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



じうた
地唄」(『文學界』昭和31年/1956年1月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋編輯」併記
巻号 第10巻 第1号  別表記1月号/新年特別号/新年号
印刷/発行年月日 印刷 昭和30年/1955年12月20日 発行 昭和31年/1956年1月1日
発行者等 編輯人 尾關 榮 発行人 池島信 印刷人 長久保慶一 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 文藝春秋新社(東京都)
総ページ数 188 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×25行
×2段
本文ページ 19~37
(計19頁)
測定枚数 69
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『文藝春秋』昭和31年/1956年9月号
>>昭和31年/1956年11月・大日本雄弁会講談社刊『創作代表選集18 昭和31年前期』所収
>>昭和32年/1957年11月・大日本雄弁会講談社刊『断弦』の「第二章」
>>昭和36年/1961年2月・筑摩書房/新鋭文学叢書『有吉佐和子集』所収
>>昭和37年/1962年10月・講談社刊『長編小説全集 第37章 有吉佐和子集』所収「断弦」の「第二章」
>>昭和40年/1965年1月・新潮社刊『日本文学全集72 名作集第4 昭和篇(下)』所収
>>昭和41年/1966年7月・講談社刊『われらの文学15 阿川弘之・有吉佐和子』所収
>>昭和42年/1967年☆月・東方社刊『断弦』の「第二章」
>>昭和42年/1967年11月・新潮社/新潮文庫『地唄』所収
>>昭和43年/1968年11月・新潮社刊『新潮日本文学57 有吉佐和子集』所収
>>昭和44年/1969年6月・講談社刊『日本現代文学全集106 現代名作選2』所収
>>昭和45年/1970年4月・新潮社刊『有吉佐和子選集 第1巻 紀ノ川』所収
>>昭和48年/1973年8月・潮出版社/潮文庫『日本の短篇小説 昭和(下)』所収
>>昭和51年/1976年6月・筑摩書房刊『筑摩現代文学大系63 芝木好子・有吉佐和子集』所収
>>昭和51年/1976年2月・文藝春秋/文春文庫『断弦』の「第二章」
>>昭和55年/1980年1月・講談社/講談社文庫『現代短編名作選5 1955-1957』所収
>>昭和55年/1980年5月・講談社刊『日本現代文学全集106 現代名作選2』[増補改訂版]所収
>>昭和63年/1988年4月・小学館刊『昭和文学全集 第25巻 深沢七郎・水上勉・瀬戸内晴美・曾野綾子・有吉佐和子』所収
>>平成11年/1999年2月・角川書店刊『女性作家シリーズ12 山崎豊子・有吉佐和子』所収
>>平成14年/2002年6月・講談社/講談社文芸文庫『地唄・三婆―有吉佐和子作品集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 35回候補 一覧へ
候補者 有吉佐和子 女25歳
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男51歳
4 「前半女主人公、後半父親と分けて描いているのが弱い。渾然とした多元描写がいけなかったものか。構成の苦労が不足。文字の感覚が古い。」
瀧井孝作
男62歳
15 「(引用者注:初めて読んだ時)佳作だと思った。」「再読した所、またこの小説の中の人物の心持にひきこまれて、老父の心持、娘の心持に、同情しながら読んだ。このごろの大方の小説は、読んでその作中人物の心持にひきこまれる程に、心をこめて書かれたものはすくないようだが、これは、そのすくない中の一つだと思った。」
中村光夫
男45歳
6 「文章の行間に作者の生きた心がにじんで作者の素質を感じさせますが、(引用者中略)素質に甘えすぎていると思われます。」「気持が少しいやらしいほど大人びているが、筆づかいと観察が幼稚です。」
石川達三
男51歳
5 「幸田文さんを思わせるような綿密な描写でなかなか力のある人だとは思うが、義理人情の世界がいかにも古い。こういう世界が現代日本に生きていることも事実ではあろうが、(新人)の名を冠することには疑問がある。」
佐藤春夫
男64歳
13 「大分好評らしかったがわたくしは全然耳を傾けなかった。」「表現力は全く不足と断じテーマの捉え方にも何人かの二番煎じらしい古さを感じた(何某の摸倣というのではないが)。「地唄」の人に喜ばれるのも要するに通俗な人情だと思うと盲人の世界をのぞかせてくれた有難味もうすれた。」「折角の才媛が再考し筆硯を改めて再び三度候補作品を提供することを期待して、今度は冷淡にこれを見送った。」
井上靖
男49歳
2 「達者でしみじみとしたものはあるが、併しこの古風さは推せないと思った。」
舟橋聖一
男51歳
0  
川端康成
男57歳
4 「劇的に達者であり、感動も伴う。親子の人情話であっても悪くはないと思うが、効果を計算し過ぎ、また知識が衒気となりかねない。しかし、この人も盛んに書いてゆくだろう。」
宇野浩二
男64歳
11 「新人らしいところが殆んど全くなく、古風な作品である。」「この小説に書かれている人情はありふれたものであり、書き方にも新味がないからである。もとより作り物であろうが、それが見えすいているのが失敗である。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和31年/1956年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第37回候補  一覧へ

しろ おうぎ
白い 扇」(『キング』昭和32年/1957年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「キング」
巻号 第33巻 第6号  別表記6月号
印刷/発行年月日 発行 昭和32年/1957年6月1日
発行者等 編集人 原田 裕 発行人 佐藤鐵男 印刷人 長久保慶一 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社大日本雄弁会講談社(東京都)
装幀/装画等 さしえ 大磐玲子ルビ有りおおいわ れいこ
総ページ数 350 表記上の枚数 目次 103枚 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×26行
×3段
本文ページ 314~342
(計29頁)
測定枚数 101
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和33年/1958年4月・新潮社刊『美っつい庵主さん』所収「白扇抄」に改題
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 有吉佐和子 女26歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男64歳
8 「その小説的巧者なのにおどろいた。直木賞の委員なら、反対する理由が何もないほどである。」
永井龍男
男53歳
10 「実に巧い。」「ただ、既成の小説に血脈を通じてはいまいかと云う危惧が、私を僅かにちゅうちょさせた。」
井伏鱒二
男59歳
0  
木々高太郎
男60歳
13 「思うつぼに書けすぎていて、興味をそいだという批評には賛成だが、結局もう力倆も十分認められているから受賞の対象とはならぬという意見には、私は個人としては異議があった。」
村上元三
男47歳
17 「うまいという点では今回の候補作の中での随一であろう。だが、年齢は若いのに、こう達者では、と危険な気がしないでもない。」
川口松太郎
男57歳
0  
大佛次郎
男59歳
0  
小島政二郎
男63歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和32年/1957年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  大阪~東京
登場人物
梶川猿舟(梶川流舞踊の家元、喜寿)
花竜(猿舟の弟子)
桂美和子(猿舟の若い弟子)
梶川滋(猿舟の養子)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ