芥川賞のすべて・のようなもの
第24回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

島村進
Shimamura Susumu
生没年月日【注】 大正10年/1921年11月12日~
経歴 埼玉県加須生まれ。東京大学国文科中退。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第24回芥川賞(昭和25年/1950年下期)「源七履歴」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第24回候補  一覧へ

げんしちりれき
源七履歴」(『群像』昭和25年/1950年7月号)
媒体・作品情報
誌名 「群像」
巻号 第5巻 第7号  別表記7月創作特集号
作品名 別表記 「源七履
印刷/発行年月日 印刷 昭和25年/1950年6月15日 発行 昭和25年/1950年7月1日
発行者等 編集兼発行人 高橋次 印刷人 大橋芳雄 印刷所 共同印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社大日本雄辯會講談社(東京都)
総ページ数 216 表記上の枚数 目次 132枚 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×26行
×2段
本文ページ 125~159
(計35頁)
測定枚数 132
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 島村進 男29歳
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男46歳
2 「直木賞で問題にされるのが相応しい。」
石川達三
男45歳
0  
岸田國士
男60歳
3 「才筆には感心するが、これも興味のもち方が浅く、観察の面白さが意識的な軽口に化けてしまっている。」
瀧井孝作
男56歳
2 「まだまだと思いました。」
宇野浩二
男59歳
7 「一と口にいうと、ふざけた小説である。軽口小説である。軽口とは、口まめで、滑稽めく、という程の意味である。かりに、軽口でも、滑稽めいても、よいとしても、作者がふざけているのがよくない。」
佐藤春夫
男58歳
11 「それほど我慢をしないでも通読出来る作品であった。」「少々大衆小説じみて作者がひとりで悦に入っているような達者な文章が気になるが達者は正しく達者、」「恐らく今日の委員はこれを認めまい。単に自分のもの好きなゲテ物好みと思われそうである。強いてこの作品を押し立てる程の熱意も湧かない。」
舟橋聖一
男46歳
0  
川端康成
男51歳
0  
坂口安吾
男44歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和26年/1951年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ