芥川賞のすべて・のようなもの
第20回
  • =受賞者=
  • 清水基吉
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

清水基吉
Shimizu Motoyoshi
生没年月日【注】 大正7年/1918年8月31日~平成20年/2008年3月30日
受賞年齢 26歳5ヵ月
経歴 本名=清水基嘉(モトヨシ)。東京府下豊多摩郡上渋谷生まれ。東京市立第一中学校(現・九段高校)中退。三菱商事を経て、石田波郷主宰の『鶴』に参加。太平洋戦争後は同人誌『南北』(のち『新誌』)創刊に参加。昭和34年/1959年~昭和50年/1975年電通に勤務。俳人として活動する。
受賞歴・候補歴
  • |予選候補| 第19回芥川賞(昭和19年/1944年上期)「雨絃記」
  • 第20回芥川賞(昭和19年/1944年下期)「雁立」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第19回第1次予選候補  一覧へ

うげんき
雨絃記」(『日本文學者』昭和19年/1944年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「日本文學者」  別表記表紙 「文藝雜誌」併記
巻号 第1巻 第3号  別表記6月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和19年/1944年5月25日 発行 昭和19年/1944年6月1日
発行者等 編輯兼発行人 篠崎 正 印刷人 升 辰雄 印刷所 升活版所(東京都) 配給元 日本出版配給株式会社(東京都)
発行所 日本年文學者會(東京都)
総ページ数 96 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×22行
×2段
本文ページ 65~81
(計17頁)
測定枚数 46
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 清水基吉 男25歳
選考委員 評価 行数 評言
佐藤春夫
男52歳
0  
川端康成
男45歳
0  
横光利一
男46歳
2 「新鮮、(引用者中略・注:「昔の人」と)ともに委員たちの視線を牽いた。」
河上徹太郎
男42歳
0  
片岡鐵兵
男50歳
0  
瀧井孝作
男50歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和19年/1944年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第20受賞  一覧へ

かりたち
雁立」(『日本文學者』昭和19年/1944年10月号)
媒体・作品情報
誌名 「日本文學者」  別表記表紙 「文藝雜誌」併記
巻号 第1巻 第7号  別表記10月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「かりたち」
印刷/発行年月日 印刷 昭和19年/1944年9月25日 発行 昭和19年/1944年10月1日
発行者等 編輯兼発行人 篠崎 正 印刷人 奈良直一 印刷所 常磐印刷所(東京都) 配給元 日本出版配給株式会社(東京都)
発行所 日本年文學者會(東京都)
総ページ数 86 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 68~86
(計19頁)
測定枚数 55
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『文藝春秋』昭和20年/1945年3月号
>>昭和21年/1946年9月・鎌倉文庫刊『雁立』所収
>>昭和21年/1946年10月・小山書店刊『日本小説代表作全集 第13 昭和19・20年』所収
>>昭和24年/1949年11月・小山書店刊『芥川賞全集 第6巻』所収
>>昭和51年/1976年11月・永田書房刊『雁立』所収
>>昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊『芥川賞全集 第3巻』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 清水基吉 男26歳
選考委員 評価 行数 評言
佐藤春夫
男52歳
17 「素直に美しい作品ではありませんか。格別な言挙のないのも好もしいと思います。」「若々しいが浮薄ではなく品の悪くないのも有難いのです。なる程女主人公はじめ何者も十分に描けていないなどの非難はありましょう。しかし本来が描く人ではなく歌う人らしく亦歌うべき取材らしいから、これはただ欠点とのみ見ないで一つの特色と言えないでしょうか。」「要は手法や作者の気質のなかに日本文学の伝統を見るのを喜ぶのです。」「僕は「雁立」のみずみずしさを採りたいと思います。」
岸田國士
男54歳
13 「十分に傑れたところは認めるが、これを今日取り立てて世間に吹聴しようという風には考えなかった。」「たしかに、若い俳詩人の将来は私も楽しみだ。ただ「生活」の意味をこの作者はどう解しているのか。作品を通じての不安がそこから来るのを私はどうしようもなかった。」
火野葦平
男38歳
11 「前作(引用者注:「雨絃記」)よりもすっきりしていて、なによりも気品にあふれていることが、このごろのようにざわついた空気のなかにあって棄てがたい。尤も私にはこの作品自体には書きだしの戦場の部分やら、その文体などにいくらか賛成しがたいものがあったけれども、この作家がこれからよい仕事をする人であろうということは信用することができるのである。」
河上徹太郎
男43歳
15 「当選ときまって見ると、こんな的確な抒情味の作品が久し振に芥川賞にはいったという感が強く感じられて、心たのしかった。」「然し私は最初から何となく此の作品を入選作として推薦するのを躊躇していた。此の、抒情の、一方的な、手放しの奔出の中に、何か一人できめ込んだ、思い上ったものがありはしないかという疑念である。」「例えば、これ程打ち込んで描いた少女の相貌が読後一向私が眼に残らないのはどうしたことか?」
横光利一
男46歳
7 「若い年齢線が登場して来たようである。」「絵画的な作風の多い中に、風切のかすめ通る羽音のような風韻をひびかせて来たのが、今回の授賞点となった。初めは委員たちの意見も喰い違い不揃いだったのも、漸次に焦点が締めすぼまり、やがて、この作に落ちついて動かなくなった。」
瀧井孝作
男50歳
8 「推薦される事になって、思直してこれに不賛成は云わず措いた。」「(引用者注:「雨絃記」に比べて)そんなに厭味な所はないが、正確に描く方よりも歌う方が多い、綾が多すぎて弱いと思ったけれども作ることはなかなかうまい作家だと思った。」
川端康成
男45歳
5 「今度の自分は極素直に(引用者中略)推薦と定めて、迷うこともなく、考えることすらなかった。清風の楽しさだった。従来銓衡に当って屡経験したような、材題の重量と作家の稟質との間の不安な橋に立って意識的に押渡るという必要もなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和20年/1945年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ