直木賞のすべて
第67回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

加藤善也
Kato Yoshiya
生没年月日【注】 大正4年/1915年3月15日~昭和59年/1984年3月4日
経歴 本名=加藤周一。東京・日本橋岩附町生まれ。錦城商業学校卒。昭和25年/1950年まで飲食店経営。その後、アコーディオン奏者として放浪。『文学無限』『文学四季』を経て『小説と詩と評論』に創刊時から同人として参加する。妻は直木賞候補作家でもある作家の諸星澄子
受賞歴・候補歴
  • 第1回作家賞(昭和39年/1964年)「ヘンな椅子」
  • |候補| 第67回直木賞(昭和47年/1972年上期)「おきさ」
  • |候補| 第69回直木賞(昭和48年/1973年上期)「木煉瓦」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第67回候補  一覧へ
「おきさ」(『小説と詩と評論』101号[昭和47年/1972年3月])
媒体・作品情報
誌名 「小説と詩と評論」
巻号 第101号/第10巻 第3号
印刷/発行年月日 発行 昭和47年/1972年3月10日
発行者等 編集人 渡辺祐一 発行人 森田雄蔵 印刷所 福音印刷株式会社(東京都)
発行所 小説と詩と評論社(東京都)
総ページ数 48 表記上の枚数 編集後記 92枚 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 1~27
(計27頁)
測定枚数 96
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 加藤善也 男57歳
選考委員 評価 行数 評言
司馬遼太郎
男48歳
0  
大佛次郎
男74歳
0  
石坂洋次郎
男72歳
0  
水上勉
男53歳
0  
川口松太郎
男72歳
0  
源氏鶏太
男60歳
4 「読んでいて仄仄と愉しい小説であったが、しかし、どこか古風であったことが難であろうか。」
今日出海
男68歳
0  
柴田錬三郎
男55歳
5 「かなり高く評価する。これには、一人の東京の下町女がよく描かれている。」
村上元三
男62歳
0  
松本清張
男62歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和47年/1972年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
大正~太平洋戦争中  東京~中国大陸など
登場人物
佐久間誠一(魚問屋荷上げ人足の息子)
おきさ(魚河岸の元・顔役の妾)
井関民雄(誠一の友人、魚河岸仲買い手伝い)




直木賞 第69回候補  一覧へ

もくれんが
木煉瓦」(『小説と詩と評論』115号[昭和48年/1973年5月])
媒体・作品情報
誌名 「小説と詩と評論」
巻号 第115号/第11巻 第5号
印刷/発行年月日 発行 昭和48年/1973年5月10日
発行者等 編集人 石 一郎 発行人 森田雄蔵 印刷所 福音印刷株式会社(東京都)
発行所 小説と詩と評論社(東京都)
総ページ数 38 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 5~34
(計30頁)
測定枚数 107
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 加藤善也 男58歳
選考委員 評価 行数 評言
司馬遼太郎
男49歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
0  
源氏鶏太
男61歳
0  
石坂洋次郎
男73歳
0  
水上勉
男54歳
0  
川口松太郎
男73歳
0  
村上元三
男63歳
8 「読み終ってから背負い投げを食わされた感じがした。つまり、読後に何も残らない、と言おう。」
今日出海
男69歳
0  
松本清張
男63歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和48年/1973年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「〈1〉」~「〈10〉」
時代設定 場所設定
大正  東京ャ
登場人物
田尻鎌吉(屋号「宝海堂」、古道具屋)
お関(鎌吉の妻)
酒巻源次(河岸揚の親分)
章太(酒巻の長男、小学生)
仙吉(鎌吉の13歳年下の弟)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ