芥川賞のすべて・のようなもの
第103回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

河林満
Kawabayashi Mitsuru
生没年月日【注】 昭和25年/1950年12月10日~平成20年/2008年1月19日
経歴 福島県いわき市生まれ。東京育ち。東京都立立川高校(定時制)卒。郵便局、立川市に勤める。平成10年退職。
受賞歴・候補歴
  • 第9回吉野せい賞奨励賞(昭和61年/1986年)「海からの光」
  • 第7回自治労文芸賞(昭和63年/1988年)「ある執行」
  • 第70回文學界新人賞(平成2年/1990年)「渇水」
  • |候補| 第103回芥川賞(平成2年/1990年上期)「渇水」
  • |候補| 第109回芥川賞(平成5年/1993年上期)「穀雨」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第103回候補  一覧へ

かっすい
渇水」(『文學界』平成2年/1990年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第44巻 第6号  別表記6月号
印刷/発行年月日 発行 平成2年/1990年6月1日
発行者等 編集人 湯川 豊 発行人 阿部達児 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 392 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 24~51
(計28頁)
測定枚数 84
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成2年/1990年8月・文藝春秋刊『渇水』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 河林満 男39歳
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男55歳
5 「(引用者注:「ショート・サーキット」と共に)人物像と文体とが(引用者中略)説得力のある効果を示している。」「観察力(引用者中略)は独特で、おのおのの方向にさらに深められてゆくだろう。」
三浦哲郎
男59歳
0  
日野啓三
男61歳
2 「気持よく読んだが、もう一、二作読んでみたい。」
丸谷才一
男64歳
0  
古井由吉
男52歳
0  
河野多恵子
女64歳
4 「よい文章で、水と未納金と人間とを巧みな取り合わせで描いてゆく。成功作かと思いつつ読んだが、結末の小学生姉妹の自殺で失望した。」
田久保英夫
男62歳
0  
大庭みな子
女59歳
0  
黒井千次
男58歳
0  
吉行淳之介
男66歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十五巻』平成14年/2002年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成2年/1990年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第109回候補  一覧へ

こくう
穀雨」(『文學界』平成5年/1993年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第47巻 第5号  別表記5月号
印刷/発行年月日 発行 平成5年/1993年5月1日
発行者等 編集人 重松 卓 発行人 内藤 厚 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 360 表記上の枚数 目次 180枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×25行
×2段
本文ページ 62~113
(計52頁)
測定枚数 163
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 河林満 男42歳
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男58歳
11 「よく選んだ素材について熟知していて、その描き出す人物と雰囲気のリアリティーには説得力がある。」「もう少し視野をひろげてもらいたい」
日野啓三
男64歳
0  
大庭みな子
女62歳
7 「捨て難い作である。」「古風なようだが、あっという間に古びる新しそうに見える風俗に彩られた作品群の中ではむしろみずみずしく、命の手ざわりがある。だが、どこか自分に疑いを持たない、優等生めいたところがあるようで、今回の受賞にはならなかった。」
古井由吉
男55歳
0  
吉行淳之介
男69歳
11 「私はその両方(引用者注:最後に残った「寂寥郊野」と「穀雨」)にマルを付けていた。」「福祉事務所で働く男が主人公で、私はその内容に共感を持ったが、書き方に不満の残る部分があった。けっして悪い作品ではないが、すでに(引用者注:「寂寥郊野」との)二作の得点の差は大きく、力量の差ははっきりしていた。」
田久保英夫
男65歳
8 「難しくも興味深い主題を追っている。しかし、ケースワーカーは最初からその境界を踏みこえていて、それが逆に相手の女の心身に、ひどく残酷なことをしている、という意識が作者に弱い。」
黒井千次
男61歳
5 「しっとりとした地味な書き方に好感を抱いたものの、人物が安全地帯から踏み出さず、作に力が不足している、との印象が残った。」
河野多恵子
女67歳
3 「前作より少々落ちたのは、作者が創作というものを知りはじめたことが裏目に出たせいらしく、一時の後退にすぎまい。」
丸谷才一
男67歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十六巻』平成14年/2002年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成5年/1993年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ