直木賞のすべて
第63回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/9/15

渡辺淳一
Watanabe Jun'ichi
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「候補作家の群像 渡辺淳一」と同じものです。
生没年月日【注】 昭和8年/1933年10月24日~平成26年/2014年4月30日
受賞年齢 36歳8ヵ月
経歴 北海道生まれ。札幌医科大学医学部卒。
受賞歴・候補歴
  • 第12回同人雑誌賞(昭和40年/1965年)「死化粧」
  • |候補| 第54回芥川賞(昭和40年/1965年下期)「死化粧」
  • |候補| 第57回直木賞(昭和42年/1967年上期)「霙」
  • |候補| 第58回直木賞(昭和42年/1967年下期)「訪れ」
  • |候補| 第61回直木賞(昭和44年/1969年上期)『小説 心臓移植』
  • 第63回直木賞(昭和45年/1970年上期)「光と影」
  • |候補| 第10回吉川英治文学賞(昭和51年/1976年)『冬の花火』
  • |候補| 第13回吉川英治文学賞(昭和54年/1979年)『神々の夕映え』
  • 第14回吉川英治文学賞(昭和55年/1980年)『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』
  • 第48回文藝春秋読者賞(昭和61年/1986年)「静寂の声」
  • 第32回新風賞(平成9年/1997年)『失楽園』
  • 第72回文藝春秋読者賞(平成22年/2010年)「天上紅蓮」
処女作 「死化粧」(『新潮』昭和40年/1965年12月号)
個人全集 『渡辺淳一全集』全24巻(平成7年/1995年10月~平成9年/1997年7月・角川書店刊)
直木賞
選考委員歴
第91回~第150回(通算30年・60回)
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part3
リンク集
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



しげしょう
死化粧」(『新潮』昭和40年/1965年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO^」併記
巻号 第62巻 第12号  別表記12月号/728号
印刷/発行年月日 発行 昭和40年/1965年12月1日
発行者等 編集者発行者 齋藤十一 印刷者 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 260 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 153~171
(計19頁)
測定枚数 56
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『新潮』昭和41年/1966年1月号再録
>>昭和46年/1971年5月・角川書店/角川文庫『死化粧 他三篇』所収
>>昭和55年/1980年4月・文藝春秋刊『渡辺淳一作品集 第20巻 光と影』所収
>>昭和61年/1986年5月・文藝春秋/文春文庫『死化粧』所収
>>平成8年/1996年11月・角川書店刊『渡辺淳一全集 第1巻 死化粧・光と影』所収
>>平成18年/2006年1月・朝日新聞社刊『渡辺淳一自選短篇コレクション 第1巻 医学小説1』所収
>>平成22年/2010年4月・朝日新聞出版/朝日文庫『死化粧』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 54回候補 一覧へ
候補者 渡辺淳一 男32歳
選考委員 評価 行数 評言
瀧井孝作
男71歳
4 「手術と、葬式と、テーマは二つに割れた作のように見えた。」
石川達三
男60歳
5 「母の病気を描き母その人を描き忘れている。従って、母は病気だけが生きていて、人格として生きて居ない。」
川端康成
男66歳
4 「刺戟の強い作品であった。」「脳の手術など詳細に書き過ぎのようであるし、全体に刺戟を鎮めて書かれてあれば、落ちついて訴える作品になっただろうと惜しまれる。」
丹羽文雄
男61歳
0  
石川淳
男66歳
0  
井上靖
男58歳
7 「特にいい作品とは言えないが、一人の医師として、他の肉親の者とは違った眼で母の死を見ている主人公をそつなく書いている。」「一応の佳作と言っていいと思う。」
中村光夫
男54歳
2 「個性のはっきりした作品」
舟橋聖一
男61歳
12 「面白かった。」「この医者が、手術の疲労から咽喉を痛め、扁桃腺炎で三十九度の熱を出すまで、自分の病気を放っておくのは戴けない。そんな非科学的な熱を出さずにすむ方法は、いくらでもある。然し作者は紺屋の白袴を自負している気なのだろう。」
永井龍男
男61歳
4 「新潮同人雑誌賞の時に支持した。「北の河」とほとんど同じ題材を扱っている」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和41年/1966年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第57回候補  一覧へ

みぞれ
霙」(『文學界』昭和42年/1967年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋編集」併記
巻号 第21巻 第6号  別表記6月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和42年/1967年5月20日 発行 昭和42年/1967年6月1日
発行者等 編集兼発行人 山本博章 印刷人 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 246 表記上の枚数 目次 180枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 39~95
(計57頁)
測定枚数 171
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和46年/1971年5月・角川書店/角川文庫『死化粧 他三篇』所収
>>昭和55年/1980年4月・文藝春秋刊『渡辺淳一作品集 第20巻 光と影』所収
>>昭和61年/1986年5月・文藝春秋/文春文庫『死化粧』所収
>>平成8年/1996年7月・角川書店刊『渡辺淳一全集 第4巻 雪舞・神々の夕映え』所収
>>平成18年/2006年3月・朝日新聞社刊『渡辺淳一自選短篇コレクション第2巻 医学小説2』所収
>>平成22年/2010年4月・朝日新聞出版/朝日文庫『死化粧』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 渡辺淳一 男33歳
選考委員 評価 行数 評言
石坂洋次郎
男67歳
0  
川口松太郎
男67歳
8 「霙の作家は医者だからあの世界が書けるので、他の材料を扱った時にどうだろうという意見があった。この一作を受賞作に推すほどのものでもないので次回作を期待する事にした。」
源氏鶏太
男55歳
0  
村上元三
男57歳
5 「こういう題材を扱うのなら、もっと鮮烈に作者の訴えたい主題を正面に押出したほうがよかったのではなかったろうか。」
海音寺潮五郎
男65歳
17 「身体不自由児の保護施設という最もシリアスなことを題材にして、その筆はそれが単なるヒューマニズムでは片付かないところまで掘下げている。作者の人間性を見る目は深い。」
今日出海
男63歳
0  
中山義秀
男66歳
0  
柴田錬三郎
男50歳
0  
水上勉
男48歳
0  
松本清張
男57歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和42年/1967年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
「一」~「十五」
時代設定 場所設定
[同時代]  札幌
登場人物
柏木圭介(重度心身障害児施設の医師)
久保清子(保母)
宇野誓子(重度脳性麻痺児の母)
津田とみ子(施設入所者、17歳)




直木賞 第58回候補  一覧へ

おとず
訪れ」(『文芸』昭和42年/1967年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「文芸」  別表記表紙・奥付 「文芸」
巻号 第6巻 第12号  別表記12月号
印刷/発行年月日 発行 昭和42年/1967年12月1日
発行者等 編集者 佐佐木幸綱 発行者 坂本一亀 印刷者 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社河出書房新社(東京都)
総ページ数 264 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×25行
×2段
本文ページ 66~107
(計42頁)
測定枚数 130
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和46年/1971年5月・角川書店/角川文庫『死化粧 他三篇』所収
>>昭和55年/1980年4月・文藝春秋刊『渡辺淳一作品集 第20巻 光と影』所収
>>昭和61年/1986年5月・文藝春秋/文春文庫『死化粧』所収
>>平成8年/1996年11月・角川書店刊『渡辺淳一全集 第1巻 死化粧・光と影』所収
>>平成18年/2006年1月・朝日新聞社刊『渡辺淳一自選短篇コレクション第1巻 医学小説1』所収
>>平成22年/2010年6月・朝日新聞出版/朝日文庫『薔薇連想』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 渡辺淳一 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
石坂洋次郎
男67歳
0  
源氏鶏太
男55歳
4 「うまかったのだが、どうして芥川賞でなく、直木賞候補になったのだろうかと思った。」
海音寺潮五郎
男66歳
3 「よいものだが、直木賞のものではない。」
川口松太郎
男68歳
0  
水上勉
男48歳
7 「医者らしい冷徹な眼がよく人間を瞶め、文章もたくみでわかりやすい。だが直木賞にはどうか。この意見に私もうなずいた。芥川賞の方だろう。」
松本清張
男58歳
0  
大佛次郎
男70歳
0  
柴田錬三郎
男50歳
7 「水準を抜いている。ただ、直木賞ともなると、水準を抜いた出来ばえの上に、もうひとつ、作者の意気込みを示している必要があろうか、と思う。」
今日出海
男64歳
0  
中山義秀
男67歳
16 「死と愛との格闘は、かなり見事に描きだされているようである。」「老校長の死とその妻との関係に、何かただならぬ、真剣さをおぼえたのは、この一篇だけであった。」
村上元三
男57歳
8 「引きずられて読んだが、読後感はいいものではない。医者でなくては書けない作品、というのが、かえってこの作者の将来を窮屈にしそうな気がする。」
選評出典:『オール讀物』昭和43年/1968年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「十三」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京~札幌~A市
登場人物
私(語り手、外科医師、同人誌に参加)
K(北海道出身の老文学者、癌患者)
宇井晋作(胃癌患者、元・小学校長)
S(同人雑誌の主宰者)




直木賞 第61回候補  一覧へ

しょうせつ しんぞういしょく
小説  心臓移植』(昭和44年/1969年3月・文藝春秋/ポケット文春)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和44年/1969年3月10日(第1刷)
発行者等 発行者 樫原雅春 印刷 凸版印刷 製本 矢嶋製本
発行所 株式会社文藝春秋(東京都) 形態 新書判 並製
装幀/装画等 装幀 友山智香子
総ページ数 277 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×16行
×1段
本文ページ 3~277
(計275頁)
測定枚数 422
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『オール讀物』昭和44年/1969年1月号、2月号
>>昭和55年/1980年9月・文藝春秋刊『渡辺淳一作品集 第2巻 富士に射つ・小説心臓移植』所収
>>昭和58年/1983年9月・角川書店/角川文庫『白い宴』に加筆改題
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 渡辺淳一 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
松本清張
男59歳
8 「あまりに正面から書きすぎて「小説」としては中途半端な感がまぬがれない。新聞記者と看護婦との安手な恋愛を挿入したのもよくない。」
大佛次郎
男71歳
0  
海音寺潮五郎
男67歳
6 「すぐれた素質と才能を持っている人であるが、いわばキワモノを書いたのが損になった。もっとも、キワモノでなければ出版されもしなかったろうが。」
川口松太郎
男69歳
0  
石坂洋次郎
男69歳
10 「達文で精細によく描かれてあるが、題材が特殊なものなので見送られてしまった。」「一本立ちが出来る力を備えていることはたしかだ。」
今日出海
男65歳
0  
源氏鶏太
男57歳
10 「冷静に描いてあり、スリルも感じさせられる。しかし、読了後の感動がそれほどでなかったのは、すでに私たちが週刊誌やなんかで知っていることが多かったからであろうか。そこを突き抜けていないようである。」
村上元三
男59歳
7 「まだ小説にするには時機が早かったのではなかろうか。読んでいると、やはり生々しい事実に対する関心が先に立つし、最後が煮え切らないのも、仕方がないだろう。」
柴田錬三郎
男52歳
0  
中山義秀
男68歳
4 「すでにプロとして充分なものがあり、賞を与えるまでもないように思われます。」
水上勉
男50歳
5 「面白くよんだ。が、事実とつくり話とがしっくりいっていない。もっといい物が書ける人だろう。」
選評出典:『オール讀物』昭和44年/1969年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一部」「第二部」
時代設定 場所設定
[同時代]  北海道・蘭島~札幌
登場人物
重藤庸介(K医大胸部外科教授、附属病院中央手術場部長)
富塚健太郎(N新聞記者)
佐野武男(多弁心臓病患者)
江口克彦(R大学四年生)
伴野絹子(富塚の高校の同級生、K医大胸部外科看護婦)




直木賞 第63受賞  一覧へ

ひかり かげ
光と 影」(『別冊文藝春秋』111号[昭和45年/1970年3月])
媒体・作品情報
誌名 「別冊文藝春秋」  別表記表紙 「別册文藝春秋」 目次・奥付 「別冊文藝春秋」
巻号 第111号  別表記111特別号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「ひかり」「かげ」
印刷/発行年月日 発行 昭和45年/1970年3月5日
発行者等 編集兼発行人 印南 寛 印刷人 澤村嘉一 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 344 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×25行
×2段
本文ページ 108~150
(計43頁)
測定枚数 135
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『オール讀物』昭和45年/1970年10月号
>>昭和45年/1970年10月・文藝春秋刊『光と影』所収
>>昭和50年/1975年6月・文藝春秋/文春文庫『光と影』所収
>>昭和55年/1980年4月・文藝春秋刊『渡辺淳一作品集 第20巻 光と影』所収
>>平成8年/1996年11月・角川書店刊『渡辺淳一全集 第1巻 死化粧・光と影』所収
>>平成18年/2006年5月・朝日新聞社刊『渡辺淳一自選短篇コレクション第5巻 歴史時代小説』所収
>>平成20年/2008年2月・文藝春秋/文春文庫『光と影』[新装版]所収
>>平成22年/2010年8月・朝日新聞出版/朝日文庫『項の貌』所収
>>平成25年/2013年9月・講談社/講談社文庫『光と影』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 渡辺淳一 男36歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男70歳
34 「構成が巧みでうまく仕組まれた作品だ。」「二枚のカルテから始まる宿命の明暗を淡々と書き分ける描写力は非凡である。影にいる男が発狂して精神病院へ送られる肝心の最後が早口の説明に終ったのは残念だった。」
石坂洋次郎
男70歳
13 「着実な筆致でよく描かれている。」
海音寺潮五郎
男68歳
16 「調べがよく行きとどいており、描写が的確であり、医学的面は作者の職業がら自信に満ちており、水際立って見事な作品になっている。これまで度々候補に上っている人だから、実力のほども信じてよい。」
源氏鶏太
男58歳
11 「確実に腕を上げて来ているという点が大いに買われた。」「私にはもう一つ迫ってくるものが欲しかった。」
柴田錬三郎
男53歳
9 「二枚のカルテが、先になるか、あとになるか、によって、その人生が大きく狂ってしまう、という思いつきが面白かった。しかし、この作家もまた、すでに、雑誌ジャーナリズムでは、大いに売れている人であった。」
村上元三
男60歳
12 「結城氏に併せて授賞とわたしは推した。作者は医者だが、これから作家を兼業して行くには相当な努力が必要であろう。この作者の作品には、波があるし、そこに危険が感じられる。」
今日出海
男66歳
12 「あり得る人生行路の両面を描いているが、そんな因果の図式を越えて、人間の、あるいは人生の明暗を語って作品を結晶させている作者の執拗な目を私は評価した。」
水上勉
男51歳
24 「今回の作品は「訪れ」「霰」の密度はない。しかし、カルテの置き順によって、人生が書き換えられてゆくという思いつきは卓抜だし、よく二軍人の人生を追跡し、文章も簡略なのがまた効を奏しているようにも思われた。」
松本清張
男60歳
23 「これまでの氏の作品の中ではいちばん出来がよい。」「だが、委員会の席上で、私は渡辺氏のは今期を見送り、もっと長いのを期待したいと云った。」「この作品の短篇的な長所は、同時に欠点にもつながっている。」
司馬遼太郎
男46歳
12 「感服した。軍人というのはときに精神医学の対象になりうる職業で、その特有の出世欲がなにかの条件で絶たれざるをえなくなるばあい、他の職業人にないヒステリー症状をおこす症例が古くからヨーロッパで観察されているそうだが、この作品を読んでそのことを思い出した。」
選評出典:『オール讀物』昭和45年/1970年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「十」
時代設定 場所設定
明治~大正  大阪~東京
登場人物
小武敬介(大尉、のち偕行社社員)
寺内寿三郎(大尉、のち偕行社社長・首相、小武の同期生)
本庄むつ子(小武の許嫁)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ