芥川賞のすべて・のようなもの
選評の概要
32333435.
3637383940.
4142434445.
4647484950.
5152535455.
5657585960.
6162636465.
6667686970.
7172737475.
7677787980.
8182838485.
86878889.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H28]2016/6/13

井上靖
Inoue Yasushi
生没年月日【注】 明治40年/1907年5月6日~平成3年/1991年1月29日
在任期間 第32回~第89回(通算29年・58回)
在任年齢 47歳7ヶ月~76歳1ヶ月
経歴 北海道上川郡旭川町(現・旭川市)生まれ、静岡県育ち。京都帝国大学文学部哲学科卒。毎日新聞大阪本社入社、学芸部員となる。昭和26年/1951年退社後、創作に専念。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第13回サンデー毎日大衆文芸[選外佳作](昭和8年/1933年下期)「三原山晴天」沢木信乃名義
  • 第14回サンデー毎日大衆文芸[入選](昭和9年/1934年上期)「初恋物語」沢木信乃名義
  • 第17回サンデー毎日大衆文芸[入選](昭和10年/1935年下期)「紅荘の悪魔たち」
  • 第1回千葉亀雄賞[現代物一席](昭和11年/1936年)「流転」
  • 第1回人間新人小説[選外佳作](昭和22年/1947年)「闘牛」井上承也名義
  • 第22回芥川賞(昭和24年/1949年下期)「闘牛」
  • |候補| 第22回芥川賞(昭和24年/1949年下期)「猟銃」
  • |候補| 第4回探偵作家クラブ賞[短編部門](昭和26年/1951年)「死と恋と波と」
  • |候補| 第8回日本探偵作家クラブ賞(昭和30年/1955年)「殺意」
  • |候補| 第8回読売文学賞[小説賞](昭和31年/1956年)『姨捨』その他
  • |候補| 第9回読売文学賞[小説賞](昭和32年/1957年)『天平の甍』その他
  • |候補| 第4回新潮社文学賞(昭和32年/1957年)『射程』
  • 第8回芸術選奨文部大臣賞[文学部門](昭和32年/1957年度)『天平の甍』
  • 第15回日本藝術院賞[文芸](昭和33年/1958年度)『氷壁』その他
  • |候補| 第6回新潮社文学賞(昭和34年/1959年)『敦煌』『樓蘭』
  • 第1回毎日芸術賞[大賞][文学部門](昭和34年/1959年度)『敦煌』『樓蘭』
  • |候補| 第11回読売文学賞[小説賞](昭和34年/1959年)『敦煌』
  • 第18回文藝春秋読者賞(昭和35年/1960年上期)「蒼き狼」
  • |候補| 第12回読売文学賞[小説賞](昭和35年/1960年)『蒼き狼』
  • 第14回野間文芸賞(昭和36年/1961年)『淀どの日記』
  • |候補| 第14回読売文学賞[小説賞](昭和37年/1962年)『洪水』
  • 第15回読売文学賞[小説賞](昭和38年/1963年)『風濤』
  • |候補| 第1回谷崎潤一郎賞(昭和40年/1965年)『楊貴妃伝』
  • ポルトガル・インファンテ・ヘンリッケ勲章(昭和43年/1968年)
  • |候補| 第10回毎日芸術賞[文学部門](昭和43年/1968年度)『おろしや国酔夢譚』
  • |候補| 第20回読売文学賞[小説賞](昭和43年/1968年)『おろしや国酔夢譚』
  • 第1回日本文学大賞(昭和44年/1969年)『おろしや国酔夢譚』
  • |候補| 第22回読売文学賞[随筆・紀行賞](昭和45年/1970年)『西域物語』
  • |候補| 第2回高見順賞(昭和47年/1972年)『季節』《詩集》
  • 文化功労者(昭和51年/1976年)
  • 文化勲章(昭和51年/1976年)
  • 第32回NHK放送文化賞(昭和55年/1980年度)
  • 第14回仏教伝導文化賞B項(昭和55年/1980年)
  • 第14回日本文学大賞(昭和57年/1982年)『本覚坊遺文』
  • 朝日賞(昭和59年/1984年度)"長年にわたる文学上の業績と国際文化交流への貢献"
  • 第42回野間文芸賞(平成1年/1989年)『孔子』
個人全集 『井上靖小説全集』全32巻(昭和47年/1972年10月~昭和50年/1975年5月・新潮社刊)
『井上靖全集』全28巻・別巻(平成7年/1995年4月~平成12年/2000年4月・新潮社刊)
芥川賞候補歴 第22回受賞 「闘牛」(『文學界』昭和24年/1949年12月号)
第22回候補 「猟銃」(『文學界』昭和24年/1949年10月号)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

芥川賞 32 昭和29年/1954年下半期   一覧へ
選評の概要 寸感 総行数35 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男47歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
10 「作品本位で一作を選ぶとなると、私は小島信夫氏の「アメリカン・スクール」を選ぶほかなかった。」「人間の劣等意識を執拗に追求した作品で、一時期の日本人を諷刺して時代的意義もある力作である。」「「神」の方には、私は疑念があった。」
男33歳
8 「きめ(原文傍点)のこまかい、いい作品である。出来上った作家と言えば、庄野氏が一番でき上っている。」「氏の作品ではこの作が一番成功していると思う。作品の蒸留水的な軽さが気になるが、併しこれは氏の作品の本質的なもので、むしろここに氏の本領があるというべきであろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和30年/1955年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 33 昭和30年/1955年上半期   一覧へ
選評の概要 選後に 総行数32 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男48歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
11 「(引用者注:「未知の人」と共に)銓衡で最後まで残ったが、当然なことと思われた。」「筆も確りして最後まで読ませる。」「私はこの作品が取り扱っているカトリックの信仰の問題が自分に身近くないために、この作品の評価に多少戸惑いを感じたが、併し、今期の芥川賞に該当作品ありとすれば、この作品であることは間違いないところだった。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和30年/1955年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 34 昭和30年/1955年下半期   一覧へ
選評の概要 選後に 総行数37 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男48歳
候補 評価 行数 評言
男23歳
17 「その力倆と新鮮なみずみずしさに於て抜群だと思った。」「問題になるものを沢山含みながら、やはりその達者さと新鮮さには眼を瞑ることはできないといった作品であった。」「戦後の若い男女の生態を描いた風俗小説ではあるが、ともかく一人の――こんな青年が現代沢山いるに違いない――青年を理窟なしに無造作に投げ出してみせた作品は他にないであろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和31年/1956年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 35 昭和31年/1956年上半期   一覧へ
選評の概要 作り物の「海人舟」 総行数32 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男49歳
候補 評価 行数 評言
男36歳
7 「この作品の持つ、つつ抜けに明るい健康さに、私はどうもついて行けなかった。人間の掴み方も素朴というより通俗的に思われ、海底の描写も作り物の感を払拭できなかった。併しまとまっているという点ではこの作品が一番まとまっていた。他の作品にみるような致命的な欠陥はない。」
  「こんどの候補作の中で、特に推したいと思った作品はなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和31年/1956年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 36 昭和31年/1956年下半期   一覧へ
選評の概要 推すべき作品なし 総行数27 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男49歳
候補 評価 行数 評言
  「他を排して推す程の作品はないと思った。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和32年/1957年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 37 昭和32年/1957年上半期   一覧へ
選評の概要 「硫黄島」を推す 総行数34 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男50歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
24 「うまいという点で、他の候補作を引きはなしていた。菊村氏の二篇の中では、私は「硫黄島」の方をいいと思った。」「この種の作品はとかく観念的なものになり易いが、それをこれだけ書きこなした手腕は買っていいだろう。」「「不法所持」は、成功すれば、「硫黄島」より気の利いた、本当の意味で新しいものになったろうが、書き切れているとはいえない。」「この作者は今後どしどし書ける人である。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和32年/1957年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 38 昭和32年/1957年下半期   一覧へ
選評の概要 大江氏の才能と資質に 総行数28 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男50歳
候補 評価 行数 評言
大江健三郎
男22歳
13 「(引用者注:「裸の王様」と共に)作風は対蹠的であるが、それぞれ特異な資質と芥川賞作品として推すにふさわしいある新しさを持っていた。」「「死者の奢り」に一票を投じた。」「本当の意味で小説の面白さというものは、(引用者注:「裸の王様」よりも)「死者の奢り」の方にあって、またその面白さの質や才能の質が上等ではないかと思ったからである。要するに私は大江氏の才能、資質の方をより珍重したわけである。」
男27歳
15 「(引用者注:「死者の奢り」と共に)作風は対蹠的であるが、それぞれ特異な資質と芥川賞作品として推すにふさわしいある新しさを持っていた。」「当選にはいささかの不満もない。新風爽やかな独自の才能であることは衆目の見るところである。」
  「こんどは大江健三郎氏の「死者の奢り」と開高健氏の「裸の王様」の二作が際立って光っていたので、他の候補作品はみな影が薄く感じられた。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和33年/1958年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 39 昭和33年/1958年上半期   一覧へ
選評の概要 いっぱいの初々しさ 総行数29 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男51歳
候補 評価 行数 評言
男23歳
16 「候補作品の中では(引用者中略)抜群であり、作家としての資質才能も際立っていた。」「私は大江氏が処女作を発表してから幾許も経っておらず、まだ学生ではあるし、有名とは言え、新人の初々しさをいっぱい身につけているので、芥川賞授賞の対象になり得ると考えた。」「「飼育」は(引用者中略)発想は明確であるし、イメージを書いて行く力も非凡で、作全体に、若々しいエネルギーが漲っていて、佳作の名に恥じないと思う。「鳩」の方は作者の感覚が少しずれて、「飼育」よりは大分落ちる。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和33年/1958年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 40 昭和33年/1958年下半期   一覧へ
選評の概要 推す作品なし 総行数26 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男51歳
候補 評価 行数 評言
  「熱意をもって推すに足る作品は見当らなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和34年/1959年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 41 昭和34年/1959年上半期   一覧へ
選評の概要 「山塔」を推す 総行数24 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男52歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
11 「優れた作品の持っている響きのようなものが、絶えずこちらの心に伝わって来た。この作品には、人間の執念の悲しさや憤ろしさが、特異な構成とスタイルの中に捉えられてあって、心理の深部のあやめの解きほぐし方はなかなか鮮やかである。」
古田芳生
男39歳
4 「(引用者注:「解体以前」と共に)組織と人間の問題を追求した今日的作品であるが、この種の作品の中では共に力作であると思った。」「私は(引用者注:「解体以前」より)「三十六号室」の方をとった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和34年/1959年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 42 昭和34年/1959年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作なし 総行数19 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男52歳
候補 評価 行数 評言
  「積極的に推せる作品はなかった。新しい古いは別にして、いい作品なら必ず、それがいかなる形であれ、ある感動を読む者の胸に伝えるものだが、不思議にそうした悦びを感じさせてくれる作品はなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和35年/1960年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 43 昭和35年/1960年上半期   一覧へ
選評の概要 平凡のもつ力 総行数26 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男53歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
11 「面白く読めた。」「手法も文章も極めて平凡である。題材に対する対し方もまた平凡だ。併し、面白く読ませる力も持っているし、将来物を書いて行く人としての安定したものも感じられる。」「(引用者注:私は)「パルタイ」の新しさより、「夜と霧の隅で」の平凡な、併しそうざらにあるまいと思われる力倆を上位に置いた」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和35年/1960年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 44 昭和35年/1960年下半期   一覧へ
選評の概要 二篇について 総行数31 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男53歳
候補 評価 行数 評言
坂口䙥子
女46歳
13 「第一に推した。」「蕃人たちの原始的感情の美しさと、その悲劇的運命とを、手ぎわよく一枚の織物に編んだところに感心した。またところどころはっとするような感覚的に冴えた描写もあった。」
男29歳
15 「清純な小説であり、これだけ汚れのない作品になると、却って新しくさえ見える。これが当選作たることにいささかも異存はないが、きびしく言えば非難するところのない作品としての物足りなさは、やはりあるようだ。」
  「どれも一応面白く読んだ。」「特に優れた作品もなかった替りに、ひどく見劣りする作品もなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和36年/1961年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 45 昭和36年/1961年上半期   一覧へ
選評の概要 選後に 総行数25 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男54歳
候補 評価 行数 評言
佐江衆一
男27歳
4 「私は(引用者中略)上位に置いた。」「候補作の中で一番難しい主題と取組み、欠点も露わではあったが、一応フレッシュな感覚の作品となり得ていたからである。」
伊藤桂一
男43歳
6 「私は(引用者中略)上位に置いた。」「随筆風の作品で小説としては弱いうらみはあったが、併し、端正な文章にも魅力があったし、三つの挿話のどれも、妙にあとまで印象に残るものを持っていた。」
  「こんどの候補作は七篇ともそれぞれ面白く読んだ。」「銓衡の結果は幾つかに割れて、授賞作を決めることはできず、その点、今度の候補作家は不運だったと言わなければなるまい。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和36年/1961年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 46 昭和36年/1961年下半期   一覧へ
選評の概要 エネルギーに満ちた作品 総行数26 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男54歳
候補 評価 行数 評言
男27歳
11 「私には際立って面白かった。この作品を読み終った時、すぐこれを推そうという気になった。」「構成の上にも難はあるし、細部にわたって見れば指摘できる欠点は幾らでもあるが、そうしたところがさして気にならないくらい野性的なエネルギーに満ちた作品で、芥川賞授賞作にふさわしい新風と言っていいだろうと思った。」
  「候補作八篇とも私には面白かった。特に見劣りのする作品はなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和37年/1962年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 47 昭和37年/1962年上半期   一覧へ
選評の概要 執拗な主題の追求 総行数24 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男55歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
9 「一番読みごたえがあった。動きのとれぬ人間関係を設定し、人間の善意というものの持つ弱い面と、それが辿る運命を丹念に、併し、そうむきにならずに追求した作品である。」「地味な作風だが、文章も確りしているし、主題の追求の仕方も執拗であり、それと目立たぬが、どこかにこの作家の独創性も感じられた。一票を投じたゆえんである。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和37年/1962年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 48 昭和37年/1962年下半期   一覧へ
選評の概要 「光芒」の軽さを惜しむ 総行数22 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男55歳
候補 評価 行数 評言
  「こんどの候補作には特に優れたものはなかった。」「残念ながら当選作として推す情熱の感じられるものは見出せなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和38年/1963年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 49 昭和38年/1963年上半期   一覧へ
選評の概要 「蟹」を推す 総行数22 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男56歳
候補 評価 行数 評言
女37歳
12 「きちんとした乱れのない文章で、海岸に転地療養している女の心理の陰影をよく描いている。」「作品としては(引用者注:以前の候補作より)「蟹」が一番よくまとまっている。仕上がりがみごとなだけに弱い印象も受けるが、こうした破綻のない好短篇の授賞もまた久しぶりでいい。」「私は「蟹」を推した」
男48歳
8 「はっきりした主題を持ち、それを執拗に追っている点では、こんどの候補作中この作品が目立っている。」「文章も荒いし、破綻も随所に指摘できるが、そうした点が寧ろこの作品の魅力となっていると思う。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和38年/1963年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 50 昭和38年/1963年下半期   一覧へ
選評の概要 光る資質 総行数27 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男56歳
候補 評価 行数 評言
清水寥人
男43歳
11 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「素朴なものが美しく出ている作品で、読後心が暖まるような感動を受けました。職場文学の臭みのないところもよく、人間もよく描けていると思います。ただ授賞作として強く押し出すだけの新しさのないことが残念でした。」
森泰三
男(42歳)
12 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「読物になってしまいそうなところを危く踏みこたえている作品で、文章も確りしていますし、書きにくい材料をよくこなしていて、作者の力倆は相当なものだと思います。作者は女主人公を最後に死なせていますが、これはかなり問題」
女35歳
12 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「作者の資質という点では、恐らく候補作家中で一番光っていると思いました。私はこの作品が未整理で、未完成であるという点で推すのを躊躇しましたが、あるいはそうしたところをこの作品の新しさと見るべきであるかも知れません。大成して戴きたいと思います。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和39年/1964年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 52 昭和39年/1964年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作二篇 総行数17 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男57歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和40年/1965年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 53 昭和40年/1965年上半期   一覧へ
選評の概要 黒部氏に新風 総行数26 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男58歳
候補 評価 行数 評言
黒部亨
男36歳
6 「私には面白かった。子供の世界を取り扱った作品であるが、そのまま大人の世界の諷刺にもなっていて、ただ一つの新風を感じさせられた作品であった。」「私はこの作品を推すつもりで委員会に出席した」
女37歳
8 「前作「さい果て」に見たはっとするような冴えた箇処はなかった。併し、夫婦間の心理的機微を描いて、この作者はいささかの危気もない。」「芥川賞が何らかの形で新人の新風を求めるものだとすれば、その点多少物足りぬ気がしないでもないが、作家としての将来性には何の不安もない。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和40年/1965年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 54 昭和40年/1965年下半期   一覧へ
選評の概要 三篇の中から 総行数25 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男58歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
9 「文章も確りしており、浮いたところや背のびしているところのないのがよかった。母の死の理由がはっきりしていないのはこの作の大きな欠点となっているが、そうした欠点を持ちながらもなお、作品のこころだけはこちらに迫って来るようなところがある。」「第一位に推したゆえんである。」
なだいなだ
男36歳
10 「登場人物もそれぞれうまく書いており、手慣れた危げのない作風で、「北の河」と一二を争うものと思っていたが、意外に支持者は少かった。」「作者が主題から身を引いているところがこの作の力を弱めていることは事実であろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和41年/1966年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 55 昭和41年/1966年上半期   一覧へ
選評の概要 強い読後感 総行数28 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男59歳
候補 評価 行数 評言
萩原葉子
女45歳
16 「この作品は、少くとも三好達治という詩人が本質的に持っていた純粋な面だけは逃さないで、ちゃんと描き出しているだろうと思った。小説としてはかなり欠点の指摘できる作品だが、それでもなお読後感にはこちらを揺すぶって来る強いものがあった。」「(引用者注:「天上の花」か「眼なき魚」かの)二作のうち一作をということになったら「天上の花」を、」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和41年/1966年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 56 昭和41年/1966年下半期   一覧へ
選評の概要 腕の確かさ 総行数25 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男59歳
候補 評価 行数 評言
阪田寛夫
男41歳
5 「面白く読んだ。」「音楽好きの一家の音楽始末書とでもいったものを軽く諷刺的に描いた作品だが、なかなか気の利いたしゃれたものである。私はこの作品を一位に推した」
男23歳
13 「一種爽快さの感じられる書き方である。作者が最年少であるにも拘らず、候補作の中では、この作品に一番腕の確かなものを感じた。」「このような題材は、本当はもっと他の取り扱い方をすべきものではなかったという、そういう思いが、読み終ったあとに残った。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和42年/1967年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 58 昭和42年/1967年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作三篇 総行数24 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男60歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
11 「私には面白かった。」「一見古い書き方で、老軍人の生涯を丹念に綴っている。」「作者は意識してこうした手法を用いており、書かねばならぬことは全部拾い上げてしまっている。みごとである。」
佐江衆一
男34歳
13 「私には面白かった。」「なかなかいい短篇である。」「人生の截断面の切り方はなかなか鮮かだと思った。殊に主人公の妻の唐突な行動は、唐突ではあるが、はっとするようなものを持っている。」
丸谷才一
男42歳
8 「私には面白かった。」「この作家は既に一家を成しており、他の候補作のような初々しさはないが、フィクションで、この書きにくい主題と取り組む力量は相当なものである。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和43年/1968年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 59 昭和43年/1968年上半期   一覧へ
選評の概要 目立った二篇 総行数18 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男61歳
候補 評価 行数 評言
女37歳
9 「発表当時余りにも世評が高かったので、銓衡委員会では自然にきびしい採点になったように思う。併し、この作品に見る文学的資質は相当なものであり、はっきりと設定した主題に向って、細部にわたって一つ一つ効果を計算しながら書いて行くところはみごとであると思う。」
男42歳
7 「この作家のものでは一番いいものかと思う。小説を作って行く才能は目立ってもおり、光ってもいるが、それが邪魔になっているところもある。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和43年/1968年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 60 昭和43年/1968年下半期   一覧へ
選評の概要 候補作を読んで 総行数19 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男61歳
候補 評価 行数 評言
  「候補作九篇を読んだが、特にこれを推そうという気になる作品はなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和44年/1969年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 61 昭和44年/1969年上半期   一覧へ
選評の概要 佳作三篇 総行数22 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男62歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
16 「二篇(引用者注:「赤頭巾ちゃん気をつけて」と「深い河」)いずれが授賞作になってもいいという気持で銓衡の席に臨んだ。」「最後に私自身は多少の不安はあったが、「赤頭巾ちゃん」にしぼった。不安というのは、作品全体から感じられる新鮮な感覚の中に、時折、汚れというか分別臭いというか、そうしたものが顔を出しているからである。」「庄司氏が未知数の面白さを持っているのに対して、田久保氏はもうできあがっている作家である。」
男41歳
12 「二篇(引用者注:「赤頭巾ちゃん気をつけて」と「深い河」)いずれが授賞作になってもいいという気持で銓衡の席に臨んだ。」「庄司氏が未知数の面白さを持っているのに対して、田久保氏はもうできあがっている作家である。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和44年/1969年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 62 昭和44年/1969年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作三篇 総行数16 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男62歳
候補 評価 行数 評言
男47歳
8 「抜群だと思った。文章も正確で危っけがなく、感覚も健康でみずみずしい。詩人としての資質を十二分に生かした作品である。」「青春の感傷と憂悶がこれほど美しく描き出された作品は、そうたくさんはない。まさに芥川賞に新風が吹き通った感じである。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和45年/1970年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 63 昭和45年/1970年上半期   一覧へ
選評の概要 二つの才能 総行数33 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男63歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
24 「一位「プレオー8の夜明け」、二位「無明長夜」ということで銓衡の席に臨んだ。」「作品の質はどこから見てもはっきりしたもの」「この作品のよさも、面白さも、作者の居坐り方が全篇を貫いていることで、こういう作品にぶつかると、他の作品の心理描写や風景描写が迂遠な作りものに見えてくるからふしぎである。」
女36歳
23 「一位「プレオー8の夜明け」、二位「無明長夜」ということで銓衡の席に臨んだ。」「一点判らぬものが残されている感じであった」「狂気が次第に深まって行く世界を、仏教的な暗い妖しい雰囲気の中に捉えた作品と言っていいであろうか。生命の、愛の、情念の鬼火が燃えている感じである。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和45年/1970年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 64 昭和45年/1970年下半期   一覧へ
選評の概要 行き届いた計算 総行数16 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男63歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
13 「「杳子」と「妻隠」の二作が光っていましたので、最近では珍しいらくな銓衡になりました。」「「杳子」「妻隠」それぞれに特色ある作品で、どちらが選ばれても異存はありませんが、私の場合は「妻隠」の方を推しました。久しぶりに、作者の計算が行き届いている短篇らしい短篇にぶつかった思いでした。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和46年/1971年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 65 昭和46年/1971年上半期   一覧へ
選評の概要 佳作三篇 総行数17 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男64歳
候補 評価 行数 評言
花輪莞爾
男35歳
5 「一番面白かった。現代社会機構の怪奇さを諷刺した作品で、文章も、筋立ても相当なものである。久しぶりで神経の行き届いた知的な作品にぶつかった思いだったが、残念ながら当選作としての支持は得られなかった。」
金石範
男44歳
9 「(引用者注:「渋面の祭」の)次に面白かった」「文章も達者であるし、ひたむきに一人の人間を描こうと食いさがっている作品である。直木賞向きの作品であるという見方もできるが、その直木賞的なところがなかなかいいと思った。」「文学する根源的なものが失われていない感じで、全篇を貫いている素朴さが却って新鮮に見えるから不思議である。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和46年/1971年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 66 昭和46年/1971年下半期   一覧へ
選評の概要 「砧をうつ女」を推す 総行数28 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男64歳
候補 評価 行数 評言
男36歳
17 「感深く読んだ。」「私はこんどの、多少これまでとは異った資質を感じさせる作品が一番いいと思った。気負ったところがなく、らくに自分のペースで仕事をしており、作品全体に鳴っているようなもののあるのが感じられる。」「最後の銓衡で、私は(引用者中略)推した。」
後藤みな子
女35歳
8 「感深く読んだ。」「長崎で原爆を受けた人たちの問題を正攻法で堂々と、しかも冷静正確な文章で描いている。すでに他の文学賞を受けているということもあって、銓衡においては最後まで残らなかったが、なみなみならぬ力作であることは否めない。」
男33歳
9 「しゃれた新鮮な感じの作品として評価されたが、私にはよく判らなかった。」「一番の問題は、読んでいて絶えず心象が定着しないもどかしさと焦らだちを覚えることだった。」「しかし、才能ある新人ということで、この作家の授賞にいささかも異存はない。」
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和47年/1972年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 67 昭和47年/1972年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数25 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男65歳
候補 評価 行数 評言
男39歳
11 「うまいという点では抜群であった。余分なことは何も書いていないし、筆も浮いたところはない。正面には押し出さないが、ヒューマンなものが底を流れているのも気持よかった。」「材料はいくらでも深刻になるが、それをこのように明るく、軽く描いたところは、この作者の才能であると見ていいと思った。」「(引用者注:「誰かが触った」「いつか汽笛を鳴らして」「仕かけのある静物」のうち)どれが授賞作であってもいいと思った。」
男37歳
7 「この作品から感じられるものは、才能というより、作者の坐り方のいちずな手がたさだ。地味だが、ひたむきに引張って読ませて行くところはみごとである。」「(引用者注:「誰かが触った」「いつか汽笛を鳴らして」「仕かけのある静物」のうち)どれが授賞作であってもいいと思った。」
富岡多恵子
女36歳
9 「作った小説であるし、作った小説としての新しさと面白さを持っている。」「(引用者注:「誰かが触った」「いつか汽笛を鳴らして」「仕かけのある静物」のうち)どれが授賞作であってもいいと思った。」「主題がもうひとつはっきり描けていないところが、この作品の弱味であったかも知れない。」
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和47年/1972年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 68 昭和47年/1972年下半期   一覧へ
選評の概要 「ベティさんの庭」ほか 総行数20 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男65歳
候補 評価 行数 評言
女36歳
9 「目立っていた。」「すがすがしく風の通っている作品で、ところどころ網膜にやきついてくるような鮮やかな場面もあって、作品の舞台になっている外地も、その外地に生きてゆく主人公の気持も生活も、よく描かれてあった。すっきりと仕上がっている。」
富岡多恵子
女37歳
8 「目立っていた。」「しゃれた作品である。」「上等に仕上がっている。こういう遊びの形で人間を描くことは難しいが、父親も、娘も、その心の触れ合いも、造花の中にちゃんと仕舞われている。達者だが、埃りはない。」
女43歳
8 「作品に対する坐り方を変えてしまえば、これはこれで他の二作(引用者注:「ベティさんの庭」「窓の向うに動物が走る」)の持たぬ強さがあると言えよう。初心だけしか生み出せぬものが、多少もたれっぽく読む者の心に迫ってくる。私はこの作品は推さなかったが、推す人の推す理由は判らないではなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和48年/1973年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 69 昭和48年/1973年上半期   一覧へ
選評の概要 素朴な荒々しさ 総行数25 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男66歳
候補 評価 行数 評言
男38歳
15 「材料もいいし、作品全体を素朴な荒々しいタッチで貫いているのもいい。ただ書き足りないところや、説明不足なところが、かなり目立っている。」「枠を取り外した絵のよさもあるかわりに、その欠点もあると言えよう。」「二作(引用者注:「鶸」と「鳥たちの河口」)が候補作の中では目立っていたが、私には二作とも強く推す気にはなれなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和48年/1973年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 70 昭和48年/1973年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作「月山」 総行数18 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男66歳
候補 評価 行数 評言
男61歳
6 「目立っていた。雪深い集落の冬籠りの生活を、方言をうまく使って、現世とも幽界ともさだかならぬ土俗的な味わいで描き上げた手腕はなかなかのものである。」
男36歳
6 「(引用者注:「此岸の家」と共に)いいところもあれば、欠点もあった。」「この作品の明るさと、健康さは、やはりこれはこれで一つの資質と見るべきであろう。」
  「候補作九篇、いずれもあるレベルに達しているものばかりで、新しい作家の作品を読むたのしさを味わった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和49年/1974年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 71 昭和49年/1974年上半期   一覧へ
選評の概要 「小蟹のいる村」ほか 総行数19 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男67歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和49年/1974年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 72 昭和49年/1974年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作二篇 総行数20 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男67歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
9 「作家としてのでき上がっている眼が感じられる点で目立っていた。」「この小説の面白さは、作者の観察の正確さから出て来るもので、そういう意味では大人の小説である。」
男45歳
7 「作家としてのでき上がっている眼が感じられる点で目立っていた。」「前回、前々回の候補作と較べると、題材が地味で、小説としては見せ場のない部分を取り扱っているが、それだけに、作者の力量はこの作品に於て、最もよく出ていると思った。」
  「候補作七篇、それぞれに面白かった」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和50年/1975年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 73 昭和50年/1975年上半期   一覧へ
選評の概要 「祭りの場」をとる 総行数11 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男68歳
候補 評価 行数 評言
女44歳
9 「戦後三十年、漸くにして、このような作品が、芥川賞候補作として登場して来たといった、ある感慨があった。」「このような題材の前には、よく書けているも、書けていないもないと思った。原爆を直接体験し、そして三十年生きてきた人だけの持つ突き放し方、皮肉、そうしたものが文体を造っている。」
  「候補作八篇、いずれも面白く読んだ」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和50年/1975年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 74 昭和50年/1975年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作二篇 総行数14 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男68歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
8 「いいと思った。」「候補作の中で、最も小説らしい小説で、文章も確りしているし、筋の運び方にも練達したものが感じられる。」「受賞を機に、こうした手慣れた同じような題材からはなれて仕事をしなければならないであろうが、この作家はどんな材料でもこなせる力量を持っていると思う。」
男29歳
4 「新進気鋭な作家としてのエネルギーが感じられる。」「ただこの作品に於ては、人間関係をのみこむのに、多少難渋した。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和51年/1976年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 75 昭和51年/1976年上半期   一覧へ
選評の概要 村上氏の資質 総行数20 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男69歳
候補 評価 行数 評言
男24歳
20 「私は(引用者中略)推した。芥川賞の銓衡に於て、作者の資質というものを感じさせられる久々の作品だったと思う。」「所々に顔を出す幼さも、古さも、甘さも、この作品ではよく働いていて、全篇をうっすらと哀しみのようなものが流れているのもいい。」「題材が題材だけに、当然肯定もあり、否定もあると思う。肯定と否定とを計りにかけ、その上でどちらかに決めさせられるような作品である。そういう点も、この作品の持つよさとすべきであろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和51年/1976年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 76 昭和51年/1976年下半期   一覧へ
選評の概要 一応の成功作 総行数12 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男69歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和52年/1977年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 77 昭和52年/1977年上半期   一覧へ
選評の概要 読後の感想 総行数18 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男70歳
候補 評価 行数 評言
高橋揆一郎
男49歳
8 「一番面白く、読みごたえのあるものであった。人間の業を取り扱っているが、最後までその主題にしぼって作り、構成し、書いているところはみごとだと思った。無知と貧しさと悲惨さの中にいる女主人公の、周囲の者に対するそれぞれの気持も、まあ過不足なく書けていると言っていい。」
男29歳
3 「若さがよく出ている明快な作品で、好意を以て読んだ。」
男43歳
7 「私は、氏の場合、芥川賞によって推し出される必要もないであろうと思ったし、この作品に於ける限りは人間関係を一つのカンバスに嵌め込んだ新しい試みはあるにしても、読後、その試み以上のものは出ていないと思った。」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和52年/1977年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 78 昭和52年/1977年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作三篇 総行数19 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男70歳
候補 評価 行数 評言
中野孝次
男53歳
9 「上位に置いた。」「小説的配慮はなされていないが、それだけに少年の心と姿はよく描かれていて、刻みつけてゆくような多少強引な書き方の中に、ある迫力を感じた。」
男30歳
6 「(引用者注:「鳥屋の日々」に次いで)上位に置いた。」「久しぶりの抒情小説といった感じで、実にうまい読みものである。読みものであっても、これだけ達者に書いてあれば、芥川賞作品として採りたくなる。」
男30歳
7 「これはこれで充分面白く読んだ。ただ、こうした土俗的世界を取り扱う場合、こうした世界を取り扱わざるを得ない作者の心の落款のようなものが捺されてなければならないが、それは感じられなかった。」
  「候補作八篇、それぞれ特色があって面白く読んだ」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和53年/1978年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 79 昭和53年/1978年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数20 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男71歳
候補 評価 行数 評言
中野孝次
男53歳
8 「一番よみごたえがあった。しゃれたところなどなく、むしろ不器用に書いているが、とにかく戦時下の、私などの知らない一つの青春を、ひたむきに書こうとし、書ききっていると思う。」「(引用者注:「鑿(のみ)」と共に)候補作の七篇の中で、作者がどうしても書かなければならぬ主題と取り組んでいる」
男30歳
7 「銓衡の席上で、誰かが青春を、青春の時点で書いていると言っていたと思うが、確かにそういう作品だと思う。汚れのないのびのびとした筆である。」
男50歳
7 「うまい作品である。一人の五十近い女を書こうとして、正面から組んでいる。前の「観音力疾走」の凄さはないが、それだけにうまくなっている。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和53年/1978年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 80 昭和53年/1978年下半期   一覧へ
選評の概要 秀作なし 総行数24 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男71歳
候補 評価 行数 評言
増田みず子
女30歳
5 「私の場合、一作を選ぶとなると、増田みず子「桜寮」ということになる。書けていないところも、多少押しつけがましいところもあるが、短篇の形で、何かを書こうとした、少くともそれを意識して筆を執った唯一つの作品と言えるかと思った。」
  「候補作七篇、一応どれも面白く読んだが、特に優れていて、多数の人に読んで貰いたいという作品はなかった。芥川賞となると、何らかの意味で、これが今年の新人であると、強く押し出すだけのものがないと困る。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和54年/1979年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 81 昭和54年/1979年上半期   一覧へ
選評の概要 佳作二篇 総行数19 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男72歳
候補 評価 行数 評言
女52歳
14 「書こうとしていることがはっきりしており、それに正面から取り組んでいるところはみごとである。」「前半が実にいいが、後半が作品の調子をこわして、弱くなっている。」「しかし、そうした欠点はあるにしても、主題にひたむきにくい下がっているところは、何と言っても強い。こうなると、作品のよしあしでなく、作者の作品への対かい方ということになる。」
男35歳
12 「書こうとしていることがはっきりしており、それに正面から取り組んでいるところはみごとである。」「多少ごたごたしたところもないではないが、まあ、難しい主題をよくこなしていると言っていいだろう。最後もいやみなく書けて、作品のいいしめくくりになっている。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和54年/1979年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 82 昭和54年/1979年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作三篇 総行数18 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男72歳
候補 評価 行数 評言
女51歳
7 「独自な文体といったものは持っていないが、なかなかの筆力である。長篇が書ける筆である。最後のインディアンの祭の場面も、難しいところだが、あっさりと書いて、この作品の締めくくりとしては成功していると思った。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和55年/1980年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 83 昭和55年/1980年上半期   一覧へ
選評の概要 寸評 総行数25 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男73歳
候補 評価 行数 評言
尾辻克彦
男43歳
12 「一番面白かった。」「どことなく古ものめいた、つぎはり小説とでもいったような面白さがある。一見素朴を装っているが、なかなかしゃれたものである。しかし、最後の詰めは利いていないばかりか、決してうまいとは言えない。」
  「候補作どれも一応面白く読んだが、特に傑出したものはなかった。どの作品にもいいところはあったが、どこかに困るところもあった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和55年/1980年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 84 昭和55年/1980年下半期   一覧へ
選評の概要 選後に 総行数20 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男73歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
11 「(引用者注:「裸足」と共に)光っていた。」「何よりも作者の資質と才能を感じる。それも派手な眼につくものではないが、作者の身についている危気のないもの、信用していいものである。」「当選作としては軽いという批評もあるかも知れないが、その軽さがいいという見方もあるだろう。いずれにしても、これだけの資質なら、資質だけを推してもいいだろうと思う。」
木崎さと子
女41歳
8 「(引用者注:「父が消えた」と共に)光っていた。」「材料も面白いし、取り扱っている主題も面白いが、結局は書き切れず、ものあり気に終ってしまったのは惜しいと思う。しかし、それにも拘らず、ある新しさは感じられる。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和56年/1981年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 85 昭和56年/1981年上半期   一覧へ
選評の概要 選後に 総行数19 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男74歳
候補 評価 行数 評言
女42歳
11 「なかなかいい資質を持った作家であり、詩人であることは知っていたが、こんどの作品は小説としては弱いと思って、私の場合は初めから銓衡の外に置いていたが、結局、候補作の中から文学作品として最もでき上がっているものを一篇選ぶとなると、この作より他にはなかった。」
  「候補作八篇、それぞれ面白く読んだが、どれも一長一短、他を大きく引きはなして、特に傑出していると言える作品はなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和56年/1981年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 86 昭和56年/1981年下半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数13 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男74歳
候補 評価 行数 評言
  「候補作八篇、それぞれ力をこめて書いているが、授賞作として推し出せる作品のなかったことは残念である。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和57年/1982年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 87 昭和57年/1982年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数19 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男75歳
候補 評価 行数 評言
南木佳士
男30歳
6 「気持よく纏っているが、スケッチの域を出ないという評が出ると、それに対抗するだけのものは持っていなかった。」「スケッチであるにしても、作者の眼はすみずみまで行き届いており、短いタッチで書いているところにも、ある爽やかさがあった。」
  「前回に続いて、こんどもまた芥川賞作品としておし出せる新鮮な力作を得られなかったことは残念である。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和57年/1982年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 88 昭和57年/1982年下半期   一覧へ
選評の概要 選後評 総行数15 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男75歳
候補 評価 行数 評言
男42歳
8 「かなり高いものを覘った野心的な作品ではあるが、最後まで読むには、私などは努力を要する」「私自身、積極的には推さなかったが、しかし視点を変えれば、推すに吝かでないものも持っている。」
女46歳
7 「素直な、というより素直すぎる作品である。」「私自身、積極的には推さなかったが、しかし視点を変えれば、推すに吝かでないものも持っている。」
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和58年/1983年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 89 昭和58年/1983年上半期   一覧へ
選評の概要 選後に 総行数11 (1行=26字)
選考委員 井上靖 男76歳
候補 評価 行数 評言
  「候補作八篇、それぞれ面白くは読んだが、芥川賞作品として、自信をもって押し出せるものはなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和58年/1983年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要マップ || 選考委員の一覧へ