直木賞のすべて
第64回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

武田八洲満
Takeda Yasumi
生没年月日【注】 昭和2年/1927年5月8日~昭和61年/1986年9月13日
経歴 宮城県遠田郡南郷町生まれ。東京商科大学専門部中退。日本図書館協会、出版業を経験し、「大事」でオール讀物新人賞受賞。師に長谷川伸がいる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第21回オール讀物新人賞(昭和37年/1962年下期)「道」
  • 第22回オール讀物新人賞(昭和38年/1963年上期)「大事」
  • |候補| 第64回直木賞(昭和45年/1970年下期)「紀伊国屋文左衛門」
  • 第1回池内祥三文学奨励賞(昭和46年/1971年)
  • |候補| 第68回直木賞(昭和47年/1972年下期)『信虎』
  • |候補| 第69回直木賞(昭和48年/1973年上期)『炎の旅路』
  • |候補| 第73回直木賞(昭和50年/1975年上期)『生麦一条』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第64回候補  一覧へ

きのくにや ぶんざえもん
紀伊国屋 文左衛門」(『大衆文芸』昭和45年/1970年4月号~10月号)
媒体・作品情報
分載回数 全6回
誌名 「大衆文芸」  別表記表紙・奥付 「大衆文芸」
巻号 (1)第30巻 第3号 (2)第30巻 第4号 (3)第30巻 第5号 (4)第30巻 第6号 (5)第30巻 第7号 (6)第30巻 第8号  別表記(1)4月 春の小説特集号/4月号 (2)5・6月号 (3)7月号 (4)8月号 (5)9月号 (6)秋の小説特集号/10月号
副題等 (2)目次 「(2)」 本文 「(二)」 (3)目次 「(3)」 本文 「(三)」 (4)目次 「(4)」 本文 「(四)」 (5)目次 「(5)」 本文 「(五)」 (6)目次 「終回」 本文 「(終回)」 
印刷/発行年月日 (1)印刷 昭和45年/1970年3月25日 発行 昭和45年/1970年4月1日 (2)印刷 昭和45年/1970年5月25日 発行 昭和45年/1970年6月1日 (3)印刷 昭和45年/1970年6月25日 発行 昭和45年/1970年7月1日 (4)印刷 昭和45年/1970年7月25日 発行 昭和45年/1970年8月1日 (5)印刷 昭和45年/1970年8月25日 発行 昭和45年/1970年9月1日 (6)印刷 昭和45年/1970年9月25日 発行 昭和45年/1970年10月1日
発行者等 編集者 花村 奨 発行者 財団法人新鷹会 印刷者 東亜印刷KK
発行所 財団法人新鷹会(東京都)
総ページ数 (1)134 (2)82 (3)82 (4)98 (5)82 (6)131 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
(1)~(6)
20字
×25行
×3段
本文ページ (1)102~133 (2)54~81 (3)44~68 (4)66~97 (5)58~81 (6)80~105
(計167頁)
測定枚数 595
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和47年/1972年12月・朝日新聞社刊『紀伊国屋文左衛門』
>>昭和63年/1988年3月・光文社/光文社時代小説文庫『紀伊国屋文左衛門』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 武田八洲満 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男58歳
0  
石坂洋次郎
男70歳
0  
水上勉
男51歳
3 「文体の粗いのが気になり、」
村上元三
男60歳
6 「こんどの八篇の中で、ただ一つ直木賞候補らしい作品だと思った。いくつも破綻があるし、饒舌すぎるが、実力は買いたい。」
今日出海
男67歳
0  
大佛次郎
男73歳
0  
柴田錬三郎
男53歳
8 「やさしい文章をつかい乍ら、これほど読みにくい時代小説も、珍しいのではあるまいか。」「各処で大きなあやまりをおかしているのも、気になった。」
川口松太郎
男71歳
0  
司馬遼太郎
男47歳
5 「戯曲風に書かれた独特のスタイルだが、小生には人物群が結像しにくかった。」
松本清張
男61歳
30 「推すなら武田八洲満氏の「紀伊国屋文左衛門」だと思った。ともかくこれには構成がある。史実も自分のものにしている。」「(引用者注:荻原重秀を)歩の悪い仕事を上から押しつけられる能吏として捉えていることに感心した。」「構想力のある新人と思う。」
選評出典:『オール讀物』昭和46年/1971年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章」~「第十章」
時代設定 場所設定
江戸中期(明暦年間~元禄年間)  江戸~駿河~大井川など
登場人物
文ぞう(紀州のみかん農夫、のち紀伊国屋文左衛門)
彦いち(文ぞうの友人、のち紀伊国屋一番番頭)
源べえ(文ぞうの友人)
河村瑞賢(老商人、のち旗本)
ゆう(瑞賢の女中)
まん(料理屋の女中)
奈良屋茂左衛門(最大の江戸商人)
松木新左衛門(駿府の絹問屋で町頭取)
荻原近江守重秀(幕府勘定吟味役)




直木賞 第68回候補  一覧へ

のぶとら
信虎』(昭和47年/1972年11月・毎日新聞社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記  「信虎(のぶとら)」
印刷/発行年月日 印刷 昭和47年/1972年11月20日 発行 昭和47年/1972年11月30日
発行者等 編集人 浜田琉司 発行人 朝居正彦 印刷 中央精版 製本 田中製本
発行所 毎日新聞社(東京都・大阪市・名古屋市・北九州市) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 鈴木朝生
総ページ数 301 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×16行
×1段
本文ページ 5~301
(計297頁)
測定枚数 482
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和62年/1987年8月・光文社/光文社時代小説文庫『信虎』
>>昭和63年/1988年2月・毎日新聞社刊『信虎』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 武田八洲満 男45歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男75歳
0  
源氏鶏太
男60歳
4 「案外不評であったのは、どうも力作に過ぎて読み辛いところに原因があったようだ。」
石坂洋次郎
男72歳
3 「長すぎると思った。」
司馬遼太郎
男49歳
8 「おそらくご自分の「何物」かを問うてみたくて書かれた作品であろう。しかし問うがための姿勢が前面に出て、技倆がうしろへひっこみ、ひどく貧困なものになった。」
川口松太郎
男73歳
0  
水上勉
男53歳
0  
村上元三
男62歳
6 「構成に難がある。それぞれ人間はよく描かれているが、途中、何べんも前へ戻って読み返さないと、人間関係が雑然としてわからず、読みにくかった。」
今日出海
男69歳
0  
柴田錬三郎
男55歳
0  
松本清張
男63歳
19 「信虎が人間的にまったく描けていない。」「子の信玄との間も、両方を体裁よくしようとしてか性格があいまいになっている。信虎・信玄とも個性が強いのだからこれでは困る。百姓の困苦も観念的な書き方だ。」
選評出典:『オール讀物』昭和48年/1973年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「一之章 五郎」「二之章 ひょう」「三之章 せん」「四之章 でん」「五之章 るえ」「六之章 大次郎」「七之章 太郎」「八之章 晴信」
時代設定 場所設定
戦国(明応年間~天文年間)  甲斐
登場人物
武田信虎(幼名・五郎、甲斐国守護、武田十八代統領)
ひょう(百姓の家の娘)
でん(ひょうの弟)
大井信達(甲斐の有力諸族の一人)
せん(信達の娘、信虎の正室)
武田晴信(幼名・太郎、信虎の長子、のちの信玄)




直木賞 第69回候補  一覧へ

ほのお たびじ
炎の 旅路』(昭和48年/1973年5月・中央公論社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 印刷 昭和48年/1973年5月21日 発行 昭和48年/1973年5月31日
発行者等 発行者 山越 豊 印刷所 三晃印刷
発行所 中央公論社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 玉井ヒロテル
総ページ数 250 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×18行
×1段
本文ページ 3~248
(計246頁)
測定枚数 450
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>昭和48年/1973年9月・中央公論社刊『炎の旅路』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 武田八洲満 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
司馬遼太郎
男49歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
0  
源氏鶏太
男61歳
4 「心からご苦労様といいたいほどの努力作であるが、この文体は、一考を要するようだ。」
石坂洋次郎
男73歳
0  
水上勉
男54歳
6 「力作ながら、前半に退屈をおぼえた。横浜に舞台を絞った方が成功したのではないか、と一委員がいったのに賛成だった。」
川口松太郎
男73歳
0  
村上元三
男63歳
8 「やはり横浜に舞台が移るまで、読んでいて食いつけないのが、大きな欠点になっている。」「文章は、もっと読みやすくなってほしい。」
今日出海
男69歳
5 「様々な筋を無理に一篇にまとめたために散漫になり、興味の中心が絶えず移動して、平板な作品にしたのは惜しい。」
松本清張
男63歳
15 「女がまったく観念的にしかできていないので、外人技師との間が木に竹をついだようになっている(ここは作者も苦労している)。」「氏の本領が前作の武田信虎や本作品のようなものより江戸の商人ものにあると信じている」
選評出典:『オール讀物』昭和48年/1973年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章」~「第五章」
時代設定 場所設定
幕末~明治初期  磐城国平藩~仙台~セイロン島~江戸(東京)~横浜など
登場人物
土屋こと(平藩士・土屋庄一郎の娘)
エドモンド・モレル(鉄道建設の英国技師)
ことの母(庄一郎の後妻、百姓の娘)
隆造(京浜汽船稲川丸の船長代理)
はな屋万次郎(商人、ことの育ての親)
土屋鉄之助(ことの異母弟)
井上勝(長州出身の役人)




直木賞 第73回候補  一覧へ

なまむぎいちじょう
生麦一条』(昭和50年/1975年5月・中央公論社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙・背・扉 「生麦一条」 奥付 「生麥一条」
印刷/発行年月日 印刷 昭和50年/1975年5月20日 発行 昭和50年/1975年5月31日
発行者等 発行者 高梨 茂 印刷 三晃印刷
発行所 中央公論社(東京都) 形態 四六判 上製
総ページ数 373 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×19行
×1段
本文ページ 5~371
(計367頁)
測定枚数 707
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 武田八洲満 男48歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男75歳
17 「あの詳細な調査と記述とには敬意を表するが、どれほど努力しようとも所詮は一種のルポルタージュだ。」「単なる読物賞であれば「生麦一条」を推薦するに吝かではないが小説では棄権だ。」
石坂洋次郎
男75歳
8 「私は右の三作(引用者注:「ふれあい」「生麦一条」「天を突く喇叭」)を推したが、賛否半ばして、直木賞に選ばれず、残念だった。」
柴田錬三郎
男58歳
18 「小説ではなく、資料をならべただけで、作者不在である。」「あとがきに、おびただしい参考資料をならべているが、作者は、その資料の中にうずもれて、自分を全く見失った模様である。」
源氏鶏太
男63歳
16 「大方の意見は、要するに資料の寄せ集めであり、小説になっていないし、資料を見る眼に疑問があるということで落ちた。」「私は、ちゃんとした小説として読んだし、それなら資料について、それほど大袈裟にいう必要があるのだろうかと思った。」「選考委員会は、資料についての選考会でないのだと、今でもその後味の悪さを感じている。」
村上元三
男65歳
15 「史料の寄せ集めという酷評も出たが、史料を自分で消化して作品化している努力は認めたい。」「努力を認めて直木賞にしてもよい、と思った。だが、作者をよく知りすぎているだけに、強く推せば、やはり私情が出てくる。源氏委員とわたしだけの票では、なんとも弱かった。」
今日出海
男71歳
7 「量からいっても一番の力作ではあった。資料の渉猟も綿密で、読み応えはあったが、全編に力が入りすぎて、作品の感動よりも、人を疲れさせる緩急を欠いた憾みがある。」
水上勉
男56歳
33 「候補作の中で最もぬきん出た」「ところが、委員中に歴史事実の問題点、疑問点があると意見が出て、「歴史そのまま」ともいえない判定が出てくると、どこかに嘘があるなら、むしろ、もっと作者の空想や創造をひろげて、面白く語ってくれた方が、という気もして、労作は認めながらも受賞作に推すのを控えた。」
松本清張
男65歳
94 「力作がかならずしも秀作ではないという見本のようなもの。」「いちばん大事な作者の眼がない。」「重大な事実の書き落しや間違いがある。」「(引用者注:私が間違いを指摘するのは)作者が江戸時代の商人について描ける才能を持っていると思うからである。それに、こんどの作では、文章が格段によくなっている。」
選評出典:『オール讀物』昭和50年/1975年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 路上」「第二章 襲撃」「第三章 長文書翰」「第四章 激浪」
時代設定 場所設定
江戸幕末  武蔵国生麦村~横浜~江戸など
登場人物
小笠原図書頭長行(幕府老中格)
阿部越前守正外(生麦事件発生時の神奈川奉行、のち外国奉行)
エドワード・セント・ジョン・ニール(イギリス代理公使、陸軍中佐)
浅野伊賀守氏祐(阿部越前守の後任神奈川奉行)
清河八郎(出羽庄内藩郷士、急進的な攘夷派)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ