芥川賞のすべて・のようなもの
第100回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/8/23

南木佳士
Nagi Keishi
生没年月日【注】 昭和26年/1951年10月13日~
受賞年齢 37歳3ヵ月
経歴 本名=霜田哲夫。群馬県吾妻郡嬬恋村生まれ。秋田大学医学部卒。長野県の佐久総合病院に内科医として勤める。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第52回文學界新人賞(昭和56年/1981年)「空との関係」
  • 第53回文學界新人賞(昭和56年/1981年)「破水」
  • |候補| 第87回芥川賞(昭和57年/1982年上期)「重い陽光」
  • |候補| 第88回芥川賞(昭和57年/1982年下期)「活火山」
  • |候補| 第92回芥川賞(昭和59年/1984年下期)「木の家」
  • |候補| 第94回芥川賞(昭和60年/1985年下期)「エチオピアからの手紙」
  • 第100回芥川賞(昭和63年/1988年下期)「ダイヤモンドダスト」
  • 第6回佐久文化賞(昭和63年/1988年)
  • |候補| 第2回木山捷平文学賞(平成10年/1998年)『冬物語』
  • 第36回泉鏡花文学賞(平成20年/2008年)『草すべり その他の短篇』
  • 第59回芸術選奨文部科学大臣賞[文学部門](平成20年/2008年度)『草すべり その他の短篇』
  • |候補| 第3回日本医療小説大賞(平成26年/2014年)『陽子の一日』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第87回候補  一覧へ

おも ようこう
重い 陽光」(『文學界』昭和57年/1982年4月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第36巻 第4号  別表記4月号
印刷/発行年月日 発行 昭和57年/1982年4月1日
発行者等 編集兼発行人 松村善二郎 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 100~122
(計23頁)
測定枚数 64
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成8年/1996年5月・文藝春秋刊『エチオピアからの手紙』所収
>>平成12年/2000年3月・文藝春秋/文春文庫『エチオピアからの手紙』所収
>>平成24年/2012年4月・集英社刊『コレクション戦争と文学2 ベトナム戦争:泥』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 南木佳士 男30歳
選考委員 評価 行数 評言
丸谷才一
男56歳
11 「題材が珍しいし、わりによくまとまつてゐる。文章もまあ下手ぢやない。しかし要するにスケッチであつて、短篇小説にはなつてゐないと見た。」「短篇小説に高まるためには、ものの見方がもうすこし個性的になることが必要だらう。このままでは、大人しくて、平凡で、印象が淡いのである。」
丹羽文雄
男77歳
0  
中村光夫
男71歳
6 「文章がひきしまつてゐて、点景として使はれた白人の医師や看護婦なども、生き生き描かれてゐて、戦場の血の匂ひが感じられます。作者の体験の力と思はれますが、それにあまり安心してよりかかりすぎたところが、物足りぬ読後感をあたへます。」
安岡章太郎
男62歳
0  
遠藤周作
男59歳
0  
開高健
男51歳
0  
井上靖
男75歳
6 「気持よく纏っているが、スケッチの域を出ないという評が出ると、それに対抗するだけのものは持っていなかった。」「スケッチであるにしても、作者の眼はすみずみまで行き届いており、短いタッチで書いているところにも、ある爽やかさがあった。」
大江健三郎
男47歳
3 「経験(引用者中略)を、これから小説につくる、その手前にある。」
吉行淳之介
男58歳
4 「着実な筆致で特殊な状況を描いて無難だが、題材をもっと日常的なものにしたとき同じ筆力が発揮できるかどうかの不安が残る。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和57年/1982年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第88回候補  一覧へ

かつかざん
活火山」(『文學界』昭和57年/1982年10月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第36巻 第10号  別表記10月号
印刷/発行年月日 発行 昭和57年/1982年10月1日
発行者等 編集兼発行人 阿部達児 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 116~140
(計25頁)
測定枚数 71
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成8年/1996年5月・文藝春秋刊『エチオピアからの手紙』所収
>>平成12年/2000年3月・文藝春秋/文春文庫『エチオピアからの手紙』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 南木佳士 男31歳
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男71歳
0  
吉行淳之介
男58歳
0  
安岡章太郎
男62歳
0  
丸谷才一
男57歳
0  
大江健三郎
男47歳
0  
丹羽文雄
男78歳
0  
井上靖
男75歳
4 「一応の候補と考えていたが、強引に推すだけの強さはなかった。いいところもあるが、欠点もあった。」
遠藤周作
男59歳
0  
開高健
男52歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和58年/1983年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第92回候補  一覧へ

いえ
木の 家」(『文學界』昭和59年/1984年8月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第38巻 第8号  別表記8月号
印刷/発行年月日 発行 昭和59年/1984年8月1日
発行者等 編集兼発行人 阿部達児 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 94~130
(計37頁)
測定枚数 104
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成8年/1996年5月・文藝春秋刊『エチオピアからの手紙』所収
>>平成12年/2000年3月・文藝春秋/文春文庫『エチオピアからの手紙』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 南木佳士 男33歳
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男80歳
0  
安岡章太郎
男64歳
0  
遠藤周作
男61歳
0  
三浦哲郎
男53歳
11 「無理のない落ち着いた作風に好感を持った。導入部がすこし軽いかと思われたが、読み進めているうちに腰が沈み、足がしっくりと地についてきて、あぶなげがない。」「けれども、他の委員から、人の死をこう軽く扱われるのは困るという意見が出て、考えさせられた。」
吉行淳之介
男60歳
0  
開高健
男54歳
0  
丸谷才一
男59歳
0  
中村光夫
男73歳
4 「時代の産物として興味をひかれました」
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和60年/1985年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第94回候補  一覧へ

てがみ
「エチオピアからの 手紙」(『文學界』昭和60年/1985年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第39巻 第12号  別表記12月号
印刷/発行年月日 発行 昭和60年/1985年12月1日
発行者等 編集兼発行人 湯川 豊 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 392 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 142~178
(計37頁)
測定枚数 111
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成8年/1996年5月・文藝春秋刊『エチオピアからの手紙』所収
>>平成12年/2000年3月・文藝春秋/文春文庫『エチオピアからの手紙』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 南木佳士 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
吉行淳之介
男61歳
10 「大きく脱皮しているので驚いた。」「主人公の爽やかな人柄はそのまま作者のものであろうが、それが作品全体に行きわたった。ただ、肝心の「エチオピアからの手紙」が、うるさい。この手紙を抜きにして、作品を成立させたほうがよかった。」
水上勉
男66歳
8 「好感をもった」「癌で死ぬ人を毎日のように見送らねばならぬ医師の日々もよくわかって心を打たれたが、授賞作となると、もう一つというものを感じた。」
田久保英夫
男57歳
8 「終始その作品に漂う静かさに惹かれた。これは今回のほかの作にないものだ。」「しかし要所要所、もっと絵具をつよく使ってほしい。」
安岡章太郎
男65歳
0  
古井由吉
男48歳
0  
中村光夫
男74歳
0  
遠藤周作
男62歳
9 「好感をもった」「これまでの南木さんの作品では一番いいものではないか。抑えられていて主人公の心情も私にはよく伝わり、ひょっとしてと思ったほどである。」「私の気持としてはこれら四作(引用者注:「過越しの祭」「ベッドタイムアイズ」「エチオピアからの手紙」「果つる日」)はほんの僅かの差しかない。」
三浦哲郎
男54歳
2 「今回は、予想通り米谷、石和、山田、南木の四氏に絞られた」
開高健
男55歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十四巻』平成1年/1989年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和61年/1986年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第100受賞  一覧へ
「ダイヤモンドダスト」(『文學界』昭和63年/1988年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第42巻 第9号  別表記9月号
印刷/発行年月日 発行 昭和63年/1988年9月1日
発行者等 編集人 雨宮秀樹 発行人 鈴木二 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 360 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 108~140
(計33頁)
測定枚数 98
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成1年/1989年2月・文藝春秋刊『ダイヤモンドダスト』所収
>>『文藝春秋』平成1年/1989年3月号
>>平成1年/1989年5月・文藝春秋刊『芥川賞全集 第14巻』所収
>>平成4年/1992年2月・文藝春秋/文春文庫『ダイヤモンドダスト』所収
>>平成13年/2001年1月・群馬県立土屋文明記念文学館刊『群馬文学全集 第19巻 現代作家集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 南木佳士 男37歳
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男69歳
15 「ぼくは「ダイヤモンドダスト」「月潟鎌を買いにいく旅」「由煕」の順に考えていた。」「看護士を主人公に、登場する人物がぜんぶ生きている。」「最後の水車づくりにまとめられてゆく、人の世の生のはなやぎというか、はかなさというか、病床描写は簡にして生彩を放っていた。」
黒井千次
男56歳
7 「完成度は他をぬきんでていた。医師の書く小説が、時として人間を患者ふうに扱う弊がありがちなのに対し、主人公を看護士に設定したのが成功のもとではなかったか。」
開高健
男58歳
15 「これまでのにくらべると一歩抜け出て新しい視野に立ったという印象である。欠陥はあるけれど全体によくバランスがとれたことがあるので気にならない。」「これまでこの人によく見られた偏執やのめりこみが昇華されて、地味だけれど好感の抱けるものがしみこみ、うまく漂い、苦労は無駄ではなかったと、よくわかった。」
大庭みな子
女58歳
7 「ほとんど難点のないよい出来の作品である。古風とも言える方法でかなり大胆な夢想をさりげなく語っているところが光っている。」
吉行淳之介
男64歳
17 「私は(引用者中略)第一位(引用者中略)に置いていた」「最初から好感がもてる作風だったが、切れ味が悪かったり切りそこなったりしていた。切れ過ぎるナイフも困るが、前回の「エチオピアからの手紙」から、にわかに良くなった。」「後半、アメリカ人の宣教師が出てきて、これがとてもいい。」「地味だが文学の本筋をゆく作品」
日野啓三
男59歳
13 「(引用者注:「由煕」と共に)推した。この二作には外界の風の感触がある。」「“母なるもの”が急速に希薄化してゆく日本の現実に立ち向かっている。」「ただ文章そのものの魅力に幾分欠ける。」
河野多恵子
女62歳
13 「完成度ということでは一番よく書けている。」「印象的な部分も幾つかあった。が、冴えているとは言い難い。評価された死や土地や農村の問題にしても、出てくる事柄や見方が決して私の承知していることばかりではないにも拘らず、次々にみな何となく、既に知っている気持にさせられてしまうのである。」
三浦哲郎
男57歳
14 「南木佳士氏と清水邦夫氏を推すつもりで選考会に出席した。」「変貌する別荘地の病院を中心にそこの自然と住人たちの生活を、リズミカルでしっとりと落ち着いた文章で厚み豊かに描き出すことに成功している。」「百回記念の芥川賞にふさわしい出色の作品だと思う。」
田久保英夫
男60歳
12 「私は何より癌を病む米国人宣教師マイクと、主人公の父親松吉との交流に惹かれた。」「カリフォルニアの留学から戻った農家の娘や、看護士をつとめる主人公の妻の死の経緯など、いくつか描き方に隙間があるが、私はこの作者の生と死を貫く垂直な視線に、一票を入れた。」
古井由吉
男51歳
13 「佳い作品である。この作家の美質の、寒冷に冴えた感性が作中にゆるやかに行き渡り、神経の軋みがようやくおさまったという境地か。」「最後の、ある朝、水車が停まりまた人が死んだ、という感動の仕舞いは、どんなものか。この二つの死の、時差のほうに、せっかく表現に苦しむ者なら、力をかけるべきなのだ。」
選評出典:『芥川賞全集 第十四巻』平成1年/1989年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成1年/1989年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ