直木賞のすべて
選評の概要
57585960.
6162636465.
6667686970.
7172737475.
767778.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H26]2014/6/20

石坂洋次郎
Ishizaka Yojiro
生没年月日【注】 明治33年/1900年1月25日~昭和61年/1986年10月7日
在任期間 第57回~第78回(通算11年・22回)
在任年齢 67歳5ヶ月~77歳11ヶ月
経歴 青森県生まれ。慶應義塾大学文学部国文科卒。
青森県・秋田県で教師を務めるかたわら、昭和2年/1927年に小説「海をみに行く」を発表。
昭和8年/1933年から『三田文学』に「若い人」を連載して高い評価を得る。
戦後「青い山脈」「石中先生行状記」などで流行作家に。
他の代表作に「丘は花ざかり」「陽のあたる坂道」「あじさいの歌」「光る海」など。
受賞歴・候補歴
個人全集 『石坂洋次郎文庫』全20巻(新潮社)
『石坂洋次郎短編全集』全3巻(講談社)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 57 昭和42年/1967年上半期   一覧へ
選評の概要 はじめて審査に参加して 総行数52 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男67歳
候補 評価 行数 評言
男34歳
10 「十点が満点で、(引用者中略)八点をつけ、(引用者中略)出席した。」「手慣れた書き方で、暴力団を追及する元刑事を描いた生島治郎「追いつめる」が(引用者中略)選ばれた。おめでとう。」
中田浩作
男29歳
17 「十点が満点で、(引用者中略)八点をつけ、(引用者中略)出席した。」「私自身は「ホタルの里」が好きだったが、(引用者中略)むしろ、あの青年教師を主人公にして描くべきではなかったかと思った。」
平井信作
男54歳
12 「十点が満点で、(引用者中略)八点をつけ、(引用者中略)出席した。」「細かい文学的センスなどにこだわらず、体当りで題材にとり組んでいるのがいい。同郷人の平井君が今度の選に洩れたのは残念。」
  「少し迷ったあげく、量にこだわらず、読んで自分がひかれた作品をひろい上げることにした。じっさいの審査会に出席してみると各審査員とも、質本位で作品を選んでいることが分ってホッとした。」
選評出典:『オール讀物』昭和42年/1967年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 58 昭和42年/1967年下半期   一覧へ
選評の概要 “手ごたえ”を感じさせる作家 総行数40 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男67歳
候補 評価 行数 評言
加藤葵
男(40歳)
6 「私自身は(引用者中略)一番好きだったが、直木賞――つまり大衆向きではないせいか支持者があんがい少かった。」
男37歳
24 「二作のうち、私は「火垂るの墓」がいいと思った。」「こう短くきれぎれに書かないで、この題材で長篇を書かれたら――と残念に思った。ともかく多才の人であり、底に手ごたえのあるものを感じさせる作家だ。」
男37歳
18 「題名が象徴的でいいと思うし、内容も感覚的に新鮮だが、デッサンが少し弱いような気がした。」
選評出典:『オール讀物』昭和43年/1968年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 59 昭和43年/1968年上半期   一覧へ
選評の概要 当選作なし残念 総行数73 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男68歳
候補 評価 行数 評言
梶野豊三
男48歳
17 「最高点をつけた。十点満点の九点である。」「多彩な人物が登場し、アイデアが奇抜で新鮮、文章も軽快でたいへん面白かった。」
筒井康隆
男33歳
12 「若い人向きの新しいアイデアの作品で、爆弾を抱えて土人がウロチョロしたり、ターザンが登場したり、奇抜で面白かった。私の採点は(引用者中略)八点。」
原田八束
男47歳
18 「八点の成績。」「文章の格調が高く整っており、構成も緊密だと思ったが、それだけにまた、これは娯楽性の要素が大切な直木賞よりも、芥川賞向きの作品ではないのかしらんと思ったりした。」
  「該当作品なしとする者六票、あった方がいいとする者五票、一票の差で今年は直木賞作品なしということに決定した。私は新人育成の意味で、直木賞作品があった方がいいという意見だったので、残念だった。」
選評出典:『オール讀物』昭和43年/1968年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 60 昭和43年/1968年下半期   一覧へ
選評の概要 重厚な長篇 総行数51 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男68歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
20 「すぐれた作品だったが、同源の香炉に対する執着が神がかっていて、いま一つ必然性が不足していると思った。」「しかし正面から読者を押してくる佳作であることはたしかである。」
男43歳
26 「重厚な長篇である。難を言えば、奴隷虐待の場面は小説的な構想で描かれ、それが横浜で政府の役人に調べられるくだりが記録風な書き方になって、調子が一変している点がもの足りなかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和44年/1969年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 61 昭和44年/1969年上半期   一覧へ
選評の概要 津軽の血 総行数62 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男69歳
候補 評価 行数 評言
女45歳
26 「「戦いすんで日が暮れて」が好きだった。小説ずれがしてない率直でユーモラスな文体が、暗くなる筈の題材を、陰翳に富んだ明るい作品に仕上げているのだ。」
利根川裕
男42歳
9 「私の好みでは、(引用者中略)「異邦人」の主人公ムルソーを少年にしたような「B少年の弁明」に心をひかれたが、賛成者は少なかった。」
  「どの作品もそれぞれに面白く、私は入賞作品を決めかねて審査会に出席した。ただ、私の本心は、せっかく直木賞というものが存在するのだから、毎回ぜひ当選作品を出して、新人作家たちを励ます機会をつくるべきだということだった。」
選評出典:『オール讀物』昭和44年/1969年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 62 昭和44年/1969年下半期   一覧へ
選評の概要 入賞作品なくて 総行数45 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男69歳
候補 評価 行数 評言
  「私は毎回入賞者を出した方が直木賞が存在する意義があると思うのだが、それでは入賞作品の質が低下するという意見が強く、今回は見送りということになったのである。この考え方にも一理はある。」
選評出典:『オール讀物』昭和45年/1970年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 63 昭和45年/1970年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数57 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男70歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
20 「一番ひかれた。」「日本は神国であるという背景を負って書かれたものではなく、無条件降伏後に書かれた作品だけに、「敵前逃亡」「司令官逃避」「上官殺害」などの題材がリアルに描かれて生彩がある。」
加藤薫
男36歳
8 「私自身はほかに若者たち(女も一人混じっている)の登山を題材にした加藤薫氏の「遭難」が好きだった」
男36歳
13 「着実な筆致でよく描かれている。」
選評出典:『オール讀物』昭和45年/1970年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 64 昭和45年/1970年下半期   一覧へ
選評の概要 いまひといき 総行数59 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男70歳
候補 評価 行数 評言
男50歳
17 「危な気のない文章でよく書いてあるが、(引用者中略)短篇の連続のようなもので、一貫した盛り上りが乏しいのがもの足りなかった。」
  「別室の芥川賞がとっくに決定して審査員諸氏が帰った気配がするのに、直木賞の方はなかなか決まらず、(引用者中略・注:決定まで)だいぶ時間もかかり疲れもした。しかし決ってしまうと、みんなつとめてよかったという気がした。」
選評出典:『オール讀物』昭和46年/1971年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 65 昭和46年/1971年上半期   一覧へ
選評の概要 残念であったが 総行数30 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男71歳
候補 評価 行数 評言
  「読んでみて特にすぐれた感じを受けた作品がなかったのは残念である。」
選評出典:『オール讀物』昭和46年/1971年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 66 昭和46年/1971年下半期   一覧へ
選評の概要 私の好きな作品 総行数49 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男71歳
候補 評価 行数 評言
  「直木賞というものがある以上、毎回、授賞者を出して、文壇に清新の気を齎した方がいいというのが私の考え方だ」「だが、そういう私自身も、今回の予選通過作品八篇を通読して、このたびはむずかしいかなと思ったのだから、どうしようもなかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和47年/1972年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 67 昭和47年/1972年上半期   一覧へ
選評の概要 新しい分野 総行数52 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男72歳
候補 評価 行数 評言
難波利三
男35歳
9 「いいと思ったが、大佛さんと私が最後まで推薦しただけで、途中で脱落してしまった。」
男47歳
20 「時勢の進展と共に、罪人の首を斬る自分の家業に自信を喪失していく主人公の心理は、小説の中でも新しい分野のものだと思った。」
筒井康隆
男37歳
22 「八景とも暗すぎるというので落ちてしまった。」「老人の私は、今夜の選者は九人だが、テレパスの七瀬(女主人公)が住みこんで「家族九景」を描いたら、明るい作品が出来るだろうかと、意地わるな空想をチラと走らせたりした。」
阿部牧郎
男38歳
5 「下読みしながら、私は面白いと思った作品にマルじるしをつけていったが、(引用者中略)「残酷な蜜月」(引用者中略)などがそれだった。」
男37歳
6 「私は江戸末期の戯作及び戯作者に興味をもたないので、達者に書いてあるが強くは推せなかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和47年/1972年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 68 昭和47年/1972年下半期   一覧へ
選評の概要 今回はさみしかった 総行数51 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男72歳
候補 評価 行数 評言
  「今回は入賞作品なしというのが、私の第一印象であった。」
選評出典:『オール讀物』昭和48年/1973年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 69 昭和48年/1973年上半期   一覧へ
選評の概要 よかった、よかった 総行数53 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男73歳
候補 評価 行数 評言
男38歳
41 「一番牽かれた。しかし私はそういう自分を警めもした。何故なら私は二篇の舞台になっている津軽の出身であり、(引用者中略)それやこれやで「世去れ節」的な理屈抜きの親近感を抱くおそれが大いにあったからである。」「この二作品では方言が見事に使いこなされているのに驚いた。」
男45歳
6 「達者な作品。危な気ないがその代り新鮮味に乏しいうらみがある。」
選評出典:『オール讀物』昭和48年/1973年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 70 昭和48年/1973年下半期   一覧へ
選評の概要 佳作なし 総行数58 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男73歳
候補 評価 行数 評言
康伸吉
男52歳
5 「私はこの作品が一番好きだった。ただ暗すぎるかも知れない。」
植草圭之助
男63歳
7 「私はじめ支持者も多かったが、この一作はともかく次作が不安だというので、今回は見送られることになった。」
  「抜群の佳作はなく、授賞は見送りということになったのは残念だった。」
選評出典:『オール讀物』昭和49年/1974年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 71 昭和49年/1974年上半期   一覧へ
選評の概要 直木賞所感 総行数57 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男74歳
候補 評価 行数 評言
男41歳
12 「芸能人であれ、作家であれ、私は破滅型の生活には共感がもてない。」「藤本氏よ、作品には破滅型の人物を描いても、貴方自身の私生活を崩すことがないように……。」
選評出典:『オール讀物』昭和49年/1974年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 72 昭和49年/1974年下半期   一覧へ
選評の概要 抜群の出来栄え 総行数56 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男74歳
候補 評価 行数 評言
男41歳
11 「邦子の夫は入牢中のやくざという設定だが、上手にさらっと扱って抜群の出来栄えだと思った。」
難波利三
男38歳
19 「着実ないい作品だと思ったが、支持者が少いのが残念だった。」
男43歳
17 「冬崖の生活環境の変遷を、彼の絵画の進展の段階に結びつけているあたり、どうもスッキリしないと思った。しかし推薦者多数でこの作品が選ばれたことに異存はない。」
選評出典:『オール讀物』昭和50年/1975年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 73 昭和50年/1975年上半期   一覧へ
選評の概要 三篇を推す 総行数27 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男75歳
候補 評価 行数 評言
難波利三
男38歳
20 「ラッパ手の力を士官の東条英機に認められ、東条が処刑されるまで、東条のその時々の立場に触れていることが、作品に特殊性を滲ませている。」「私は右の三作(引用者注:「ふれあい」「生麦一条」「天を突く喇叭」)を推したが、賛否半ばして、直木賞に選ばれず、残念だった。」
井口恵之
男46歳
5 「私は右の三作(引用者注:「ふれあい」「生麦一条」「天を突く喇叭」)を推したが、賛否半ばして、直木賞に選ばれず、残念だった。」
武田八洲満
男48歳
8 「私は右の三作(引用者注:「ふれあい」「生麦一条」「天を突く喇叭」)を推したが、賛否半ばして、直木賞に選ばれず、残念だった。」
選評出典:『オール讀物』昭和50年/1975年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 74 昭和50年/1975年下半期   一覧へ
選評の概要 はじめから最高点 総行数54 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男75歳
候補 評価 行数 評言
男38歳
12 「ハンサムで頭のいい異質の犯罪者・榎津巌(最後は死刑になる)の行動がよく描かれており、私はこの作品にはじめから最高点をつけていたし、選考委員の多くもそうだったようで、まずは佐木隆三君おめでとう、と、いうところだ。」
片岡義男
男35歳
8 「高校生男女二人のアナーキーで感覚的な生活が描かれていて面白いと思ったが、作品としてシンが薄いのか支持者が少かった。」
沼田陽一
男49歳
8 「犬舎に飼われている犬を中心に三つの物語が述べられてあり、私はそれぞれに面白いと思ったが、共鳴者が得られず、残念だった。」
選評出典:『オール讀物』昭和51年/1976年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 75 昭和51年/1976年上半期   一覧へ
選評の概要 「山桜」と「神を信ぜず」 総行数49 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男76歳
候補 評価 行数 評言
選評出典:『オール讀物』昭和51年/1976年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 76 昭和51年/1976年下半期   一覧へ
選評の概要 五点満点の三点 総行数42 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男76歳
候補 評価 行数 評言
男45歳
22 「私はその作品のモデルらしい文学者の噂話を聞いたことがあったので、多少の興味はそそられたが、本賞として選ぶわけにはいかなかった。」「文学作品として選べる筋合いのものではなかったのである。」
  「私は審査会の席上、第七十六回は入賞作品なしと提案した。」
選評出典:『オール讀物』昭和52年/1977年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 77 昭和52年/1977年上半期   一覧へ
選評の概要 次回を待つ 総行数47 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男77歳
候補 評価 行数 評言
松代達生
男43歳
23 「抜群に面白いと思ったが、会議の席上では下位の作品だということにされた。」「考え直してみると、私がこの作品にひきつけられたのは、まじめな勤人である夫は元・高校教師、堅実な主婦であるその妻はかつての教え子、健全な兄息子、不具者の二男、などという人物構成だったことによるもののようだ。」「私は大学を出てから、十三、四年間、東北地方の中等学校で教師を勤めていた。だから、理屈なしに「飛べない天使」にひきつけられたのであろう。」
選評出典:『オール讀物』昭和52年/1977年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 78 昭和52年/1977年下半期   一覧へ
選評の概要 辞任の弁 総行数49 (1行=14字)
選考委員 石坂洋次郎 男77歳
候補 評価 行数 評言
  「私は今回かぎりで直木賞の選者をやめさせていただくことにした。率直に言って、私自身が老衰して、たくさんの作品を読みきれなくなったからである。」「別な面から考えると、「直木三十五」というのはどういう作家だったのか、そういう知識もあやふやになっている。「芥川龍之介」となると、そういうおそれもないのだが……。」
選評出典:『オール讀物』昭和53年/1978年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ