芥川賞のすべて・のようなもの
第41回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

垣花浩涛
Kakihana Koto
生没年月日【注】 大正11年/1922年5月27日~平成18年/2006年8月8日
経歴 本名=垣花浩一。沖縄県生まれ。旧制善隣高商卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第41回芥川賞(昭和34年/1959年上期)「解体以前」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第41回候補  一覧へ

かいたいいぜん
解体以前」(『現象』17号[昭和34年/1959年1月])
媒体・作品情報
測定媒体 『文學界』昭和34年/1959年3月号
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋編集」併記
巻号 第13巻 第3号  別表記3月特別号
作品名 別表記 本文 「解體以
印刷/発行年月日 印刷 昭和34年/1959年2月20日 発行 昭和34年/1959年3月1日
発行者等 編集兼発行人 車谷 弘 印刷人 長久保慶一 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 文藝春秋新社(東京都)
総ページ数 244 表記上の枚数 表紙・目次 120枚 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×25行
×2段
本文ページ 8~40
(計33頁)
測定枚数 119
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『文學界』昭和34年/1959年3月号再録
>>昭和49年/1974年12月・講談社刊『現代の文学39 戦後2』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 垣花浩涛 男37歳
選考委員 評価 行数 評言
石川達三
男54歳
0  
丹羽文雄
男54歳
0  
舟橋聖一
男54歳
7 「教員というものに対する既成の先入観があっては、蹤いてゆけない読者もあるだろう。」「花袋の「田舎教師」の頃の反響とくらべると、世界は寛大になったものだ。今回の受賞には足りなかったが、筆力に将来性はある。」
井伏鱒二
男61歳
0  
中村光夫
男48歳
3 「(引用者注:「三十六号室」と)似かよった出来で、」
永井龍男
男55歳
0  
川端康成
男60歳
10 「(引用者注:「三十六号室」「眼」と共通して)今日の「流行小説」と言えるだろう。組織と人間に触れて、人間不信、自己喪失というような嫌悪から破滅に落ちてゆく。」「追いこみの結末は、私などには誇張が過ぎるように思われる。」「(引用者注:「三十六号室」と共に)作者の設置した人間関係のまがりくねりを、かなりよく追っている。」
佐藤春夫
男67歳
0  
井上靖
男52歳
4 「(引用者注:「三十六号室」と共に)組織と人間の問題を追求した今日的作品であるが、この種の作品の中では共に力作であると思った。」
瀧井孝作
男65歳
3 「二頁程読んで、だらしのないフヤケた筆にはついて行けず、読むのを止めた。」
宇野浩二
男67歳
2  
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和34年/1959年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ