直木賞のすべて
第70回
直木賞-選評の概要 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
小研究
大衆選考会
マップ

ページの最後へ
Last Update[H26]2014/6/20

70   一覧へ 69前の回へ 後の回へ71
昭和48年/1973年下半期
(昭和49年/1974年1月16日決定発表/『オール讀物』昭和49年/1974年4月号選評掲載)
選考委員  水上勉
男54歳
源氏鶏太
男61歳
石坂洋次郎
男73歳
司馬遼太郎
男50歳
村上元三
男63歳
今日出海
男70歳
柴田錬三郎
男56歳
川口松太郎
男74歳
松本清張
男64歳
選評総行数  54 50 58 55 53 54 49 49 55
候補作 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数 評価 行数
戸部新十郎 『安見隠岐の罪状』
447
男47歳
0 7 11 11 7 0 0 16 12
皆川博子 「トマト・ゲーム」
91
女44歳
0 4 5 7 7 0 14 0 3
康伸吉 「闇の重さ」
100
男52歳
0 4 5 5 6 0 11 13 8
滝口康彦 「日向延岡のぼり猿」
84
男49歳
0 3 7 9 7 0 6 0 6
植草圭之助 『冬の花 悠子』
776
男63歳
48 18 7 6 15 42 14 12 25
安達征一郎 「怨の儀式」
90
男47歳
0 5 6 3 0 0 0 0 0
有明夏夫 「サムライの末裔」
134
男37歳
0 4 5 4 0 0 0 0 0
古川薫 「女体蔵志」
61
男48歳
6 5 7 8 11 0 8 0 0
              欠席
書面回答
 
年齢/枚数の説明   見方・注意点

このページの選評出典:『オール讀物』昭和49年/1974年4月号
1行当たりの文字数:14字


選考委員
水上勉男54歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
残念至極である 総行数54 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
0  
皆川博子
女44歳
0  
康伸吉
男52歳
0  
滝口康彦
男49歳
0  
植草圭之助
男63歳
48 「近年にない心を打つ作品と思えた。」「内容のもつ美しいうねりが、最後まで私をひっぱった。土台、いまの世に、こんなに必死で、かなしい恋物語など書く作家はいまい。」「大事な新人の登用は反対者が多くてはばまれた。」「今回は若輩が一人角力をとってみごとに敗けた。」
安達征一郎
男47歳
0  
有明夏夫
男37歳
0  
古川薫
男48歳
6 「独自な云いまわしは貴重である。参考作品の「積雲と昆虫」についていえば、昆虫辞典一冊であれだけの思いをはせられる、ユニークな才質をのばしてほしいと思う。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
源氏鶏太
石坂洋次郎
司馬遼太郎
村上元三
今日出海
柴田錬三郎
川口松太郎
松本清張
  ページの先頭へ

選考委員
源氏鶏太男61歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「冬の花」を推す 総行数50 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
7 「私は、高い点をつけた。が、他の人物が比較的よく描けているのに、肝腎の主人公は、頭の中ででっち上げた人物になっていて、終始、それに振りまわされている感じである。」
皆川博子
女44歳
4 「実に達者である。今からこんなに達者過ぎてどうであろうかと思わせられた。」
康伸吉
男52歳
4 「初めの手紙の部分が冗長に過ぎる。そのことが最後までひびいている。」
滝口康彦
男49歳
3 「材料の目のつけどころに狂いがあったようだ。」
植草圭之助
男63歳
18 「その後、選考委員会のあった夜のことを思い出して、どうしてもっと「冬の花」について強くいわなかったのだと残念に思っている。」「植草氏にとっての不幸は、第一作であること、一生に一度の大経験を書いたのだから、ということであったろう。私は、清冽な恋愛小説として読み、今もその印象が深く残っている。」
安達征一郎
男47歳
5 「凄い小説だと思った。特にラストが凄い。あるいは芥川賞向きであったのだろうか。」
有明夏夫
男37歳
4 「どこか混然としていて、それでちゃんと小説に仕上げている。新しい才能であろう。」
古川薫
男48歳
5 「「女体蔵志」は、小説以前の作品で終っているが、参考作品として提出された「積雲と昆虫」には、独特の味と気楽さがあって面白かった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
水上勉
石坂洋次郎
司馬遼太郎
村上元三
今日出海
柴田錬三郎
川口松太郎
松本清張
  ページの先頭へ

選考委員
石坂洋次郎男73歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
佳作なし 総行数58 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
11 「何をどう考えて暮しているのか、いま一つはっきり浮き上ってこない。作者が題材に力まけした感じである。」
皆川博子
女44歳
5 「文章も感覚も新鮮だが、生活そのものには本質的な新しみはない。」
康伸吉
男52歳
5 「私はこの作品が一番好きだった。ただ暗すぎるかも知れない。」
滝口康彦
男49歳
7 「少し暗い。人々の生活に合理性がまったくないのが、昔のことだが気にかかる。」
植草圭之助
男63歳
7 「私はじめ支持者も多かったが、この一作はともかく次作が不安だというので、今回は見送られることになった。」
安達征一郎
男47歳
6 「それなりの面白みが欲しかった。」
有明夏夫
男37歳
5 「話にまとまりがない。」
古川薫
男48歳
7 「考証も文章もしっかりしているが、面白みがたりない。」
  「抜群の佳作はなく、授賞は見送りということになったのは残念だった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
水上勉
源氏鶏太
司馬遼太郎
村上元三
今日出海
柴田錬三郎
川口松太郎
松本清張
  ページの先頭へ

選考委員
司馬遼太郎男50歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
“凄味”の欠如 総行数55 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
11 「一種の奇人物語である。」「豪傑意識による奇行がモザイクされていて絵画的風景になっているのだが、その奇行と、奇人にも当然あるところの人間の内部との関係が、うまく繋っていない感じがした。」
皆川博子
女44歳
7 「候補作のなかで、作者の才能をもっとも感じさせるものだった。ただ素材が、ちょっと人目をひく現代風俗だけに、その報告記のにおいがしてしまうのが、惜しいように思える。」
康伸吉
男52歳
5 「作品の出来が最も堅牢だった。ただ何かが欠けていたのは、誤解されやすい言葉だが“凄味”だろうか。」
滝口康彦
男49歳
9 「いつも主題がおなじだけについ以前の作品と比較する気持が動くが、以前よりはやや見劣りがした。」
植草圭之助
男63歳
6 「読者として最も面白かった。しかし作家としての資質はこの一作だけで理解することは困難である。」
安達征一郎
男47歳
3 「(引用者注:「サムライの末裔」評、ケレン味がめだち、ケレンが凄味になるために必要な裏側の肉が薄いことが)共通している。」
有明夏夫
男37歳
4 「ケレン味がめだち、ケレンが凄味になるために必要な裏側の肉が薄く、」
古川薫
男48歳
8 「古川薫氏の文章は、(引用者中略)旧知に遭うような親しみと信頼感をもったが、この作品は創作がもたねばならない凄味(あいまいな言い方だが)に欠けていた。」
  「これはごく通常の周期なのだろうが、目をみはらされるような作品がない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
水上勉
源氏鶏太
石坂洋次郎
村上元三
今日出海
柴田錬三郎
川口松太郎
松本清張
  ページの先頭へ

選考委員
村上元三男63歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
読者と委員の立場 総行数53 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
7 「書下しの欠点というべきか、起承転結がないし、ひとりで材料を面白がっている傾きがある。能登島へ流れてからの隠岐に、後半の筆を費すべきではなかったろうか。」
皆川博子
女44歳
7 「票が集らなかったのは、選者がこういう若い作品について行けなかった、というのではない。題材がこの種のものでも、腰のすわった作品にしてもらいたかった。」
康伸吉
男52歳
6 「少しずつ謎が解けて行って、最後に肩すかしを食わされた気がした。しかし、この作者の構成の巧みさと筆力は、大いに買いたい。」
滝口康彦
男49歳
7 「どうして悲劇にしなくてはいけないのだろうか。武士の内職についての解釈が、この作者らしくもない不手際だし、今度の作品は不運であった、というよりほかはない。」
植草圭之助
男63歳
15 「読者という立場から言えば、今回の候補作の中では一ばん面白かったが、さて直木賞には、と思うと迷いが出た。さすがに会話はうまいが、文章の練りが足りない。次作を待ってもいい、と考え直した。」
安達征一郎
男47歳
0  
有明夏夫
男37歳
0  
古川薫
男48歳
11 「小説以前の素材だけで、消化されていない。」「一つ文学をやってやろう、と力みかえらずに、柔軟な筆力を生かしてほしい。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
水上勉
源氏鶏太
石坂洋次郎
司馬遼太郎
今日出海
柴田錬三郎
川口松太郎
松本清張
  ページの先頭へ

選考委員
今日出海男70歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「冬の花」に思う 総行数54 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
0  
皆川博子
女44歳
0  
康伸吉
男52歳
0  
滝口康彦
男49歳
0  
植草圭之助
男63歳
42 「題材も変っているし、全篇を貫く作者の純情は特筆すべきものがある。」「私は「冬の花」が単純であることも、近代文学の傾向から見れば古風であることも認めぬではないが、それを補う素朴な人間感情の純粋さや美しさに打たれたことは事実である。」「私は今どき珍しいものを見るように評価したが、この小説が現代の稀少価値観にも触れなかったことを惜しく思う。」
安達征一郎
男47歳
0  
有明夏夫
男37歳
0  
古川薫
男48歳
0  
  「今回の候補作品は平均化されていたともいえるし、特別目を引く作品がなかったともいえる。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
水上勉
源氏鶏太
石坂洋次郎
司馬遼太郎
村上元三
柴田錬三郎
川口松太郎
松本清張
  ページの先頭へ

選考委員
柴田錬三郎男56歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
「トマト・ゲーム」を 総行数49 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
0  
皆川博子
女44歳
14 「最も新しく、筆力もある、と思ったが、第一回の票決で、推したのは、私だけであった。」「現代の若者の風俗を描いて、すこしも退屈させない。いっそ悪達者といってもいい。」
康伸吉
男52歳
11 「きれいな石を除くと、その下のしめった地面に、みにくい虫がうごめいている、といったあんばいの内容で、そのストーリイ・テラーぶりには、一応感心したが、題名とは逆に「作りかたの軽さ」があった。」
滝口康彦
男49歳
6 「同作家のものとしては、いちばん出来ばえがわるかった。この作家は、壁をつき抜ける必要がある。」
植草圭之助
男63歳
14 「筆者の人柄が、そのまま投影された、心のこもった佳作ではあるが、如何せん、「告白」は、自分自身の文章で描かれて居らず、女主人公悠子の姿は、すこしも印象にのこらなかった。」
安達征一郎
男47歳
0  
有明夏夫
男37歳
0  
古川薫
男48歳
8 「ていねいに書いているが、その律儀さに、退屈させられた。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
水上勉
源氏鶏太
石坂洋次郎
司馬遼太郎
村上元三
今日出海
川口松太郎
松本清張
  ページの先頭へ

選考委員
川口松太郎男74歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
直木賞の権威 総行数49 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
16 「第一席に(引用者中略)推した。」「戦国古武士の面影が淡々と描かれていて、いや味なところのない素直な作品と思ったのに、賛成者が少ないのは残念だった。」
皆川博子
女44歳
0  
康伸吉
男52歳
13 「変った作品でもあり、推理小説的な興味もあり、然も一脈の詩情をたたえている。」「会話だけで事件を運んでいるところに安っぽさが付きまとって押しの強さがなかったのかも知れない。」
滝口康彦
男49歳
0  
植草圭之助
男63歳
12 「標準を越えた作品と思い第二席に置いた。」「やや古さはあるが、この作家は既にシナリオライターとして早くから名を成しているし、これ又十分将来を期待できる人だ。」
安達征一郎
男47歳
0  
有明夏夫
男37歳
0  
古川薫
男48歳
0  
  「私は旅行中で書面回答をしたため委員会に居合せなかったので議論をつくす事も出来なかった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
水上勉
源氏鶏太
石坂洋次郎
司馬遼太郎
村上元三
今日出海
柴田錬三郎
松本清張
  ページの先頭へ

選考委員
松本清張男64歳×各候補作  年齢/枚数の説明
見方・注意点
次作を待つ 総行数55 (1行=14字)
候補 評価 行数 評言
戸部新十郎
男47歳
12 「主人公の「豪快」ぶりが型にはまりすぎて抽象的なので、書きこめば書きこむほどその「豪快」な描写が空疎に浮き上っている。こういうのは新鮮な視点を求めなければならない。」
皆川博子
女44歳
3 「達者な筆だし、現代の若者をある程度写しているが、訴求力に欠けている。」
康伸吉
男52歳
8 「いわゆる推理小説的な構成だが、短いせいか効果が弱い。しかし、雰囲気は故大坪砂男作品にも通じるものがあって、相当な腕前のようである。」
滝口康彦
男49歳
6 「氏のこれまでのなかでもっとも不出来である。ただの思いつきで話をつくったというにすぎなく、氏の特徴であった構成の堅実性が失われている。」
植草圭之助
男63歳
25 「つくりものでない内容に、全候補作品中、これだけが印象に残ったといえる。しかし、弱点が多い。作者の情緒過多によって、単なる青春の思出話にとどまっている。」「文章は少々冗漫で、ありきたりの、使い古された形容が、平気でくりかえされているのがいけない。それが描写の的確を欠き、印象の稀薄、古めかしさとなる。」
安達征一郎
男47歳
0  
有明夏夫
男37歳
0  
古川薫
男48歳
0  
  「今回はなべて低調であった。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の選考委員
水上勉
源氏鶏太
石坂洋次郎
司馬遼太郎
村上元三
今日出海
柴田錬三郎
川口松太郎
  ページの先頭へ


候補者・作品
戸部新十郎男47歳×各選考委員 
『安見隠岐の罪状』
長篇 447
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男54歳
0  
源氏鶏太
男61歳
7 「私は、高い点をつけた。が、他の人物が比較的よく描けているのに、肝腎の主人公は、頭の中ででっち上げた人物になっていて、終始、それに振りまわされている感じである。」
石坂洋次郎
男73歳
11 「何をどう考えて暮しているのか、いま一つはっきり浮き上ってこない。作者が題材に力まけした感じである。」
司馬遼太郎
男50歳
11 「一種の奇人物語である。」「豪傑意識による奇行がモザイクされていて絵画的風景になっているのだが、その奇行と、奇人にも当然あるところの人間の内部との関係が、うまく繋っていない感じがした。」
村上元三
男63歳
7 「書下しの欠点というべきか、起承転結がないし、ひとりで材料を面白がっている傾きがある。能登島へ流れてからの隠岐に、後半の筆を費すべきではなかったろうか。」
今日出海
男70歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
0  
川口松太郎
男74歳
16 「第一席に(引用者中略)推した。」「戦国古武士の面影が淡々と描かれていて、いや味なところのない素直な作品と思ったのに、賛成者が少ないのは残念だった。」
松本清張
男64歳
12 「主人公の「豪快」ぶりが型にはまりすぎて抽象的なので、書きこめば書きこむほどその「豪快」な描写が空疎に浮き上っている。こういうのは新鮮な視点を求めなければならない。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
皆川博子
「トマト・ゲーム」
康伸吉
「闇の重さ」
滝口康彦
「日向延岡のぼり猿」
植草圭之助
『冬の花 悠子』
安達征一郎
「怨の儀式」
有明夏夫
「サムライの末裔」
古川薫
「女体蔵志」
  ページの先頭へ

候補者・作品
皆川博子女44歳×各選考委員 
「トマト・ゲーム」
短篇 91
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男54歳
0  
源氏鶏太
男61歳
4 「実に達者である。今からこんなに達者過ぎてどうであろうかと思わせられた。」
石坂洋次郎
男73歳
5 「文章も感覚も新鮮だが、生活そのものには本質的な新しみはない。」
司馬遼太郎
男50歳
7 「候補作のなかで、作者の才能をもっとも感じさせるものだった。ただ素材が、ちょっと人目をひく現代風俗だけに、その報告記のにおいがしてしまうのが、惜しいように思える。」
村上元三
男63歳
7 「票が集らなかったのは、選者がこういう若い作品について行けなかった、というのではない。題材がこの種のものでも、腰のすわった作品にしてもらいたかった。」
今日出海
男70歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
14 「最も新しく、筆力もある、と思ったが、第一回の票決で、推したのは、私だけであった。」「現代の若者の風俗を描いて、すこしも退屈させない。いっそ悪達者といってもいい。」
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
3 「達者な筆だし、現代の若者をある程度写しているが、訴求力に欠けている。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
戸部新十郎
『安見隠岐の罪状』
康伸吉
「闇の重さ」
滝口康彦
「日向延岡のぼり猿」
植草圭之助
『冬の花 悠子』
安達征一郎
「怨の儀式」
有明夏夫
「サムライの末裔」
古川薫
「女体蔵志」
  ページの先頭へ

候補者・作品
康伸吉男52歳×各選考委員 
「闇の重さ」
短篇 100
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男54歳
0  
源氏鶏太
男61歳
4 「初めの手紙の部分が冗長に過ぎる。そのことが最後までひびいている。」
石坂洋次郎
男73歳
5 「私はこの作品が一番好きだった。ただ暗すぎるかも知れない。」
司馬遼太郎
男50歳
5 「作品の出来が最も堅牢だった。ただ何かが欠けていたのは、誤解されやすい言葉だが“凄味”だろうか。」
村上元三
男63歳
6 「少しずつ謎が解けて行って、最後に肩すかしを食わされた気がした。しかし、この作者の構成の巧みさと筆力は、大いに買いたい。」
今日出海
男70歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
11 「きれいな石を除くと、その下のしめった地面に、みにくい虫がうごめいている、といったあんばいの内容で、そのストーリイ・テラーぶりには、一応感心したが、題名とは逆に「作りかたの軽さ」があった。」
川口松太郎
男74歳
13 「変った作品でもあり、推理小説的な興味もあり、然も一脈の詩情をたたえている。」「会話だけで事件を運んでいるところに安っぽさが付きまとって押しの強さがなかったのかも知れない。」
松本清張
男64歳
8 「いわゆる推理小説的な構成だが、短いせいか効果が弱い。しかし、雰囲気は故大坪砂男作品にも通じるものがあって、相当な腕前のようである。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
戸部新十郎
『安見隠岐の罪状』
皆川博子
「トマト・ゲーム」
滝口康彦
「日向延岡のぼり猿」
植草圭之助
『冬の花 悠子』
安達征一郎
「怨の儀式」
有明夏夫
「サムライの末裔」
古川薫
「女体蔵志」
  ページの先頭へ

候補者・作品
滝口康彦男49歳×各選考委員 
「日向延岡のぼり猿」
短篇 84
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男54歳
0  
源氏鶏太
男61歳
3 「材料の目のつけどころに狂いがあったようだ。」
石坂洋次郎
男73歳
7 「少し暗い。人々の生活に合理性がまったくないのが、昔のことだが気にかかる。」
司馬遼太郎
男50歳
9 「いつも主題がおなじだけについ以前の作品と比較する気持が動くが、以前よりはやや見劣りがした。」
村上元三
男63歳
7 「どうして悲劇にしなくてはいけないのだろうか。武士の内職についての解釈が、この作者らしくもない不手際だし、今度の作品は不運であった、というよりほかはない。」
今日出海
男70歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
6 「同作家のものとしては、いちばん出来ばえがわるかった。この作家は、壁をつき抜ける必要がある。」
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
6 「氏のこれまでのなかでもっとも不出来である。ただの思いつきで話をつくったというにすぎなく、氏の特徴であった構成の堅実性が失われている。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
戸部新十郎
『安見隠岐の罪状』
皆川博子
「トマト・ゲーム」
康伸吉
「闇の重さ」
植草圭之助
『冬の花 悠子』
安達征一郎
「怨の儀式」
有明夏夫
「サムライの末裔」
古川薫
「女体蔵志」
  ページの先頭へ

候補者・作品
植草圭之助男63歳×各選考委員 
『冬の花 悠子』
長篇 776
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男54歳
48 「近年にない心を打つ作品と思えた。」「内容のもつ美しいうねりが、最後まで私をひっぱった。土台、いまの世に、こんなに必死で、かなしい恋物語など書く作家はいまい。」「大事な新人の登用は反対者が多くてはばまれた。」「今回は若輩が一人角力をとってみごとに敗けた。」
源氏鶏太
男61歳
18 「その後、選考委員会のあった夜のことを思い出して、どうしてもっと「冬の花」について強くいわなかったのだと残念に思っている。」「植草氏にとっての不幸は、第一作であること、一生に一度の大経験を書いたのだから、ということであったろう。私は、清冽な恋愛小説として読み、今もその印象が深く残っている。」
石坂洋次郎
男73歳
7 「私はじめ支持者も多かったが、この一作はともかく次作が不安だというので、今回は見送られることになった。」
司馬遼太郎
男50歳
6 「読者として最も面白かった。しかし作家としての資質はこの一作だけで理解することは困難である。」
村上元三
男63歳
15 「読者という立場から言えば、今回の候補作の中では一ばん面白かったが、さて直木賞には、と思うと迷いが出た。さすがに会話はうまいが、文章の練りが足りない。次作を待ってもいい、と考え直した。」
今日出海
男70歳
42 「題材も変っているし、全篇を貫く作者の純情は特筆すべきものがある。」「私は「冬の花」が単純であることも、近代文学の傾向から見れば古風であることも認めぬではないが、それを補う素朴な人間感情の純粋さや美しさに打たれたことは事実である。」「私は今どき珍しいものを見るように評価したが、この小説が現代の稀少価値観にも触れなかったことを惜しく思う。」
柴田錬三郎
男56歳
14 「筆者の人柄が、そのまま投影された、心のこもった佳作ではあるが、如何せん、「告白」は、自分自身の文章で描かれて居らず、女主人公悠子の姿は、すこしも印象にのこらなかった。」
川口松太郎
男74歳
12 「標準を越えた作品と思い第二席に置いた。」「やや古さはあるが、この作家は既にシナリオライターとして早くから名を成しているし、これ又十分将来を期待できる人だ。」
松本清張
男64歳
25 「つくりものでない内容に、全候補作品中、これだけが印象に残ったといえる。しかし、弱点が多い。作者の情緒過多によって、単なる青春の思出話にとどまっている。」「文章は少々冗漫で、ありきたりの、使い古された形容が、平気でくりかえされているのがいけない。それが描写の的確を欠き、印象の稀薄、古めかしさとなる。」
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
戸部新十郎
『安見隠岐の罪状』
皆川博子
「トマト・ゲーム」
康伸吉
「闇の重さ」
滝口康彦
「日向延岡のぼり猿」
安達征一郎
「怨の儀式」
有明夏夫
「サムライの末裔」
古川薫
「女体蔵志」
  ページの先頭へ

候補者・作品
安達征一郎男47歳×各選考委員 
「怨の儀式」
短篇 90
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男54歳
0  
源氏鶏太
男61歳
5 「凄い小説だと思った。特にラストが凄い。あるいは芥川賞向きであったのだろうか。」
石坂洋次郎
男73歳
6 「それなりの面白みが欲しかった。」
司馬遼太郎
男50歳
3 「(引用者注:「サムライの末裔」評、ケレン味がめだち、ケレンが凄味になるために必要な裏側の肉が薄いことが)共通している。」
村上元三
男63歳
0  
今日出海
男70歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
0  
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
戸部新十郎
『安見隠岐の罪状』
皆川博子
「トマト・ゲーム」
康伸吉
「闇の重さ」
滝口康彦
「日向延岡のぼり猿」
植草圭之助
『冬の花 悠子』
有明夏夫
「サムライの末裔」
古川薫
「女体蔵志」
  ページの先頭へ

候補者・作品
有明夏夫男37歳×各選考委員 
「サムライの末裔」
短篇 134
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男54歳
0  
源氏鶏太
男61歳
4 「どこか混然としていて、それでちゃんと小説に仕上げている。新しい才能であろう。」
石坂洋次郎
男73歳
5 「話にまとまりがない。」
司馬遼太郎
男50歳
4 「ケレン味がめだち、ケレンが凄味になるために必要な裏側の肉が薄く、」
村上元三
男63歳
0  
今日出海
男70歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
0  
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
戸部新十郎
『安見隠岐の罪状』
皆川博子
「トマト・ゲーム」
康伸吉
「闇の重さ」
滝口康彦
「日向延岡のぼり猿」
植草圭之助
『冬の花 悠子』
安達征一郎
「怨の儀式」
古川薫
「女体蔵志」
  ページの先頭へ

候補者・作品
古川薫男48歳×各選考委員 
「女体蔵志」
短篇 61
年齢/枚数の説明
見方・注意点
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男54歳
6 「独自な云いまわしは貴重である。参考作品の「積雲と昆虫」についていえば、昆虫辞典一冊であれだけの思いをはせられる、ユニークな才質をのばしてほしいと思う。」
源氏鶏太
男61歳
5 「「女体蔵志」は、小説以前の作品で終っているが、参考作品として提出された「積雲と昆虫」には、独特の味と気楽さがあって面白かった。」
石坂洋次郎
男73歳
7 「考証も文章もしっかりしているが、面白みがたりない。」
司馬遼太郎
男50歳
8 「古川薫氏の文章は、(引用者中略)旧知に遭うような親しみと信頼感をもったが、この作品は創作がもたねばならない凄味(あいまいな言い方だが)に欠けていた。」
村上元三
男63歳
11 「小説以前の素材だけで、消化されていない。」「一つ文学をやってやろう、と力みかえらずに、柔軟な筆力を生かしてほしい。」
今日出海
男70歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
8 「ていねいに書いているが、その律儀さに、退屈させられた。」
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
0  
          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の候補作
戸部新十郎
『安見隠岐の罪状』
皆川博子
「トマト・ゲーム」
康伸吉
「闇の重さ」
滝口康彦
「日向延岡のぼり猿」
植草圭之助
『冬の花 悠子』
安達征一郎
「怨の儀式」
有明夏夫
「サムライの末裔」
  ページの先頭へ



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像小研究大衆選考会マップ