芥川賞のすべて・のようなもの
第52回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

南勝雄
Minami Katsuo
生没年月日【注】 ☆年☆月☆日~
経歴 ☆☆生まれ。☆☆卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第52回芥川賞(昭和39年/1964年下期)「行方不明」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第52回候補  一覧へ

ゆくえふめい
行方不明」(『反世紀』1号[昭和39年/1964年9月])
媒体・作品情報
誌名 「反世紀」
巻号 第1号  別表記表紙 「1964 夏」
印刷/発行年月日 発行 昭和39年/1964年9月1日
発行者等 発行人 前島敦子 印刷人 土屋忠雄 印刷 銀嶺印刷
発行所 反世紀同人会
総ページ数 64 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×26行
×2段
本文ページ 22~64
(計43頁)
測定枚数 158
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 南勝雄 男(不明)
選考委員 評価 行数 評言
石川淳
男65歳
6 「せっかく第一部で地下鉄を消してみせたのに、第二部で現実と帳尻を合わせるような理窟をならべることはないだろう。」「最後に「心のやすらぎ」なんぞということばが出て来ては、こういうはなしは丸つぶれである。」
瀧井孝作
男70歳
4 「これは諷刺小説のようだが、地下世界の所はちょっと面白いが、後半は安っぽい描写で、採れなかった。」
石川達三
男59歳
5 「力のある作家だと思うが、虚構の上に立って事件を展開している。展開されて行く世界は現実社会である。この喰い違いが構成上の失敗であったと思う。」
井上靖
男57歳
0  
丹羽文雄
男60歳
5 「筆力には期待がもてる。が、この小説は、地下鉄の電車の行方不明を立証しようとすればするほどおかしくなってしまう。小説は読者をねじ伏せるものではなく、自由に参加出来るように書かなければならない。」
高見順
男57歳
9 「(引用者注:「雪残る村」「トンネル」「行方不明」の三篇のうち)一つを推したいのだが、それが困難なのだ。」「三作品のうち私には一番興味があった。」「だが、第一部の写実的(おまけに諷刺的というより低俗なところもある)と、第二部の抽象的との間に、不調和と不安定があり、新しい小説と言うには、ためらいがある。」「強いて推すとすれば一応これと「トンネル」」
中村光夫
男53歳
3 「着想は面白いが、途中から変に常識が這入ってきて腰くだけになっています。」
川端康成
男65歳
6 「作者が今日的な意図を構想、手法に試みているだけに、その難点も露出しているようだ。」
永井龍男
男60歳
0  
舟橋聖一
男60歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和40年/1965年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ