直木賞のすべて
第60回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

利根川裕
Tonegawa Yutaka
生没年月日【注】 昭和2年/1927年3月28日~
経歴 千葉県生まれ。新潟県糸魚川出身。東京大学文学部哲学科卒。都立上野高校教員ののち、中央公論社勤務。『婦人公論』副編集長として退職。テレビ朝日『トゥナイト』の司会を務める。降板後、日本ビジネス専門学校校長、のち新潟経営大学教授就任。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第60回直木賞(昭和43年/1968年下期)「糸魚川心中」
  • |候補| 第61回直木賞(昭和44年/1969年上期)「B少年の弁明」
  • 第4回日本文芸大賞[特別賞](昭和55年/1980年)『十一世市川団十郎』『ホットアングル』
  • |候補| 第9回平林たい子文学賞[小説部門](昭和56年/1981年)『十一世市川団十郎』
  • 第11回日本文芸大賞(平成3年/1991年)『それぞれの方舟』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第60回候補  一覧へ

いといがわしんじゅう
糸魚川心中」(『オール讀物』昭和43年/1968年10月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」
巻号 第23巻 第10号  別表記10月特別号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「いといがわしんじゅう」
印刷/発行年月日 印刷 昭和43年/1968年9月20日 発行 昭和43年/1968年10月1日
発行者等 編集兼発行人 杉村友一 印刷人 澤村嘉一 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
装幀/装画等  成瀬一富
総ページ数 390 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×26行
×3段
本文ページ 352~375
(計24頁)
測定枚数 86
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 利根川裕 男41歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男69歳
0  
石坂洋次郎
男68歳
0  
源氏鶏太
男56歳
4 「話がうまく出来ている割には感動が残らなかった」
今日出海
男65歳
0  
中山義秀
男68歳
3 「好い気なものだと思ったが、最後の結びは面白かった。」
大佛次郎
男71歳
0  
海音寺潮五郎
男67歳
0  
村上元三
男58歳
3 「豊田氏と同様のこと(引用者注:欠点のつけようのない作品だが、直木賞としては物足りない)が言える。」
柴田錬三郎
男51歳
0  
松本清張
男59歳
0  
水上勉
男49歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和44年/1969年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「7」
時代設定 場所設定
[同時代]  新潟県糸魚川市~東京
登場人物
桔梗雅彦(言語研究所所員)
中村美栄子(醸造業家の次女)
磯野恭三郎(独居老人、元・陸軍少尉)
百合(磯野が戦時中出会った劇団座長)




直木賞 第61回候補  一覧へ

ビーしょうねん べんめい
B少年の 弁明」(『中央公論』昭和44年/1969年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「中央公論」
巻号 第84年 第6号/通巻 第982号  別表記6月特大号
印刷/発行年月日 発行 昭和44年/1969年6月1日
装幀/装画等 挿画 桂ゆき子
総ページ数 432 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×24行
×2段
本文ページ 368~391
(計24頁)
測定枚数 81
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 利根川裕 男42歳
選考委員 評価 行数 評言
松本清張
男59歳
4 「少年犯罪の動機になっている疎外感を衝いているが少しく常套に陥っている。」
大佛次郎
男71歳
0  
海音寺潮五郎
男67歳
5 「おもしろく読んだが、あと味にのこるところがない。何かが足りないのである。」
川口松太郎
男69歳
4 「既に数回候補に上りながら今度の作品が最も悪かったのではないか。」
石坂洋次郎
男69歳
9 「私の好みでは、(引用者中略)「異邦人」の主人公ムルソーを少年にしたような「B少年の弁明」に心をひかれたが、賛成者は少なかった。」
今日出海
男65歳
0  
源氏鶏太
男57歳
6 「直木賞向きでなかったようだ。といって、芥川賞の候補になり得たかというと疑問がある。」
村上元三
男59歳
7 「「オール讀物」に書くときは違って、どうしてこう読みづらい文章で書くのだろうか。弁明そのものが、少年ではなく大人の心理で書いてあるのも、疑問に思う。」
柴田錬三郎
男52歳
0  
中山義秀
男68歳
0  
水上勉
男50歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和44年/1969年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
ぼく(語り手、予備校生)
マリー・ユウコ(本名・九重裕子、ショオ・ダンサー)
村椿千仭(ぼくと同世代のトランペッター)
Q(ぼくの高校時代の同級生、医師の息子)
ママ(スナック・バーのママ)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ