芥川賞のすべて・のようなもの
第65回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

花輪莞爾
Hanawa Kanji
生没年月日【注】 昭和11年/1936年1月6日~
経歴 東京生まれ。東京大学文学部卒。十九世紀フランス文学を専門とし、大学で教鞭をとる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第65回芥川賞(昭和46年/1971年上期)「渋面の祭」
  • |候補| 第66回芥川賞(昭和46年/1971年下期)「触れられた闇」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第65回候補  一覧へ

じゅうめん まつり
渋面の 祭」(『現代文学』3号[昭和46年/1971年4月])
媒体・作品情報
誌名 「現代文学」  別表記表紙・奥付 「季刊」併記
巻号 第3号
印刷/発行年月日 発行 昭和46年/1971年4月1日
発行者等 発行人 「現代文学」編集委員会 編集代表 饗庭孝男 印刷人 安藤 淳
発行所 「現代文学」編集委員会(横浜市)
総ページ数 107 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 79~107
(計29頁)
測定枚数 103
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和47年/1972年5月・角川書店刊『ガラスの夏』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 花輪莞爾 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
石川達三
男66歳
3 「何が書きたかったのか、作者はどんな必然的な理由でこの作品を書いたのか、それが解らない。」
丹羽文雄
男66歳
0  
瀧井孝作
男77歳
6 「話のやわらか味のある語り口は宜いが、少し饒舌で茶化しすぎるきらいがあった。しかし、このやわらかい言葉は作者の持味のようで、私は注目したい。」
大岡昇平
男62歳
11 「(引用者注:「黄色い娼婦」「万徳幽霊奇譚」と共に)新鮮味があり、技巧もすぐれていて、どれが受賞してもおかしくない、と思われた。」「主題と文体の調和のとれた作品である。」「異色ある作品と、私には思われたが、極めて少数の支持しかなかった。」
中村光夫
男60歳
7 「最後まで話題になりました。」「(引用者注:「実験室」と共に)一種の諷刺を狙った小説で、そこに新鮮さが感じられます。しかし諷刺というひとつの型あるいは思いつきに安住してしまって、材料とじかに組みあっていないせいか、あまり効果があがっていないのは残念です。」
永井龍男
男67歳
4 「主人公がかなりむずかしい眼鏡をこわすにもかかわらず、その後の外界のすこしも変らぬ描法に、大きな不審と落胆をおぼえた。」
舟橋聖一
男66歳
0  
井上靖
男64歳
5 「一番面白かった。現代社会機構の怪奇さを諷刺した作品で、文章も、筋立ても相当なものである。久しぶりで神経の行き届いた知的な作品にぶつかった思いだったが、残念ながら当選作としての支持は得られなかった。」
石川淳
男72歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和46年/1971年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第66回候補  一覧へ

やみ
触れられた 闇」(『新潮』昭和46年/1971年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO^」併記
巻号 第68巻 第13号  別表記12月増大号/801号
印刷/発行年月日 発行 昭和46年/1971年12月1日
発行者等 編集兼発行者 酒井健次郎 印刷者 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 324 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 100~122
(計23頁)
測定枚数 69
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 花輪莞爾 男36歳
選考委員 評価 行数 評言
井上靖
男64歳
0  
吉行淳之介
男47歳
2 「才能が十分感じられたが、作品として見た場合不十分である。」
永井龍男
男67歳
0  
中村光夫
男60歳
4 「意識して散文詩を書こうとする、発想の新しさがあります。(引用者中略)当選には遠い出来ですが、次作に期待したいと思います。」
大岡昇平
男62歳
6 「日本文学の現状の中で、自分がどういう仕事をしているかについて、はっきりした意識を持っている点に独自性がある。」「こんどの作品は、成功した部分と全体との間にちぐはぐなところがある、と思った。」
安岡章太郎
男51歳
0  
瀧井孝作
男77歳
0  
丹羽文雄
男67歳
0  
舟橋聖一
男67歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和47年/1972年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ