直木賞のすべて
第90回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/7/19

神吉拓郎
Kanki Takuro
生没年月日【注】 昭和3年/1928年9月11日~平成6年/1994年6月28日
受賞年齢 55歳4ヵ月
経歴 東京生まれ。成城高文科卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第85回直木賞(昭和56年/1981年上期)「ブラックバス」「二ノ橋 柳亭」
  • 第90回直木賞(昭和58年/1983年下期)『私生活』
  • 第1回グルメ文学賞(昭和59年/1984年)『たべもの芳名録』
  • |候補| 第5回坪田譲治文学賞(平成1年/1989年)『フツーの家族』
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part5
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第85回候補  一覧へ

はし やなぎてい
「ブラックバス」「 二ノ 橋  柳亭」
(昭和56年/1981年5月・文藝春秋刊『ブラックバス』より)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙・背 「ブラックバス 他六篇」 扉・奥付 「ブラックバス」
印刷/発行年月日 発行 昭和56年/1981年5月25日(第1刷)
発行者等 発行者 杉村友一 印刷所 凸版印刷 製本所 和田製本
発行所 株式会社文藝春秋(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 カバー写真 井上隆夫 A・D 坂田政則
総ページ数 228 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×17行
×1段
本文ページ
  • 5~23
  • 135~169
(計54頁)
測定枚数 80
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和61年/1986年1月・文藝春秋/文春文庫『ブラックバス』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品の書誌
二ノ橋 柳亭
>>昭和60年/1985年11月・白水社/白水Uブックス『日本幻想小説傑作集1』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の収録作品
「かぼちゃの馬車」「昔噺 じゃがの」「巫山の夢」「目の体操」「金色の泡」
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 神吉拓郎 男52歳
選考委員 評価 行数 評言
村上元三
男71歳
3 「「ブラックバス」と「二ノ橋柳亭」は、どちらもわたしは買わないし、直木賞の作品ではない。」
源氏鶏太
男69歳
9 「第一等の作品として推す選者もあったが、私にはわからなかった。」「が、「二ノ橋柳亭」は、面白かった。小説というよりも随筆風な作品であるが、最後の数行で見事に盛り上げている。」
阿川弘之
男60歳
0  
山口瞳
男54歳
21 「「ブラックバス」は(引用者中略)発表当時、清潔で不気味な詩情を湛えた名作だと思ったが、今回読みなおして一層の強い感動があった。むろん、これを第一に推したが大方の賛同が得られなかったのが残念だった。神吉さんは、東京の上流階級、中流階級、特にその女性心理の描ける得難い作家だと思っている。」
水上勉
男62歳
4 「「ブラックバス」(引用者中略)個性のつよい作品だが、神吉さんに省略の妙と独自な才質を見た。」
城山三郎
男53歳
18 「話の展開の軽妙さ。虚が実になり、実が虚になるおもしろさ。」「味があり、気分のやすまる思いもして、しみじみと小説を読むたのしみを、いちばん感じさせてくれる作品であった。」
五木寛之
男48歳
3 「私は(引用者中略)「ブラックバス」を強く推し、」
今日出海
男77歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和56年/1981年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇〔2篇〕
ブラックバス
章立て
なし
時代設定 場所設定
太平洋戦争末期  ある別荘
登場人物
彼(少年)
叔父(海軍予備学生、従軍)
キリン(彼の同級生)
二ノ橋 柳亭
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
三田仙之介(食味評論家)
村上(若い編集者)




直木賞 第90受賞  一覧へ

しせいかつ
私生活』(昭和58年/1983年11月・文藝春秋刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和58年/1983年11月20日(第1刷)
測定媒体発行年月日 発行 昭和59年/1984年2月20日(第3刷)
発行者等 発行者 西永達夫 印刷所 凸版印刷 製本所 加藤製本
発行所 株式会社文藝春秋(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装画 Andrew Murray AD 坂田政則
総ページ数 252 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×18行
×1段
本文ページ 7~252
(計246頁)
測定枚数 394
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『オール讀物』昭和57年/1982年5月号~昭和58年/1983年10月号/昭和58年/1983年6月号を除く
>>昭和61年/1986年12月・文藝春秋/文春文庫『私生活』
>>平成16年/2004年11月・埼玉福祉会/大活字本シリーズ『私生活』(上)(下)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品の書誌
ご利用
>>『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
六日の菊
>>『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
警戒水位
>>『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
釣り場
>>『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
>>『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 神吉拓郎 男55歳
選考委員 評価 行数 評言
池波正太郎
男60歳
14 「神吉拓郎〔私生活〕一本にしぼって、選考会へ出た」「掌篇のテクニックを振りしぼって丹念に書いた十七篇が、こうして〔私生活〕という、よき題名のもとに結実すると、相当の重量感があり、現代の壮・中年層の私生活(原文傍点)が、あざやかに切りとられている。」
源氏鶏太
男71歳
8 「玉石混淆の嫌いもないではないが、それぞれ人生の一断面を鋭どく抉ぐっていて、各人物がよく活かされている。文章の省略が利いていて、それらが一層この作品集の効果をあげている。」
村上元三
男73歳
12 「どれも読みやすいし、軽いものもあり、読後にずっしりしたものが残るものもあり、この作者は凡手ではない。長篇を書いても、しっかりした作品を読ませてくれるだろう。」
五木寛之
男51歳
34 「二作(引用者注:「私生活」と「友よ、静かに瞑れ」)を受賞作として推したいと考えて選考会にのぞんだ。」「これはきわどい小説である。前作の「ブラックバス」よりも気難しくなく(原文傍点)なった部分だけ俗に近づいており、そのきわどい警戒水位のすれすれで踏みこたえたところが、この作家の手腕だろう。」
水上勉
男64歳
20 「切れ味のいい作品、そうでないのもあったが、わずか十八枚で締めあげる職人芸の醍醐味である。」「都会にくらす庶民の哀愁。日常を些細に描きとめて、心にくい世界だ。」「借りものでない心因の所産で、「ブラックバス」以来、こつこつと彫りこんできた手練を感じさせた。」
山口瞳
男57歳
23 「私の尊敬する作家で、雑誌連載中も楽しく読んだ。こういう短篇連作は、二篇か三篇、ズシンとくる、もしくはジンとくるものがあればいいと思っているが、神吉さんの資質の生かされた作品があるとは思われなかった。軽い。」「前回候補の「ブラックバス」(引用者中略)がこの連作に含まれていると仮定して受賞に納得した。」
井上ひさし
男49歳
15 「そういう日常(引用者注:よく吟味された日常)の積み重ねによって培われた趣味が、これらの数篇を作者に書かせたのである。ただし十七篇全部を見わたすと凸凹ありすぎる。たとえば「警戒水位」(凸)と「季節労働者」(凹)とが同じ作者によるものとは、ほとんど信じがたい。」
選評出典:『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇集〔17篇〕
つぎの急行
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  東京郊外
登場人物
戸川(団地の住人)
草葉(戸川の近所の住人)
たねなし
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある町
登場人物
田谷(会社員)
あや子(洋服店主)
N夫人(子供のいない夫人)
丘の上の白い家
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある町
登場人物
小宮(会社員)
尾崎(小宮の同僚、丘の上の家の住人)
啓子(尾崎の妻)
ご利用
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある町
登場人物
宇佐美(営業マン)
中根とも子(スーパーの店員、宇佐美と肉体関係をもつ)
六日の菊
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]~太平洋戦争戦後直後  ある町~箱根
登場人物
篠田(男)
小堀(篠田の友人)
雍子(小堀の叔母)
山屋伍郎(画家、叔母と夜を過ごした男)
警戒水位
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
石山(会社員)
倉本(石山の会社の社長)
とみ子(飲み屋の女将)
かけだし老年
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある町
登場人物
坪井(60代の元会社員、独身)
釣り場
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある山間
登場人物
私(語り手)
老人(釣りの穴場について語る男)
小夜子
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
玉井(「モンシェリ」の常連客)
浜垣(同、70歳前後)
小夜子(浜垣のダッチワイフ)
冬眠
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある町
登場人物
修介(男)
島(修介の隣人、舞台俳優)
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある町
登場人物
喜久子(失業中の女)
清治(喜久子の夫、4年間行方不明)
背中
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
中根(個人タクシー運転手)
須賀子(喫茶店「ラモーナ」店主)
待たれる
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ハワイ
登場人物
秋場(会社員)
ジミー・仲間(秋場の同僚の叔父)
よろよろ
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  東京郊外
登場人物
宮野(男)
三香子(宮野の妻)
加茂田(なんでも屋)
シングルス
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  鎌倉
登場人物
島村(デパート勤め)
洋子(フリーライター、離婚経験者)
もう一人の女
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある町
登場人物
瀬尾(会社員)
京子(瀬尾の妻、子供のできない体)
きよ子(瀬尾家のお手伝い)
季節労働者
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある海浜の町
登場人物
木村(退職者)
友近(木村の昔の知り合い、バンドマン)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ