芥川賞のすべて・のようなもの
第76回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/7/23

中村昌義
Nakamura Masayoshi
生没年月日【注】 昭和6年/1931年1月☆日~昭和60年/1985年1月13日
経歴 本名=中村重敬(シゲタカ)。旧樺太・真岡町出身。早稲田大学政経学部中退。和洋女子大図書館に勤務。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第76回候補  一覧へ

しず
静かな 日」(『文藝』昭和51年/1976年8月号)
媒体・作品情報
誌名 「文藝」
巻号 第15巻 第8号  別表記8月号
印刷/発行年月日 発行 昭和51年/1976年8月1日
発行者等 編集者 寺田 博 発行者 佐藤晧三 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社河出書房新社(東京都)
総ページ数 264 表記上の枚数 目次 135枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 22~65
(計44頁)
測定枚数 131
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和52年/1977年1月・河出書房新社刊『静かな日』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 中村昌義 男(46歳)
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男41歳
0  
丹羽文雄
男72歳
0  
安岡章太郎
男56歳
5 「(引用者注:「陽ざかりの道」「冬の光」と)甲乙つけ難い力量を感じさせる作品であるが、(引用者中略)主人公の兄、或いは妹との拘わりが不分明であるのは、作品をいちじるしく弱めていた。」
吉行淳之介
男52歳
3 「筆をおさえて「花」の出ている部分はとてもいいのだが、不要の登場人物もあり、整理不足である。」
中村光夫
男65歳
0  
遠藤周作
男53歳
0  
瀧井孝作
男82歳
6 「兄と妹との愛情に敗戦当時のつらい思出。」「一応読ませるが、文章が歌って居るような、弱い他愛ない感じがして、読後一週間ほどしたら印象がぼやけて、何を書いてあったかなとわからなかった。」
井上靖
男69歳
0  
永井龍男
男72歳
2 「主題である兄妹の関係に終始曖昧な感じを拭い切れず、」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和52年/1977年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第78回候補  一覧へ

しゅったつ ふゆ
出立の 冬」(『文藝』昭和52年/1977年7月号)
媒体・作品情報
誌名 「文藝」
巻号 第16巻 第7号  別表記7月号
印刷/発行年月日 発行 昭和52年/1977年7月1日
発行者等 編集者 寺田 博 発行者 佐藤晧三 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社河出書房新社(東京都)
総ページ数 264 表記上の枚数 目次 135枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 26~70
(計45頁)
測定枚数 134
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和54年/1979年7月・河出書房新社刊『陸橋からの眺め』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 中村昌義 男(47歳)
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男73歳
0  
大江健三郎
男42歳
0  
中村光夫
男66歳
0  
安岡章太郎
男57歳
0  
吉行淳之介
男53歳
2 「私としては、宮本輝、光岡明、中村昌義、三氏の作品が頭にあった。」
瀧井孝作
男83歳
0  
井上靖
男70歳
0  
遠藤周作
男54歳
4 「もう少し支持があると思って出席したが、支持が少かったのはこの主人公に魅力がないためであろう。そして文章と運びとにはりつめたものが根本的に欠けているためであろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和53年/1978年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第80回候補  一覧へ

ふち こえ
淵の 声」(『文藝』昭和53年/1978年7月号)
媒体・作品情報
誌名 「文藝」
巻号 第17巻 第7号  別表記7月特大号
印刷/発行年月日 発行 昭和53年/1978年7月1日
発行者等 編集者 金田太郎 発行者 佐藤晧三 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社河出書房新社(東京都)
総ページ数 360 表記上の枚数 表紙・目次 160枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 34~88
(計55頁)
測定枚数 154
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和54年/1979年7月・河出書房新社刊『陸橋からの眺め』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 中村昌義 男(48歳)
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男43歳
0  
中村光夫
男67歳
3 「(引用者注:銓衡会では)出来栄えを注目されました。」
安岡章太郎
男58歳
4 「なかなかのものだと思ったが、この連作短篇は、これだけを独立して読むよりは、むしろ長篇としてまとまったかたちで読むべきであろう。」
開高健
男48歳
0  
瀧井孝作
男84歳
7 「この作家のものは律義な筆で、以前に候補作を二篇も読んでいて、前回よりも今回の方が一番よいと思ったが、今回は(引用者中略・注:「母と子の契約」に次いで)次点と見た。」
井上靖
男71歳
3 「丁寧に書いてもあるし、文章もしっくりと落着いているが、(引用者中略)読後の感動というものはあいまいだった。」
丸谷才一
男53歳
3 「いちおうしつかり書いてゐるが、出来あひの型を丁寧になぞつてゐるだけなのが惜しい。」
丹羽文雄
男74歳
0  
吉行淳之介
男54歳
3 「着実に進境を示したが、母親のことと前の恋人のことが、この作品だけでははっきりせず、つまり連作の弱味で、大いにソンをした。」
遠藤周作
男55歳
9 「連作の一部であり、そのためにこの短篇を独立して読むと迫力がかけるという欠点があるのが気の毒だった。」「初めて中村さんの作品に接した読者は、主人公がなぜ昔の母の世界を、思慕していたのかわからないだろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和54年/1979年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ