直木賞のすべて
第133回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/2/3

古川日出男
Furukawa Hideo
生没年月日【注】 昭和41年/1966年7月11日~
経歴 福島県生まれ。早稲田大学第一文学部中退。雑誌編集、演劇の脚本・演出などに携わった後、平成10年/1998年『13』で作家デビュー。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第17回ハヤカワ・SFコンテスト(平成3年/1991年)「アンダー・ウォーター」
  • 第55回日本推理作家協会賞[長編及び連作短編集部門](平成14年/2002年)『アラビアの夜の種族』
  • 第23回日本SF大賞(平成14年/2002年)『アラビアの夜の種族』
  • |候補| 第3回センス・オブ・ジェンダー賞(平成15年/2003年度)『サウンドトラック』
  • 第4回北東文芸賞(平成17年/2005年)
  • |候補| 第133回直木賞(平成17年/2005年上期)『ベルカ、吠えないのか?』
  • |第8位| 第3回2006年本屋大賞(平成18年/2006年)『ベルカ、吠えないのか?』
  • 第19回三島由紀夫賞(平成17年/2005年度)『LOVE』
  • |候補| 第33回野間文芸新人賞(平成23年/2011年)『馬たちよ、それでも光は無垢で』
  • |候補| 第5回2012大学読書人大賞(平成24年/2012年)『馬たちよ、それでも光は無垢で』
  • |候補| 第59回岸田國士戯曲賞(平成27年/2015年)『冬眠する熊に添い寝してごらん』《戯曲》
  • 第37回野間文芸新人賞(平成27年/2015年)『女たち三百人の裏切りの書』
  • 第67回読売文学賞[小説賞](平成27年/2015年)『女たち三百人の裏切りの書』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第133回候補  一覧へ

『ベルカ、 吠えないのか?』(平成17年/2005年4月・文藝春秋刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「ほ」
印刷/発行年月日 発行 平成17年/2005年4月25日(第1刷)
発行者等 発行者 白幡光明 印刷所 大日本印刷 製本所 大口製本
発行所 株式会社文藝春秋(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 関口聖司 写真 (c)AFLO
総ページ数 344 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×19行
×1段
本文ページ 7~344
(計338頁)
測定枚数 616
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>平成20年/2008年5月・文藝春秋/文春文庫『ベルカ、吠えないのか?』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 古川日出男 男39歳
選考委員 評価 行数 評言
平岩弓枝
女73歳
12 「構成力に問題があり過ぎた。」「思わせぶりの書き出しも生きていないし、犬と人間を扱ってこのラストはあまりにもお寒くないであろうか。」
阿刀田高
男70歳
5 「ユニークな着想で書かれた野心作。部分的には凄い表現があった。風呂敷を少し広げ過ぎたのではあるまいか。」
五木寛之
男72歳
26 「一読、忘れがたい後味を残す長篇で、最初のうち辟易しながら読みすすんでいくうち、やがてその奇矯な文体に不思議な魅力をおぼえさせられるところがあった。」「軍用犬という思いがけない視点を、ここまで小説のかたちに造型してみせる想像力は、ただものではない。気になるのは物語の枠組みとなる現代史のトピックスが、いささか年表の羅列のような常識的な表層にとどまっていたことだろうか。」
林真理子
女51歳
13 「犬を通じて現代史を描こうという意気込みに圧倒されたし、これを書き下ろしで仕上げたという粘り強さも素晴らしい。ただしあまりにも読みづらく、読者にかなりの努力を強いる。」「練れていない、未完成という印象を持った。」
宮城谷昌光
男60歳
3  
渡辺淳一
男71歳
0  
津本陽
男76歳
13 「秀抜な発想である。」「何代かの子孫に及ぶ犬たちの歴史を書きすすめてゆくうえで、物語は壮大な発展を示すが、もうちょっと現実感の重みをつけたほうがよくなるのではないかと思えた。」
北方謙三
男57歳
14 「型を破った文章に、圧倒された。」「犬の血統と近代史を重ね合わせる試みも、壮大なものであった。ただ、世界を拡げすぎて、雑になったという印象も否めない。読む者を押してくる力は、間違いなくある。」
井上ひさし
男70歳
22 「戦後のアジア史そして世界史を丸ごと、軍用犬の眼から描くという離れ業、そこに作者の逞しい文学的腕力があらわれている。たしかに欠点がないでもないが、全編にみなぎる「小説は言葉で創るものだ」という気合いに、この作者の豊かな未来を視たようにおもう。」
選評出典:『オール讀物』平成17年/2005年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 133回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
書癡 平成17年/2005年7月8日 1作品だけなら…古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』
↑書評において非常に評価されているようである。風変わりな作品であるようだが。(後文=>恩田陸
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「「おれは解き放ちたいのだ」」「一九四三年」「「組長、おやすみ」」「一九四四年から一九四九年」「「ロシア人は死んだほうがいい」」「一九五〇年から一九五六年」「「それってイヌの名前かよ」」「一九五七年」「「ヤクザの嬢、なめんな」」「一九五八年から一九六二年(イヌ紀元五年)」「「うぉん」」「一九六三年から一九八九年」「「いまは一九九一年ではない」」「一九九〇年」「「ベルカ、吠えないの?」」
時代設定 場所設定
1943年~1990年代  ソビエト連邦~アメリカ~ベトナム~アフガニスタンなど
登場人物
大主教(元ソ連国境警備隊の軍人、〈S〉エース局長)
少女(ヤクザの会長の娘、のちストレルカと命名される)
怪犬仮面(覆面レスラー兼マフィア)
北(北海道犬、軍用犬から犬橇チームリーダー)
シュメール(ドッグ・ショウ用の母犬)
犬神(アヌビス、狼と犬の雑種)
カブロン(テキサス州の一族ラ・ファミリアの血統、怪犬仮面の飼い犬)
ギター(カブロンの子、麻薬犬)
グッドナイト(元軍用犬、タヒチ行ヨットに同乗)
鑑札番号47(大主教によって訓練中の犬、のちベルカ)





ななぶさく
『ロックンロール 七部作』(平成17年/2005年11月・集英社刊)
大衆選考会 134回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
P.L.B. 平成17年/2005年12月5日 管理人P.L.B.です。久しぶりに自ら投票してみます。
ちなみに怒られる前に断っておきますが、左の推薦参考作リストは、大手出版社から刊行された新人~中堅どころと思われる作家の作品をざざざっと挙げているだけで、むろんワタクシが全作読んだわけではありません(むろん、などと言って居直っている場合じゃありませんが)。古川さんの作品も、実はまだ読んでないのです。それでも前回候補に挙がった『ベルカ、吠えないのか?』がなかなかだったので、これは近いうちにとってほしいなあ、と願望のみで投票するわけです。
あ、さらにちなみに、あえて左リストに東野圭吾さんや宇江佐真理さんを含めたのは、多分に、選考委員会へのイヤみです。さすがにもう、この辺の方たちが候補になることはないでしょうけども。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ