芥川賞のすべて・のようなもの
第10回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

藤口透吉
Fujiguchi Tokichi
生没年月日【注】 明治42年/1909年10月28日~昭和45年/1970年12月20日
経歴 筆名=藤口透吾。本名=藤口藤吉。福岡県福岡市生まれ。福岡市立第一専修学校卒。東京府社会課、日満交通新聞社に勤めるかたわら、少年小説等を書く。太平洋戦争後、一時、勤労者生活協同組合連合会に在籍。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第10回芥川賞(昭和14年/1939年下期)「老骨の座」
  • |予選候補| 第10回芥川賞(昭和14年/1939年下期)「秋情」
  • |予選候補| 第11回芥川賞(昭和15年/1940年上期)「骨肉慚愧」
  • |予選候補| 第14回芥川賞(昭和16年/1941年下期)「駅逓物語」
  • |候補| 第25回オール讀物新人賞(昭和39年/1964年下期)「纏一代」藤口透吾名義
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第10回候補  一覧へ

ろうこつ
老骨の 座」(『文藝首都』昭和14年/1939年11月号)
媒体・作品情報
測定媒体 昭和46年/1971年12月・牧野出版社刊『藤口透吾選集』
総ページ数 377 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
44字
×16行
×1段
本文ページ 5~52
(計48頁)
測定枚数 76
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和15年/1940年8月・学芸社刊『老骨の座』所収
>>昭和46年/1971年12月・牧野出版社刊『藤口透吾選集』所収/藤口透吾名義
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 藤口透吉 男30歳
選考委員 評価 行数 評言
瀧井孝作
男45歳
5 「「老骨の座」は、老臾の性格の弱さが描けていて、一寸捨てがたい味があった。」「「秋情」と云う作も、男の弱い性格の果なさが主題で、主題は「老骨の座」と似ていた。一つの主題を慥りと自分のものにすると云うことは一旁の作家だろうと思って候補者にあげた。」
久米正雄
男48歳
0  
室生犀星
男50歳
0  
小島政二郎
男46歳
0  
川端康成
男40歳
0  
佐佐木茂索
男45歳
0  
佐藤春夫
男47歳
0  
横光利一
男41歳
0  
宇野浩二
男48歳
7 「『老骨の座』は、その前の作『秋情』よりは勝れているが、火野葦平の『糞尿譚』の或る所を思わせたり、それ以上に中山義秀の『厚物咲』を思わせるところがある。」「厳し過ぎる言葉を使えば、この小説が精一杯で、これから先きはと、思うと、不安な気がするのである。」
菊池寛
男51歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第10回予選候補  一覧へ

しゅうじょう
秋情」(『文藝首都』昭和14年/1939年7月号)
媒体・作品情報
測定媒体 昭和46年/1971年12月・牧野出版社刊『藤口透吾選集』
総ページ数 377 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
44字
×16行
×1段
本文ページ 53~96
(計44頁)
測定枚数 69
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和15年/1940年6月・小山書店刊『日本小説代表作全集4 昭和14年・後半期』所収
>>昭和46年/1971年12月・牧野出版社刊『藤口透吾選集』所収/藤口透吾名義
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 藤口透吉 男30歳
選考委員 評価 行数 評言
瀧井孝作
男45歳
5 「「老骨の座」は、老臾の性格の弱さが描けていて、一寸捨てがたい味があった。」「「秋情」と云う作も、男の弱い性格の果なさが主題で、主題は「老骨の座」と似ていた。一つの主題を慥りと自分のものにすると云うことは一旁の作家だろうと思って候補者にあげた。」
久米正雄
男48歳
0  
室生犀星
男50歳
0  
小島政二郎
男46歳
0  
川端康成
男40歳
0  
佐佐木茂索
男45歳
0  
佐藤春夫
男47歳
0  
横光利一
男41歳
0  
宇野浩二
男48歳
7 「『老骨の座』は、その前の作『秋情』よりは勝れているが、火野葦平の『糞尿譚』の或る所を思わせたり、それ以上に中山義秀の『厚物咲』を思わせるところがある。」「厳し過ぎる言葉を使えば、この小説が精一杯で、これから先きはと、思うと、不安な気がするのである。」
菊池寛
男51歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第11回予選候補(一般推薦)  一覧へ

こつにくざんき
骨肉慚愧」(『文藝首都』第8巻第4号[昭和15年/1940年5月])
媒体・作品情報
測定媒体 昭和46年/1971年12月・牧野出版社刊『藤口透吾選集』
総ページ数 377 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
44字
×16行
×1段
本文ページ 97~162
(計66頁)
測定枚数 104
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和46年/1971年12月・牧野出版社刊『藤口透吾選集』所収/藤口透吾名義
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 藤口透吉 男30歳
選考委員 評価 行数 評言
瀧井孝作
男46歳
0  
小島政二郎
男46歳
2  
室生犀星
男50歳
0  
佐藤春夫
男48歳
0  
宇野浩二
男49歳
6 「題名は物々しいが、至って甘いもので、この前の『老骨の座』とは格段の違いがある。しかし、その『老骨の座』(題だけ見ると意味が分からぬ)でさえ、老成した作品のように見えたが、私にはまだまだ信用が出来ないと思われた。」
川端康成
男41歳
3 「(引用者注:候補作の中でも)いい方であった。」
菊池寛
男51歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第14回参考候補  一覧へ

えきていものがたり
駅逓物語」(『文藝首都』昭和16年/1941年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「文藝首都」
巻号 第9巻 第7号  別表記9月号
作品名 別表記 「驛遞物語」
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和16年/1941年8月10日 発行 昭和16年/1941年9月1日
発行者等 編輯兼発行人 保高徳藏 印刷所 日東印刷合名会社(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社
発行所 文藝首都社(東京市)
総ページ数 166 表記上の枚数 目次 102枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×19行
×2段
本文ページ 1~41
(計41頁)
測定枚数 98
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 藤口透吉 男32歳
選考委員 評価 行数 評言
久米正雄
男50歳
0  
小島政二郎
男48歳
0  
川端康成
男42歳
0  
宇野浩二
男50歳
4 「これまで書いて来た小説のなかで、出来のわるいものである。」
佐藤春夫
男49歳
0  
瀧井孝作
男47歳
0  
佐佐木茂索
男47歳
0  
室生犀星
男52歳
0  
菊池寛
男53歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ