芥川賞のすべて・のようなもの
第40回
芥川賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

40   一覧へ 39前の回へ 後の回へ41
昭和33年/1958年下半期
(昭和34年/1959年1月20日決定発表/『文藝春秋』昭和34年/1959年3月号選評掲載)
選考委員  中村光夫
男47歳
瀧井孝作
男64歳
丹羽文雄
男54歳
舟橋聖一
男54歳
石川達三
男53歳
佐藤春夫
男66歳
井伏鱒二
男60歳
川端康成
男59歳
井上靖
男51歳
永井龍男
男54歳
宇野浩二
男67歳
選評総行数  30 43 22 39 27 32 14 18 26 18 93
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
吉村昭 「鉄橋」
96
男31歳
0 5 5 1 4 0 0 0 3 0 28
山川方夫 「その一年」等
240
男28歳
7 5 6 7 8 0 0 1 4 3 1
下江巌 「馬つかい」
99
男30歳
0 2 2 0 3 0 0 0 0 3 1
庵原高子 「降誕祭の手紙」
99
女24歳
0 2 1 5 3 0 0 0 0 0 2
萩原一学 「煙突の男」
84
男48歳
0 2 1 0 2 0 0 0 6 0 2
山下宏 「王国とその抒情」
95
男(24歳)
0 4 2 2 3 0 2 2 4 3 15
池田得太郎 「家畜小屋」
99
男22歳
0 4 3 0 5 0 0 2 4 0 13
金達寿 「朴達の裁判」
175
男39歳
16 18 5 7 0 12 8 12 9 6 14
林青梧 「ふりむくな奇蹟は」
79
男29歳
0 7 4 5 0 19 2 3 0 4 1
                     
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和34年/1959年3月号)
1行当たりの文字数:26字


選考委員
中村光夫男47歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
不作 総行数30 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
0  
山川方夫
男28歳
7 「「その一年」は現代風俗のなかに感傷的な青年を描いて、幼稚ながらもひとつのまとまりを見せ、一番確実に作者の才能を感じさせます。しかし「海の告発」はこの才人が才に倒れる危険を暗示しているので、見込みで強く推すわけにも行きませんでした。」
下江巌
男30歳
0  
庵原高子
女24歳
0  
萩原一学
男48歳
0  
山下宏
男(24歳)
0  
池田得太郎
男22歳
0  
金達寿
男39歳
16 「作品の出来から云えば、(引用者中略)際立っていましたが、これはあたりまえのことで、アマチュアのなかにプロがひとりまじったような感じでした。」「手馴れた語り口で気楽に描いていることが、主人公を生き生きとさせていますが、同時に作者が自分で先立になって話を面白がっているところが、折角の諷刺を背丈の低いものにしています。」「できあがっているだけに、どこか新鮮さが欠けている、などと新人扱いすることはいまさら氏にとって迷惑だろうと思います。」
林青梧
男29歳
0  
  「今度は候補作の数が多いわりに、よいものがなく、「なし」はまず妥当な帰結でした。」「千幾篇のなかから選んだのがこれでは不作というほかありません。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
瀧井孝作
丹羽文雄
舟橋聖一
石川達三
佐藤春夫
井伏鱒二
川端康成
井上靖
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
瀧井孝作男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
新鮮味 総行数43 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
5 「技芸アート持味など、よいと思った。」「読後何かよい味が残った。が、三カ所ほど描き足りない所があって、また、筋を作りすぎた無理も見えた。」
山川方夫
男28歳
5 「「その一年」は、少年の情緒を描いて、情調ムードの出たもので、このアートはよいが、すこし弱いかと思った。」「「海の告発」とか、前回の「演技の果て」など、技巧のゴタゴタした作よりは、この「その一年」の方がよいと思った。」
下江巌
男30歳
2 「面白く作って浅薄にしたものと見た。」
庵原高子
女24歳
2 「味わいが白けて乾いていた。」
萩原一学
男48歳
2 「面白く作って浅薄にしたものと見た。」
山下宏
男(24歳)
4 「小説はフィクションで何を書いてもよいという説の、その悪弊の見本のようなもので、豚とつるむようなこれは、ひどいことになったものだと思った。」
池田得太郎
男22歳
4 「小説はフィクションで何を書いてもよいという説の、その悪弊の見本のようなもので、豚とつるむようなこれは、ひどいことになったものだと思った。」
金達寿
男39歳
18 「一番読みごたえがあって、面白かった。」「朴達という農奴出の煽動者も、しまいの裁判の場面も、面白く描いて、筆も、政治小説としては平易にわかりやすく、田野の乾し草の香のような味があって、うまいと思った。」「私は、(引用者注:以前の「玄界灘」より)この題材が新しい方で、こんどはこれを推したが、新人でないと云われて、惜しいが仕方がなかった。」
林青梧
男29歳
7 「前回の候補作「第七車輌」よりも、この方が筆力があるし、題材もよい。」「敵味方の心持の入り乱れた場合の、六ケしい心理は、まだ描き足りないかもしれないが、ともかく、溌剌としたものがあってよかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
丹羽文雄
舟橋聖一
石川達三
佐藤春夫
井伏鱒二
川端康成
井上靖
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
丹羽文雄男54歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
感想 総行数22 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
5 「いちばん素直に頭にのこった。が、これはあんまり面白いことが並べられている。それが欠点である。」
山川方夫
男28歳
6 「観念的なお化粧が目につく。「その一年」の主人公を深刻がらせているが、深刻さがいっこうに響いて来ない。「海の告発」の新聞記者は要らない。」
下江巌
男30歳
2 「いまだしの感じである。」
庵原高子
女24歳
1 「いまだしの感じである。」
萩原一学
男48歳
1 「いまだしの感じである。」
山下宏
男(24歳)
2 「ちょっと興味をひかれたが、すこし文章をいじくりすぎてはいないか。」
池田得太郎
男22歳
3 「思いつきは、一応みとめるとしても、猟奇的になっているところは困りものである。」
金達寿
男39歳
5 「推す人があったが、私は採らない。ゴーゴリ風に最終まで押しとおしてほしかった。作者の説教は不要である。お話としてはなかなか面白い。内容がいかに時局的であろうと、私は文学として見たい気持の方がつよいのだ。」
林青梧
男29歳
4 「前の「第七車輌」の方がよかった。今度の小説はこれだけの内容にしては、枚数が足りなかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
舟橋聖一
石川達三
佐藤春夫
井伏鱒二
川端康成
井上靖
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
舟橋聖一男54歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
該当せず 総行数39 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
1 「印象に残り、」
山川方夫
男28歳
7 「どうしても授賞作を出すなら、山川の「その一年」を推したいと云ったが、「海の告発」が流行の新聞記者ものであるばかりでなく、構成にも難があるので、その減点のため、「その一年」の評価が何割か割引されたことは事実だった。」
下江巌
男30歳
0  
庵原高子
女24歳
5 「将来気のきいたものが書けそうで、期待がもてるが、「降誕祭の手紙」は未熟。」
萩原一学
男48歳
0  
山下宏
男(24歳)
2 「印象に残り、」
池田得太郎
男22歳
0  
金達寿
男39歳
7 「資格ではずれた。」「金の名は、それほど売れているとも思われないので、資格があると思えばあり、ないと思えばなし程度の微妙な線をまたいでいる以上、予選でおとすわけにもいかず、まぎらわしいものは、一応銓衡委員会にもち出して見たいというわけだろう。」
林青梧
男29歳
5 「「第七車輌」という前回の候補作のほうが面白かった位で、今回ので授賞という段取りにはならないが、この人の努力は買える。」
  「ここ数回の芥川賞候補作には、暗いどろどろしたグルーミイな作品が多かった。そのほうが芥川賞向きだと考えてるのではないかと、首をかしげたいこともあった。この傾向は、芥川賞ばかりでなく、文芸時評子の取り上げる所謂力作傑作に、そういうゴテゴテこね返すような異常感覚的なものが多いことで、一層拍車をかけた感じだった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
丹羽文雄
石川達三
佐藤春夫
井伏鱒二
川端康成
井上靖
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
石川達三男53歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
二、三の疑問 総行数27 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
4 「三面記事の解説みたいな所があり、技巧だけで文学を創ろうとしているように思われ、感心しなかった。」
山川方夫
男28歳
8 「「海の告発」などは三面記事の解説みたいな所があり、技巧だけで文学を創ろうとしているように思われ、感心しなかった。」「「その一年」の方がいいが、「海の告発」がつまらないのでマイナスになった。「その一年」も米軍キャバレの描写、出てくる日本人の女などが薄っぺらである。」
下江巌
男30歳
3 「楽屋がみな見えている。単純でむしろ古風だ。」「意図は悪くないが、不徹底なところで終っているので甚だ物足りない。」
庵原高子
女24歳
3 「手紙の形式にしたことに疑問がありはしないか。もう少し整理されれば良い作品になったように思われる。」
萩原一学
男48歳
2 「追及が足りないので、私には何の感銘もなかった。」
山下宏
男(24歳)
3 「異常なものへの興味から創作欲が動いているようであるが、その程度が過ぎると猟奇にながれ、あるいは独善的な作品になってしまう。」
池田得太郎
男22歳
5 「猟奇におぼれているようで、作者としては反省を要すると思う。」
金達寿
男39歳
0  
林青梧
男29歳
0  
  「今回は、委員の誰も、自信をもって推せる作品がなかった。論争らしい論争もなかった。きわめて低調で意気あがらざる委員会であった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
丹羽文雄
舟橋聖一
佐藤春夫
井伏鱒二
川端康成
井上靖
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
佐藤春夫男66歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
二篇とも朝鮮もの 総行数32 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
0  
山川方夫
男28歳
0  
下江巌
男30歳
0  
庵原高子
女24歳
0  
萩原一学
男48歳
0  
山下宏
男(24歳)
0  
池田得太郎
男22歳
0  
金達寿
男39歳
12 「文章も調子は高くないにしても一とおり以上にこなれている。全部のなかで最もよく書かれているのがこの篇であろう。韓国とその住民とがあざやかに浮彫されているのは十分に買わなければなるまい。」「惜しくも新人の短篇という芥川賞の資格から外れるとか。」
林青梧
男29歳
19 「酷評すれば「おとなの紙芝居」と云いたくなるほど粗雑な筋書風である。描写主義でなく叙述風に試みたものだとはわかるが、それでもまだ未熟のそしりは免れまい。この手法必ずしも悪くはない。しかしもう少し研究しなければなるまい。」「地道に文学の大道を行こうとするこの作者の態度は猟奇的な取材を末梢神経的に取扱って読者の劣情に媚びようとする風のないのを好しと思った。」
  「すべて読み了って、実のところ今度ほど困った事はなかった。何のどこが面白いのか更にわからない。果は自分の頭を疑ってみる始末。」「結局今回は無しということになるのが当然らしい。十篇も駄作を読んで我々は終にくたびれ儲けということになる。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
丹羽文雄
舟橋聖一
石川達三
井伏鱒二
川端康成
井上靖
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
井伏鱒二男60歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
新人に非ず 総行数14 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
0  
山川方夫
男28歳
0  
下江巌
男30歳
0  
庵原高子
女24歳
0  
萩原一学
男48歳
0  
山下宏
男(24歳)
2 「私はアレルギー疾患のため(引用者中略)読み残した。」
池田得太郎
男22歳
0  
金達寿
男39歳
8 「うまいが新人ではないと思う。これほどの文学的経歴のある作家なら、ほかにもまだいい作品を書いている人が幾人かある。」「事務係から予選通過作品として示された以上は、すべて新人の作品と見なすべきだとするのも一方法だが、私はそれに従わなかったわけである。」
林青梧
男29歳
2 「私はアレルギー疾患のため(引用者中略)読み残した。」
  「読んだ範囲ではたって推薦したい作品はないのであった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
丹羽文雄
舟橋聖一
石川達三
佐藤春夫
川端康成
井上靖
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
川端康成男59歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
左翼文学の佳作 総行数18 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
0  
山川方夫
男28歳
1 「「その一年」はところどころいいと思った。」
下江巌
男30歳
0  
庵原高子
女24歳
0  
萩原一学
男48歳
0  
山下宏
男(24歳)
2 「頭にはいりにくく、後の作を待ちたい。」
池田得太郎
男22歳
2 「変った考えつきだが、過ぎたるは及ばざるに近しと受取った。」
金達寿
男39歳
12 「選ぶとすれば、金達寿の「朴達の裁判」のほかにはないという、私の意見は非常にはっきりしていて、動かせるものではなかった。格のちがう作品が一つはいっているような感じである。」「既に地歩業績の認められた金氏を芥川賞とするに及ばないという考えの方に、やや賛成である。それはとにかく(引用者中略)被圧迫民族を描いた左翼文学として一佳作なのは勿論である。」
林青梧
男29歳
3 「(引用者注:金達寿の)「朴達の裁判」のために損をした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
丹羽文雄
舟橋聖一
石川達三
佐藤春夫
井伏鱒二
井上靖
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
井上靖男51歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
推す作品なし 総行数26 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
3 「一応そつなく纏った作品だが、作品の底を流れているものが低く、読物の域を出ていないのは惜しいと思った。」
山川方夫
男28歳
4 「「その一年」は、この作者のいい面が素直に出た作品であったが、授賞作とするには弱く、」「「海の告発」の方は、構成ががたぴししている上、氏の持つ悪い面の出た作品だと思う。」
下江巌
男30歳
0  
庵原高子
女24歳
0  
萩原一学
男48歳
6 「面白かった。」「いささかの昂奮もない筆致でいつもへまに立廻って孤独な立場におかれる主人公の気持をよく描いていた。」
山下宏
男(24歳)
4 「取扱っているものが性倒錯の世界で、私などにはついて行けないところがあったが、併し、技術的には非常に確かりしているものを持っていた。」
池田得太郎
男22歳
4 「面白かった。」「作者が少くとも何ものかを書こうとしている点で読応えのあるものであった」
金達寿
男39歳
9 「既に一人の出来上った作家の作品としての安定したものを持っていた。」「だが、作者が既に何冊かの著書も持っており、名前を知られすぎているということで授賞者資格から外さなければならなかった。残念だが、これも已むを得ないことである。」
林青梧
男29歳
0  
  「熱意をもって推すに足る作品は見当らなかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
丹羽文雄
舟橋聖一
石川達三
佐藤春夫
井伏鱒二
川端康成
永井龍男
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
永井龍男男54歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
選評 総行数18 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
0  
山川方夫
男28歳
3 「「この一年」「海の告発」は、二作であることが、却って持てる才能を集中していないような読後感を与える結果になった。」
下江巌
男30歳
3 「「旧い」というような諸家の一致した評で、候補作にも残らなかったが、私は一応作者の努力を買うことが出来た。」
庵原高子
女24歳
0  
萩原一学
男48歳
0  
山下宏
男(24歳)
3 「もっとも新人の作品らしい印象を得た。」
池田得太郎
男22歳
0  
金達寿
男39歳
6 「練達した手法で、意図通りの効果を挙げたたくましい作品である。」「「無名、新人を賞の対象とする」芥川賞としては残念なことだと思う。」
林青梧
男29歳
4 「前回のものの方が優れている。」
  「(引用者注:「朴達の裁判」の)他の作品は、いずれも一長一短で、積極的に支持したいと思うものはなかった」「今回の予選作品十篇を読了した時は、実に疲れた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
丹羽文雄
舟橋聖一
石川達三
佐藤春夫
井伏鱒二
川端康成
井上靖
宇野浩二
  ページの先頭へ

選考委員
宇野浩二男67歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
独断的選評―御難な銓衡― 総行数93 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
吉村昭
男31歳
28 「なかなか変った事を書いてはあるが、それほどスリルも猟奇も感じさせられない、それは、作者が、唯、こういう小説を書こう、と、段取りをつけて手際よく、作っただけで、これを書くのに、感動もなく、打ちこんでいないからである、そのために、こんな奇怪な事件が当たり前の事のように思われ、少し目のある読者には、作り事が見え透くからである。」
山川方夫
男28歳
1  
下江巌
男30歳
1  
庵原高子
女24歳
2  
萩原一学
男48歳
2  
山下宏
男(24歳)
15 「なにしろ二人の男は、少年時代から大人になってからも、いたるところで、(まったく到る処で、)どんな所でも、『衆道』を交互におこなうのであるから、平凡な言葉であるが、あきれはてた小説である。それに、あまりに読みづらい文章のために、それだけでも、近頃これだけ骨を折って読んだ小説はない。」「これが、「文學界」に第七回新人賞優秀作として掲載されたとは、云うべき言葉なし。」
池田得太郎
男22歳
13 「牡豚と主人公の妻が、夫婦になって、実にいやらしいエゲツない行動をする事を一所懸命に力をこめて書いているらしいとさえ思われる小説であるが、これは、この作にも、この小説を選んだ人にも、何とも申し上げようなし。」
金達寿
男39歳
14 「この小説は、委員会でめずらしく全員一致で、認められたのであるが、(私も大いに認めたのであるが、)作者の金達寿が、既に十年ほど前に、よい小説を書いて、一部の人たちに認められたから、芥川賞にするには差し支える、と云う事になったのであるが、私は、十年ぐらい前に認められても、今は大ていの人が知らないという事だけでも、そういう『範囲』などはまったく問題にならないと思ったのであるけれど、「衆寡敵せず」で、私の考えなどは通らなかった。」
林青梧
男29歳
1  
  「この数年来(この二三年来)の芥川賞の予選に通過した小説の作者のなかに、どうしてもこれは書いてみたいと云う題材などはまったくないのに、凡そこんな事をこういう風に書いたら、「もしかしたら、」「あわよくば、」などと考えて書いたのではないか、当て推量される小説を書く人がしばしばいるように臆測され、今回にはそう推しはかられるような作品が少し目だって多かったような気がする」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
瀧井孝作
丹羽文雄
舟橋聖一
石川達三
佐藤春夫
井伏鱒二
川端康成
井上靖
永井龍男
  ページの先頭へ


候補者・作品
吉村昭男31歳×各選考委員 
「鉄橋」
短篇 96
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
0  
瀧井孝作
男64歳
5 「技芸アート持味など、よいと思った。」「読後何かよい味が残った。が、三カ所ほど描き足りない所があって、また、筋を作りすぎた無理も見えた。」
丹羽文雄
男54歳
5 「いちばん素直に頭にのこった。が、これはあんまり面白いことが並べられている。それが欠点である。」
舟橋聖一
男54歳
1 「印象に残り、」
石川達三
男53歳
4 「三面記事の解説みたいな所があり、技巧だけで文学を創ろうとしているように思われ、感心しなかった。」
佐藤春夫
男66歳
0  
井伏鱒二
男60歳
0  
川端康成
男59歳
0  
井上靖
男51歳
3 「一応そつなく纏った作品だが、作品の底を流れているものが低く、読物の域を出ていないのは惜しいと思った。」
永井龍男
男54歳
0  
宇野浩二
男67歳
28 「なかなか変った事を書いてはあるが、それほどスリルも猟奇も感じさせられない、それは、作者が、唯、こういう小説を書こう、と、段取りをつけて手際よく、作っただけで、これを書くのに、感動もなく、打ちこんでいないからである、そのために、こんな奇怪な事件が当たり前の事のように思われ、少し目のある読者には、作り事が見え透くからである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
山川方夫
「その一年」等
下江巌
「馬つかい」
庵原高子
「降誕祭の手紙」
萩原一学
「煙突の男」
山下宏
「王国とその抒情」
池田得太郎
「家畜小屋」
金達寿
「朴達の裁判」
林青梧
「ふりむくな奇蹟は」
  ページの先頭へ

候補者・作品
山川方夫男28歳×各選考委員 
「その一年」等
短篇2篇 240
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
7 「「その一年」は現代風俗のなかに感傷的な青年を描いて、幼稚ながらもひとつのまとまりを見せ、一番確実に作者の才能を感じさせます。しかし「海の告発」はこの才人が才に倒れる危険を暗示しているので、見込みで強く推すわけにも行きませんでした。」
瀧井孝作
男64歳
5 「「その一年」は、少年の情緒を描いて、情調ムードの出たもので、このアートはよいが、すこし弱いかと思った。」「「海の告発」とか、前回の「演技の果て」など、技巧のゴタゴタした作よりは、この「その一年」の方がよいと思った。」
丹羽文雄
男54歳
6 「観念的なお化粧が目につく。「その一年」の主人公を深刻がらせているが、深刻さがいっこうに響いて来ない。「海の告発」の新聞記者は要らない。」
舟橋聖一
男54歳
7 「どうしても授賞作を出すなら、山川の「その一年」を推したいと云ったが、「海の告発」が流行の新聞記者ものであるばかりでなく、構成にも難があるので、その減点のため、「その一年」の評価が何割か割引されたことは事実だった。」
石川達三
男53歳
8 「「海の告発」などは三面記事の解説みたいな所があり、技巧だけで文学を創ろうとしているように思われ、感心しなかった。」「「その一年」の方がいいが、「海の告発」がつまらないのでマイナスになった。「その一年」も米軍キャバレの描写、出てくる日本人の女などが薄っぺらである。」
佐藤春夫
男66歳
0  
井伏鱒二
男60歳
0  
川端康成
男59歳
1 「「その一年」はところどころいいと思った。」
井上靖
男51歳
4 「「その一年」は、この作者のいい面が素直に出た作品であったが、授賞作とするには弱く、」「「海の告発」の方は、構成ががたぴししている上、氏の持つ悪い面の出た作品だと思う。」
永井龍男
男54歳
3 「「この一年」「海の告発」は、二作であることが、却って持てる才能を集中していないような読後感を与える結果になった。」
宇野浩二
男67歳
1  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
吉村昭
「鉄橋」
下江巌
「馬つかい」
庵原高子
「降誕祭の手紙」
萩原一学
「煙突の男」
山下宏
「王国とその抒情」
池田得太郎
「家畜小屋」
金達寿
「朴達の裁判」
林青梧
「ふりむくな奇蹟は」
  ページの先頭へ

候補者・作品
下江巌男30歳×各選考委員 
「馬つかい」
短篇 99
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
0  
瀧井孝作
男64歳
2 「面白く作って浅薄にしたものと見た。」
丹羽文雄
男54歳
2 「いまだしの感じである。」
舟橋聖一
男54歳
0  
石川達三
男53歳
3 「楽屋がみな見えている。単純でむしろ古風だ。」「意図は悪くないが、不徹底なところで終っているので甚だ物足りない。」
佐藤春夫
男66歳
0  
井伏鱒二
男60歳
0  
川端康成
男59歳
0  
井上靖
男51歳
0  
永井龍男
男54歳
3 「「旧い」というような諸家の一致した評で、候補作にも残らなかったが、私は一応作者の努力を買うことが出来た。」
宇野浩二
男67歳
1  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
吉村昭
「鉄橋」
山川方夫
「その一年」等
庵原高子
「降誕祭の手紙」
萩原一学
「煙突の男」
山下宏
「王国とその抒情」
池田得太郎
「家畜小屋」
金達寿
「朴達の裁判」
林青梧
「ふりむくな奇蹟は」
  ページの先頭へ

候補者・作品
庵原高子女24歳×各選考委員 
「降誕祭の手紙」
短篇 99
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
0  
瀧井孝作
男64歳
2 「味わいが白けて乾いていた。」
丹羽文雄
男54歳
1 「いまだしの感じである。」
舟橋聖一
男54歳
5 「将来気のきいたものが書けそうで、期待がもてるが、「降誕祭の手紙」は未熟。」
石川達三
男53歳
3 「手紙の形式にしたことに疑問がありはしないか。もう少し整理されれば良い作品になったように思われる。」
佐藤春夫
男66歳
0  
井伏鱒二
男60歳
0  
川端康成
男59歳
0  
井上靖
男51歳
0  
永井龍男
男54歳
0  
宇野浩二
男67歳
2  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
吉村昭
「鉄橋」
山川方夫
「その一年」等
下江巌
「馬つかい」
萩原一学
「煙突の男」
山下宏
「王国とその抒情」
池田得太郎
「家畜小屋」
金達寿
「朴達の裁判」
林青梧
「ふりむくな奇蹟は」
  ページの先頭へ

候補者・作品
萩原一学男48歳×各選考委員 
「煙突の男」
短篇 84
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
0  
瀧井孝作
男64歳
2 「面白く作って浅薄にしたものと見た。」
丹羽文雄
男54歳
1 「いまだしの感じである。」
舟橋聖一
男54歳
0  
石川達三
男53歳
2 「追及が足りないので、私には何の感銘もなかった。」
佐藤春夫
男66歳
0  
井伏鱒二
男60歳
0  
川端康成
男59歳
0  
井上靖
男51歳
6 「面白かった。」「いささかの昂奮もない筆致でいつもへまに立廻って孤独な立場におかれる主人公の気持をよく描いていた。」
永井龍男
男54歳
0  
宇野浩二
男67歳
2  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
吉村昭
「鉄橋」
山川方夫
「その一年」等
下江巌
「馬つかい」
庵原高子
「降誕祭の手紙」
山下宏
「王国とその抒情」
池田得太郎
「家畜小屋」
金達寿
「朴達の裁判」
林青梧
「ふりむくな奇蹟は」
  ページの先頭へ

候補者・作品
山下宏男(24歳)×各選考委員 
「王国とその抒情」
短篇 95
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
0  
瀧井孝作
男64歳
4 「小説はフィクションで何を書いてもよいという説の、その悪弊の見本のようなもので、豚とつるむようなこれは、ひどいことになったものだと思った。」
丹羽文雄
男54歳
2 「ちょっと興味をひかれたが、すこし文章をいじくりすぎてはいないか。」
舟橋聖一
男54歳
2 「印象に残り、」
石川達三
男53歳
3 「異常なものへの興味から創作欲が動いているようであるが、その程度が過ぎると猟奇にながれ、あるいは独善的な作品になってしまう。」
佐藤春夫
男66歳
0  
井伏鱒二
男60歳
2 「私はアレルギー疾患のため(引用者中略)読み残した。」
川端康成
男59歳
2 「頭にはいりにくく、後の作を待ちたい。」
井上靖
男51歳
4 「取扱っているものが性倒錯の世界で、私などにはついて行けないところがあったが、併し、技術的には非常に確かりしているものを持っていた。」
永井龍男
男54歳
3 「もっとも新人の作品らしい印象を得た。」
宇野浩二
男67歳
15 「なにしろ二人の男は、少年時代から大人になってからも、いたるところで、(まったく到る処で、)どんな所でも、『衆道』を交互におこなうのであるから、平凡な言葉であるが、あきれはてた小説である。それに、あまりに読みづらい文章のために、それだけでも、近頃これだけ骨を折って読んだ小説はない。」「これが、「文學界」に第七回新人賞優秀作として掲載されたとは、云うべき言葉なし。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
吉村昭
「鉄橋」
山川方夫
「その一年」等
下江巌
「馬つかい」
庵原高子
「降誕祭の手紙」
萩原一学
「煙突の男」
池田得太郎
「家畜小屋」
金達寿
「朴達の裁判」
林青梧
「ふりむくな奇蹟は」
  ページの先頭へ

候補者・作品
池田得太郎男22歳×各選考委員 
「家畜小屋」
短篇 99
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
0  
瀧井孝作
男64歳
4 「小説はフィクションで何を書いてもよいという説の、その悪弊の見本のようなもので、豚とつるむようなこれは、ひどいことになったものだと思った。」
丹羽文雄
男54歳
3 「思いつきは、一応みとめるとしても、猟奇的になっているところは困りものである。」
舟橋聖一
男54歳
0  
石川達三
男53歳
5 「猟奇におぼれているようで、作者としては反省を要すると思う。」
佐藤春夫
男66歳
0  
井伏鱒二
男60歳
0  
川端康成
男59歳
2 「変った考えつきだが、過ぎたるは及ばざるに近しと受取った。」
井上靖
男51歳
4 「面白かった。」「作者が少くとも何ものかを書こうとしている点で読応えのあるものであった」
永井龍男
男54歳
0  
宇野浩二
男67歳
13 「牡豚と主人公の妻が、夫婦になって、実にいやらしいエゲツない行動をする事を一所懸命に力をこめて書いているらしいとさえ思われる小説であるが、これは、この作にも、この小説を選んだ人にも、何とも申し上げようなし。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
吉村昭
「鉄橋」
山川方夫
「その一年」等
下江巌
「馬つかい」
庵原高子
「降誕祭の手紙」
萩原一学
「煙突の男」
山下宏
「王国とその抒情」
金達寿
「朴達の裁判」
林青梧
「ふりむくな奇蹟は」
  ページの先頭へ

候補者・作品
金達寿男39歳×各選考委員 
「朴達の裁判」
中篇 175
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
16 「作品の出来から云えば、(引用者中略)際立っていましたが、これはあたりまえのことで、アマチュアのなかにプロがひとりまじったような感じでした。」「手馴れた語り口で気楽に描いていることが、主人公を生き生きとさせていますが、同時に作者が自分で先立になって話を面白がっているところが、折角の諷刺を背丈の低いものにしています。」「できあがっているだけに、どこか新鮮さが欠けている、などと新人扱いすることはいまさら氏にとって迷惑だろうと思います。」
瀧井孝作
男64歳
18 「一番読みごたえがあって、面白かった。」「朴達という農奴出の煽動者も、しまいの裁判の場面も、面白く描いて、筆も、政治小説としては平易にわかりやすく、田野の乾し草の香のような味があって、うまいと思った。」「私は、(引用者注:以前の「玄界灘」より)この題材が新しい方で、こんどはこれを推したが、新人でないと云われて、惜しいが仕方がなかった。」
丹羽文雄
男54歳
5 「推す人があったが、私は採らない。ゴーゴリ風に最終まで押しとおしてほしかった。作者の説教は不要である。お話としてはなかなか面白い。内容がいかに時局的であろうと、私は文学として見たい気持の方がつよいのだ。」
舟橋聖一
男54歳
7 「資格ではずれた。」「金の名は、それほど売れているとも思われないので、資格があると思えばあり、ないと思えばなし程度の微妙な線をまたいでいる以上、予選でおとすわけにもいかず、まぎらわしいものは、一応銓衡委員会にもち出して見たいというわけだろう。」
石川達三
男53歳
0  
佐藤春夫
男66歳
12 「文章も調子は高くないにしても一とおり以上にこなれている。全部のなかで最もよく書かれているのがこの篇であろう。韓国とその住民とがあざやかに浮彫されているのは十分に買わなければなるまい。」「惜しくも新人の短篇という芥川賞の資格から外れるとか。」
井伏鱒二
男60歳
8 「うまいが新人ではないと思う。これほどの文学的経歴のある作家なら、ほかにもまだいい作品を書いている人が幾人かある。」「事務係から予選通過作品として示された以上は、すべて新人の作品と見なすべきだとするのも一方法だが、私はそれに従わなかったわけである。」
川端康成
男59歳
12 「選ぶとすれば、金達寿の「朴達の裁判」のほかにはないという、私の意見は非常にはっきりしていて、動かせるものではなかった。格のちがう作品が一つはいっているような感じである。」「既に地歩業績の認められた金氏を芥川賞とするに及ばないという考えの方に、やや賛成である。それはとにかく(引用者中略)被圧迫民族を描いた左翼文学として一佳作なのは勿論である。」
井上靖
男51歳
9 「既に一人の出来上った作家の作品としての安定したものを持っていた。」「だが、作者が既に何冊かの著書も持っており、名前を知られすぎているということで授賞者資格から外さなければならなかった。残念だが、これも已むを得ないことである。」
永井龍男
男54歳
6 「練達した手法で、意図通りの効果を挙げたたくましい作品である。」「「無名、新人を賞の対象とする」芥川賞としては残念なことだと思う。」
宇野浩二
男67歳
14 「この小説は、委員会でめずらしく全員一致で、認められたのであるが、(私も大いに認めたのであるが、)作者の金達寿が、既に十年ほど前に、よい小説を書いて、一部の人たちに認められたから、芥川賞にするには差し支える、と云う事になったのであるが、私は、十年ぐらい前に認められても、今は大ていの人が知らないという事だけでも、そういう『範囲』などはまったく問題にならないと思ったのであるけれど、「衆寡敵せず」で、私の考えなどは通らなかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
吉村昭
「鉄橋」
山川方夫
「その一年」等
下江巌
「馬つかい」
庵原高子
「降誕祭の手紙」
萩原一学
「煙突の男」
山下宏
「王国とその抒情」
池田得太郎
「家畜小屋」
林青梧
「ふりむくな奇蹟は」
  ページの先頭へ

候補者・作品
林青梧男29歳×各選考委員 
「ふりむくな奇蹟は」
短篇 79
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男47歳
0  
瀧井孝作
男64歳
7 「前回の候補作「第七車輌」よりも、この方が筆力があるし、題材もよい。」「敵味方の心持の入り乱れた場合の、六ケしい心理は、まだ描き足りないかもしれないが、ともかく、溌剌としたものがあってよかった。」
丹羽文雄
男54歳
4 「前の「第七車輌」の方がよかった。今度の小説はこれだけの内容にしては、枚数が足りなかった。」
舟橋聖一
男54歳
5 「「第七車輌」という前回の候補作のほうが面白かった位で、今回ので授賞という段取りにはならないが、この人の努力は買える。」
石川達三
男53歳
0  
佐藤春夫
男66歳
19 「酷評すれば「おとなの紙芝居」と云いたくなるほど粗雑な筋書風である。描写主義でなく叙述風に試みたものだとはわかるが、それでもまだ未熟のそしりは免れまい。この手法必ずしも悪くはない。しかしもう少し研究しなければなるまい。」「地道に文学の大道を行こうとするこの作者の態度は猟奇的な取材を末梢神経的に取扱って読者の劣情に媚びようとする風のないのを好しと思った。」
井伏鱒二
男60歳
2 「私はアレルギー疾患のため(引用者中略)読み残した。」
川端康成
男59歳
3 「(引用者注:金達寿の)「朴達の裁判」のために損をした。」
井上靖
男51歳
0  
永井龍男
男54歳
4 「前回のものの方が優れている。」
宇野浩二
男67歳
1  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
吉村昭
「鉄橋」
山川方夫
「その一年」等
下江巌
「馬つかい」
庵原高子
「降誕祭の手紙」
萩原一学
「煙突の男」
山下宏
「王国とその抒情」
池田得太郎
「家畜小屋」
金達寿
「朴達の裁判」
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像マップ