直木賞のすべて
第71回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

素九鬼子
Moto Kukiko
生没年月日【注】 昭和12年/1937年1月☆日~
経歴 本名=内藤恵美子、旧姓=松本。愛媛県西条市生まれ。県立西条高中退。結婚後、『旅の重さ』の原稿を由起しげ子に送る。由起しげ子の死後、原稿が発見されて刊行され、作家へ。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第71回直木賞(昭和49年/1974年上期)『パーマネントブルー』
  • |候補| 第72回直木賞(昭和49年/1974年下期)『大地の子守歌』
  • |候補| 第73回直木賞(昭和50年/1975年上期)「ひまやきりしたん」
処女作 『旅の重さ』(昭和47年/1972年・筑摩書房刊)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第71回候補  一覧へ
『パーマネントブルー』(昭和49年/1974年3月・筑摩書房刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和49年/1974年3月25日(第1刷)
発行者等 発行者 井上達三 印刷所 明和印刷 製本所 永興舎
発行所 株式会社筑摩書房(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等 表紙版画 素九鬼子
総ページ数 225 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×15行
×1段
本文ページ 3~225
(計223頁)
測定枚数 322
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 素九鬼子 女37歳
選考委員 評価 行数 評言
柴田錬三郎
男57歳
9 「平がなばかり使う読みにくさを、教えられた。」「平がなばかり使わなければならぬ必然性を、全く感じなかった。」
源氏鶏太
男62歳
5 「私の好きな作品であった。このままで忘れ去られるには惜しい作品と、今でも思っている。」
今日出海
男70歳
0  
石坂洋次郎
男74歳
5 「ある程度面白かったが、レアリテーに乏しいのが残念だった。」
村上元三
男64歳
3 「候補になったのが不幸であった。」
川口松太郎
男74歳
0  
松本清張
男64歳
0  
水上勉
男55歳
5 「素九鬼子さんの世界も楽しいが、しかし、これはこれだけのことといった感じがしたのは私だけであるか。」
司馬遼太郎
男50歳
8 「(引用者注:小説)とは別の分野のもののように思われた。」
選評出典:『オール讀物』昭和49年/1974年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「I」「II」
時代設定 場所設定
[同時代]  愛媛~島
登場人物
ぼく(語り手、宿屋の息子、学生)
女(海辺にいた正体不明の女、ぼくより少し年上)
おやじ(ぼくの父親、宿屋の主人)
とよ(宿屋の女中)




直木賞 第72回候補  一覧へ

たいち こもりうた
大地の 子守歌』(昭和49年/1974年11月・筑摩書房刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「たいち」
印刷/発行年月日 発行 昭和49年/1974年11月30日(第1刷)
発行者等 発行者 井上達三 印刷所 暁印刷 製本所 和田製本
発行所 株式会社筑摩書房(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 表紙木版 松本ひろみ 装幀 加藤光太郎
総ページ数 276 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
44字
×17行
×1段
本文ページ 3~276
(計274頁)
測定枚数 464
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 素九鬼子 女(38歳)
選考委員 評価 行数 評言
松本清張
男65歳
3 「前候補作同様、その甘たれた特徴がすでに陳腐。」
石坂洋次郎
男74歳
7 「それぞれいま一と息といった作品」
司馬遼太郎
男51歳
3 「稀少な愛好者のために書かれたような感じ」
源氏鶏太
男62歳
3 「いちだんと観念的になって来たようである。」
水上勉
男55歳
12 「作風は独自のもので、いつも直木賞よりは別の……という声もある。」「頑固な作家魂に敬服するし、そういう心田を貴重に思う。」
今日出海
男71歳
10 「選考委の席上、直木賞に属する作品かどうか問題になったというが、私もその点疑問に思う。叙情詩的筆致は作者生得の資質だろうが、そのために生々しさが薄れている。」
村上元三
男64歳
3 「全体に稚さを感ずる。」
川口松太郎
男75歳
9 「終りがやや弱くなったが然しいい作品であった。」「(引用者注:「アトラス伝説」よりも)純粋で重厚でもあり、主題がはっきりしていて読後の感銘も深い。」
柴田錬三郎
男57歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和50年/1975年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
昭和初期  伊予~島
登場人物
りん(奥山育ちの少女)
ばば(りんの養育者)
佐吉(周旋屋)
一色正平(漁船乗りの少年)




直木賞 第73回候補  一覧へ
「ひまやきりしたん」(『文學界』昭和50年/1975年1月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋」併記
巻号 第29巻 第1号  別表記新年特別号/1月号
印刷/発行年月日 発行 昭和50年/1975年1月1日
発行者等 編集兼発行人 西永達夫 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 288 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 112~143
(計32頁)
測定枚数 94
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 素九鬼子 女38歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男75歳
4 「前回の「大地の子守歌」ほどの迫力がなくストオリイも魅力うすく残念だった。」
石坂洋次郎
男75歳
0  
柴田錬三郎
男58歳
6 「どこにも新鮮味はなく、どこかで借りて来たような文章で、ストーリイのつじつまを合せているだけであった。」
源氏鶏太
男63歳
4 「敢ていうと、観念の遊戯に終っている。自分の骨身をけずって貰いたい。」
村上元三
男65歳
5 「これまで候補になった三作のうち、一ばんおとなの作品だと思うが、このひよわさから、もう抜けてほしい。」
今日出海
男71歳
10 「リズムで文章を書いてでもいるようだ。これが氏の一つの特質ならば、読者をそれに乗せなければならぬ。うまく乗せてくれないと作品全体に響く瑕瑾になってしまう恐れさえある。」
水上勉
男56歳
12 「あいかわらずの氏の語りにめぐりあえて嬉しかった。」「素氏の世界は、直木賞に値する分野だと思う。しかし、そんなことはどっちでもよい。どしどしこの調子で物語をやってほしい。あなたの語りはあなたでしか語れぬ。」
松本清張
男65歳
8 「凡作。この作者はこうした借りものの「原始性」の世界をもう脱いだほうがいい。」「カッコなしの会話で運べば「純文学」になると思う錯覚があるなら、それも捨てるべきである。」
選評出典:『オール讀物』昭和50年/1975年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
明治初期  伊予
登場人物
おすえ(語り手、出戻り女)
豊吉(肥前出身のきりしたん)
おきん婆(庄屋の下女)
父(おすえの父親、庄屋の主人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ