直木賞のすべて
第75回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/7/9

小田原金一
Odawara Kin'ichi
生没年月日【注】 大正6年/1917年7月21日~平成10年/1998年10月29日
経歴 青森県青森市生まれ。青森師範学校卒。教師となる。戦時中に応召され、敗戦後はシベリア抑留を経験。その後、青森市内の小学校校長を務める。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第75回直木賞(昭和51年/1976年上期)『北辺の嵐』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第75回候補  一覧へ

ほくへん あらし でんしちいぶん
北辺の 嵐―― 伝七異聞』(昭和51年/1976年2月・津軽書房刊)
媒体・作品情報
副題等  「伝七異聞
印刷/発行年月日 発行 昭和51年/1976年2月25日
発行者等 発行者 高橋彰一 印刷製本 小野印刷
発行所 津軽書房(青森県弘前市) 形態 四六判 上製
総ページ数 502 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×18行
×1段
本文ページ 5~497
(計493頁)
測定枚数 898
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和51年/1976年7月・津軽書房刊『北辺の嵐――伝七異聞』[新装版]
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 小田原金一 男58歳
選考委員 評価 行数 評言
司馬遼太郎
男52歳
13 「なぜこのような郷土史的な力作をわざわざ小説仕立てにしなければならなかったかと思い、惜しまざるをえない。」「郷土史的な事柄が膨満してしまって主人公の存在が小説とはいえないほどに稀薄になってしまっている。」
川口松太郎
男76歳
12 「「北辺の嵐」というような長大作を読まされて、それが受賞に値しない場合の委員の落胆ぶりを考えて見給え。作品を読むということがどれほど辛く苦しい仕事か。」「読む相手に苦痛を与える作品は一種の罪悪とさえいえる。」
源氏鶏太
男64歳
5 「終始、誠実に、一所懸命にたくさんの資料と取っ組んでいるのだが、残念ながらそこで終ってしまっている。」
水上勉
男57歳
24 「個性を示して面白かった。」「が、さて読了してみると、長編のわりに、人間的な感銘が稀薄なのはどういうことか。」「主人公の人間性の掘り下げが足りぬ。」「資料好きなぼくは面白くついていったが、面白い小説を期待する人にはついてゆけまい。むずかしいところだと思う。」
村上元三
男66歳
16 「資料をよく調べていながら、咀嚼が足りない。」「もっと広い観点から、蝦夷地の問題を扱うべきだと思うが、それは、小田原氏の今後の努力に待ちたい。」
柴田錬三郎
男59歳
6 「労作かならずしも、秀作とはならないし、視点がぼやけてしまえば、北海道史志として編まれたような退屈をともなう」
石坂洋次郎
男76歳
14 「私の故郷である青森県が舞台になっていることに気づかされた。」「しかし、(引用者中略)小説としては、そうすぐれた出来栄えでなかったことは残念であった。」
今日出海
男72歳
12 「量的に選者を圧倒したが、作者も丹念な資料調査に、小説の主人公を随所に置き忘れたが、少なくとも影が薄くなる始末ではなかったか。」「小説の骨法が鮮明を欠いている風で惜しまれた。」
松本清張
男66歳
21 「焦点がない。あれもこれもともりこみすぎて、力点が拡散している。」「「調べたこと」のすべてを書くのが小説ではない。」「むしろ幕末の北海道開拓商人に強く絞ったほうがよかったろう。構成の失敗といえるであろう。」
選評出典:『オール讀物』昭和51年/1976年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「南部領大畑村色見崎」「武陵桃源の夢」「飛騨屋蝦夷檜請負山」「飛騨屋厚岸請負漁場」「黒髪の紅毛人」「久奈志利請負場所」「彫琢鏤心の刀鞘」「霧多布領納加麻布」
時代設定 場所設定
江戸中期[寛延年間~寛政年間]  奥州南部領~蝦夷地松前など
登場人物
伝七(南部藩から蝦夷地への出稼者)
文治(伝七の叔父)
重兵衛(伝七の親方)
左兵衛(伝七の先輩出稼者)
三代目飛騨屋久兵衛(蝦夷地の豪商)
ツキノイ(久奈志利の酋長)
青島俊蔵政教(幕府の蝦夷地検分隊普請役)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ