芥川賞のすべて・のようなもの
第1回~第20回
12345.
678910.
1112131415.
1617181920.
受賞作・候補作一覧 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

ページの最後へ
Last Update[H27]2015/12/7


1   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和10年/1935年上半期
昭和10年/1935年8月10日決定発表/『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号経緯掲載
受賞 石川達三 男30歳
「蒼氓」
『星座』創刊号[昭和10年/1935年4月]
短篇     
[140枚] 141
候補 外村 繁 男32歳
「草筏」
『世紀』昭和10年/1935年3月号、4月号(未完)
長篇 >一部
93
高見 順 男28歳
「故旧忘れ得べき」
『日暦』7号~11号[昭和10年/1935年2月~7月](連載中)
長篇 >一部
*[約300枚] 295
衣巻省三 男35歳
「けしかけられた男」
『翰林』昭和9年/1934年10月号~昭和10年/1935年1月号、3月号~5月号
長篇     
304
太宰 治 男26歳
「逆行」
『文藝』昭和10年/1935年2月号
短篇     
23
候補作(瀧井孝作選)5篇
予選候補(川端康成選)(上記「蒼氓」「逆行」に加えて)
予選候補 渡辺 寛 男22歳
「詫びる」
『文學評論』臨時増刊 新人推薦号[昭和10年/1935年5月]
短篇     
50
浅井花子 女(32歳)
「泥濘の春」
『婦人文藝』昭和10年/1935年6月号
短篇     
73
「ある夫婦」
『文學評論』臨時増刊 新人推薦号[昭和10年/1935年5月]
短篇     
58
太宰 治 男26歳
「道化の華」
『日本浪曼派』昭和10年/1935年5月号
短篇     
104
内村直也 男25歳
「秋水嶺」
『劇作』昭和10年/1935年6月号
中篇・戯曲
[166枚] 196
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
(欠席)
男36歳
男46歳
男43歳
男41歳
男40歳
男43歳
男41歳
(欠席)
男49歳
男46歳
(欠席)
男48歳
男37歳
第1回委員会(芥川・直木両賞)昭和10年/1935年6月14日17:00~ [出席者]久米正雄・佐藤春夫・室生犀星・瀧井孝作・小島政二郎・横光利一・菊池寛・佐佐木茂索
第2回委員会(芥川賞のみ)7月24日 [出席者]久米正雄・菊池寛・瀧井孝作・小島政二郎・横光利一・佐佐木茂索
(第3回委員会は直木賞のみ)
第4回委員会(芥川・直木両賞)8月10日16:00~

2   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和10年/1935年下半期
昭和11年/1936年3月12日決定発表/『文藝春秋』昭和11年/1936年4月号経緯掲載
  受賞作なし
候補 小山祐士 男29歳
『瀬戸内海の子供ら』
昭和10年/1935年12月・白水社/新撰劇作叢書
中篇・戯曲
242
川崎長太郎 男34歳
「余熱」その他
『早稲田文學』昭和10年/1935年10月号
短篇     
33
伊藤佐喜雄 男25歳
「花宴」
『日本浪曼派』昭和10年/1935年12月号~昭和11年/1936年10月号、12月号~昭和12年/1937年3月号(連載中)
長篇 >一部
53
「面影」
『コギト』昭和10年/1935年10月号
短篇     
59
檀 一雄 男24歳
「夕張胡亭塾景観」
『日本浪曼派』昭和10年/1935年12月号
短篇     
83
丸岡 明 男28歳
「生きものの記録」
『三田文學』昭和10年/1935年10月号~12月号
長篇     
[350枚] 352
宮内寒彌 男24歳
「中央高地」
『早稲田文學』昭和10年/1935年8月号
短篇     
44
候補作(7篇)
予選候補(久米正雄選)(上記「花の宴」「面影」「中央高地」「夕張胡亭塾景観」「生きものの記録」に加えて)
予選候補 丸井栄雄 男(33歳)
「踊る舞台と虫けら」
『三田文學』昭和10年/1935年10月号
短篇     
[80枚] 83
岩越昌三 男26歳
「石生藻」
『早稲田文學』昭和10年/1935年8月号
短篇     
28
石川 淳 男37歳
「葦手」
『作品』昭和10年/1935年10月号~12月号
短篇     
106
巻のぶ子 女(不明)
「島本貞代」
『織匠』昭和10年/1935年10月号
不明     
川口一郎 男35歳
「二十六番館」
昭和10年/1935年11月・白水社/新撰劇作叢書『二十六番館・二人の家』より
短篇・戯曲
149
推薦候補68名
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男36歳
男47歳
男44歳
男42歳
男41歳
男43歳
男41歳
(欠席)
男49歳
男46歳
(欠席)
男48歳
(欠席)
男37歳
文壇関係各所への推薦依頼(前後2回、発送200通、回答55名より)
第1回委員会(芥川・直木両賞)昭和11年/1936年2月26日14:00~ [会場]レインボー・グリル [出席者]瀧井孝作・室生犀星・小島政二郎・佐佐木茂索
第2回委員会(芥川・直木両賞)3月7日16:00~19:30 [会場]レインボー・グリル
決定(芥川・直木両賞)3月12日

3   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和11年/1936年上半期
昭和11年/1936年8月10日決定発表/『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号経緯掲載
受賞 鶴田知也 男34歳
「コシャマイン記」
『小説』昭和11年/1936年2月号
短篇     
63
受賞 小田嶽夫 男36歳
「城外」
『文學生活』創刊号[昭和11年/1936年6月]
短篇     
52
候補 高木 卓 男29歳
「遣唐船」
『作家精神』昭和11年/1936年5月号[創刊号]
短篇     
*96
北條民雄 男21歳
「いのちの初夜」
『文學界』昭和11年/1936年2月号
短篇     
71
横田文子 女26歳
「白日の書」
『婦人文藝』昭和11年/1936年2月号、4月号~6月号
中篇     
[約150枚] 215
緒方隆士 男31歳
「虹と鎖」
『日本浪曼派』昭和11年/1936年6月号
短篇     
79
打木村治 男32歳
「部落史」
『文藝首都』昭和11年/1936年5月号
短篇     
[74枚] 69
矢田津世子 女29歳
「神楽坂」
『人民文庫』昭和11年/1936年3月創刊号
短篇     
54
候補作8篇
予選候補(川端康成記)
予選候補 緒方隆士 男31歳
「島での七日」
『コギト』昭和11年/1936年3月号
短篇     
36
石河穣治 男25歳
「ジャスポラ父子」
『星座』昭和11年/1936年1月号、2月号
短篇     
106
緑川 貢 男24歳
「初恋」
『日本浪曼派』昭和11年/1936年1月号~3月号
中篇     
193
「花園」
『文學界』昭和11年/1936年5月号
短篇     
53
南川 潤 男22歳
「掌の性」
『三田文學』昭和11年/1936年6月号
短篇     
[95枚] 100
井上友一郎 男27歳
「福音」
『現実』2号~4号[昭和11年/1936年3月~6月]
不明     
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男37歳
男47歳
(欠席/電文回答)
男44歳
男42歳
男41歳
男44歳
男42歳
(欠席)
男50歳
(欠席/書面回答)
男47歳
(欠席)
男49歳
(欠席)
男38歳
第1次委員会(芥川賞のみ)昭和11年/1936年8月3日18:00~ [出席者]菊池寛・佐藤春夫・小島政二郎・瀧井孝作・川端康成
第2次委員会(芥川・直木両賞)昭和11年/1936年8月10日15:00~
参考文献:川端康成「芥川賞予選記―文芸時評―」(『文學界』昭和11年/1936年9月号)

4   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和11年/1936年下半期
昭和12年/1937年2月9日決定、12日付決定発表/『文藝春秋』昭和12年/1937年3月号経緯掲載
受賞 石川 淳 男37歳
「普賢」
『作品』昭和11年/1936年6月号~9月号
中篇     
206
受賞 富沢有為男 男34歳
「地中海」
『東陽』昭和11年/1936年8月号
中篇     
[150枚] 125
候補 伊藤永之介 男33歳
「梟」
『小説』7号[昭和11年/1936年9月]
短篇     
*113
川上喜久子 女32歳
「滅亡の門」
『文學界』昭和11年/1936年11月号
中篇     
[160枚] 161
「歳月」
『文學界』昭和11年/1936年8月号
短篇     
39
第1次候補作19篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男37歳
男48歳
男45歳
男43歳
男42歳
男44歳
男42歳
(欠席)
男50歳
男47歳
(欠席)
男49歳
男38歳
文壇各方面への推薦依頼(回答85名より)
第1次審査委員会(芥川・直木両賞)昭和12年/1937年1月29日15:00~ [会場]芝公園内紅葉館
第2次審査委員会(芥川・直木両賞)2月9日17:30~ [会場]銀座米田家

5   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和12年/1937年上半期
昭和12年/1937年7月20日決定、8月12日付決定発表/『文藝春秋』昭和12年/1937年9月号経緯掲載
受賞 尾崎一雄 男37歳
『暢気眼鏡』
昭和12年/1937年4月・砂子屋書房刊
短篇集    9篇
252
候補 中村地平 男29歳
「土龍どんもぽつくり」
『日本浪曼派』昭和12年/1937年5月号
短篇     
55
逸見 広 男38歳
『悪童』
昭和12年/1937年5月・赤塚書房刊
中篇     
297
川上喜久子 女32歳 --
諸作品   
候補作6種
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男38歳
男48歳
男45歳
男43歳
男42歳
男45歳
男43歳
男50歳
男47歳
男49歳
男39歳
文壇・ジャーナリズム各方面への推薦依頼(回答81名より)
第1次委員会(芥川・直木両賞)昭和12年/1937年7月6日18:00~ [会場]赤坂星ヶ岡茶寮
第2次委員会(芥川・直木両賞)7月20日14:00~ [会場]芝・千里亭

6   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和12年/1937年下半期
昭和13年/1938年2月7日決定発表/『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号経緯掲載
受賞 火野葦平 男31歳
「糞尿譚」
『文學會議』4冊[昭和12年/1937年11月]
短篇     
[130枚] 133
参考作品「山芋」
『文學會議』2冊[昭和12年/1937年6月]
短篇     
*41
参考作品「河豚」
『文學會議』3冊[昭和12年/1937年8月]
短篇     
*53
候補 中本たか子 女34歳
「白衣作業」
『文藝』昭和12年/1937年9月号
中篇     
[200枚] 212
大鹿 卓 男39歳
「探鉱日記」その他
『中央公論』昭和12年/1937年9月号
短篇     
82
間宮茂輔 男38歳
「あらがね」
『人民文庫』昭和12年/1937年5月号~昭和13年/1938年1月号
長篇     
429
和田 傳 男38歳
『沃土』
昭和12年/1937年11月・砂子屋書房刊
長篇     
333
中谷孝雄 男36歳
「春の絵巻」
昭和12年/1937年7月・赤塚書房刊『春の絵巻』より
短篇     
39
伊藤永之介 男34歳
「梟」
『文學界』昭和12年/1937年7月号再録
短篇     
112
候補作7人
推薦候補26名
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男46歳
男38歳
男49歳
男46歳
男44歳
男43歳
男45歳
(欠席)
男43歳
(欠席)
男51歳
(欠席)
男48歳
(欠席)
男50歳
男39歳
参考カードの回答収集
予選委員会 [主査]宇野浩二・川端康成・瀧井孝作
委員会(芥川賞のみ)昭和13年/1938年2月2日17:00~ [出席者]菊池寛・久米正雄・小島政二郎・横光利一・宇野浩二・川端康成・佐佐木茂索・佐藤春夫
決定(芥川賞のみ)2月7日

7   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和13年/1938年上半期
昭和13年/1938年8月2日決定発表/『文藝春秋』昭和13年/1938年9月号経緯掲載
受賞 中山義秀 男37歳
「厚物咲」
『文學界』昭和13年/1938年4月号
短篇     
59
候補 渋川 驍 男33歳
『龍源寺』
昭和13年/1938年6月・竹村書房刊
短篇集    5篇
364
伊藤永之介 男34歳
『鴉』
昭和13年/1938年5月・版画荘刊
中篇     
214
「鶯」
『文藝春秋』昭和13年/1938年6月号
短篇     
74
田畑修一郎 男34歳
『鳥羽家の子供』
昭和13年/1938年6月・砂子屋書房刊
短篇集    10篇
387
中村地平 男30歳
「南方郵信」
『文學界』昭和13年/1938年4月号
短篇     
64
丸山義二 男35歳
「田植酒」
『文藝首都』昭和13年/1938年5月号
短篇     
66
一瀬直行 男34歳
「隣家の人々」
『風土』昭和13年/1938年6月号
短篇     
*81
秋山正香 男34歳
『般若』
昭和13年/1938年6月・白水社刊
短篇集    3篇
343
候補作8名
推薦候補25名
予選候補 橋本寿子 女(不明)
「光陰」
『文學界』昭和13年/1938年2月号
中篇     
[200枚] 160
大原富枝 女25歳
「祝出征」
『文藝首都』昭和13年/1938年3月号
短篇     
57
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男47歳
男39歳
男49歳
男46歳
男44歳
男43歳
男46歳
男44歳
男52歳
男49歳
男51歳
男40歳
参考カードの回答収集
予選委員会 [主査]宇野浩二・室生犀星・瀧井孝作
第1回評議員会(芥川賞のみ)昭和13年/1938年7月22日18:00~
第2回評議員会(芥川・直木両賞)8月2日18:00~

8   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和13年/1938年下半期
昭和14年/1939年2月12日決定発表/『文藝春秋』昭和14年/1939年3月号経緯掲載
受賞 中里恒子 女29歳
「乗合馬車」
『文學界』昭和13年/1938年9月号
短篇     
102
「日光室」
『新潮』昭和13年/1938年11月号
短篇     
48
候補 北原武夫 男31歳
「妻」
『文藝』昭和13年/1938年11月号
短篇     
[90枚] 85
吉川江子 女27歳
「お帳場日誌」
『藝術科』昭和13年/1938年12月号
短篇     
*43
候補作3名
予選候補18名
予選候補 外村 繁 男36歳
『草筏』
昭和13年/1938年11月・砂子屋書房刊
長篇     
442
上田 広 男33歳
「黄塵」
『大陸』昭和13年/1938年10月号
長篇     
[400枚] 395
「帰順」
『中央公論』昭和13年/1938年12月号
短篇     
123
小山いと子 女37歳
「4A格」
『新潮』昭和13年/1938年12月号
短篇     
[120枚] 121
一瀬直行 男34歳
「兄のことば」
『コント倶楽部』1輯[昭和13年/1938年10月]
短篇     
[80枚] 66
壺井 栄 女39歳
「大根の葉」
『文藝』昭和13年/1938年9月号
短篇     
77
中村地平 男31歳
「離れ島にて」
『文藝』昭和13年/1938年12月号
短篇     
49
今 官一 男29歳
「旅雁の章」
『文藝汎論』昭和13年/1938年8月号~12月号
中篇     
179
木山捷平 男34歳
「現実図絵」
『早稲田文學』昭和13年/1938年12月号
短篇     
*109
古木鉄太郎 男39歳
『子の死と別れた妻』
昭和13年/1938年11月・赤塚書房刊
短篇集    3篇
167
上林 暁 男36歳
『田園通信』
昭和13年/1938年9月・作品社/作品文庫
短篇集    5篇
173
池田小菊 女46歳
「奈良」
『文學界』昭和13年/1938年11月号
短篇     
77
山田清三郎 男42歳
「囚敵」
『日本評論』昭和13年/1938年10月号
短篇     
64
本庄陸男 男33歳
「石狩川」
『槐』3号[昭和13年/1938年9月]~7号/昭和14年/1939年3月号(連載中)
長篇 >一部
244
参考候補40名
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男47歳
男39歳
男50歳
男47歳
男45歳
男44歳
男46歳
男44歳
男52歳
男49歳
男51歳
男40歳
参考カードの回答収集
予選委員会 [主査]宇野浩二・川端康成・瀧井孝作
候補作品の通知 昭和14年/1939年1月23日
第1回委員会(芥川賞のみ)2月3日18:00~ [出席者]室生犀星・横光利一・瀧井孝作・宇野浩二・川端康成・佐佐木茂索
第2回委員会(芥川・直木両賞)2月12日

9   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和14年/1939年上半期
昭和14年/1939年7月31日決定、8月1日付決定発表/『文藝春秋』昭和14年/1939年9月号経緯掲載
受賞 長谷 健 男34歳
「あさくさの子供」
『虚実』2号[昭和14年/1939年4月]
短篇     
[135枚] 127
受賞 半田義之 男28歳
「鷄騒動」
『文藝首都』昭和14年/1939年6月号
短篇     
[94枚] 94
候補 岩倉政治 男36歳
「稲熱病」
『知性』昭和14年/1939年2月号
短篇     
*92
長見義三 男31歳
『姫鱒』
昭和14年/1939年6月・砂子屋書房/第一小説集叢書
短篇集    9篇
389
木山捷平 男35歳
『抑制の日』
昭和14年/1939年5月・赤塚書房刊
短篇集    5篇
156
左近義親 男(32歳)
『落城日記』
昭和14年/1939年5月・教文館刊
中篇     
269
候補作6篇
予選候補18篇
予選候補 石上玄一郎 男29歳
「魑魅魍魎」
『日本評論』昭和14年/1939年6月号
短篇     
76
「針」
『日本評論』昭和14年/1939年3月号
短篇     
131
佐藤民宝 男27歳
『希望峰』
昭和14年/1939年2月・砂子屋書房/新農民文学叢書
短篇集    6篇
318
光田文雄 男(31歳)
『南の海』
昭和14年/1939年3月・赤塚書房刊
短篇集    4篇
155
「運動会」
『早稲田文學』昭和14年/1939年4月号
短篇     
58
十和田 操 男39歳
『屋根裏出身』
昭和14年/1939年4月・赤塚書房刊
中篇     
165
板東三百 男32歳
「兵村」
『文藝首都』昭和14年/1939年3月号
短篇     
*80
譲原昌子 女27歳
「朔北の闘い」
『文藝首都』昭和14年/1939年2月号
短篇     
[90枚] 96
大石千代子 女32歳
『ベンゲット移民』
昭和14年/1939年5月・岡倉書房刊
長篇     
306
木暮 亮 男43歳
「地上の子」
『作家精神』昭和14年/1939年1月号
短篇     
110
江崎磐太郎 男(24歳)
「風土に病む家」
『燕京文學』2号[昭和14年/1939年5月]
短篇     
29
阿蘇冬蔵 男27歳
「海に憑かれて」
『九州文學』昭和14年/1939年6月号
短篇     
[60枚] 60
参考候補39名
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
(二次委員会欠席)
男48歳
(欠席/書面回答)
男40歳
男50歳
男47歳
男45歳
男44歳
男47歳
男45歳
(欠席)
男53歳
(欠席/書面回答)
男49歳
(欠席)
男52歳
男41歳
文芸関係各方面への推薦依頼(発送270通、回答81名より)
予選委員会 [主査]宇野浩二・瀧井孝作・川端康成
第1回銓衡委員会(芥川賞のみ)昭和14年/1939年7月28日18:00~ [会場]赤坂星ヶ岡茶寮 [出席者]菊池寛・久米正雄・佐藤春夫・宇野浩二・瀧井孝作・小島政二郎・佐佐木茂索・横光利一・川端康成
決定委員会(芥川賞のみ)7月31日18:00~ [会場]芝嵯峨野

10   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和14年/1939年下半期
昭和15年/1940年2月5日決定発表/『文藝春秋』昭和15年/1940年3月号経緯掲載
受賞 寒川光太郎 男32歳
「密猟者」
『創作』1号[昭和14年/1939年7月]
短篇     
*68
候補 金 史良 男25歳
「光の中に」
『文藝首都』昭和14年/1939年10月号
短篇     
*70
矢野 朗 男34歳
「肉体の秋」
『九州文學』昭和14年/1939年8月号
中篇     
[150枚] 148
鈴木清次郎 男38歳
「日本橋」
『双紙』2号[昭和14年/1939年8月]
短篇     
*65
藤口透吉 男30歳
「老骨の座」
『文藝首都』昭和14年/1939年11月号
短篇     
*76
織田作之助 男26歳
「俗臭」
『海風』5巻1号[昭和14年/1939年9月]
短篇     
*32
佐藤虎男 男(32歳)
「潮霧」
『澁谷文學』昭和14年/1939年12月号
短篇     
[70枚] 68
候補作7篇
予選候補(推薦候補40名+社内候補14名)
予選候補 寒川光太郎 男32歳
「流刑囚の妻」
『創作』2号[昭和14年/1939年9月]
短篇     
*98
藤口透吉 男30歳
「秋情」
『文藝首都』昭和14年/1939年7月号
短篇     
*69
田中英士 男(30歳)
「七色の独楽」
『虚実』3号[昭和14年/1939年10月]
短篇     
[135枚] 137
石河穣治 男28歳
「蜂窩房」
『三田文學』昭和14年/1939年11月号、12月号
中篇     
[220枚] 221
真下五一 男33歳
「暖簾」
『文學界』昭和14年/1939年11月号
短篇     
79
「仏間会議」
『三田文學』昭和14年/1939年12月号
短篇     
49
岩倉政治 男36歳
「動力」
『文學界』昭和14年/1939年9月号
短篇     
61
原田種夫 男38歳
「風塵」
『九州文學』昭和14年/1939年11月号
短篇     
[140枚] 145
李 殷直 男(23歳)
「ながれ」
『藝術科』昭和14年/1939年11月号
短篇     
90
小曽戸弥一 男30歳
「背景」
『文學者』昭和14年/1939年10月号
短篇     
*65
佐藤虎男 男(32歳)
「倭寇」
『澁谷文學』昭和14年/1939年8月号
短篇     
*54
佐藤善一 男33歳
「龍の鬚」
『早稲田文學』昭和14年/1939年11月号
短篇     
43
柏木智二 男(31歳)
「今太と馬」
『早稲田文學』昭和14年/1939年9月号
短篇     
[100枚] 103
劉 寒吉 男33歳
「人間競争」
『九州文學』昭和14年/1939年9月号
短篇     
[110枚] 112
勝野ふじ子 女24歳
「蝶」
『九州文學』昭和14年/1939年7月号
短篇     
[120枚] 111
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男48歳
男40歳
男51歳
男48歳
男46歳
男45歳
男47歳
男45歳
(欠席)
男53歳
男50歳
(欠席)
男52歳
男41歳
推薦カードの回答収集+芥川賞参考記録係(文藝春秋社内)よりの参考候補追加
予選委員会 [主査]宇野浩二・瀧井孝作・川端康成
第1回委員会(芥川・直木両賞)昭和15年/1940年2月5日18:00~

11   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和15年/1940年上半期
昭和15年/1940年7月27日決定、7月31日発表/『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号経緯掲載
  受賞作なし
受賞辞退 高木 卓 男33歳
「歌と門の盾」
『作家精神』5巻1号[昭和15年/1940年3月]
短篇     
*66
候補 木山捷平 男36歳
「河骨」
『文學者』昭和15年/1940年2月号
短篇     
*148
吉田十四雄 男33歳
「墾地」
昭和15年/1940年2月・牧野書店刊『百姓記』より
連作 >内 1篇
123
元木国雄 男25歳
「分教場の冬」
『藝術科』昭和15年/1940年1月号
短篇     
134
中井 信 男(不明)
「病院」
『裸木』創刊号[昭和15年/1940年6月]
短篇     
48
池田みち子 女30歳
「上海」
『三田文學』昭和15年/1940年5月号
短篇     
38
候補作(6篇)
参考候補38名+社内候補9名
一般推薦
予選候補 野口冨士男 男29歳
「風の系譜」
『文學者』昭和15年/1940年4月号~6月号
長篇     
*391
田宮虎彦 男28歳
「須佐代と佐江子」
『三田文學』昭和15年/1940年3月号~10月号
中篇     
267
福田定吉 男(35歳)
「神崎川の流れ」
『早稲田文學』昭和15年/1940年3月号
短篇     
[100枚] 98
浅野 荘 男(不明)
「闘病する人びと」
『☆☆』昭和15年/1940年☆月
不明     
真室二郎 男33歳
「野を焼く火」
『文藝首都』昭和15年/1940年4月号
短篇     
*105
山田多賀市 男32歳
『耕土』
昭和15年/1940年3月・大観堂書店刊
長篇     
505
熊王徳平 男34歳
「いろは歌留多」
『中部文学』1輯[昭和15年/1940年4月]
短篇     
*58
橋本正一 男33歳
「東京の黒い海」
『現代文學』昭和15年/1940年6月号
短篇     
94
青木年衛 男32歳
「地の意志」
『澁谷文學』昭和15年/1940年4月号
短篇     
[100枚] 105
北条 誠 男22歳
「埴輪と鏡」
『阿房』昭和15年/1940年6月
短篇     
*89
藤口透吉 男30歳
「骨肉慚愧」
『文藝首都』昭和15年/1940年5月号
短篇     
*104
笹本弘子 女(不明)
「笛を売る男」
『虚実』4号[昭和14年/1939年12月]
短篇     
[120枚] 119
三田華子 女40歳
「石切場」
『藝術科』昭和15年/1940年6月号
短篇     
53
並木宋之介 男43歳
「薤露の章」
『作家精神』昭和15年/1940年5月号
短篇     
*61
瑞丘千砂子 女26歳
「ふたば記」
『文藝首都』昭和15年/1940年2月号
短篇     
67
再考作品
予選候補 野澤富美子 女19歳
「長女」その他
『公論』昭和15年/1940年7月号
短篇     
75
中村地平 男32歳
『蕃界の女』
昭和15年/1940年5月・新潮社刊
短篇集    9篇
357
井上友一郎 男31歳
『残夢』その他
昭和15年/1940年2月・青木書店刊
短篇集    6篇
346
織田作之助 男26歳
「放浪」
『文學界』昭和15年/1940年5月号
短篇     
58
「夫婦善哉」
『海風』6巻1号[昭和15年/1940年4月]
短篇     
*75
宮内寒彌 男28歳 諸作品
諸作品   
壺井 栄 女40歳 諸作品
諸作品   
金 史良 男26歳 諸作品
諸作品   
里村欣三 男38歳
『第二の人生』
昭和15年/1940年4月・河出書房/書きおろし長篇小説叢書
長篇     
584
社内推薦
予選候補 古宇伸太郎 男34歳
「蛾性の女」
『文學者』昭和15年/1940年2月号
短篇     
*72
富田 寿 男40歳
「沙草地」
『作文』41号[昭和15年/1940年☆月]
短篇     
*75
神泉苑代 女27歳
「晩夏」
『青衿派』昭和15年/1940年☆月号
短篇     
*50
推薦元不明
予選候補 日野嵒夫 男42歳
「青空仰いで」
『三田文學』昭和15年/1940年2月号
短篇     
[70枚] 73
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
(欠席)
男49歳
男41歳
男51歳
男48歳
男46歳
男45歳
男48歳
男46歳
(欠席)
男54歳
男50歳
(欠席)
男53歳
男42歳
推薦カードの回答収集+芥川賞参考記録係(文藝春秋社内)の候補選出
予選委員会 [主査]宇野浩二・川端康成・瀧井孝作
第1回銓衡委員会(芥川賞のみ)昭和15年/1940年7月24日18:00~ [出席者]室生犀星・佐佐木茂索・久米正雄・菊池寛・瀧井孝作・宇野浩二・小島政二郎

12   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和15年/1940年下半期
昭和16年/1941年1月28日決定発表/『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号経緯掲載
受賞 櫻田常久 男44歳
「平賀源内」
『作家精神』昭和15年/1940年10月号
短篇     
90
候補 牛島春子 女27歳
「祝といふ男」
昭和15年/1940年12月・春陽堂書店刊『日満露在満作家短篇選集』より
短篇     
40
柳井統子 女28歳
「父」
『早稲田文學』昭和15年/1940年12月号
短篇     
45
井上 孝 男25歳
「ある市井人の一生」
『早稲田文學』昭和15年/1940年11月号
短篇     
72
村田孝太郎 男(37歳)
「雞
『文學界』昭和15年/1940年10月号
短篇     
66
白川 渥 男33歳
「崖」
『文藝首都』昭和15年/1940年12月号
短篇     
*76
儀府成一 男32歳
「動物園」
『現代文學』昭和15年/1940年10月号
短篇     
[140枚] 135
埴原一亟 男33歳
「店員」
『早稲田文學』昭和15年/1940年12月号
短篇     
[70余枚] 73
森 荘已池 男33歳
「氷柱」
昭和15年/1940年11月・三芸書房刊『店頭』より
短篇     
50
候補作9篇
参考候補16名+社内候補7名
予選候補 北村謙次郎 男36歳
「つひの栖」
『文藝』昭和15年/1940年8月号
短篇     
39
佐藤虎男 男(33歳)
「ビンタンの星」
『澁谷文學』昭和15年/1940年12月号
短篇     
64
島村利正 男28歳
「高麗人」
『文學者』昭和15年/1940年7月号、8月号、10月号
長篇     
*306
菅 逸二 男(22歳)
「沼のある谷間」
『九州文學』昭和15年/1940年11月号
短篇     
[90枚] 90
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男49歳
男41歳
男52歳
男49歳
男46歳
男46歳
男48歳
男46歳
(欠席)
男54歳
男51歳
(欠席)
男53歳
男42歳
推薦カードの回答収集+芥川賞参考記録係(文藝春秋社内)による参考候補
第1次予選委員会昭和16年/1941年1月21日17:30~ [主査]宇野浩二・川端康成・瀧井孝作・佐佐木茂索
決定委員会(芥川・直木両賞)1月28日17:00~

13   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和16年/1941年上半期
昭和16年/1941年7月30日決定、8月1日発表/『文藝春秋』昭和16年/1941年9月号経緯掲載
受賞 多田裕計 男28歳
「長江デルタ」
『大陸往来』昭和16年/1941年3月号
短篇     
[100枚] 102
候補 相野田敏之 男24歳
「山彦」
『三田文學』昭和16年/1941年5月号
短篇     
[120枚] 71
埴原一亟 男33歳
「下職人」
『風俗叢書』2輯[昭和16年/1941年3月]
短篇     
66
候補作3篇
第1次候補9篇
予選候補 石原文雄 男41歳
「断崖の村」
『中部文学』5輯[昭和16年/1941年5月]
短篇     
*95
三木澄子 女(33歳)
「手巾の歌」
『文學界』昭和16年/1941年4月号
短篇     
89
阿部光子 女28歳
「猫柳」
『文學界』昭和16年/1941年4月号
短篇     
63
藤島まき 女31歳
「あめつち」
『文學界』昭和16年/1941年4月号
短篇     
72
譲原昌子 女29歳
「抒情歌」
『早稲田文學』昭和16年/1941年3月号
短篇     
[80余枚] 79
日向伸夫 男(28歳)
『第八号転轍器』
昭和16年/1941年5月・砂子屋書房/第一小説集叢書
短篇集    6篇
301
参考候補36篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男50歳
(欠席)
男42歳
(欠席)
男52歳
(欠席/電文回答)
男49歳
男47歳
男46歳
男49歳
男47歳
(欠席)
男55歳
男51歳
(欠席)
男54歳
男43歳
推薦カードの回答収集+推薦委員会(文藝春秋社に委嘱)
第1回予選委員会昭和16年/1941年7月19日12:00~ [委員]宇野浩二・佐佐木茂索・瀧井孝作・川端康成
第2回委員会(芥川賞のみ)7月24日20:00~ [出席者]佐藤春夫・室生犀星・宇野浩二・菊池寛・佐佐木茂索・瀧井孝作・川端康成・横光利一
決定委員会(芥川・直木両賞)7月29日18:00~
決定(芥川賞のみ)7月30日 [来電]菊池寛・久米正雄

14   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和16年/1941年下半期
昭和17年/1942年2月2日決定発表/『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号選評掲載
受賞 芝木好子 女27歳
「青果の市」
『文藝首都』昭和16年/1941年10月号
短篇     
[84枚] 87
候補 水原吉郎 男33歳
「火渦」
『新風土』昭和16年/1941年10月号
短篇     
40
参考作品「腕」
『新風土』昭和15年/1940年9月号
短篇     
31
野川 隆 男40歳
「狗宝」
『作文』50号[昭和16年/1941年7月]
短篇     
*39
候補作3篇
参考候補32篇
予選候補 牧屋善三 男34歳
『世間知らず』
昭和16年/1941年11月・通文閣/青年藝術派叢書
長篇     
301
青山光二 男28歳
「海辺の人」
昭和16年/1941年12月・通文閣刊『八つの作品』より
短篇     
*84
木山捷平 男37歳
「卵」
『知性』昭和16年/1941年8月号
短篇     
23
仲町貞子 女47歳
「二つの蜜柑」
『☆☆』昭和16年/1941年☆月
不明     
佐藤虎男 男(34歳)
「風雪」
『澁谷文學』昭和16年/1941年12月号
短篇     
110
秋山正香 男38歳
「蕗の葉」
『風土』昭和16年/1941年7月号
中井正晃 男39歳
『裸身の道』
昭和16年/1941年11月・有光社/有光名作選集
短篇集    3篇
334
佐藤民宝 男29歳
『軍鶏』
昭和16年/1941年12月・第一芸文社刊
短篇集    9篇
344
那須辰造 男37歳
「次郎兵衛物語」
『文學界』昭和16年/1941年7月号
短篇     
89
森田素夫 男30歳
「秘曲」
『早稲田文學』昭和16年/1941年10月号
短篇     
47
井上健次 男33歳
「邂逅」
『文藝首都』昭和16年/1941年11月号
短篇     
79
西川 満 男33歳
「元宵記」
『新潮』昭和16年/1941年11月号
短篇     
42
船山 馨 男27歳
「北国物語」
『新創作』昭和16年/1941年7月号~12月号
中篇     
*282
筒井敏雄 男36歳
「開化一族」
『文藝日本』昭和16年/1941年11月号
中篇     
*[200枚] 200
藤口透吉 男32歳
「駅逓物語」
『文藝首都』昭和16年/1941年9月号
短篇     
[102枚] 98
田村さえ 女(28歳)
「峠の家」
『鷲』昭和16年/1941年☆月
不明     
吉井三郎 男(32歳)
「悪戯者」
『新創作』昭和16年/1941年7月号
短篇     
91
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男50歳
男42歳
男53歳
男50歳
男48歳
男47歳
男49歳
男47歳
(欠席)
男55歳
男52歳
(欠席)
男54歳
男43歳
推薦カードの回答収集+推薦委員会(文藝春秋社に委嘱)
予選委員会昭和17年/1942年1月27日17:00~ [委員]宇野浩二・佐佐木茂索・瀧井孝作・川端康成
第2回委員会(芥川・直木両賞)2月2日17:00~

15   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和17年/1942年上半期
昭和17年/1942年8月1日決定発表/『文藝春秋』昭和17年/1942年9月号選評掲載
  受賞作なし
候補 石塚友二 男35歳
「松風」
『文學界』昭和17年/1942年2月号
短篇     
52
中島 敦 男33歳
「光と風と夢」
『文學界』昭和17年/1942年5月号
中篇     
[200枚] 195
波良 健 男37歳
「コンドラチエンコ将軍」
『赤門文學』昭和17年/1942年6月号
短篇     
51
藤島まき 女32歳
「つながり」
『文藝春秋』昭和17年/1942年5月号
短篇     
58
森田素夫 男30歳
「冬の神」
『文藝主潮』昭和17年/1942年4月号
短篇     
*42
中野武彦 男31歳
「訪問看護」
『文藝復興』昭和17年/1942年5月号
短篇     
65
候補作6篇
推薦候補23篇
予選候補 西川 満 男34歳
「朱氏記」
『文藝台湾』昭和17年/1942年1月号
短篇     
33
倉本兵衛 男35歳
「雪と夜桜」
『新文學』昭和17年/1942年3月号
短篇     
*67
永松元雄 男(不明)
「虚心」
『文學界』昭和17年/1942年6月号
短篇     
79
本間立也 男(38歳)
「浮浪の父」
『正統』昭和17年/1942年4月号
短篇     
39
船山 馨 男28歳
「三月堂」
『新創作』昭和17年/1942年2月号
短篇     
46
若杉 慧 男38歳
「微塵世界」
『文藝首都』昭和17年/1942年1月号
中篇     
[230枚] 231
野村尚吾 男30歳
「旅情の華」
『早稲田文學』昭和17年/1942年3月号~5月号
短篇     
139
福村 久 男28歳
「星夜」
『辛巳』昭和17年/1942年3月号
短篇     
70
田宮虎彦 男30歳
「七つの荒海」
『現代文學』昭和17年/1942年4月号
短篇     
31
正治清英 男26歳
「砲煙」
『新潮』昭和17年/1942年5月号
短篇     
45
金 逸善 男(不明)
「断層」
『☆☆』昭和17年/1942年☆月
不明     
青山光二 男29歳
「師弟邂逅」
『新創作』昭和17年/1942年5月号
短篇     
37
広尾新一 男(不明)
「私の大学」
『文藝復興』昭和17年/1942年2月号
短篇     
61
桜井 造 男(不明)
「海峡植民地」
『九州文學』昭和17年/1942年5月号
短篇     
[130枚] 127
森玉美雄 男32歳
「おふくの家出」
『大阪文學』昭和17年/1942年4月号
短篇     
68
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円
選考委員
男51歳
男43歳
(欠席)
男53歳
男50歳
男48歳
男47歳
(欠席)
男50歳
男48歳
(欠席)
男56歳
男53歳
(欠席)
男55歳
男44歳
推薦カードの回答収集+推薦委員会(文藝春秋社に委嘱)
予選委員 [委員]宇野浩二・瀧井孝作・佐佐木茂索・川端康成
委員会(芥川・直木両賞)昭和17年/1942年7月27日14:00~ [会場]内幸町レインボー・グリル
決定(芥川賞のみ)8月1日 [文書]佐藤春夫[口頭]菊池寛・久米正雄

16   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和17年/1942年下半期
昭和18年/1943年2月2日決定、2月3日発表/『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号選評掲載
受賞 倉光俊夫 男34歳
「連絡員」
『正統』昭和17年/1942年11月号
短篇     
116
候補 金原健児 男(37歳)
「愛情」
『文藝首都』昭和17年/1942年10月号
短篇     
[110枚] 119
稲葉真吾 男33歳
「炎と倶に」
『新作家』昭和17年/1942年11月号
短篇     
[80枚] 77
橋本英吉 男44歳
「柿の木と毛虫」
『文學界』昭和17年/1942年12月号
短篇     
50
埴原一亟 男35歳
「翌檜」
『早稲田文學』昭和17年/1942年12月号
短篇     
50
候補作5篇
推薦候補26篇
予選候補 山田多賀市 男35歳
「生活の仁義」
『文藝復興』昭和17年/1942年10月号~12月号
中篇     
297
八甕きよ 不明(不明)
「山陰挽歌」
『☆☆』昭和17年/1942年☆月
不明     
徳永知夫 男(不明)
「ひと老いき」
『新作家』昭和17年/1942年8月号
短篇     
59
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計)+副賞500円+日本文学報国会副賞500円
選考委員
男51歳
男43歳
男54歳
男51歳
男49歳
男48歳
男50歳
男48歳
(欠席)
男56歳
男53歳
(欠席)
男55歳
男44歳
推薦カードの回答収集+推薦委員会(文藝春秋社に委嘱)
予選委員 [委員]宇野浩二・佐佐木茂索・川端康成・瀧井孝作
委員会(芥川・直木両賞)昭和18年/1943年2月2日夜

17   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和18年/1943年上半期
昭和18年/1943年8月2日決定発表/『文藝春秋』昭和18年/1943年9月号選評掲載
受賞 石塚喜久三 男38歳
「纏足の頃」
『蒙疆文學』昭和18年/1943年1月号
短篇     
66
候補 小泉 譲 男30歳
「桑園地帯」
『上海文學』昭和18年/1943年春季作品[4月]
短篇     
144
檀 一雄 男31歳
「吉野の花」
『文藝日本』昭和17年/1942年11月号
短篇     
*24
劉 寒吉 男36歳
「翁」
『九州文學』昭和18年/1943年5月号
短篇     
58
譲原昌子 女31歳
「故郷の岸」
『新作家』昭和18年/1943年1月号、2月号
短篇     
146
相原とく子 女(不明)
「椎の実」
『正統』昭和18年/1943年5月号
短篇     
52
辻 勝三郎 男27歳
「雁わたる」
『文藝首都』昭和18年/1943年2月号
短篇     
55
候補作7篇
推薦候補23篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計、ただし当時は壺を授与)+副賞500円+日本文学報国会副賞500円
選考委員
(欠席/書面回答)
男49歳
男41歳
男44歳
(欠席/電文回答)
男52歳
男51歳
男49歳
男45歳
推薦カードの回答収集+推薦委員会(文藝春秋社に委嘱)
第1回委員会(芥川・直木両賞)昭和18年/1943年7月26日
決定委員会(芥川・直木両賞)8月2日

18   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和18年/1943年下半期
昭和19年/1944年2月5日決定、2月7日発表/『文藝春秋』昭和19年/1944年3月号選評掲載
受賞 東野邊 薫 男41歳
「和紙」
『東北文學』昭和18年/1943年4月
短篇     
*97
候補 若杉 慧 男40歳
「淡墨」
『文學界』昭和18年/1943年9月号
短篇     
54
柳町健郎 男32歳
「伝染病院」
『文藝主潮』昭和18年/1943年11月号
短篇     
93
黒木清次 男28歳
「棉花記」
『上海文學』昭和18年/1943年夏秋号[10月]
中篇 >一部
*90
候補作4篇
推薦候補10篇
予選候補 豊田三郎 男36歳
「行軍」
『新潮』昭和18年/1943年7月号~11月号
短篇     
127
直井 潔 男28歳
「母親」
『改造』昭和18年/1943年12月号
短篇     
47
大山芳夫 男(不明)
「軍隊」
『早稲田文學』昭和18年/1943年4月号、9月号
短篇     
94
島村利正 男31歳
「暁雲」
『現代』昭和18年/1943年9月号
短篇     
65
織田作之助 男30歳
「道」
『文藝』昭和18年/1943年9月号
短篇     
21
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計、ただし当時は壺を授与)+副賞500円+日本文学報国会副賞500円
選考委員
男50歳
男42歳
男44歳
(欠席/書面回答)
男53歳
(南方派遣欠席)
男51歳
男49歳
男37歳
男45歳
推薦カードの回答収集+推薦委員会(文藝春秋社に委嘱)
第1回委員会(芥川・直木両賞)昭和19年/1944年1月28日
決定委員会(芥川賞のみ)2月5日

19   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和19年/1944年上半期
昭和19年/1944年8月15日決定発表/『文藝春秋』昭和19年/1944年9月号選評掲載
受賞 八木義徳 男32歳
「劉廣福」
『日本文學者』1号[昭和19年/1944年4月]
短篇     
55
受賞 小尾十三 男34歳
「登攀」
『國民文學』昭和19年/1944年2月号
中篇     
[150枚] 158
候補 林 柾木 男44歳
「昔の人」
『早稲田文學』昭和19年/1944年5月号
短篇     
43
妻木新平 男39歳
「名医録」
『日本文學者』昭和19年/1944年5月号
短篇     
44
候補作4篇
第1次予選候補(8篇)
予選候補 猪俣勝人 男33歳
「父道」
『創造』昭和19年/1944年6月号
短篇     
40
若杉 慧 男40歳
「青色青光」
『文學界』昭和19年/1944年3月号
短篇     
42
浜野健三郎 男33歳
「梅白し」
『日本文學者』1号[昭和19年/1944年4月]
短篇     
72
清水基吉 男25歳
「雨絃記」
『日本文學者』昭和19年/1944年6月号
短篇     
46
推薦候補13篇
予選候補 黒木清次 男29歳
「続棉花記」
『上海文學』昭和19年/1944年冬春号[3月]
中篇 >一部
*101
安原俊之介 男(不明)
「彼の道」
『日本文學者』昭和19年/1944年5月号
短篇     
114
高山麦子 女(27歳)
「寒明け」
『日本文學者』昭和19年/1944年6月号
短篇     
56
儀府成一 男35歳
「碑文」
『文學界』昭和19年/1944年2月号
短篇     
64
劉 寒吉 男37歳
「古戦場」
『文學界』昭和19年/1944年2月号
短篇     
70
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計、ただし当時は記念品を授与)+副賞500円
選考委員
男50歳
男42歳
男45歳
男53歳
男52歳
男50歳
(従軍中棄権)
男37歳
男46歳
推薦カードの回答収集+推薦委員会(文藝春秋社に委嘱)
第1回委員会(芥川賞のみ)昭和19年/1944年7月27日
第2回委員会(芥川賞のみ)8月7日
第3回委員会(芥川賞のみ)8月15日

20   この回の選評の概要を見る
直木賞一覧
昭和19年/1944年下半期
昭和20年/1945年2月8日決定発表/『文藝春秋』昭和20年/1945年3月号選評掲載
受賞 清水基吉 男26歳
「雁立」
『日本文學者』昭和19年/1944年10月号
短篇     
55
候補 国枝 治 男34歳
「技術史」
『文藝首都』昭和19年/1944年8月号
短篇     
97
川村公人 男33歳
「盆栽記」
『日本文學者』昭和19年/1944年9月号
短篇     
73
木暮 亮 男48歳
「おらがいのち」
『日本文學者』昭和19年/1944年7月号
短篇     
69
金原健児 男(39歳)
「春」
『文藝首都』昭和19年/1944年7月号
短篇     
85
候補作5篇
推薦候補7篇
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
正賞(時計、ただし当時は記念品を授与)+副賞500円
選考委員
(欠席)
男51歳
男43歳
男45歳
(欠席/書面回答)
男54歳
男52歳
男50歳
男38歳
男46歳
推薦カードの回答収集+推薦委員会(文藝春秋社に委嘱)
第1回委員会(芥川賞のみ)昭和20年/1945年2月5日
第2回委員会(芥川賞のみ)2月8日



ページの先頭へ

第1回~第20回第21回~第40回第41回~第60回第61回~第80回第81回~第100回
第101回~第120回第121回~第140回第141回~第156回
トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作家の群像候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ