直木賞のすべて
第77回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

谷恒生
Tani Kosei
生没年月日【注】 昭和20年/1945年9月18日~平成15年/2003年7月9日
経歴 東京都生まれ。鳥羽商船高卒。日本海汽船入社、一等航海士を務める。『喜望峰』で作家デビューし、のちSF伝奇小説を数多く著す。
受賞歴・候補歴
処女作 『喜望峰』(昭和52年/1977年4月・KKベストセラーズ刊)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第77回候補  一覧へ

きぼうほう
喜望峰』(昭和52年/1977年4月・KKベストセラーズ/ベストセラー・ノベルズ)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和52年/1977年4月25日(初版)
発行者等 発行者 岩瀬順三 印刷 新井印刷 製本 明泉堂
発行所 KKベストセラーズ(東京都) 形態 新書判 並製
装幀/装画等 本文イラストレーション 滝瀬源一
総ページ数 314 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
50字
×18行
×1段
本文ページ 5~314
(計310頁)
測定枚数 615
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>昭和55年/1980年7月・集英社/集英社文庫『喜望峰』
>>平成2年/1990年11月・徳間書店/徳間文庫『喜望峰』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 谷恒生 男31歳
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男58歳
0  
今日出海
男73歳
0  
松本清張
男67歳
0  
司馬遼太郎
男53歳
0  
源氏鶏太
男65歳
5 「どの人物も類型的であることが物足りなかった。映画的な面白さに満ちていたが、それがマイナスと感じられた。」
村上元三
男67歳
9 「主人公の稲村という一等航海士の行動は無責任で、ヒロイズムとは縁が遠い。南ア問題に引っかかって、日本船の乗組員全部が死んでしまい、女ひとり助かるというのも、どうも安っぽくて、後味もよくない。」
石坂洋次郎
男77歳
0  
柴田錬三郎
男60歳
8 「アメリカ製二世のスパイ・アクション的題材(引用者中略)の方が、(引用者注:「つゆ」や「竹生島心中」よりも)面白かった。もとより、それぞれに、高い点数をつけた次第ではない。」
川口松太郎
男77歳
10 「決定的作品がなくて困ったが、(引用者中略)一応推した。」「欠点がありすぎる。」
選評出典:『オール讀物』昭和52年/1977年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「プロローグ」「第一章 ケープタウン」「第二章 アパルトヘイト」「第三章 白雲丸」「第四章 サイクロン」「第五章 喜望峰」
時代設定 場所設定
[同時代]  南アフリカ
登場人物
稲村雅史(「白雲丸」乗船の一等航海士)
リン(南ア解放戦線のメンバー)
キース・ケイン(南ア国家保安局の権力者)
ロザリオ・アンタレス(モザンヴィック情報局の大物)
岬重蔵(甲板長)
矢代(三等航海士)
エドワード・シュミット(キース・ケインの部下)




直木賞 第79回候補  一覧へ

みさき
『ホーン 岬』
(昭和52年/1977年12月・KKベストセラーズ/ベストセラー・ノベルズ)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和52年/1977年12月5日(初版)
発行者等 発行者 岩瀬順三 印刷 東京ベル印刷 製本 ナショナル製本
発行所 KKベストセラーズ(東京都) 形態 新書判 並製
装幀/装画等 カバーイラスト 横山 明 本文イラストレーション 辰巳四郎 ルビ有りたつみ しろう
総ページ数 243 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
25字
×19行
×2段
本文ページ 7~242
(計236頁)
測定枚数 561
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和58年/1983年3月・集英社/集英社文庫『ホーン岬』
>>平成3年/1991年9月・徳間書店/徳間文庫『ホーン岬』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 谷恒生 男32歳
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男59歳
0  
村上元三
男68歳
6 「せっかく船乗りでなくては書けない材料を扱っているのに、安手なテレビ活劇映画のようで、それはそれなりで面白ければいいが、読み終ってがっかりした。」
司馬遼太郎
男54歳
6 「前回の候補作「喜望峰」のほうがおもしろかった。私はこの種の小説が好きなのだが、作品の中に入ってゆくのに難渋し、評価の自信がない。」
城山三郎
男50歳
5 「逆転また逆転と展開はおもしろいが、文章に難があった。」
川口松太郎
男78歳
14 「前回の「喜望峰」につづいて「ホーン岬」を書いた努力には敬意を表するが、そして仲々面白いのだが、文学に昇華していないのが大欠点だ。」「先ず文学の勉強をしなければ、幾度書いても同じ結果に終るだろう。」
五木寛之
男45歳
7 「その筆力には感心する。ただしこの人、いかにもプロっぽい作品の面構えで損をしていると思う。本当のプロは一見、堅気めいた物腰の連中が多いものだ。」
源氏鶏太
男66歳
4 「どうして候補作品に選ばれたのかと思いたくなってくる。私の年齢のせいであろうか。」
今日出海
男74歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和53年/1978年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「プロローグ A」「プロローグ B」「第一章 陽画と陰画」「第二章 クリストバル」「第三章 南大西洋」「第四章 ホーン岬」
時代設定 場所設定
[同時代] ブラジル・ブエノスアイレス~横浜~パナマ~南大西洋など
登場人物
陣内龍(「木星丸」乗船の一等航海士)
伊達英規(陣内の旧友、マラッカ海峡で遭難)
乾雄吉(操舵手)
山形健策(五星海運事務長)
グラデス(南米人、陣内に近付く謎の娘)
リーゲン・カクゾル(パナマ在住の海運業者)
キオール・パブロ(CIA要員)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ