芥川賞のすべて・のようなもの
選評の概要
678910.
1112131415.
162122232425.
2627282930.
3132333435.
3637383940.
4142434445.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H28]2016/6/13

宇野浩二
Uno Koji
このページの情報は「直木賞のすべて」内の「選考委員の群像 宇野浩二」と同じものです。
生没年月日【注】 明治24年/1891年7月26日~昭和36年/1961年9月21日
在任期間 第6回~第16回、第21回~第45回(通算18年・36回)
在任年齢 46歳5ヶ月~51歳5ヶ月、57歳11ヶ月~69歳11ヶ月
経歴 本名=宇野格次郎。福岡県生まれ。早稲田大学英文科予科中退。
在学中に「清二郎の記憶」を発表。大正8年/1919年「蔵の中」「苦の世界」などで注目される。
昭和に入った頃から精神を病み入退院をくり返すも、昭和8年/1933年に「枯木のある風景」で復活。
代表作に「子を貸し屋」「軍港行進曲」など。
「芥川龍之介」「葛西善蔵論」「近松秋江論」など文芸評論の分野での功績も残す。
受賞歴・候補歴
  • 第2回菊池寛賞(昭和14年/1939年)
  • 第2回読売文学賞[小説賞](昭和25年/1950年)『思ひ川』
  • |候補| 第5回読売文学賞[文芸評論賞](昭和28年/1953年)『芥川龍之介』《評論》
  • |候補| 第8回毎日出版文化賞(昭和29年/1954年)『グリム童話』全2巻
個人全集 『宇野浩二全集』全12巻(昭和43年/1968年~昭和44年/1969年・中央公論社刊)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

芥川賞 6 昭和12年/1937年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数136 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男46歳
候補 評価 行数 評言
間宮茂輔
男38歳
9 「私が、両方とも、作者が商売雑誌に書いていない上に、(引用者中略)今度の候補作品の中で最も勝れた小説であると思った、『沃土』も、『あらがね』も、長篇であるという事と、もう一つ外の理由で、賞に這入らなかった。」
和田傳
男38歳
12 「私が、両方とも、作者が商売雑誌に書いていない上に、(引用者中略)今度の候補作品の中で最も勝れた小説であると思った、『沃土』も、『あらがね』も、長篇であるという事と、もう一つ外の理由で、賞に這入らなかった。」
男31歳
87 「題名だけで当て推量して、敬遠して、読まない人があったなら、その人は文学の神に見放されるであろう。それ程この小説が傑作であると云うのではないが、老いも若きも、この小説を読んで、損をした気にならぬであろう、という程の意味である。」「一口に云うと、構想も手法も、大胆不敵の如くに見えて、実は可なり小心で細かい気配りの行きとどいている小説である。」「『糞尿譚』の善さはそういう所だけでなく、(引用者中略)主人公が、正義派の如くなったり、頽廃派の如くなったり、人情家の如くなったり、その他、色々するところ、誠にえたい(原文傍点)の知れないところにある。」
  「今度はじめて芥川賞銓衡委員になって、芥川賞と文芸懇話会賞の銓衡の仕方が随分ちがうのに、私は深い興味を覚えた。」「文芸懇話会の銓衡の方法と比べると、銓衡委員の顔触が分っている事と、各委員が討議する事と、かくの如く各委員が銓衡に就いての感想を発表する事と、この三つの事だけでも、芥川賞の銓衡の仕方の方が遙かに増しであろうか。」
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 7 昭和13年/1938年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数167 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男47歳
候補 評価 行数 評言
男37歳
49 「ずいぶん複雑な怪奇な所さえある題材を、幾らかごたごたしているのが瑕であるが、また新鮮味は感じられないけれども、一種独得の風格と味のある文章で、或いは写実的に、或いは抒情的に或いは象徴的に、簡潔でありながら、可なり重厚に且つ克明に書いている。」「この小説を第一に推薦した」
田畑修一郎
男34歳
36 「自分の好き嫌いなどこだわらないで比べると、普通の意味で、「厚物咲」より、「鳥羽家の子供」の方が、上品で、謂わゆる芸術的である。」「褒めて云うと、何か弱々しいところと、「もう一と息」というところに、田畑の、長所がある。が、より以上に短所がある。」「田畑が、「南方」、「三宅島通信」、「石ころ路」等の謂わゆる感じのいい小説ときっぱり別れて、数年前の、「鳥羽家の子供」、「医師高間氏」あたりから出直す気になったら、彼は、必ず、二十年近い彼の長い文学の修業が報いられて、文学の大道に出られるであろうと私は信じるのである。」
中村地平
男30歳
40 「この作者独得の南国の地方色と情緒が、そこに住む無智で楽天的で然も果無い人生が、心ゆくまで書かれている。」「(引用者注:各候補者の中で)彼の文章だけが目立って、こせつかず、おっとりしている」「中村の小説はたくさん読むと単調かも知れないけれど、読みながら楽しく、楽しみながら読める、という、近頃稀な小説である。」
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 8 昭和13年/1938年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数112 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男47歳
候補 評価 行数 評言
女29歳
25 「『乗合馬車』は、少しごたごたしたところが難ではあるが、作品として決して悪いものではないし、(否、なかなか好い作品であるし、)この一二年来、どちらかというと暗い小説がつづいて芥川賞になっているから、作者が女であるからなどという意味でなく、明るい小説であるということだけでも、まず芥川賞に値する作品であろう。」
  「候補作品の中で『草筏』を除いた三篇はみな「未し」の感があるので八人の委員たちは非常に決断に苦しんだ。」
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 9 昭和14年/1939年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数82 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男48歳
候補 評価 行数 評言
男28歳
18 「面白いが、何か附焼刃のようなところもあり、これから勝れた小説が書けるような作家と思わせるところと、最悪の場合を云えば、箸にも棒にも掛らぬような小説を書く作家になりはせぬかと思わせるところがあり、」「私は、その今後はどうなるであろうかと考えて、(引用者注:長谷健より)半田の方を取ったのである。」
男34歳
22 「着実で糞真面目なようなところがある。」「この作者の取得は筆致が堅実でしっかりしているように見えるところであるが、しかし「見えるだけ」であるところ――一事が万事――そういうところをこの作者が今後切り開くかどうか。」
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和14年/1939年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 10 昭和14年/1939年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数146 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男48歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
30 「『密猟者』は、終りの方が少し呆気ないが、(これは可也の欠点であるが、)読みつづけながら、題材のせいだけでなく、絶えず一種の緊張を感じた。それは、やはり題材のせいもあるが、題材にふさわしい文章のせいでもあろう。」「『密猟者』でも、『流刑囚』でも、共に、大方の人に知られていない、遠い北国の、珍しい人間の、風変りな生活が書かれてあるので、気がつかないが、芝居がかりな場面や気持ちが、読者もそれに引かれ、作者もそれが得意であろうが、やがて欠点になり兼ねない。」
  「この四五回の間で、今度の芥川賞候補作品が、一番面白く、読むのに張り合いがあった。それは、作品がそれぞれ面白かったばかりでなく、顔ぶれが、私には、新しい作家が多かったからでもある。」
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 11 昭和15年/1940年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数244 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男49歳
候補 評価 行数 評言
  「結局、今度は芥川賞を附ける作品がなかった。といって、今度の芥川賞の候補になった作品の二三は、第八回、第九回、第十回、の芥川賞になった作品と比べて、遜色のない物であった。」「私一個の希望として、「文藝春秋」に出し切れない長篇にも芥川賞を附けるようにしてもらいたい。」
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 12 昭和15年/1940年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数111 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男49歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
43 「推す人が多かった。私もその一人である。」「「直耕の人でなければ、三度三度の食は遠慮しなければならん」という理窟を、簡潔な文章で、あまり理窟ばらずに、小説にしたものである。そうして、余り用いたくない言葉であるが、国策に向くように書いてある。そうして、なかなか面白い小説である。その代り、しかし、作り過ぎたところがある。」
  「討議中に、今度は、図抜けて勝れた作品はなかったが、粒の揃った作品がわりに多かった、という言葉がときどき云い交された。これも珍しい事であった。」
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 13 昭和16年/1941年上半期   一覧へ
選評の概要 (座談会形式) 総行数59 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男50歳
候補 評価 行数 評言
男28歳
24 「文学的精神は高くないね。高くないというより、僕は低いと思うナ。」「(引用者注:今後この作家が)材料があって書いても、やはり作品はこの程度で、そういう芸術味のない作品じゃないかな。」
  「今度の芥川賞は三篇(引用者注:「長江デルタ」「山彦」「下職人」)とも作風が変っているから、ちょっとむずかしいね。」
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 14 昭和16年/1941年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数70 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男50歳
候補 評価 行数 評言
女27歳
23 「一ばん評判がよかったけれど、その中には、前にやはり候補になった、「双流」という小説を考慮にいれて、推す人もあった。私もその一人であるが、この小説は、仮りに題材が面白いとしても、妙に堅実で、常識的なところがある。」「うまいところはあるとしても、さして新らし味もないので、賞に価しない、と思った。」「決定しようという会の時に、この小説を賞にきめてもよいが、この小説の主題が、この重大な時に、差し支えがある、という事が問題になって、(引用者中略)結局、終りの方を作者の諒解を得て、直してもらって、発表しよう、という事になった。」
  「中には、どうして、こういう作品を推薦したのであろう、と、推薦した人の観照眼(その他)が疑われるものさえ少くなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 15 昭和17年/1942年上半期   一覧へ
選評の概要 総行数75 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男51歳
候補 評価 行数 評言
  「予選をしたとき、はっきり、候補に推す作品が全くなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 16 昭和17年/1942年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数32 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男51歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
14 「安心は出来ないが、主人公の風変りな性格や生活も、ある程度まで、書かれている上に、他の人物も、まずまず面白く、現わされているし、背景になっている支那事変も、もっと別な書き方はあると思うが、わりに都合よく書かれている。」「「このくらい」ならという程度で、私は、「連絡員」を買う。」
  「推薦候補作品を、予選するために、二十四五篇よんだが、「これは」というものは、殆どなかった」
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 21 昭和24年/1949年上半期   一覧へ
選評の概要 芥川賞に値しない 総行数88 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男57歳
候補 評価 行数 評言
女48歳
20 「わりによくできている初めの方が、すこしごたごたしているばかりでなく、全体の書き方がたどたどしいので、読む方でも、頭が、こんぐらかってしまう。」「この作者は、ちょっと、うまそうに、見えるところもあるが、『しろうと』のようなところが多分にあるから、小説だけに一心をこめたら、あるいは、よくなるかもしれない。が、この小説だけでいえば、まだ、まだ、不安を、感じる。」
男24歳
13 「一と口にいうと、不快な作品である。書かれてあることが『不快』であるばかりでなく、芸術の上から見て、作者の態度が、それ以上に、『不快』である。」「筆は『たっしゃ』なところはあるが、『わるだっしゃ』である。また、「自己弁護」は小説の邪道である。この作者は、要するに、救いがたいところがある。」
  「こんどは、せっかく、久しぶりのものであるが、芥川賞に該当するものなし、ということに、なった。そうして、これは、一度、(も、二度も、)銓衡委員たちのあいだに、きまってしまった。」「ところが、「それでは、あんまり」ということになって、『投票』という不自然な方法で、いやでもおうでも、きめてしまおう、というようなことに、たちいたった。そうして、その結果が、『二つで一つ分』というような妙な説まで、出て、」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和24年/1949年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 22 昭和24年/1949年下半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数45 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男58歳
候補 評価 行数 評言
男42歳
21 「新聞に、全委員一致で、井上靖の『闘牛』ときまった、と出ていた。しかし、「全委員一致」はちょっと『まちがい』で、私だけは反対であった。」「なるほど、こんどの数篇の候補作品のなかでは、『うまさ』という点だけでみれば、づぬけていた。ただ、私には、出てくる人物たちが、みな、自分の意志ではなく、作者の『かんがえ』どおりに、思考し、行動しているのが、気になった。大衆小説ふうの興味があり芸術味にかけているのが『いや』であった。」
  「こんどの芥川賞は、銓衡委員たちがただ一回あつまっただけで、きまった。これは実にめずらしい事である。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和25年/1950年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 23 昭和25年/1950年上半期   一覧へ
選評の概要 銓衡感 総行数66 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男59歳
候補 評価 行数 評言
男35歳
20 「私は、第一回の会のときも、第二回の会のときも、『異邦人』をみとめなかったが、今、ていねいに、よみかえしてみて、このくらいなら、おしてもよいか、と、思いなおした。」
  「第一回の会の時から、「(引用者中略)今さら、田宮の小説を、芥川賞として、雑誌に、出しても、『文藝春秋』のテガラにならぬ、」とでも思って、もやもやしていたらしい、文藝春秋新社の係りの人たちは、坂口が、いきおいよく調子づいた声で、『異邦人』を激賞する説を述べはじめると、文字どおり、『愁眉』をひらいた顔つきになった。」「いろいろな話しのやりとりのなかで、「政治的……」というような言葉を、文藝春秋新社側の人たちがつかうのは仕方がないとしても、委員の人たちのなかに使った人があったので、私は、アッケにとられた。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和25年/1950年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 24 昭和25年/1950年下半期   一覧へ
選評の概要 一そう奮励努力せよ 総行数57 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男59歳
候補 評価 行数 評言
  「それぞれ、妙に、器用なところがあり、利口なところがある。が、残念なことに、みな、小器用であり、小利口である。いうまでもなく、小器用と小利口は、小説に、大禁物である。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和26年/1951年4月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 25 昭和26年/1951年上半期   一覧へ
選評の概要 銓衡難 総行数83 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男60歳
候補 評価 行数 評言
男37歳
16 「『春の草』は、何人かの、年齢も職業も生活もちがう男女の『色事』を、随所に器用に、織りこみ、その間に、四季のうつりかわりも、風物なども、書いてあり、文章にも工夫をこらしてはあるが、所詮、(一と口にいうと、)小細工であり、古風である。」「この作品は、このままゆけば、延びることは、まず、ない。」
男27歳
37 「不可解な小説である。しかし、退屈をしのび、辛抱して、しまいまで、読めば、作者が書こうとしたことは、少し(少しであるが)わかる。」「この小説を、かりに、(かりにである、)いわゆる『二重人格』をとりあつかったものとすれば、いうまでもなく、シャミッソオの『影をなくした男』の足下にも、はるかに、およばない。」「写実的なところなどは、ほとんど、まったく、ない。一と口にいうと、『壁』は、物ありげに見えて、何にもない、バカげたところさえある小説である。」
  「極言すると、こんどの芥川賞は、『無』から『有』を無理に生ました、という事になるのである。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和26年/1951年10月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 26 昭和26年/1951年下半期   一覧へ
選評の概要 詮衡感 総行数77 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男60歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
19 「『広場の孤独』は、こんどの候補作品のなかでいわゆる小説らしいところのほとんどない小説である、しかし、うまい工合に、今の時世にむくような事を書き、それにふさわしい理窟も述べている。そのかわり、読ませるところもあるが、ウスッペラで、作り事が、作り事になって、真実の感じがしない、つまり、読者の心にせまるものが殆んどない。」
  「三十だいの、こんどの候補になった、人たちの小説に、目あたらしいものがかりにあったとしても、真に新鮮な作品がなかったのは、ナンとした事である、といいたいのである、遺憾きわまりなしである。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和27年/1952年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 27 昭和27年/1952年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数59 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男60歳
候補 評価 行数 評言
  「こんどは、どういう風にしても、該当する作品がなかったのである。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和27年/1952年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 28 昭和27年/1952年下半期   一覧へ
選評の概要 意外の感 総行数52 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男61歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
10 「(引用者注:銓衡するうち)ふと、『喪神』(五味康祐)と『或る「小倉日記」伝』(松本清張)が、浮かび上がった。「浮かび上がる」には「運」のようなものもある。」「どうしても選べ、となれば、力の弱い物であり、芥川賞に価する程のものでもないが、まず、『或る「小倉日記」伝』か、と、私は、思った。」
男31歳
16 「(引用者注:銓衡するうち)ふと、『喪神』(五味康祐)と『或る「小倉日記」伝』(松本清張)が、浮かび上がった。「浮かび上がる」には「運」のようなものもある。」「私は、誰かが、『喪神』の中の斬り合いがうまい、と云ったのにも、不賛成であり、山中でふいに女を出したところがスバラシイ、と云ったのにも、大反対である。所詮『喪神』は、芥川賞にも程とおく、直木賞にも程とおいものである。」
  「一と通り読んでみて、今度も、(今度も、である、)該当作品ナシ、と思った、ナサケない、と思った。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和28年/1953年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 29 昭和28年/1953年上半期   一覧へ
選評の概要 皆無難 総行数60 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男61歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
14 「私はこの二つの作品(引用者注:「悪い仲間」「陰気な愉しみ」)にも頸をひねるのである、簡単に云うと、『陰気な愉しみ』は、すっと読めるが、たよりなさ過ぎ、『悪い仲間』は、『愛玩』よりずっと落ちる上に、趣向は面白いけれど、荷が勝ち過ぎているように思われるのが気になるからである。しかし、又大冒険をした藤井がミソとニボシを買ってくるところなどを読むと、なかなか味をやる人だ、と思った、そうして、こういう『味』はこの人独得のものである。」
  「せっかく芥川賞を制定した菊池の「無名(あるひは新進)の作家を世に出すため」という事には、これらの作家は、ほとんど当てはまらない、という事になる。」「初めに制定した菊池の考えは出来るだけ通すべきである。それでそれに該当する作品がなければ、何度でも、断然『ナシ』とすべきである。」「最近の五つ六つの芥川賞の中には、(『中には』である)、その前にも幾つかあったが、銓衡委員たちの意見を左右して、(は言い過ぎとして、)銓衡委員たちの意見を大いに参考にして「文藝春秋」の係りの方で、極めるようにする傾向(『傾向』である)がある。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和28年/1953年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 30 昭和28年/1953年下半期   一覧へ
選評の概要 銓衡苦難 総行数54 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男62歳
候補 評価 行数 評言
  「初めに云う、苦難をするのは銓衡委員であり、苦難をさせるのは候補作品である、と。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和29年/1954年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 31 昭和29年/1954年上半期   一覧へ
選評の概要 読後感 総行数56 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男62歳
候補 評価 行数 評言
男30歳
6 「この小説だけでは推薦しにくいけれど、この前に何度か候補になった幾つかの作品より、いくらか上手になっている上に、作品としても増しなものである、それで、「吉行のこれまでの努力と勉強に対して。」という事に、銓衡委員たちがはげしく討論した上で、やっと、こんどの『芥川賞』と極まったのである。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和29年/1954年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 32 昭和29年/1954年下半期   一覧へ
選評の概要 困難な銓衡 総行数73 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男63歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
14 「一読して、この作家の作風が大分かわった事に気がつき、いくらか変り映えがしたようである。」「こんどの候補作品の中で、過褒を承知で云うと、この小説は、或る一家の細やかな一面をちょいと上手に現している点で、全体にニュアンスが幾らか出ている点で、まず一ばん増しであろう。唯いかにも力の弱いのは大きな欠点」
男39歳
12 「『アメリカン・スクール』は、ちょいと特異な題材を克明に書いて面白いところもあり、独得なところもあるけれど、(引用者中略)出てくる人物にも、場面にも、不鮮明なところや独り合点のようなところもあるので、私は、それほど高く買えないのである。」「『神』は、狙いどころはわかるけれど、何とも仕方のない小説である。」
  「私は、この委員会に十回以上も出たが、今回ぐらい手古ずったのは殆んど初めてである。しかし、私が、いつの時も痛感するのは、唯ひとつ、芥川賞の銓衡は、いつまでも、困難を極めるにちがいない、という事である。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和30年/1955年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 33 昭和30年/1955年上半期   一覧へ
選評の概要 独断的銓衡感 総行数82 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男63歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
28 「特異な題材を、よく工夫して、工合よく、書いてある、という点だけでも、問題になるところはある、が、唯それだけのところもある。」「結局、芥川賞の係りの人が、(一時は「今回こそ該当作なし」と大方きまりかかったのに、)粘りに粘ったために、この『白い人』が賞ときまってしまったが、私は、(委員会の時までにこの小説だけ読んでいなかったので、)委員会の日の翌日にこの作品を二度も読んでみたけれど、その結果、この小説は芥川賞に該当しない、と、ここで、言明する。」
  「閉口したのは、『粘りつき』には幾らか自信のある私も、今回の芥川賞の係りの人の『粘り』の強さであった。されば、あの係りの人を、日本文學振興會から大大的に表彰すべきであろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和30年/1955年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 34 昭和30年/1955年下半期   一覧へ
選評の概要 独断的銓衡感 総行数89 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男64歳
候補 評価 行数 評言
男23歳
38 「読みつづけてゆくうちに、私の気もちは、しだいに、索然として来た、味気なくなって来た、」「仮りに新奇な作品としても、しいて意地わるく云えば、一種の下らぬ通俗小説であり、又、作者が、あたかも時代に(あるいはジャナリズム)に迎合するように、(引用者中略)『拳闘』を取り入れたり、ほしいままな『性』の遊戯を出来るだけ淫猥に露骨に、(引用者中略)書きあらわしたり、しているからである、」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和31年/1956年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 35 昭和31年/1956年上半期   一覧へ
選評の概要 成行的詮衡譚 総行数95 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男64歳
候補 評価 行数 評言
男36歳
19 「以前の作品には無駄なところや欠点もあったが、こんどの小説にはそれがわりに少ない、というハンディキャップの反対のような条件があった、それには私は大たい同感である。」「作者がそれほど力を入れていない漁師町が案外よく出ているけれど、女主人公のナギが、よく書けばよいのに、殆んど書かれていないのが、私には、大へん物足りない、結局、「前の三つの候補作品より増しになった」ということで、この小説を芥川賞に推すのである。」
  「最後に、口さがない京童部が、『「文學界」高等学校――「文藝春秋」大学校』と、聞きずてにならぬ事を、云った、『聞きずてならぬ』と云ったのは、「文學界」(学校)を出た物は「文藝春秋」(学校)に採用される、という意味らしいからである。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和31年/1956年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 36 昭和31年/1956年下半期   一覧へ
選評の概要 銓衡悲感 総行数90 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男65歳
候補 評価 行数 評言
  「総体に、今度の候補作品の多くは、しいて奇をねらうような小説である。奇をねらう小説は邪道の小説である。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和32年/1957年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 37 昭和32年/1957年上半期   一覧へ
選評の概要 骨折り詮衡 総行数92 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男65歳
候補 評価 行数 評言
男32歳
23 「『不法所持』は、最初は、新聞種だなと思って、いやいや読みはじめたが、読んでゆくうちに、突飛な話がつぎつぎに出てくるのに、ハッタリめいた所があるのに、なかなか『味』があるので、文学的に楽しみながら読みつづけた、が、終りのところで、ちょいと興ざめがした、が、「これなら、」と思った。」「(引用者注:「不法所持」「硫黄島」とも)大へんカサカサした乾燥した筆で書きながら、そのために却って効果がある。これはこれらの小説に重要な事である。唯、この二篇の小説だけではこれからの作者がどういう道をゆくかはわからない。」
  「(引用者注:「魔法瓶」の)(直木賞共通)といえば、今回の候補作品も、何回の時の候補作品でも、その半分ぐらいは、そういう事になりはしないか。(係りの方の御一考を乞う。)」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和32年/1957年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 38 昭和32年/1957年下半期   一覧へ
選評の概要 我流銓衡感 総行数70 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男66歳
候補 評価 行数 評言
男27歳
10 「なかなか面白く作られてあり、今の文壇に数の少ない諷刺的な所があり適宜に諧謔もあり、話が変っていて、読む人をよろこばせるのであろう。」「今の日本の実業家が教育界と官僚に取り入る事を暴露することなどなかなか味をやっている。しかし、私は、この小説一つではこの作者がまだ信用できない。」
  「いつの世にもあるくちさがない人たちが、いつの時も殆んどそうであるが、「こんども、芥川賞の候補作品のなかには『文學界』に出た小説が多いね。しかも、『文學界』の新人賞というのに通った人の小説がこのごろよく芥川賞をうけるようだね。」などと云うのを耳にするけれど、それは偶然かもしれないし、仕方のないことでもあろうか。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和33年/1958年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 39 昭和33年/1958年上半期   一覧へ
選評の概要 銓衡の経緯 総行数77 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男66歳
候補 評価 行数 評言
男23歳
21 「「今さら芥川賞には、……」と反対した。」「十人の委員のうち、(欠席の井伏を入れると、十一人の委員のうち、)多数決で、(七対四、)『飼育』を今度の芥川賞に推すことになったのである、但し、私はあくまで「反対」である。」「私も『飼育』はみとめるが、この作者が、今までの幾つかの作品に見えるような、気どりと、無理に見える病的なところがなくなれば、よいのではないか、と思うけれど、それらがなくなれば、この作者の小説の特徴がなくなるかもしれない。」
  「結局、私には、芥川賞をきめる事は、いつも、「厄介な重荷」である。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和33年/1958年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 40 昭和33年/1958年下半期   一覧へ
選評の概要 独断的選評―御難な銓衡― 総行数93 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男67歳
候補 評価 行数 評言
金達寿
男39歳
14 「この小説は、委員会でめずらしく全員一致で、認められたのであるが、(私も大いに認めたのであるが、)作者の金達寿が、既に十年ほど前に、よい小説を書いて、一部の人たちに認められたから、芥川賞にするには差し支える、と云う事になったのであるが、私は、十年ぐらい前に認められても、今は大ていの人が知らないという事だけでも、そういう『範囲』などはまったく問題にならないと思ったのであるけれど、「衆寡敵せず」で、私の考えなどは通らなかった。」
  「この数年来(この二三年来)の芥川賞の予選に通過した小説の作者のなかに、どうしてもこれは書いてみたいと云う題材などはまったくないのに、凡そこんな事をこういう風に書いたら、「もしかしたら、」「あわよくば、」などと考えて書いたのではないか、当て推量される小説を書く人がしばしばいるように臆測され、今回にはそう推しはかられるような作品が少し目だって多かったような気がする」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和34年/1959年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 41 昭和34年/1959年上半期   一覧へ
選評の概要 独断的選評 総行数45 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男67歳
候補 評価 行数 評言
男49歳
7 「このぐらいなら、と思い、」「『山塔』が受賞したのは、「まず」と思う」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和34年/1959年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 42 昭和34年/1959年下半期   一覧へ
選評の概要 骨のをれる選評 総行数74 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男68歳
候補 評価 行数 評言
  「殆んど皆、どれもこれも、読みづらいのは辛抱するとして、芥川賞に推せるだけの物ではなかった」「(引用者注:候補作の)半分以上が、その作品の随処に、殊更に、男女の「まじわり」か、それに似たものが、いたずらに、際どく書かれてあるのに、私は、妙な気がした。私には、こういうところだけを、作者が、いい気(原文傍点)になって、力をいれて、書いているように思われて、大へん気に入らないのである。」「芥川賞の候補作品にこういう傾向の小説が圧倒的に多くなった悪弊はこの五年来から現れはじめたようである。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和35年/1960年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 43 昭和35年/1960年上半期   一覧へ
選評の概要 我流の読後感 総行数62 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男68歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
14 「(引用者注:候補作のうちでは)先ず一篇(北杜夫の『夜と霧の隅で』)だけが推薦できそうに思った」「一ばん普通の文章と表現で述べた北の小説が妙に凄いところがあり読む者の心をうつような佳作であったが、(私がこの作品を殊更にほめるのは、前の(第四十一回の)時に、私が、欠点があるので、『山塔』より、『谿間』を推薦したからである。」
  「こんどは、九篇の小説の大部分が「ドングリの背くらべ」であった」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和35年/1960年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 44 昭和35年/1960年下半期   一覧へ
選評の概要 難儀な銓衡 総行数53 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男69歳
候補 評価 行数 評言
男29歳
9 「古めかしい感じがし、主人公の恋愛も幼稚であり、書き方も弱弱しくたどたどしいのに、それらが今もてはやされている勢いのよい露骨な主人公が活躍する作品となにもかも違って大へん穏かである、」「私も、芥川賞には該当しないけれど、まずその候補ぐらいなら、と云った」
  「結局、いつもそうではないか、と云われるかもしれないが、私はこんどは、(こんども、)芥川賞に該当するものなし、である。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和36年/1961年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芥川賞 45 昭和36年/1961年上半期   一覧へ
選評の概要 病床にて 総行数22 (1行=26字)
選考委員 宇野浩二 男69歳
候補 評価 行数 評言
  「どれも、人に気がつかないけれど、見えないところにうまさを持っていて、読みよい。」「おそらく今回は授賞作は出ないだろう、と思っていた。(引用者中略)授賞該当作なし、という結果を聴いて安心した。」「捨ててはおけない作品がそろってはいたが、芥川賞が見送りになったのは、あたりまえだった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和36年/1961年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要マップ || 選考委員の一覧へ