芥川賞のすべて・のようなもの
第50回
芥川賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/7/5

50   一覧へ 49前の回へ 後の回へ51
昭和38年/1963年下半期
(昭和39年/1964年1月21日決定発表/『文藝春秋』昭和39年/1964年3月号選評掲載)
選考委員  中村光夫
男52歳
石川達三
男58歳
石川淳
男64歳
瀧井孝作
男69歳
永井龍男
男59歳
丹羽文雄
男59歳
井上靖
男56歳
高見順
男56歳
舟橋聖一
男59歳
川端康成
男64歳
井伏鱒二
男65歳
選評総行数  36 33 36 50 8 37 27 27 61    
選評なし 選評なし
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
田辺聖子 「感傷旅行」
116
女35歳
9 22 15 5 6 7 12 11 4        
清水寥人 「機関士ナポレオンの退職」
97
男43歳
6 6 3 6 5 3 11 3 2        
井上光晴 「地の群れ」
249
男37歳
4 3 14 5 0 0 0 9 3        
佐藤愛子 「二人の女」
91
女40歳
3 0 0 4 0 2 3 0 0        
森泰三 「砧(きぬた)
90
男(42歳)
4 16 0 5 5 8 12 4 3        
木原象夫 「雪のした」
53
男31歳
3 0 0 4 0 4 0 5 0        
平田敬 「日々残影」
51
男32歳
3 0 0 5 0 3 0 5 0        
鴻みのる 「奇妙な雪」
37
男27歳
2 0 0 7 0 5 0 0 0        
阿部昭 「巣を出る」
93
男29歳
5 0 0 5 0 5 0 0 34        
              欠席
書面回答
  欠席 欠席
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和39年/1964年3月号)
1行当たりの文字数:26字


選考委員
中村光夫男52歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「感傷旅行」を推す 総行数36 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
9 「軽薄な世界を軽薄な筆致で描ききった作品で、そこに意外な効果が生れていますが、その独創性が意識されていない、というより意識したらこわれてしまうような性質のものであることが問題です。」「この作品にとは云えなくても、少なくも作者のなかに文学があるのはたしかです。」
清水寥人
男43歳
6 「機関士という職業の内容がよく描けていて、作中人物にも作者にも好意が持てますが、それだけに平凡で、話が掘りさげられそうになる終りの部分を、急いで書きながしてあるのは惜しいと思います。」
井上光晴
男37歳
4 「作品の長さからも、またとくに作者の経歴から云って、芥川賞の候補作としては不適当でしょう。他の審査員にも同じ意見が多く、まず銓衡の対象から外されました。」
佐藤愛子
女40歳
3 「前作より技術的には進歩していますが、がむしゃらなところがなくなったために、平板な作品になりました。」
森泰三
男(42歳)
4 「しっかりした文章で、人物も大体よく描けて、出来栄えに難がない点では第一と思われましたが、半面型通りという感じもあり、ところどころの平凡な常套句が、表現に気をくばった作品だけに感興をそぎます。」
木原象夫
男31歳
3 「(引用者注:「日日残影」と共に)共稼ぎの若い夫婦の生活を描いて、両者とも主人公の独り合点が強すぎる点も似ています。」
平田敬
男32歳
3 「(引用者注:「雪のした」と共に)共稼ぎの若い夫婦の生活を描いて、両者とも主人公の独り合点が強すぎる点も似ています。」
鴻みのる
男27歳
2 「才筆で巧みな構成ですが、計算されたわりに、全体の印象が幼稚です。」
阿部昭
男29歳
5 「作品の出来から候補作に価しないという理由で除かれました。」「主人公の扱い方は、作者にたいして根本的な疑問をいだかせるものであり、止むを得ないと思います。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
石川達三
石川淳
瀧井孝作
永井龍男
丹羽文雄
井上靖
高見順
舟橋聖一
  ページの先頭へ

選考委員
石川達三男58歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「感傷旅行」と「砧」 総行数33 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
22 「私は、第一候補(引用者中略)と確信して出席した。」「その新しさを軽薄さと評することは容易だが、軽薄さをここまで定着させてしまえば、既に軽薄ではないと私は思う。これは音楽で言えばジャズのような、無数の雑音によって構成された作品であり、そのアラベスクの面白さは「悲しみよ今日は」を思い出させる。」「しかしこの作者の危険は、こうした作風が間もなくマンネリズムに陥り易いということである。」
清水寥人
男43歳
6 「推す人もあったが、私はそれ程には思わない。いわゆる中間小説的な所があり、香気に乏しい。」
井上光晴
男37歳
3 「芥川賞がせいぜい百五十枚までの短篇と一応きめられてあるので、銓衡から除外された。この規約は今後も守られる筈である。」
佐藤愛子
女40歳
0  
森泰三
男(42歳)
16 「私は、(引用者中略)第二候補(引用者中略)と確信して出席した。(引用者注:第一候補の「感傷旅行」と)両方が当選作になってもいいと思っていた。」「いかにも古めかしい。しかし誠実な文章と正確な表現力をもっている。作りものという評もあるかも知れないが、これは一つのロマンとして態を成している。」「素質のある人だと思う。但し、この古めかしさにいつまでも低迷していてはならない。」
木原象夫
男31歳
0  
平田敬
男32歳
0  
鴻みのる
男27歳
0  
阿部昭
男29歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
石川淳
瀧井孝作
永井龍男
丹羽文雄
井上靖
高見順
舟橋聖一
  ページの先頭へ

選考委員
石川淳男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
次善の一篇 総行数36 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
15 「(引用者注:「地の群れ」以外の中から)一篇を選ぶとすれば、(引用者中略)取るほかない。」「おもしろいといえば、おもしろい。」「文章にもちとの才気がある。」「ただ現状ではこの作者にあまり多くを望むべきではないだろう。わたしはこの作品があたらしい文学なんぞと買いかぶらないが、作者はともかくあたらしいと錯覚されるような方向に姿勢をとっているものと見える。」「このひとがこれからどこまで伸びるか、あるいは伸びなやみか、ちょっとあぶなっかしい気もするが、まあまあと、わたしはこれを推した。」
清水寥人
男43歳
3 「職場文学のユーモア篇として、電気機関士であるひとが手持の材料をこれだけにまとめたとすれば、なにもいうことはない。」
井上光晴
男37歳
14 「第一に推す。」「入りみだれた時間の処置がたくみについていて、そこから事件の綾がさばけて行く。この力量はまんざらでない。」「この作品は二つの理由(引用者注:作者が有名、作品の長さが枚数の限界を超えている)に依ってまず銓衡の場からはずされた。(引用者中略)この理由は二つながらわたしは納得することができない。」
佐藤愛子
女40歳
0  
森泰三
男(42歳)
0  
木原象夫
男31歳
0  
平田敬
男32歳
0  
鴻みのる
男27歳
0  
阿部昭
男29歳
0  
  「「地の群れ」を(引用者注:資格なしとして)はずしたとなると、(引用者中略)わたしは該当作品なしでもよいとおもった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
石川達三
瀧井孝作
永井龍男
丹羽文雄
井上靖
高見順
舟橋聖一
  ページの先頭へ

選考委員
瀧井孝作男69歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
ゆがんだもの 総行数50 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
5 「浮薄なマス・コミに追回される、関西の放送台本作家の、その情事が描かれて、メチャクチャに歪んだ姿が見える。只それが、実体ではない、影像のように映るだけで、甚だ淡いのが物足りない。人物も煙のように幽霊かお化けの感じだ。」
清水寥人
男43歳
6 「健康な佳作だが、只地味すぎるのが惜しい。」
井上光晴
男37歳
5 「七十頁まで読んだが、未だ作者の心持がよくわからず、七十頁で投出した。」「あちこち掘返したまま片付かず、整理がしてない。もっと簡明に描けそうなものだが、只くだくだしい羅列がつづくだけだ。」
佐藤愛子
女40歳
4 「特に佳作とも云えないが、歯切れのよい明るい文章は、私は捨て難いと思った。」
森泰三
男(42歳)
5 「中間小説のような面白味はあるが、しかし、構成も文章も、何か古臭く、新味がなかった。」
木原象夫
男31歳
4 「身勝手な男のヒステリー、ニヒルの歪んだ心持が、読んでイヤな感じがした。」
平田敬
男32歳
5 「新婚生活にも虚無の歪みがすぐに見出される、その白けた心持は、幾つかの場面を用いて一応は描いてあった。この人の作は尚注目したい。」
鴻みのる
男27歳
7 「文章は鮮明のようだが、しかしこんなフィクションは、ヘンな新しがりの病的なニヒルの歪みで空想されたものかと私は思った。」
阿部昭
男29歳
5 「ニヒルの歪んだ若者の身勝手な行動のようで。あと味はよくない。」
  「今回の予選作は、九篇共に、今の世相の歪んだ不安な感じが、この九篇の中に何か共通して出て居た。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
石川達三
石川淳
永井龍男
丹羽文雄
井上靖
高見順
舟橋聖一
  ページの先頭へ

選考委員
永井龍男男59歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
積極的になれず 総行数8 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
6 「「感傷旅行」「機関士ナポレオンの退職」「砧」の三篇にしぼられることは、だいたい予測するこが出来たが、それ以上積極的にどれを推すという気持にはなれなかった。」「才筆の中から、なにかの生れるのを期待してよいか、すでにこの中に独自の世界があるのか、私には判断がつかない。」
清水寥人
男43歳
5 「「感傷旅行」「機関士ナポレオンの退職」「砧」の三篇にしぼられることは、だいたい予測するこが出来たが、それ以上積極的にどれを推すという気持にはなれなかった。」「他の予選作品に比べて、まったく率直であった。」
井上光晴
男37歳
0  
佐藤愛子
女40歳
0  
森泰三
男(42歳)
5 「「感傷旅行」「機関士ナポレオンの退職」「砧」の三篇にしぼられることは、だいたい予測するこが出来たが、それ以上積極的にどれを推すという気持にはなれなかった。」「もっとも懸命な作品であった。」
木原象夫
男31歳
0  
平田敬
男32歳
0  
鴻みのる
男27歳
0  
阿部昭
男29歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
石川達三
石川淳
瀧井孝作
丹羽文雄
井上靖
高見順
舟橋聖一
  ページの先頭へ

選考委員
丹羽文雄男59歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
ねつこい小説 総行数37 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
7 「当選させてよい作品だと私が口を切った。すばらしく、新しい小説というのではない。えたいの知れない、ねつこい、何かしら渦巻いているような小説である。」「放送シナリオ作家の作品をいくつか読んできたが、やっとその中からものになったのを発見した。」
清水寥人
男43歳
3 「一応作者の狙ったものが正確に現われている。好感がもてた。が、これだけではあんまり曲がなさすぎる。」
井上光晴
男37歳
0  
佐藤愛子
女40歳
2 「二番煎じの感じをあたえたので損をした。」
森泰三
男(42歳)
8 「よく調べて書きこんであるにかかわらず、かんじんなところが書き足りない。」「自殺する女のことが、単なる説明ですまされている。周囲を描いて、大切な部分を省略するという方法もあるが、この場合は女を追求するのが、主人公の悲劇を深めることになるのではないか。」
木原象夫
男31歳
4 「主人公の自虐が、第三者には滑稽と不快をあたえる。小説にするときに何かが狂っているのではないか。」
平田敬
男32歳
3 「はじめの新婚旅行は蛇足である。サラリーマンの生活の明暗がほどよく描かれていて、好感をもった。が、弱い。」
鴻みのる
男27歳
5 「時間の扱い方と思い切った省略法に心をひかれた。もろい感じもあるが、若い文学者らしく気負ったところに却って好感がもてた。但し、父の手紙は拙い。」
阿部昭
男29歳
5 「今回はじめて芥川賞予選作品から除外された。予選に残ったというのがおかしいという皆の意見であった。この小説を読んで、何だろう、これはと首を傾げた。文学とするのに大切なものが欠けているからだ。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
石川達三
石川淳
瀧井孝作
永井龍男
井上靖
高見順
舟橋聖一
  ページの先頭へ

選考委員
井上靖男56歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
光る資質 総行数27 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
12 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「作者の資質という点では、恐らく候補作家中で一番光っていると思いました。私はこの作品が未整理で、未完成であるという点で推すのを躊躇しましたが、あるいはそうしたところをこの作品の新しさと見るべきであるかも知れません。大成して戴きたいと思います。」
清水寥人
男43歳
11 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「素朴なものが美しく出ている作品で、読後心が暖まるような感動を受けました。職場文学の臭みのないところもよく、人間もよく描けていると思います。ただ授賞作として強く押し出すだけの新しさのないことが残念でした。」
井上光晴
男37歳
0  
佐藤愛子
女40歳
3 「面白く読みました。深刻な問題をそ知らぬ顔で書いている諷刺小説で目立たぬ形で、作者のよさが感じられました。」
森泰三
男(42歳)
12 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「読物になってしまいそうなところを危く踏みこたえている作品で、文章も確りしていますし、書きにくい材料をよくこなしていて、作者の力倆は相当なものだと思います。作者は女主人公を最後に死なせていますが、これはかなり問題」
木原象夫
男31歳
0  
平田敬
男32歳
0  
鴻みのる
男27歳
0  
阿部昭
男29歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
石川達三
石川淳
瀧井孝作
永井龍男
丹羽文雄
高見順
舟橋聖一
  ページの先頭へ

選考委員
高見順男56歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
新人の魅力 総行数27 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
11 「(引用者注:「地の群れ」以外であれば)一票を投じようと思った。劇画化に筆がすべりすぎているところなどに疑問があるが、それをもふくめて、そこに現代的な一種の新鮮感がある。」「たとえ品が悪くても、お行儀のいい上手な小説より新人らしい活力がある。」
清水寥人
男43歳
3 「一見現代的なようで、これは目下流行の浪曲風歌謡曲に似ている。」
井上光晴
男37歳
9 「私は(引用者中略)推した。今さらという声が委員の間であるだろうと思わないではなかったが、そして井上氏自身も今さらという気持かもしれぬと思ったが、今度の候補作品のなかでは「地の群れ」以外に積極的に推したいものがなかった。」
佐藤愛子
女40歳
0  
森泰三
男(42歳)
4 「小説としての安定したうまさというような点では、(引用者中略)とるべきだが、新人の作品としてはそのうまさに古さが感じられ、」
木原象夫
男31歳
5 「うまさが自然主義文学を思わせる古さになっている。泰平ムードの平安の中のあじけなさは一応現代的にちがいないが、手固い筆致がいかにも古風である。」
平田敬
男32歳
5 「うまさが自然主義文学を思わせる古さになっている。泰平ムードの平安の中のあじけなさは一応現代的にちがいないが、手固い筆致がいかにも古風である。」
鴻みのる
男27歳
0  
阿部昭
男29歳
0  
  「外出が無理な状態なので委員会に書面回答をした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
石川達三
石川淳
瀧井孝作
永井龍男
丹羽文雄
井上靖
舟橋聖一
  ページの先頭へ

選考委員
舟橋聖一男59歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
魅力のない正論 総行数61 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
田辺聖子
女35歳
4 「私の点は、(引用者中略)次点で、該当作はナシであったが、田辺を推す委員が多く、考え直して私も同調した。」
清水寥人
男43歳
2 「私の点は、(引用者中略)一位。」
井上光晴
男37歳
3 「三十八年度の代表作の一つとして騒がれた井上光晴氏の「地の群れ」がこの賞の予選をパスしたことは、他の委員同様、私にも疑問である。」
佐藤愛子
女40歳
0  
森泰三
男(42歳)
3 「能文だが、知っていること、調べたことを全部書きつくしてしまって、衒学的すぎる。」
木原象夫
男31歳
0  
平田敬
男32歳
0  
鴻みのる
男27歳
0  
阿部昭
男29歳
34 「作中の「私」なる主人公が、女の部屋から押収してきた堀辰雄氏の文庫本を、便所の中で半頁ほど読んでから、後架へ叩きこんでしまったとある個所に到り、思わずも憤怒をおぼえ、その後章を読むに耐えず、(引用者中略)たとえ、文庫本であれ、文学作品を後架へ抛つというようなことを、憚るところもなく書いている文学青年の底の浅さが、腹に据えかねるのだ。」「勇を鼓して、最後まで読み通し、全体としても救いようのない凡作であることを知った。」「人の文庫本をどこへ投げこもうと、それと作品全体の出来栄えとは関係ない、というのが、当代の正論かもしれない。そんな正論に、何の魅力があるものか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
中村光夫
石川達三
石川淳
瀧井孝作
永井龍男
丹羽文雄
井上靖
高見順
  ページの先頭へ


受賞者・作品
田辺聖子女35歳×各選考委員 
「感傷旅行」
短篇 116
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
9 「軽薄な世界を軽薄な筆致で描ききった作品で、そこに意外な効果が生れていますが、その独創性が意識されていない、というより意識したらこわれてしまうような性質のものであることが問題です。」「この作品にとは云えなくても、少なくも作者のなかに文学があるのはたしかです。」
石川達三
男58歳
22 「私は、第一候補(引用者中略)と確信して出席した。」「その新しさを軽薄さと評することは容易だが、軽薄さをここまで定着させてしまえば、既に軽薄ではないと私は思う。これは音楽で言えばジャズのような、無数の雑音によって構成された作品であり、そのアラベスクの面白さは「悲しみよ今日は」を思い出させる。」「しかしこの作者の危険は、こうした作風が間もなくマンネリズムに陥り易いということである。」
石川淳
男64歳
15 「(引用者注:「地の群れ」以外の中から)一篇を選ぶとすれば、(引用者中略)取るほかない。」「おもしろいといえば、おもしろい。」「文章にもちとの才気がある。」「ただ現状ではこの作者にあまり多くを望むべきではないだろう。わたしはこの作品があたらしい文学なんぞと買いかぶらないが、作者はともかくあたらしいと錯覚されるような方向に姿勢をとっているものと見える。」「このひとがこれからどこまで伸びるか、あるいは伸びなやみか、ちょっとあぶなっかしい気もするが、まあまあと、わたしはこれを推した。」
瀧井孝作
男69歳
5 「浮薄なマス・コミに追回される、関西の放送台本作家の、その情事が描かれて、メチャクチャに歪んだ姿が見える。只それが、実体ではない、影像のように映るだけで、甚だ淡いのが物足りない。人物も煙のように幽霊かお化けの感じだ。」
永井龍男
男59歳
6 「「感傷旅行」「機関士ナポレオンの退職」「砧」の三篇にしぼられることは、だいたい予測するこが出来たが、それ以上積極的にどれを推すという気持にはなれなかった。」「才筆の中から、なにかの生れるのを期待してよいか、すでにこの中に独自の世界があるのか、私には判断がつかない。」
丹羽文雄
男59歳
7 「当選させてよい作品だと私が口を切った。すばらしく、新しい小説というのではない。えたいの知れない、ねつこい、何かしら渦巻いているような小説である。」「放送シナリオ作家の作品をいくつか読んできたが、やっとその中からものになったのを発見した。」
井上靖
男56歳
12 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「作者の資質という点では、恐らく候補作家中で一番光っていると思いました。私はこの作品が未整理で、未完成であるという点で推すのを躊躇しましたが、あるいはそうしたところをこの作品の新しさと見るべきであるかも知れません。大成して戴きたいと思います。」
高見順
男56歳
11 「(引用者注:「地の群れ」以外であれば)一票を投じようと思った。劇画化に筆がすべりすぎているところなどに疑問があるが、それをもふくめて、そこに現代的な一種の新鮮感がある。」「たとえ品が悪くても、お行儀のいい上手な小説より新人らしい活力がある。」
舟橋聖一
男59歳
4 「私の点は、(引用者中略)次点で、該当作はナシであったが、田辺を推す委員が多く、考え直して私も同調した。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清水寥人
「機関士ナポレオンの退職」
井上光晴
「地の群れ」
佐藤愛子
「二人の女」
森泰三
「砧(きぬた)
木原象夫
「雪のした」
平田敬
「日々残影」
鴻みのる
「奇妙な雪」
阿部昭
「巣を出る」
  ページの先頭へ

候補者・作品
清水寥人男43歳×各選考委員 
「機関士ナポレオンの退職」
短篇 97
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
6 「機関士という職業の内容がよく描けていて、作中人物にも作者にも好意が持てますが、それだけに平凡で、話が掘りさげられそうになる終りの部分を、急いで書きながしてあるのは惜しいと思います。」
石川達三
男58歳
6 「推す人もあったが、私はそれ程には思わない。いわゆる中間小説的な所があり、香気に乏しい。」
石川淳
男64歳
3 「職場文学のユーモア篇として、電気機関士であるひとが手持の材料をこれだけにまとめたとすれば、なにもいうことはない。」
瀧井孝作
男69歳
6 「健康な佳作だが、只地味すぎるのが惜しい。」
永井龍男
男59歳
5 「「感傷旅行」「機関士ナポレオンの退職」「砧」の三篇にしぼられることは、だいたい予測するこが出来たが、それ以上積極的にどれを推すという気持にはなれなかった。」「他の予選作品に比べて、まったく率直であった。」
丹羽文雄
男59歳
3 「一応作者の狙ったものが正確に現われている。好感がもてた。が、これだけではあんまり曲がなさすぎる。」
井上靖
男56歳
11 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「素朴なものが美しく出ている作品で、読後心が暖まるような感動を受けました。職場文学の臭みのないところもよく、人間もよく描けていると思います。ただ授賞作として強く押し出すだけの新しさのないことが残念でした。」
高見順
男56歳
3 「一見現代的なようで、これは目下流行の浪曲風歌謡曲に似ている。」
舟橋聖一
男59歳
2 「私の点は、(引用者中略)一位。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
田辺聖子
「感傷旅行」
井上光晴
「地の群れ」
佐藤愛子
「二人の女」
森泰三
「砧(きぬた)
木原象夫
「雪のした」
平田敬
「日々残影」
鴻みのる
「奇妙な雪」
阿部昭
「巣を出る」
  ページの先頭へ

候補者・作品
井上光晴男37歳×各選考委員 
「地の群れ」
中篇 249
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
4 「作品の長さからも、またとくに作者の経歴から云って、芥川賞の候補作としては不適当でしょう。他の審査員にも同じ意見が多く、まず銓衡の対象から外されました。」
石川達三
男58歳
3 「芥川賞がせいぜい百五十枚までの短篇と一応きめられてあるので、銓衡から除外された。この規約は今後も守られる筈である。」
石川淳
男64歳
14 「第一に推す。」「入りみだれた時間の処置がたくみについていて、そこから事件の綾がさばけて行く。この力量はまんざらでない。」「この作品は二つの理由(引用者注:作者が有名、作品の長さが枚数の限界を超えている)に依ってまず銓衡の場からはずされた。(引用者中略)この理由は二つながらわたしは納得することができない。」
瀧井孝作
男69歳
5 「七十頁まで読んだが、未だ作者の心持がよくわからず、七十頁で投出した。」「あちこち掘返したまま片付かず、整理がしてない。もっと簡明に描けそうなものだが、只くだくだしい羅列がつづくだけだ。」
永井龍男
男59歳
0  
丹羽文雄
男59歳
0  
井上靖
男56歳
0  
高見順
男56歳
9 「私は(引用者中略)推した。今さらという声が委員の間であるだろうと思わないではなかったが、そして井上氏自身も今さらという気持かもしれぬと思ったが、今度の候補作品のなかでは「地の群れ」以外に積極的に推したいものがなかった。」
舟橋聖一
男59歳
3 「三十八年度の代表作の一つとして騒がれた井上光晴氏の「地の群れ」がこの賞の予選をパスしたことは、他の委員同様、私にも疑問である。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
田辺聖子
「感傷旅行」
清水寥人
「機関士ナポレオンの退職」
佐藤愛子
「二人の女」
森泰三
「砧(きぬた)
木原象夫
「雪のした」
平田敬
「日々残影」
鴻みのる
「奇妙な雪」
阿部昭
「巣を出る」
  ページの先頭へ

候補者・作品
佐藤愛子女40歳×各選考委員 
「二人の女」
短篇 91
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
3 「前作より技術的には進歩していますが、がむしゃらなところがなくなったために、平板な作品になりました。」
石川達三
男58歳
0  
石川淳
男64歳
0  
瀧井孝作
男69歳
4 「特に佳作とも云えないが、歯切れのよい明るい文章は、私は捨て難いと思った。」
永井龍男
男59歳
0  
丹羽文雄
男59歳
2 「二番煎じの感じをあたえたので損をした。」
井上靖
男56歳
3 「面白く読みました。深刻な問題をそ知らぬ顔で書いている諷刺小説で目立たぬ形で、作者のよさが感じられました。」
高見順
男56歳
0  
舟橋聖一
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
田辺聖子
「感傷旅行」
清水寥人
「機関士ナポレオンの退職」
井上光晴
「地の群れ」
森泰三
「砧(きぬた)
木原象夫
「雪のした」
平田敬
「日々残影」
鴻みのる
「奇妙な雪」
阿部昭
「巣を出る」
  ページの先頭へ

候補者・作品
森泰三男(42歳)×各選考委員 
「砧(きぬた)
短篇 90
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
4 「しっかりした文章で、人物も大体よく描けて、出来栄えに難がない点では第一と思われましたが、半面型通りという感じもあり、ところどころの平凡な常套句が、表現に気をくばった作品だけに感興をそぎます。」
石川達三
男58歳
16 「私は、(引用者中略)第二候補(引用者中略)と確信して出席した。(引用者注:第一候補の「感傷旅行」と)両方が当選作になってもいいと思っていた。」「いかにも古めかしい。しかし誠実な文章と正確な表現力をもっている。作りものという評もあるかも知れないが、これは一つのロマンとして態を成している。」「素質のある人だと思う。但し、この古めかしさにいつまでも低迷していてはならない。」
石川淳
男64歳
0  
瀧井孝作
男69歳
5 「中間小説のような面白味はあるが、しかし、構成も文章も、何か古臭く、新味がなかった。」
永井龍男
男59歳
5 「「感傷旅行」「機関士ナポレオンの退職」「砧」の三篇にしぼられることは、だいたい予測するこが出来たが、それ以上積極的にどれを推すという気持にはなれなかった。」「もっとも懸命な作品であった。」
丹羽文雄
男59歳
8 「よく調べて書きこんであるにかかわらず、かんじんなところが書き足りない。」「自殺する女のことが、単なる説明ですまされている。周囲を描いて、大切な部分を省略するという方法もあるが、この場合は女を追求するのが、主人公の悲劇を深めることになるのではないか。」
井上靖
男56歳
12 「私は「機関士ナポレオンの退職」、「砧」、「感傷旅行」といった順位にしました。」「読物になってしまいそうなところを危く踏みこたえている作品で、文章も確りしていますし、書きにくい材料をよくこなしていて、作者の力倆は相当なものだと思います。作者は女主人公を最後に死なせていますが、これはかなり問題」
高見順
男56歳
4 「小説としての安定したうまさというような点では、(引用者中略)とるべきだが、新人の作品としてはそのうまさに古さが感じられ、」
舟橋聖一
男59歳
3 「能文だが、知っていること、調べたことを全部書きつくしてしまって、衒学的すぎる。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
田辺聖子
「感傷旅行」
清水寥人
「機関士ナポレオンの退職」
井上光晴
「地の群れ」
佐藤愛子
「二人の女」
木原象夫
「雪のした」
平田敬
「日々残影」
鴻みのる
「奇妙な雪」
阿部昭
「巣を出る」
  ページの先頭へ

候補者・作品
木原象夫男31歳×各選考委員 
「雪のした」
短篇 53
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
3 「(引用者注:「日日残影」と共に)共稼ぎの若い夫婦の生活を描いて、両者とも主人公の独り合点が強すぎる点も似ています。」
石川達三
男58歳
0  
石川淳
男64歳
0  
瀧井孝作
男69歳
4 「身勝手な男のヒステリー、ニヒルの歪んだ心持が、読んでイヤな感じがした。」
永井龍男
男59歳
0  
丹羽文雄
男59歳
4 「主人公の自虐が、第三者には滑稽と不快をあたえる。小説にするときに何かが狂っているのではないか。」
井上靖
男56歳
0  
高見順
男56歳
5 「うまさが自然主義文学を思わせる古さになっている。泰平ムードの平安の中のあじけなさは一応現代的にちがいないが、手固い筆致がいかにも古風である。」
舟橋聖一
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
田辺聖子
「感傷旅行」
清水寥人
「機関士ナポレオンの退職」
井上光晴
「地の群れ」
佐藤愛子
「二人の女」
森泰三
「砧(きぬた)
平田敬
「日々残影」
鴻みのる
「奇妙な雪」
阿部昭
「巣を出る」
  ページの先頭へ

候補者・作品
平田敬男32歳×各選考委員 
「日々残影」
短篇 51
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
3 「(引用者注:「雪のした」と共に)共稼ぎの若い夫婦の生活を描いて、両者とも主人公の独り合点が強すぎる点も似ています。」
石川達三
男58歳
0  
石川淳
男64歳
0  
瀧井孝作
男69歳
5 「新婚生活にも虚無の歪みがすぐに見出される、その白けた心持は、幾つかの場面を用いて一応は描いてあった。この人の作は尚注目したい。」
永井龍男
男59歳
0  
丹羽文雄
男59歳
3 「はじめの新婚旅行は蛇足である。サラリーマンの生活の明暗がほどよく描かれていて、好感をもった。が、弱い。」
井上靖
男56歳
0  
高見順
男56歳
5 「うまさが自然主義文学を思わせる古さになっている。泰平ムードの平安の中のあじけなさは一応現代的にちがいないが、手固い筆致がいかにも古風である。」
舟橋聖一
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
田辺聖子
「感傷旅行」
清水寥人
「機関士ナポレオンの退職」
井上光晴
「地の群れ」
佐藤愛子
「二人の女」
森泰三
「砧(きぬた)
木原象夫
「雪のした」
鴻みのる
「奇妙な雪」
阿部昭
「巣を出る」
  ページの先頭へ

候補者・作品
鴻みのる男27歳×各選考委員 
「奇妙な雪」
短篇 37
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
2 「才筆で巧みな構成ですが、計算されたわりに、全体の印象が幼稚です。」
石川達三
男58歳
0  
石川淳
男64歳
0  
瀧井孝作
男69歳
7 「文章は鮮明のようだが、しかしこんなフィクションは、ヘンな新しがりの病的なニヒルの歪みで空想されたものかと私は思った。」
永井龍男
男59歳
0  
丹羽文雄
男59歳
5 「時間の扱い方と思い切った省略法に心をひかれた。もろい感じもあるが、若い文学者らしく気負ったところに却って好感がもてた。但し、父の手紙は拙い。」
井上靖
男56歳
0  
高見順
男56歳
0  
舟橋聖一
男59歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
田辺聖子
「感傷旅行」
清水寥人
「機関士ナポレオンの退職」
井上光晴
「地の群れ」
佐藤愛子
「二人の女」
森泰三
「砧(きぬた)
木原象夫
「雪のした」
平田敬
「日々残影」
阿部昭
「巣を出る」
  ページの先頭へ

候補者・作品
阿部昭男29歳×各選考委員 
「巣を出る」
短篇 93
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男52歳
5 「作品の出来から候補作に価しないという理由で除かれました。」「主人公の扱い方は、作者にたいして根本的な疑問をいだかせるものであり、止むを得ないと思います。」
石川達三
男58歳
0  
石川淳
男64歳
0  
瀧井孝作
男69歳
5 「ニヒルの歪んだ若者の身勝手な行動のようで。あと味はよくない。」
永井龍男
男59歳
0  
丹羽文雄
男59歳
5 「今回はじめて芥川賞予選作品から除外された。予選に残ったというのがおかしいという皆の意見であった。この小説を読んで、何だろう、これはと首を傾げた。文学とするのに大切なものが欠けているからだ。」
井上靖
男56歳
0  
高見順
男56歳
0  
舟橋聖一
男59歳
34 「作中の「私」なる主人公が、女の部屋から押収してきた堀辰雄氏の文庫本を、便所の中で半頁ほど読んでから、後架へ叩きこんでしまったとある個所に到り、思わずも憤怒をおぼえ、その後章を読むに耐えず、(引用者中略)たとえ、文庫本であれ、文学作品を後架へ抛つというようなことを、憚るところもなく書いている文学青年の底の浅さが、腹に据えかねるのだ。」「勇を鼓して、最後まで読み通し、全体としても救いようのない凡作であることを知った。」「人の文庫本をどこへ投げこもうと、それと作品全体の出来栄えとは関係ない、というのが、当代の正論かもしれない。そんな正論に、何の魅力があるものか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
田辺聖子
「感傷旅行」
清水寥人
「機関士ナポレオンの退職」
井上光晴
「地の群れ」
佐藤愛子
「二人の女」
森泰三
「砧(きぬた)
木原象夫
「雪のした」
平田敬
「日々残影」
鴻みのる
「奇妙な雪」
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像マップ