芥川賞のすべて・のようなもの
第100回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

司修
Tsukasa Osamu
生没年月日【注】 昭和10年/1935年6月25日~
経歴 群馬県前橋市出身。中学校卒。画家、エッセイストとして活躍。
受賞歴・候補歴
  • 第27回小学館児童出版文化賞(昭和53年/1978年)『はなのゆびわ』
  • |候補| 第100回芥川賞(昭和63年/1988年下期)「バー螺旋のホステス笑子の周辺」
  • 第36回産経児童出版文化賞[美術賞](平成1年/1989年)『河原にできた中世の町』《絵》(網野善彦・文)
  • 第20回川端康成文学賞(平成5年/1993年)「犬(影について、その一)」
  • 第50回産経児童出版文化賞[ニッポン放送賞](平成15年/2003年)『ぼくの良寛さん 鶴見正夫少年詩集』《絵》(鶴見正夫・著)
  • 第48回毎日芸術賞(平成18年/2006年度)『ブロンズの地中海』
  • 第55回産経児童出版文化賞[美術賞](平成20年/2008年)『山をはこんだ九ひきの竜』《絵》(松谷みよ子・文)
  • 第38回大佛次郎賞(平成23年/2011年)『本の魔法』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第100回候補  一覧へ

らせん えみこ しゅうへん
「バー 螺旋のホステス 笑子の 周辺」(『海燕』昭和63年/1988年7月号)
媒体・作品情報
誌名 「海燕」  別表記表紙 「文芸雑誌 the kaien」併記
巻号 第7巻 第7号  別表記7月号
印刷/発行年月日 発行 昭和63年/1988年7月1日
発行者等 編集者 田村幸久 発行者 寺田 博 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社福武書店(東京都)
総ページ数 324 表記上の枚数 目次 138枚 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×24行
×2段
本文ページ 16~61
(計46頁)
測定枚数 142
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 司修 男53歳
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男69歳
0  
黒井千次
男56歳
2 「フォーヴを思わせる濁り絵のエネルギー(引用者中略)が印象に残った。」
開高健
男58歳
0  
大庭みな子
女58歳
6 「最早新人とは言い難い魅力のある作品である。」「デモーニッシュな迫力で、(引用者中略)既成の作家と競い合える力量を持っている。」
吉行淳之介
男64歳
0  
日野啓三
男59歳
2 「自我の解体状況(引用者中略)に、注目した。」
河野多恵子
女62歳
0  
三浦哲郎
男57歳
0  
田久保英夫
男60歳
0  
古井由吉
男51歳
7 「手のこんだ達者の作品と誤解されたようだ。じつは羞恥と憤怒、そのあまりにシャイ、そのまたあまりに腰の重くならざるを得ないこころが、「花屋さん」という呼びかけを合図に、人を救うという喜劇の舞いを、重い腰のまま舞い出したのだ。」「私はこれを推した。」
選評出典:『芥川賞全集 第十四巻』平成1年/1989年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成1年/1989年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ