芥川賞のすべて・のようなもの
第21回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

光永鐵夫
Konaga Tetsuo
生没年月日【注】 明治35年/1902年3月7日~昭和55年/1980年3月28日
経歴 本名=山口武美。別筆名=青旗青太郎。青森県生まれ。東洋大学哲学卒。姓の読みを「ミツナガ」とする文献もある。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第21回芥川賞(昭和24年/1949年上期)「雪明り」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第21回候補  一覧へ

ゆきあか
雪明り」(『素直』復刊1号[昭和24年/1949年5月])
媒体・作品情報
誌名 「素直」
巻号 復刊 第1号
印刷/発行年月日 印刷 昭和24年/1949年5月20日 発行 昭和24年/1949年5月25日
発行者等 編集者 外村 繁 発行者 加納正吉 印刷者 中内佐光(東京都)
発行所 留女書店(東京都)
総ページ数 232 表記上の枚数 表紙・目次 150枚 基本の文字組
(1ページ当り)
56字
×20行
×1段
本文ページ 40~97
(計58頁)
測定枚数 137
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 光永鐵夫 男47歳
選考委員 評価 行数 評言
舟橋聖一
男44歳
20 「投票は「本の話」と「雪明り」に集っていた。」「私には、この連賞(引用者注:「本の話」と「雪明り」への授賞)には、絶対反対であった。」「(引用者注:「本の話」の)連賞の相手が、光永では、あまりにも、平々凡々である。堅実とはいう条、何の発展性もないではないか。旧文学の踏襲ではないか。マンネリズムではないか。」
川端康成
男50歳
3 「私は同情を持ったが、新味が感じられなかった。」
岸田國士
男58歳
2 「確かな眼は感じられるけれども、感覚の旧さが気になり、」
石川達三
男43歳
8 「古いという評があった。私はそれほど古いとも思わない。」「一種独特の流れのような会話の調子をもっていてその効果も出ているが、調子の良さに欺されそうで警戒したい感じがあった。」「しっかりした作風であるが磨きが足りないような気もする。」
丹羽文雄
男44歳
19 「これだけの材料をこの種類の料理の仕方しか出来ない点に、不満をもった。」「かなり書き込んであるが、効果はあがっていない。」「百五十枚なのに、おかしなくらい何の感動もうけなかった。感動を何かで相殺している。この主人公の位置、あり方が気に入らぬ。」「「雪明り」の澄み方からは、もはや何も期待出来ない。」
坂口安吾
男42歳
0  
佐藤春夫
男57歳
11 「文学の世界で悠々自適しているのをいいと思った。」「「本の話」と「雪明り」とが当選と決まりそうになった時、自分は最も支持した「雪明り」を撤回した。この二篇を併せてみると二篇ともあまりに時代感覚がずれているからである。」「作者はきっと個性の強い老文学青年かと思う。世に埋れながらも文学を心から愛してそれに安住することが出来そうな頼もしさがあるのを敬愛する念から敢て支持を撤回する気になったものである。」
瀧井孝作
男55歳
23 「一番すぐれていると思った。これは、リアリズムの小説ではなく、リリシズムのもので、そしてフィクションの作品だが、文章も板についていて、調っていて、読後の感じは、沁々した佳い感じがあった。」
宇野浩二
男57歳
8 「好感が、もてる。しかし、いかにも、ありふれている。そうして、古くさい。しかし、やはり、わるい感じはしない。それは、常識的であるからかもしれない。しかし、小説に『常識』は絶対に禁物である。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和24年/1949年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ