芥川賞のすべて・のようなもの
第10回
予選候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

田中英士
Tanaka Eiji
生没年月日【注】 明治43年/1910年☆月☆日~
経歴 本名=田中英司。群馬県出身。早稲田大学中退。プロレタリア詩人として出発し、評論・小説も手掛ける。『虚実』同人から戦時中は『新作家』の編集を担当。
受賞歴・候補歴
  • |予選候補| 第10回芥川賞(昭和14年/1939年下期)「七色の独楽」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第10回予選候補  一覧へ

なないろ こま
七色の 独楽」(『虚実』3号[昭和14年/1939年10月])
媒体・作品情報
誌名 「虚実」  別表記實」 表紙 「文藝雜誌」併記
巻号 第2巻 第3号  別表記10月号
作品名 別表記 「七色の獨樂」
印刷/発行年月日 印刷 昭和14年/1939年10月1日 発行 昭和14年/1939年10月5日
発行者等 編輯兼発行人 田中英士 印刷人 水守一 印刷所 水印刷所(東京市)
発行所 實社(東京市)
総ページ数 64 表記上の枚数 編輯後記 135枚 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×24行
×2段
本文ページ 2~45
(計44頁)
測定枚数 137
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 田中英士 男(30歳)
選考委員 評価 行数 評言
瀧井孝作
男45歳
9 「各々読ませるものを持っていて、(引用者中略)今一歩と云う感はあるが、皆々に読んでほしいと思った。」「菊池さんは「七色の独楽」も読んで来ていて曰く、『あの女給か何かしている妙に利発な少女は面白かったが、主人公の方は煮えきらないネ』とぼくに向き、ぼくは『これは、主人公がハッキリしない性分だから、しまいに少女が家出するような悲劇が起ったわけですネ』と、こんな話もした。」
久米正雄
男48歳
0  
室生犀星
男50歳
0  
小島政二郎
男46歳
0  
川端康成
男40歳
0  
佐佐木茂索
男45歳
0  
佐藤春夫
男47歳
0  
横光利一
男41歳
0  
宇野浩二
男48歳
4 「一と通りよく書けてあるが、作者がときどき意見を吐くのがよくない。」「(引用者注:真下五一「仏間会議」と同様に)在来の小説から出ていないのは、困り物である。」
菊池寛
男51歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ