直木賞のすべて
第93回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

森詠
Mori Ei
生没年月日【注】 昭和16年/1941年12月14日~
経歴 東京生まれ。東京外国語大学イタリア語科卒。大宅マスコミ塾を卒業し、『週刊読書人』編集者、『週刊ポスト』記者を経てフリー。
受賞歴・候補歴
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第93回候補  一覧へ

あめ つづ
雨はいつまで 降り 続く』(昭和60年/1985年2月・講談社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙 「Who stops the rain ?」併記
印刷/発行年月日 発行 昭和60年/1985年2月8日(第1刷)
発行者等 発行者 加藤勝久 印刷所 豊国印刷株式会社 製本所 株式会社黒岩大光堂
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 石川勝
総ページ数 275 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 5~275
(計271頁)
測定枚数 826
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>昭和63年/1988年2月・講談社/講談社文庫『雨はいつまで降り続く』(上)(下)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 森詠 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
池波正太郎
男62歳
0  
山口瞳
男58歳
0  
村上元三
男75歳
9 「読み終ったあと何も残らないし、いくつも矛盾が感じられた。日本人の作家がこういう種類の作品を書くのは難しい、という批評がいくらあっても、この作者は書き続けて行くべきだろう。そのうちに作者自身、手ごたえのある作品が出てくると思う。」
井上ひさし
男50歳
9 「構えの大きな活劇である。これだけでも好感を抱いた。」「ただ物語を収拾する技術に難がある。第一人称代名詞「わたし」が呆れるほど多発されるのも瑕である。」
水上勉
男66歳
0  
五木寛之
男52歳
8 「私はこういう小説が候補になったということを高く評価したい。野暮な小説が貴重に感じられる時代なればこそだ。この作家の筆力には、大成を予感させるものがある。」
黒岩重吾
男61歳
0  
渡辺淳一
男51歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和60年/1985年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一部」【「1」~「12」】「第二部」【「1」~「22」】
時代設定 場所設定
同時代  白馬~東京~長崎~ベトナムなど
登場人物
わたし(語り手、矢沢建彦、元M新聞サイゴン特派員)
ニュアン(矢沢の協力者、元南ベトナム空軍大尉)
ドー・チー・ナウ(サイゴン時代の矢沢の恋人、反戦歌手)
ザップ(ベトナム民警の刑事)
パスカル・レオネッチ(フランス人ジャーナリスト)
叶吾郎(サイゴン時代の矢沢の友人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ