芥川賞のすべて・のようなもの
第12回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

埴原一亟
Hanihara Ichijo
生没年月日【注】 明治40年/1907年10月5日~昭和54年/1979年12月31日
経歴 山梨県北巨摩郡白州町生まれ。早稲田大学露文科中退。新日本文学会、文学無限同人から『文芸復興』同人となる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第12回芥川賞(昭和15年/1940年下期)「店員」
  • |候補| 第13回芥川賞(昭和16年/1941年上期)「下職人」
  • |候補| 第16回芥川賞(昭和17年/1942年下期)「翌檜」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第12回候補  一覧へ

てんいん
店員」(『早稲田文學』昭和15年/1940年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「早稻田文學」
巻号 第7巻 第12号  別表記12月号
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和15年/1940年11月12日 発行 昭和15年/1940年12月1日
発行者等 編輯発行人 野村吾 印刷人 宮島富治(東京市) 印刷所 宮島印刷所 編輯所 早稻田文學社編輯部(東京市)
発行所 早稻田文學社(東京市)
総ページ数 166 表記上の枚数 編輯後記 70余枚 基本の文字組
(1ページ当り)
54字
×19行
×1段
本文ページ 88~121
(計34頁)
測定枚数 73
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和43年/1968年7月・文芸復興社/文芸復興叢書『埴原一亟創作集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 埴原一亟 男33歳
選考委員 評価 行数 評言
佐藤春夫
男48歳
4 「決して凡作ではなくとも未だ一抹の自然主義臭味ともいうべきものなごりの慊焉たるもののあるのを免れないと感じた。」
横光利一
男42歳
0  
室生犀星
男51歳
0  
小島政二郎
男46歳
4 「今度の候補作はみんな楽しく読めた。」
瀧井孝作
男46歳
6 「描写は克明で手腕は十分ある人だと思った。」「稍古くさい弱い所があり小説になりすぎているかとも思った。」
川端康成
男41歳
3 「仮りに、「平賀源内」を推さないとすると、「崖」、「鶏」、「店頭」などのうちの、いずれを選ぶべきか、私は迷う。」
宇野浩二
男49歳
4 「面白い所を掴んでいて、しかも巧みなところはあるが、調子が低い。」
佐佐木茂索
男46歳
2  
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第13回候補  一覧へ

したじょくにん
下職人」(『風俗叢書』2輯[昭和16年/1941年3月])
媒体・作品情報
誌名 「風俗叢書」  別表記表紙 「文藝綜合雜誌」併記
巻号 第2輯  別表記4月版
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和16年/1941年3月15日 発行 昭和16年/1941年3月20日
発行者等 編輯兼発行人 山根 豐 印刷人 奈良直一 印刷所 株式会社常磐印刷所(東京市) 編輯所 風俗叢書編輯部(東京市)
発行所 株式会社三元社(東京市)
総ページ数 166 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
52字
×19行
×1段
本文ページ 2~32
(計31頁)
測定枚数 66
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『オール讀物』昭和17年/1942年1月号再録
>>昭和43年/1968年7月・文芸復興社/文芸復興叢書『埴原一亟創作集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 埴原一亟 男33歳
選考委員 評価 行数 評言
佐藤春夫
男49歳
2 「うまいという点では「下職人」が一番だと思う。」
宇野浩二
男50歳
2  
瀧井孝作
男47歳
6 「「下職人」も捨てられない。」「二つ(引用者注:「長江デルタ」と「山彦」)が争うとすれば、やはり「下職人」を僕はその中に加えて欲しいという感じがする。」
佐佐木茂索
男46歳
1 「「下職人」も(引用者注:文藝春秋に)載せていいと思うんです。」
室生犀星
男51歳
2 「一寸いいけれども、文章が非常に拙くて、息絶え絶えに書いているようなところがあるナ。」
小島政二郎
男47歳
0  
横光利一
男43歳
3 「(引用者注:「山彦」と共に)うまいと思うのだけれども、ああいううまさは老大家がいればいいのじゃないかという気がするのです。」
川端康成
男42歳
2 「「長江デルタ」或は「下職人」を推す、下職人の方確か」
菊池寛
男52歳
0  
久米正雄
男49歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第16回候補  一覧へ

あすなろ
翌檜」(『早稲田文學』昭和17年/1942年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「早稻田文學」
巻号 第9巻 第12号  別表記12月号
作品名 別表記 檜」
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和17年/1942年11月12日 発行 昭和17年/1942年12月1日
発行者等 編輯発行人 齋木哲太ルビ有りさいき てつた 印刷人 宮島富治(東京市) 印刷所 宮島印刷所 編輯所 早稻田文學社編輯部(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市)
発行所 早稻田文學社(東京市)
総ページ数 116 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×20行
×2段
本文ページ 52~71
(計20頁)
測定枚数 50
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和18年/1943年8月・小山書店刊『日本小説代表作全集10 昭和17年・後半期』所収
>>昭和43年/1968年7月・文芸復興社/文芸復興叢書『埴原一亟創作集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 埴原一亟 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
宇野浩二
男51歳
4 「変った面白味はあるが、後味がわるくこの作家のものとしては、欠点があり過ぎる。」
佐佐木茂索
男48歳
2 「捨て難いが、「連絡員」を措いてという訳にもゆくまい。」
久米正雄
男51歳
0  
川端康成
男43歳
2 「認めるが、「翌檜」は前作の「塵埃」や「下職人」より弛み、低調である。」
瀧井孝作
男48歳
3 「これまで佳作「塵埃」「店員」「下職人」など書き、入選したかったが、こんどの「翌檜」も、もう少し品の高い感じがあれば申分ないがと思った。」
佐藤春夫
男50歳
0  
横光利一
男44歳
0  
小島政二郎
男49歳
3 「紙屑屋の立て場へ、珍本を掘り出しに行く生活の記録として面白い。但し赤三の性格が一向彷彿として来ない。」
室生犀星
男53歳
0  
菊池寛
男54歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和18年/1943年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ