直木賞のすべて
選評の概要
7980.
8182838485.
86878889.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H28]2016/4/28

城山三郎
Shiroyama Saburo
生没年月日【注】 昭和2年/1927年8月18日~平成19年/2007年3月22日
在任期間 第79回~第89回(通算5.5年・11回)
在任年齢 50歳10ヶ月~55歳10ヶ月
経歴 本名=杉浦英一。愛知県生まれ。東京商科大学理論経済学専攻卒。
受賞歴・候補歴
  • 第4回文學界新人賞(昭和32年/1957年)「輸出」
  • |候補| 第38回直木賞(昭和32年/1957年下期)「輸出」
  • 第40回直木賞(昭和33年/1958年下期)「総会屋錦城」
  • |候補| 第9回小説新潮賞(昭和37年/1962年)「絶叫の街」
  • 第25回文藝春秋読者賞(昭和38年/1963年下期)「硫黄島に死す」
  • 第28回毎日出版文化賞(昭和49年/1974年)『落日燃ゆ』
  • 第9回吉川英治文学賞(昭和50年/1975年)『落日燃ゆ』
  • 第33回NHK放送文化賞(昭和56年/1981年度)
  • 第40回神奈川文化賞[文学](平成3年/1991年)
  • 第53回文藝春秋読者賞(平成3年/1991年)「本田宗一郎は泣いている」
  • 第44回菊池寛賞(平成7年/1995年)『もう、きみには頼まない――石坂泰三の世界』
  • 第64回文藝春秋読者賞(平成14年/2002年)「私をボケと罵った自民党議員へ」
  • 朝日賞(平成14年/2002年度)"経済小説の分野を確立、組織と人間を描いてきた業績"
処女作 『中京財界史』(昭和30年/1955年)
個人全集 『城山三郎全集』全14巻(昭和55年/1980年1月~昭和56年/1981年3月・新潮社刊)
直木賞候補歴 第38回候補 「輸出」(『文學界』昭和32年/1957年7月号)
第40回受賞 「総会屋錦城」(『別冊文藝春秋』66号[昭和33年/1958年10月])
サイト内リンク 小研究-記録(年少受賞)
直木賞受賞作全作読破への道Part3
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 79 昭和53年/1978年上半期   一覧へ
選評の概要 深田氏の才能 総行数48 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男50歳
候補 評価 行数 評言
深田祐介
男46歳
12 「現代的なおもしろさという点では、「日本悪妻に乾杯」がよかった。」「とにかく、おもしろく、その悪妻の健気さに、ほろりとさせられもした。才気がありすぎると見られた点を、作品的にもどう克服するかが、この作者の今後の課題であろう。」
男49歳
3 「いかにも当世風な男と女の関係を描いて、うまい。ただそれに尽きる。」
男49歳
14 「スケールもあり、時代のゆるやかなうねりを、細密画のようにていねいに描いている。」「ただし、これほどまで方言で塗りかためる必要があるかどうか、読みにくさが難。」
選評出典:『オール讀物』昭和53年/1978年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 80 昭和53年/1978年下半期   一覧へ
選評の概要 琴の音が聞える 総行数68 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男51歳
候補 評価 行数 評言
女52歳
18 「たくましい筆力で、ひきこまれた。」「琴を聞きたい、いや琴の音が聞えてくるような、感動があった。」「重く読みづらいという声もあったが、わたしには、薪の山が消えかけてはまた華やいだ炎を上げるという感じが続き、一気に読むことができた。」
阿刀田高
男44歳
15 「わたしには、いちばんおもしろく、現代を感じさせ、考えさせてくれた。」「北極からの風が吹き抜けて行くような新鮮さと戦慄がある。同工異曲の軽い思いつきのように見られ、損をしたが、その軽さ新しさは、相当に質のよいもので、こうした領域の仕事はもっと評価されていいと思う。」
男42歳
10 「時代・舞台・人物の設定が秀抜で、いわゆる大道具・小道具の類もよく書きこまれている。」「わたしには、ドラマが盛り上りかけたところで、ふいに終る感じがし、結びの新聞記事とのかね合いが、うまく成功しているとは思えなかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和54年/1979年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 81 昭和54年/1979年上半期   一覧へ
選評の概要 精進を祈る 総行数54 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男51歳
候補 評価 行数 評言
帚木蓬生
男32歳
17 「極めて現代的な恐怖に目をすえ、国際的な舞台での人間の運命を追跡する知的で、しかも骨太な作品。それも、眼高手低とならず、構成も描写もみごと。」「わたしには、ほとんど非の打ちどころがないように見えたが、意外に賛同を得られなかった。」「この種の作品を評価することによって、日本の大衆文学の水準はさらに高まると思うのだが……。」
男44歳
17 「今回は、その先回候補作にくらべ、わたしには必ずしもすぐれているとは思えなかったのに、一転して、多くの選者の強い支持があった。」「宝石細工のような作品だけに、乱作多作を避けての御精進を祈りたい。」
男54歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和54年/1979年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 82 昭和54年/1979年下半期   一覧へ
選評の概要 不条理の美学 総行数53 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男52歳
候補 評価 行数 評言
つかこうへい
男31歳
16 「三作品の中では、「ヒモのはなし」が、とびぬけておもしろかった。」「かつて、わたしは、「熱海殺人事件」という戯曲を読み芝居も見て、この作者のたたきつけるように荒々しいダイナミズム、不条理というかナンセンスの軽やかな美学といったものに感心したものだが、「ヒモのはなし」には、荒々しさに代って一種のペーソスがあり、この作者の大きな才能と将来性を感じさせた。」
深田祐介
男48歳
11 「政治と商戦がだぶり、登場人物である商社員たちの内部では、日本の戦中と戦後が重なり合う。」「いわゆる調べた小説、足で書いた小説だが、「サンチャゴのおばん」と呼ばれる脇役の女性など、いきいきと描かれていた。」
選評出典:『オール讀物』昭和55年/1980年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 84 昭和55年/1980年下半期   一覧へ
選評の概要 人間の匂いが 総行数52 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男53歳
候補 評価 行数 評言
深田祐介
男49歳
14 「いかにも小説らしい小説で、書きすぎもせず、安定した出来上り。」「しっとりした作品だが、そうなると、同じ作者の「日本悪妻に乾杯」のようなおもしろさ新しさが望ましいということにもなり、いまさらこの人に、ということにもなってしまった。」
男52歳
15 「それぞれに面白く、新鮮であったが、ひとつ気になるのは、読み進めば進むほど人間が濃く浮き出てきていいのに、逆に、人間の姿や匂いが稀薄になって行ってしまう、という感じがあることであった。」「文章もしっかりしており、構成にも工夫があり、本格的な重厚な作品だが、それでも、その欠点から逃れてはいない。」
選評出典:『オール讀物』昭和56年/1981年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 85 昭和56年/1981年上半期   一覧へ
選評の概要 粒ぞろいの四作品 総行数70 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男53歳
候補 評価 行数 評言
森田誠吾
男55歳
22 「わたし自身の個人的な感懐や体験を重ね合わせ、身につまされて読んだ。」「描き出された馬琴とその周辺の人物たちの姿は、そのまま現代の物書きや出版人の姿を思わせ、さらにまた人間そのものの生き方や運命について考えさせるものがあった。」「読み方によっては抵抗を感じる向きもあろうが、森田氏はそれも承知の上で、描き切っている感じである。」
男48歳
21 「突拍子もない人間たちが、家の内も外もないような落語長屋風の舞台ににぎやかに出入りし、話にはずみが出てくる」「庶民にとってのひとつの戦中戦後を、さりげなく、しかし的確にとらえようという作者の思い入れの深さにもよるものなのであろう。」
神吉拓郎
男52歳
18 「話の展開の軽妙さ。虚が実になり、実が虚になるおもしろさ。」「味があり、気分のやすまる思いもして、しみじみと小説を読むたのしみを、いちばん感じさせてくれる作品であった。」
栗山良八郎
男(52歳)
25 「わたし自身の個人的な感懐や体験を重ね合わせ、身につまされて読んだ。」「身につまされるだけでなく、読むのにつらかった。それだけよく調べ、海軍の裏の裏といったところにまでふみこんで描いている、ということでもあろう。」「感動も生れるのだが、一方、わずかに後味のわるさが残る気がしたのは、どうしたものであろう。」
選評出典:『オール讀物』昭和56年/1981年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 86 昭和56年/1981年下半期   一覧へ
選評の概要 独特の破壊力 総行数52 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男54歳
候補 評価 行数 評言
男33歳
14 「テンポがよく、間がよく、イキがよく、いかにも人間が生きている感じがあった。」「だめな男対だめな男の関係が、お互いを生かし合っていて、おもしろく、その底にこの作者独特の破壊力を感じさせる。」
男49歳
14 「戦争の非情さ、アメリカのこわさといったものも、にじみ出て、いろいろ教えられることが多い。」「やや観念的というか、ぐちや説教を感じさせるところがあり、リズムが生まれず、少々読みづらかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和57年/1982年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 88 昭和57年/1982年下半期   一覧へ
選評の概要 「絢爛たる影絵」の読みごたえ 総行数52 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男55歳
候補 評価 行数 評言
高橋治
男53歳
15 「わたしには読みごたえがあった。人間分析の鋭さ、周到さ。」「偉大な個性とは組織にとって何であったか。その組織まで斜陽に追いやったものは何なのか。人生論、芸術論を超えて考えさせるものがあった。」
赤瀬川隼
男51歳
11 「野球の進行につれて、さまざまな人生が浮きぼりにされてくるさまが「舞踏会の手帖」を思わせた。作者は省くことの効果を知っており、読み手を一気にひっぱって行く力があり、後味もよかった。ただ赤峰という男の出し方に、わたしはやや不自然さを感じた。」
選評出典:『オール讀物』昭和58年/1983年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 89 昭和58年/1983年上半期   一覧へ
選評の概要 選評 総行数39 (1行=14字)
選考委員 城山三郎 男55歳
候補 評価 行数 評言
男58歳
15 「胡桃沢氏の作品の持味は、天馬空を行くが如き奔放さに在った。」「ただ、今回の作品は自伝風のもの。(引用者中略)氏のいつもの持味がうすれ、一応の出来にとどまっている。」「十分筆力もある人だけに、この作で受賞されることは、氏の本懐ではないのではないか。」
  「わたしは今回限りで選考委員を退きたいと思う。」「直木賞は年一回でよいという声が、委員の中からも出ている。年に二度だと、候補作の点数をそろえるために無理に候補にされる作品が出てくる。(引用者中略)また候補回数の多いひとをどう遇するか、という問題が起る。(いずれも今回のことではない。(引用者中略))」「ただ、わたしがこれ以上続ける自信と気力を失くした、というだけのことである。」
選評出典:『オール讀物』昭和58年/1983年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ