芥川賞のすべて・のようなもの
第62回
芥川賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

62   一覧へ 61前の回へ 後の回へ63
昭和44年/1969年下半期
(昭和45年/1970年1月19日決定発表/『文藝春秋』昭和45年/1970年3月号選評掲載)
選考委員  三島由紀夫
男45歳
石川達三
男64歳
舟橋聖一
男65歳
丹羽文雄
男65歳
井上靖
男62歳
瀧井孝作
男75歳
大岡昇平
男60歳
石川淳
男70歳
永井龍男
男65歳
中村光夫
男58歳
川端康成
男70歳
選評総行数  32 26 56 22 16 32 32 25 25 30 31
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
清岡卓行 「アカシヤの大連」
140
男47歳
12 7 15 5 8 6 14 25 4 17 12
畑山博 「四階のアメリカ」
92
男34歳
0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 5
森内俊雄 「幼き者は驢馬に乗って」
96
男33歳
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
森万紀子 「密約」
91
女35歳
11 8 18 8 0 14 6 0 3 2 6
内海隆一郎 「蟹の町」
178
男32歳
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
岡本達也 「幕間」
61
男30歳
0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 5
坂上弘 「コスモスの咲く町」
87
男33歳
0 0 3 0 0 6 0 0 3 0 5
黒井千次 「星のない部屋」
72
男37歳
16 7 9 10 4 0 0 0 5 2 6
李恢成 「われら青春の途上にて」
154
男34歳
0 3 0 0 0 5 7 0 3 0 0
古井由吉 「円陣を組む女たち」
73
男32歳
0 6 0 6 4 0 5 0 7 9 5
              欠席      
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和45年/1970年3月号)
1行当たりの文字数:26字


選考委員
三島由紀夫男45歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
澄んだ美しさ 総行数32 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
12 「愛すべき作品であり、詩と思索と旅情と風景の織りまぜられたジャン・パウル風の散文である。」「大連は心象風景であるから、外地であると同時に内地であり、「にせアカシヤ」の「にせ」に関する考察などに、この作家の心情が窺われる。当選作としてふしぎはない。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
11 「私は(引用者中略)「密約」と「星のない部屋」を推していた。」「「密約」の小説的興趣には今度の候補作のどれも及ばないと思われた。」「が、いかにも惜しいのは、「夫の周囲に何もない人間本来の場所が」云々の観念的結末」「小説として作法を守り、起承転結がしっかりしているものほど、結末の念押しで失敗する、というのは、短篇小説のむつかしさを今更ながら思わせる。」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
0  
黒井千次
男37歳
16 「私は(引用者中略)「密約」と「星のない部屋」を推していた。」「倦怠と無気力の描写、その無気力の只中に、無気力自体が呼び出さずには措かぬ不安や恐怖が、唯一の生の象徴になる、というテーマは、テーマ自体は平凡でも、きわめて的確な明晰な扱いによって巧みに展開される。」
李恢成
男34歳
0  
古井由吉
男32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
石川達三
舟橋聖一
丹羽文雄
井上靖
瀧井孝作
大岡昇平
石川淳
永井龍男
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
石川達三男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
みんな巧いのだが… 総行数26 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
7 「私は躊躇した。ほとんど全篇が個人的な思考を追う(哲学的随想)のようなかたちで、どこまで行っても平板な叙述であって、立体化されて来ない。最後の短い一節だけでようやく小説になっている。」
畑山博
男34歳
4 「外国人の体臭を感じさせるものがあり、相当の作品であるが、(引用者中略)一種の気取りがあって、それが鼻につく感じだった。」
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
8 「面白い題材をよく書いているが、作中の一番大きな転機である殺虫剤についての説明が不足しているので、それが一つ納得できない気がした。」「実力ある作家として、委員のおおかたが認めていたようであった。」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
0  
黒井千次
男37歳
7 「前々から力量ある人と思っていたが、以前候補にのぼった作品の方がよかったのではないかという発言が多かった。」「実力ある作家として、委員のおおかたが認めていたようであった。」
李恢成
男34歳
3 「外国人の体臭を感じさせるものがあり、相当の作品である」
古井由吉
男32歳
6 「密度の高い作品であるが、各節が各々孤立しているようで、少しくばらばらな印象を受けた。」「実力ある作家として、委員のおおかたが認めていたようであった。」
  「技術的にはみなかなり高い水準に達していると思う。これから先は小説というものの考え方について各人の態度をきめて行くことではないだろうか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
舟橋聖一
丹羽文雄
井上靖
瀧井孝作
大岡昇平
石川淳
永井龍男
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
舟橋聖一男65歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
減点 総行数56 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
15 「私は買えない。私の知っている昔の大連の街のメカニズムは、もっと複雑で錯綜し租借地らしい文化と非文化の色彩が混淆していた。」「小説として物足りないばかりでなく、随筆としても、紀行文としても、思い出ともしても、もっと鮮やかな陰陽がほしい。」「然るに作者は、これを「哲学的旅行」などと洒落ているが、どうもいただけない。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
18 「私は森の実力を評価するものだが、「密約」より「単独者」のほうが秀れている。」「芥川賞にはよくそういうことがある。前の秀れた作品が落ち、あとのそれほどでもない作品が授賞される。」「しかし私は、森が「単独者」以上の秀作を書くまで待つほうがいいと思った。」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
3 「私の親しい知人であるので、投票をさし控えた。二、三の委員が支持したのは、彼の将来のためにたのもしい。」
坂上弘
男33歳
3 「ちょっと興味を惹き、選考中、授賞圏内に入ったこともあったが、伸び悩んだ。」
黒井千次
男37歳
9 「(引用者注:この作者の作では)「穴と空」(第六十回候補)が一番いい。だんだんピッチが下っている。」「露骨に云うと「星のない部屋」は種切れの作を読むような退屈さがあった。しかし、腕のある人だから、疲労が治れば、乾いたインキ壺に、またインキがたまってくるだろう。」
李恢成
男34歳
0  
古井由吉
男32歳
0  
  「厳密に云うと私は今回「該当作ナシ」を採りたかった。」「おしなべて最近の傾向は、作家生活以外の別種・別業の職業生活に取材するものが多い。たとえばテレビ・ライターをしながら小説を書いている人が、その会社の派閥と暗闘を追跡しても、それだけで文学に社会性が出るとは云えない。かえって退屈になる原因だ。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
丹羽文雄
井上靖
瀧井孝作
大岡昇平
石川淳
永井龍男
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
丹羽文雄男65歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
感想 総行数22 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
5 「新風がない。小説的な野心もない思い出を語りつづけている。」「色気も野心もない態度が、かえって大方の審査員の気に入ったようである。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
8 「すこし甘くして(引用者中略・注:新風を感じた作品群のなかに)「密約」を加えてもよい。」「よく観察しよく描いてはいるが、女主人公の思考が水の中の油のように観念的であるのに最後までひっかかった。深刻がるから不消化になる。小説はただの一行で駄目になることもある。」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
0  
黒井千次
男37歳
10 「(引用者注:新風を)感じた。」「これまでの作品よりはるかによい出来であった。読んだ直後よりも時間が経つにつれて、考えぬかれた構成の妙が感じられた。」「私は新しい小説のモデルを見せつけられたように思った。」
李恢成
男34歳
0  
古井由吉
男32歳
6 「(引用者注:新風を)感じた。」「が、「円陣を組む女たち」はいまひとつ構成力に欠けていた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
舟橋聖一
井上靖
瀧井孝作
大岡昇平
石川淳
永井龍男
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
井上靖男62歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
佳作三篇 総行数16 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
8 「抜群だと思った。文章も正確で危っけがなく、感覚も健康でみずみずしい。詩人としての資質を十二分に生かした作品である。」「青春の感傷と憂悶がこれほど美しく描き出された作品は、そうたくさんはない。まさに芥川賞に新風が吹き通った感じである。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
0  
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
0  
黒井千次
男37歳
4 「はっきりと文学的主題と方法を持った唯一の作品であった。」「同じ厚さで塗りこめて行く書き方が息苦しく、内部からふくらんで来るものがないのが惜しまれた。」
李恢成
男34歳
0  
古井由吉
男32歳
4 「もう一度手を入れたら、しゃれた芸術作品になるだろうと思われた。前半の描写がイメージを形成しないので損をしているが、なかなかの才能である。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
舟橋聖一
丹羽文雄
瀧井孝作
大岡昇平
石川淳
永井龍男
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
瀧井孝作男75歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
森万紀子に注目 総行数32 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
6 「大方甘い詠嘆と感傷だけで、事物は何も描いてなかった。遠方の風景を望遠鏡でのぞくようなもどかしさがあった。また私は、この作者の発想、飜訳調の文章にも反発した。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
14 「私は面白いユーモア小説と見た。このひとの筆には、事物にカミつく牙があった。書出しの宿屋の小女とブリーダーの細君との対立の場面もうまいと思った。」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
6 「若夫婦の心持は十分描ききってはないが、これだけでも何かウソでないものがあった。」
黒井千次
男37歳
0  
李恢成
男34歳
5 「若々しい筆で佳かったが、後半には筆が乱れて、ヘタな小説になったのは惜しかった。」
古井由吉
男32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
舟橋聖一
丹羽文雄
井上靖
大岡昇平
石川淳
永井龍男
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
大岡昇平男60歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
詩人の視角 総行数32 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
14 「その清新な感受性と、作品の詩的な、もしくは音楽的な構成によって、現代の小説に新風をもたらしたといえる」「この構成力は詩人のそれであり、小説の世界を拡大し、多極化したといえる。詩人の視覚は現実に垂直に対するはずだが、戦中戦後の大連という世界が、十分の拡がりと厚みをもって浮き彫りされているのに感歎したのである。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
6 「五年前の「単独者」以来、垂直に現実の深みに達する視覚に、独自性がある。」「「密約」に限っていえば、カナリア飼育という特殊な商業的状況の水平的な把握と、男女関係の垂直な把握の交錯する場所に混乱が起り、それが結末の部分の欠陥となって現われたと思われる。」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
0  
黒井千次
男37歳
0  
李恢成
男34歳
7 「全体的に未熟であるが、一種のみずみずしさが、その観察にも文章にも感じられ、新人賞にふさわしいと思った。日常的な生活上の些細事が、人物が朝鮮人国籍を持つという事実によって、にわかに緊張を持つのに驚歎した。」
古井由吉
男32歳
5 「特異な題材によるメルヘン的な作品である。」「ただ少し題材負けの気味があるように思われた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
舟橋聖一
丹羽文雄
井上靖
瀧井孝作
石川淳
永井龍男
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
石川淳男70歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
作用して来るもの 総行数25 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
25 「推す。」「手筋がよいという理由のみをもって、わたしはこの作品を推したのではない。」「今日の文学の場に、この作品がさりげなくそこにあるということに問題がある。詩と散文との関係。こういうことである。かくのごとき問題について考えることを迫って来るようなものを、わたしはよい作品とする。」「「アカシヤの大連」は読みながらにいろいろなことをおもわせるものである。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
0  
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
0  
黒井千次
男37歳
0  
李恢成
男34歳
0  
古井由吉
男32歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
舟橋聖一
丹羽文雄
井上靖
瀧井孝作
大岡昇平
永井龍男
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
永井龍男男65歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
読後のさわやかさ 総行数25 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
4 「読後は、さわやかだった。」「いわゆる随想かも知れず紀行の一形式かも知れず、小説と云い切れぬのが弱味かと思った。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
3 「題名の意味をくみとりかねた。作者の意図と相当深い関連がありそうに考えられて、そこに一番こだわった。」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
3 「静かな筆致は、地方のある特殊な小都市と、社宅生活者を浮き出していた。それがなければ、この作品はうわついたものになっていたろう。」
黒井千次
男37歳
5 「いったん才能を認められると、さらに次作を期待する声のたかまるのは、賞の上では不運につながるのかも知れない。」「最後まで読者をひいてゆく力を持っていた。」
李恢成
男34歳
3 「人種意識を圧しつけぬ沈潜した表現が効果をあげ、人物も描き分けられていた。長篇小説の一部と云うべきであろう。」
古井由吉
男32歳
7 「今度の候補作中もっとも興味をそそられた。」「書き出しの円陣の晦渋な描写(あるいは力み)と、結末に近い中年者の独白のあいまいさが、著しく損をしているように、私には思われた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
舟橋聖一
丹羽文雄
井上靖
瀧井孝作
大岡昇平
石川淳
中村光夫
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
中村光夫男58歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
自信と努力 総行数30 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
17 「当選したのは、まず順当であったと思います。」「決して完全な作品ではなく、むしろ欠陥の多いものです。」「しかし、ともかく、作者が自分の書きたいものをはっきり把んで、全身でこれを表現することに努めているので、この自信と努力がある快感になって読者に伝わります。」
畑山博
男34歳
0  
森内俊雄
男33歳
0  
森万紀子
女35歳
2 「最後まで残った作品」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
0  
坂上弘
男33歳
0  
黒井千次
男37歳
2 「最後まで残った作品」
李恢成
男34歳
0  
古井由吉
男32歳
9 「最後まで残った作品のなかでは、(引用者中略)いいと思いました。」「いい気になって書いているわりに、筆づかいが清潔で、女性にたいする作者の嫌悪乃至は恐怖を、一個の作品化することになかば成功しています。」
  「今回は同じような出来の作品がいくつもあり、いわば小粒の粒ぞろいでしたが、これというものは見当りませんでした。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
舟橋聖一
丹羽文雄
井上靖
瀧井孝作
大岡昇平
石川淳
永井龍男
川端康成
  ページの先頭へ

選考委員
川端康成男70歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
快作なし 総行数31 (1行=26字)
候補 評価 行数 評言
清岡卓行
男47歳
12 「私は消極的であった。この作品に好意は持てても、尋常であり過ぎると感じられた。」「読者に移す印象がもの足りなく、大連の景にしても、作中の人にしても、読者の目に見えて来るところが少くはないだろうか。詩人の書いた散文としては感覚が平淡ではないだろうか。」
畑山博
男34歳
5 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
森内俊雄
男33歳
7 「最も親敬を感じた」「これは私のたいへん個人的な好みで、つまり、私の書きそうな手法で、私はこれに及ばぬと思ったからである。」「若さのやわらかさでもあろう。ところが、この作は前半にくらべて後半が落ちる。」
森万紀子
女35歳
6 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
内海隆一郎
男32歳
0  
岡本達也
男30歳
5 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
坂上弘
男33歳
5 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
黒井千次
男37歳
6 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
李恢成
男34歳
0  
古井由吉
男32歳
5 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
  「言わば、よく開花した快作がないようのが、私の投票をためらわせた。したがって、当選作がなくてもやむを得ないと思った。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
三島由紀夫
石川達三
舟橋聖一
丹羽文雄
井上靖
瀧井孝作
大岡昇平
石川淳
永井龍男
中村光夫
  ページの先頭へ


受賞者・作品
清岡卓行男47歳×各選考委員 
「アカシヤの大連」
短篇 140
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
12 「愛すべき作品であり、詩と思索と旅情と風景の織りまぜられたジャン・パウル風の散文である。」「大連は心象風景であるから、外地であると同時に内地であり、「にせアカシヤ」の「にせ」に関する考察などに、この作家の心情が窺われる。当選作としてふしぎはない。」
石川達三
男64歳
7 「私は躊躇した。ほとんど全篇が個人的な思考を追う(哲学的随想)のようなかたちで、どこまで行っても平板な叙述であって、立体化されて来ない。最後の短い一節だけでようやく小説になっている。」
舟橋聖一
男65歳
15 「私は買えない。私の知っている昔の大連の街のメカニズムは、もっと複雑で錯綜し租借地らしい文化と非文化の色彩が混淆していた。」「小説として物足りないばかりでなく、随筆としても、紀行文としても、思い出ともしても、もっと鮮やかな陰陽がほしい。」「然るに作者は、これを「哲学的旅行」などと洒落ているが、どうもいただけない。」
丹羽文雄
男65歳
5 「新風がない。小説的な野心もない思い出を語りつづけている。」「色気も野心もない態度が、かえって大方の審査員の気に入ったようである。」
井上靖
男62歳
8 「抜群だと思った。文章も正確で危っけがなく、感覚も健康でみずみずしい。詩人としての資質を十二分に生かした作品である。」「青春の感傷と憂悶がこれほど美しく描き出された作品は、そうたくさんはない。まさに芥川賞に新風が吹き通った感じである。」
瀧井孝作
男75歳
6 「大方甘い詠嘆と感傷だけで、事物は何も描いてなかった。遠方の風景を望遠鏡でのぞくようなもどかしさがあった。また私は、この作者の発想、飜訳調の文章にも反発した。」
大岡昇平
男60歳
14 「その清新な感受性と、作品の詩的な、もしくは音楽的な構成によって、現代の小説に新風をもたらしたといえる」「この構成力は詩人のそれであり、小説の世界を拡大し、多極化したといえる。詩人の視覚は現実に垂直に対するはずだが、戦中戦後の大連という世界が、十分の拡がりと厚みをもって浮き彫りされているのに感歎したのである。」
石川淳
男70歳
25 「推す。」「手筋がよいという理由のみをもって、わたしはこの作品を推したのではない。」「今日の文学の場に、この作品がさりげなくそこにあるということに問題がある。詩と散文との関係。こういうことである。かくのごとき問題について考えることを迫って来るようなものを、わたしはよい作品とする。」「「アカシヤの大連」は読みながらにいろいろなことをおもわせるものである。」
永井龍男
男65歳
4 「読後は、さわやかだった。」「いわゆる随想かも知れず紀行の一形式かも知れず、小説と云い切れぬのが弱味かと思った。」
中村光夫
男58歳
17 「当選したのは、まず順当であったと思います。」「決して完全な作品ではなく、むしろ欠陥の多いものです。」「しかし、ともかく、作者が自分の書きたいものをはっきり把んで、全身でこれを表現することに努めているので、この自信と努力がある快感になって読者に伝わります。」
川端康成
男70歳
12 「私は消極的であった。この作品に好意は持てても、尋常であり過ぎると感じられた。」「読者に移す印象がもの足りなく、大連の景にしても、作中の人にしても、読者の目に見えて来るところが少くはないだろうか。詩人の書いた散文としては感覚が平淡ではないだろうか。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
畑山博
「四階のアメリカ」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
森万紀子
「密約」
内海隆一郎
「蟹の町」
岡本達也
「幕間」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
黒井千次
「星のない部屋」
李恢成
「われら青春の途上にて」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
畑山博男34歳×各選考委員 
「四階のアメリカ」
短篇 92
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
0  
石川達三
男64歳
4 「外国人の体臭を感じさせるものがあり、相当の作品であるが、(引用者中略)一種の気取りがあって、それが鼻につく感じだった。」
舟橋聖一
男65歳
0  
丹羽文雄
男65歳
0  
井上靖
男62歳
0  
瀧井孝作
男75歳
0  
大岡昇平
男60歳
0  
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
0  
中村光夫
男58歳
0  
川端康成
男70歳
5 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
森万紀子
「密約」
内海隆一郎
「蟹の町」
岡本達也
「幕間」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
黒井千次
「星のない部屋」
李恢成
「われら青春の途上にて」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
森内俊雄男33歳×各選考委員 
「幼き者は驢馬に乗って」
短篇 96
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
0  
石川達三
男64歳
0  
舟橋聖一
男65歳
0  
丹羽文雄
男65歳
0  
井上靖
男62歳
0  
瀧井孝作
男75歳
0  
大岡昇平
男60歳
0  
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
0  
中村光夫
男58歳
0  
川端康成
男70歳
7 「最も親敬を感じた」「これは私のたいへん個人的な好みで、つまり、私の書きそうな手法で、私はこれに及ばぬと思ったからである。」「若さのやわらかさでもあろう。ところが、この作は前半にくらべて後半が落ちる。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
畑山博
「四階のアメリカ」
森万紀子
「密約」
内海隆一郎
「蟹の町」
岡本達也
「幕間」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
黒井千次
「星のない部屋」
李恢成
「われら青春の途上にて」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
森万紀子女35歳×各選考委員 
「密約」
短篇 91
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
11 「私は(引用者中略)「密約」と「星のない部屋」を推していた。」「「密約」の小説的興趣には今度の候補作のどれも及ばないと思われた。」「が、いかにも惜しいのは、「夫の周囲に何もない人間本来の場所が」云々の観念的結末」「小説として作法を守り、起承転結がしっかりしているものほど、結末の念押しで失敗する、というのは、短篇小説のむつかしさを今更ながら思わせる。」
石川達三
男64歳
8 「面白い題材をよく書いているが、作中の一番大きな転機である殺虫剤についての説明が不足しているので、それが一つ納得できない気がした。」「実力ある作家として、委員のおおかたが認めていたようであった。」
舟橋聖一
男65歳
18 「私は森の実力を評価するものだが、「密約」より「単独者」のほうが秀れている。」「芥川賞にはよくそういうことがある。前の秀れた作品が落ち、あとのそれほどでもない作品が授賞される。」「しかし私は、森が「単独者」以上の秀作を書くまで待つほうがいいと思った。」
丹羽文雄
男65歳
8 「すこし甘くして(引用者中略・注:新風を感じた作品群のなかに)「密約」を加えてもよい。」「よく観察しよく描いてはいるが、女主人公の思考が水の中の油のように観念的であるのに最後までひっかかった。深刻がるから不消化になる。小説はただの一行で駄目になることもある。」
井上靖
男62歳
0  
瀧井孝作
男75歳
14 「私は面白いユーモア小説と見た。このひとの筆には、事物にカミつく牙があった。書出しの宿屋の小女とブリーダーの細君との対立の場面もうまいと思った。」
大岡昇平
男60歳
6 「五年前の「単独者」以来、垂直に現実の深みに達する視覚に、独自性がある。」「「密約」に限っていえば、カナリア飼育という特殊な商業的状況の水平的な把握と、男女関係の垂直な把握の交錯する場所に混乱が起り、それが結末の部分の欠陥となって現われたと思われる。」
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
3 「題名の意味をくみとりかねた。作者の意図と相当深い関連がありそうに考えられて、そこに一番こだわった。」
中村光夫
男58歳
2 「最後まで残った作品」
川端康成
男70歳
6 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
畑山博
「四階のアメリカ」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
内海隆一郎
「蟹の町」
岡本達也
「幕間」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
黒井千次
「星のない部屋」
李恢成
「われら青春の途上にて」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
内海隆一郎男32歳×各選考委員 
「蟹の町」
中篇 178
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
0  
石川達三
男64歳
0  
舟橋聖一
男65歳
0  
丹羽文雄
男65歳
0  
井上靖
男62歳
0  
瀧井孝作
男75歳
0  
大岡昇平
男60歳
0  
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
0  
中村光夫
男58歳
0  
川端康成
男70歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
畑山博
「四階のアメリカ」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
森万紀子
「密約」
岡本達也
「幕間」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
黒井千次
「星のない部屋」
李恢成
「われら青春の途上にて」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
岡本達也男30歳×各選考委員 
「幕間」
短篇 61
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
0  
石川達三
男64歳
0  
舟橋聖一
男65歳
3 「私の親しい知人であるので、投票をさし控えた。二、三の委員が支持したのは、彼の将来のためにたのもしい。」
丹羽文雄
男65歳
0  
井上靖
男62歳
0  
瀧井孝作
男75歳
0  
大岡昇平
男60歳
0  
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
0  
中村光夫
男58歳
0  
川端康成
男70歳
5 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
畑山博
「四階のアメリカ」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
森万紀子
「密約」
内海隆一郎
「蟹の町」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
黒井千次
「星のない部屋」
李恢成
「われら青春の途上にて」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
坂上弘男33歳×各選考委員 
「コスモスの咲く町」
短篇 87
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
0  
石川達三
男64歳
0  
舟橋聖一
男65歳
3 「ちょっと興味を惹き、選考中、授賞圏内に入ったこともあったが、伸び悩んだ。」
丹羽文雄
男65歳
0  
井上靖
男62歳
0  
瀧井孝作
男75歳
6 「若夫婦の心持は十分描ききってはないが、これだけでも何かウソでないものがあった。」
大岡昇平
男60歳
0  
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
3 「静かな筆致は、地方のある特殊な小都市と、社宅生活者を浮き出していた。それがなければ、この作品はうわついたものになっていたろう。」
中村光夫
男58歳
0  
川端康成
男70歳
5 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
畑山博
「四階のアメリカ」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
森万紀子
「密約」
内海隆一郎
「蟹の町」
岡本達也
「幕間」
黒井千次
「星のない部屋」
李恢成
「われら青春の途上にて」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
黒井千次男37歳×各選考委員 
「星のない部屋」
短篇 72
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
16 「私は(引用者中略)「密約」と「星のない部屋」を推していた。」「倦怠と無気力の描写、その無気力の只中に、無気力自体が呼び出さずには措かぬ不安や恐怖が、唯一の生の象徴になる、というテーマは、テーマ自体は平凡でも、きわめて的確な明晰な扱いによって巧みに展開される。」
石川達三
男64歳
7 「前々から力量ある人と思っていたが、以前候補にのぼった作品の方がよかったのではないかという発言が多かった。」「実力ある作家として、委員のおおかたが認めていたようであった。」
舟橋聖一
男65歳
9 「(引用者注:この作者の作では)「穴と空」(第六十回候補)が一番いい。だんだんピッチが下っている。」「露骨に云うと「星のない部屋」は種切れの作を読むような退屈さがあった。しかし、腕のある人だから、疲労が治れば、乾いたインキ壺に、またインキがたまってくるだろう。」
丹羽文雄
男65歳
10 「(引用者注:新風を)感じた。」「これまでの作品よりはるかによい出来であった。読んだ直後よりも時間が経つにつれて、考えぬかれた構成の妙が感じられた。」「私は新しい小説のモデルを見せつけられたように思った。」
井上靖
男62歳
4 「はっきりと文学的主題と方法を持った唯一の作品であった。」「同じ厚さで塗りこめて行く書き方が息苦しく、内部からふくらんで来るものがないのが惜しまれた。」
瀧井孝作
男75歳
0  
大岡昇平
男60歳
0  
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
5 「いったん才能を認められると、さらに次作を期待する声のたかまるのは、賞の上では不運につながるのかも知れない。」「最後まで読者をひいてゆく力を持っていた。」
中村光夫
男58歳
2 「最後まで残った作品」
川端康成
男70歳
6 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
畑山博
「四階のアメリカ」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
森万紀子
「密約」
内海隆一郎
「蟹の町」
岡本達也
「幕間」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
李恢成
「われら青春の途上にて」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
李恢成男34歳×各選考委員 
「われら青春の途上にて」
中篇 154
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
0  
石川達三
男64歳
3 「外国人の体臭を感じさせるものがあり、相当の作品である」
舟橋聖一
男65歳
0  
丹羽文雄
男65歳
0  
井上靖
男62歳
0  
瀧井孝作
男75歳
5 「若々しい筆で佳かったが、後半には筆が乱れて、ヘタな小説になったのは惜しかった。」
大岡昇平
男60歳
7 「全体的に未熟であるが、一種のみずみずしさが、その観察にも文章にも感じられ、新人賞にふさわしいと思った。日常的な生活上の些細事が、人物が朝鮮人国籍を持つという事実によって、にわかに緊張を持つのに驚歎した。」
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
3 「人種意識を圧しつけぬ沈潜した表現が効果をあげ、人物も描き分けられていた。長篇小説の一部と云うべきであろう。」
中村光夫
男58歳
0  
川端康成
男70歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
畑山博
「四階のアメリカ」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
森万紀子
「密約」
内海隆一郎
「蟹の町」
岡本達也
「幕間」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
黒井千次
「星のない部屋」
古井由吉
「円陣を組む女たち」
  ページの先頭へ

候補者・作品
古井由吉男32歳×各選考委員 
「円陣を組む女たち」
短篇 73
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男45歳
0  
石川達三
男64歳
6 「密度の高い作品であるが、各節が各々孤立しているようで、少しくばらばらな印象を受けた。」「実力ある作家として、委員のおおかたが認めていたようであった。」
舟橋聖一
男65歳
0  
丹羽文雄
男65歳
6 「(引用者注:新風を)感じた。」「が、「円陣を組む女たち」はいまひとつ構成力に欠けていた。」
井上靖
男62歳
4 「もう一度手を入れたら、しゃれた芸術作品になるだろうと思われた。前半の描写がイメージを形成しないので損をしているが、なかなかの才能である。」
瀧井孝作
男75歳
0  
大岡昇平
男60歳
5 「特異な題材によるメルヘン的な作品である。」「ただ少し題材負けの気味があるように思われた。」
石川淳
男70歳
0  
永井龍男
男65歳
7 「今度の候補作中もっとも興味をそそられた。」「書き出しの円陣の晦渋な描写(あるいは力み)と、結末に近い中年者の独白のあいまいさが、著しく損をしているように、私には思われた。」
中村光夫
男58歳
9 「最後まで残った作品のなかでは、(引用者中略)いいと思いました。」「いい気になって書いているわりに、筆づかいが清潔で、女性にたいする作者の嫌悪乃至は恐怖を、一個の作品化することになかば成功しています。」
川端康成
男70歳
5 「意図、手法に特色も長所も見えるが、成功作、いやな言い方をすれば、芥川賞の当選作とするには、いずれももう一歩、二歩というところがあったようである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
清岡卓行
「アカシヤの大連」
畑山博
「四階のアメリカ」
森内俊雄
「幼き者は驢馬に乗って」
森万紀子
「密約」
内海隆一郎
「蟹の町」
岡本達也
「幕間」
坂上弘
「コスモスの咲く町」
黒井千次
「星のない部屋」
李恢成
「われら青春の途上にて」
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像マップ