芥川賞のすべて・のようなもの
第107回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H27]2015/11/28

塩野米松
Shiono Yonematsu
生没年月日【注】 昭和22年/1947年1月1日~
経歴 別名義=アンクル米松。秋田県仙北郡角館町生まれ。東京理科大学理学部応用化学科卒。職人への聞き書きなどの執筆活動を行う。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第107回芥川賞(平成4年/1992年上期)「昔の地図」
  • |候補| 第109回芥川賞(平成5年/1993年上期)「オレオレの日」
  • |候補| 第111回芥川賞(平成6年/1994年上期)「空っぽの巣」
  • |候補| 第3回JTB紀行文学大賞(平成6年/1994年)『人はなぜ旅をするのだろうか』
  • |候補| 第11回坪田譲治文学賞(平成7年/1995年)『藤の木山砦の三銃士』
  • |候補| 第115回芥川賞(平成8年/1996年上期)「ペーパーノーチラス」
  • 第8回日本絵本賞大賞(平成15年/2003年)『なつのいけ』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第107回候補  一覧へ

むかし ちず
昔の 地図」(『文學界』平成4年/1992年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第46巻 第5号  別表記5月号
印刷/発行年月日 発行 平成4年/1992年5月1日
発行者等 編集人 重松 卓 発行人 阿部達児 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 360 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 124~157
(計34頁)
測定枚数 103
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成9年/1997年11月・文藝春秋刊『ペーパーノーチラス』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 塩野米松 男45歳
選考委員 評価 行数 評言
大庭みな子
女61歳
0  
大江健三郎
男57歳
0  
黒井千次
男60歳
0  
河野多恵子
女66歳
0  
吉行淳之介
男68歳
0  
古井由吉
男54歳
0  
日野啓三
男63歳
3 「部分的に良いイメージがあるのだが、全体としてこぢんまりとまとまり過ぎだ。」
田久保英夫
男64歳
0  
丸谷才一
男66歳
0  
三浦哲郎
男61歳
3 「新人賞の候補作には不適当だろうが、よく出来た作品であった。読後、私は郷愁にひたるひとときを得た。ありがとう。」
選評出典:『芥川賞全集 第十六巻』平成14年/2002年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成4年/1992年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第109回候補  一覧へ

「オレオレの 日」(『文學界』平成5年/1993年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第47巻 第6号  別表記6月号
印刷/発行年月日 発行 平成5年/1993年6月1日
発行者等 編集人 重松 卓 発行人 田所省治 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 424 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 80~130
(計51頁)
測定枚数 154
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成10年/1998年1月・集英社刊『天から石が』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 塩野米松 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男58歳
0  
日野啓三
男64歳
0  
大庭みな子
女62歳
0  
古井由吉
男55歳
0  
吉行淳之介
男69歳
0  
田久保英夫
男65歳
5 「素直でのびやかな感覚に眼をひかれた。しかし、闇の中の儀式が、乱交のような情景までいくのは、筆の乗りすぎとしか思えない。」
黒井千次
男61歳
0  
河野多恵子
女67歳
2 「興味を覚えた。」
丸谷才一
男67歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十六巻』平成14年/2002年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成5年/1993年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第111回候補  一覧へ

から
空っぽの 巣」(『文學界』平成6年/1994年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第48巻 第6号キ  別表記6月号
印刷/発行年月日 発行 平成6年/1994年6月1日
発行者等 編集人 寺田英 発行人 田所省治 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 392 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×25行
×2段
本文ページ 136~180
(計45頁)
測定枚数 142
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成10年/1998年1月・集英社刊『天から石が』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 塩野米松 男47歳
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男59歳
0  
古井由吉
男56歳
0  
河野多恵子
女68歳
0  
日野啓三
男65歳
0  
丸谷才一
男68歳
0  
大庭みな子
女63歳
0  
田久保英夫
男66歳
0  
黒井千次
男62歳
0  
三浦哲郎
男63歳
3 「今度の「空っぽの巣」はもうひと息だったが、一作ごとに力をつけてくるのが感じられて、心強かった。」
選評出典:『芥川賞全集 第十七巻』平成14年/2002年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成6年/1994年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第115回候補  一覧へ
「ペーパーノーチラス」(『文學界』平成8年/1996年2月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第50巻 第2号  別表記2月号/新春特別号
印刷/発行年月日 発行 平成8年/1996年2月1日
発行者等 編集人 寺田英 発行人 田所省治 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 328 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×23行
×2段
本文ページ 82~139
(計58頁)
測定枚数 174
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成9年/1997年11月・文藝春秋刊『ペーパーノーチラス』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 塩野米松 男49歳
選考委員 評価 行数 評言
日野啓三
男67歳
0  
丸谷才一
男70歳
11 「なかなかよく書けてゐた。地方都市の屈託がなくて明るい面を小説でとらへるのは意外にむづかしいことだと思ふが、それをかなり上手にやつてゐて、登場人物たちに一種の友情をいだかせる。」「しかしこの短篇小説は終り方が物足りない。」「もつと軽く、粋に仕上げればよかつたのに。」
三浦哲郎
男65歳
11 「親しみを感じながら楽しく読んだ。」「いつもながら登場人物たちの血色がよく、みな生き生きとして人間臭いのが好ましかった。」「ただ、今回の作品は手が込んでいて、収束に手間取り、冗漫な部分が散見されるのは惜しかった。」
宮本輝
男49歳
4 「面白く読ませる。しかし、私は読みながら、石坂洋次郎の「石中先生行状記」を思い浮かべ、どうもその現代版にすぎないといった感想を抱いてしまった。」
田久保英夫
男68歳
0  
黒井千次
男64歳
3 「折角地方色豊かな作品であるのに、題名に見られるように妙な意味づけをした分だけ力の殺がれた点が残念だ。」
石原慎太郎
男63歳
3 「地方の町の人間風俗を器用に描いているが、ただそれだけでしかない。」
古井由吉
男58歳
13 「ペーパーノーチラスとは、海上を漂流する蛸が体液で作る薄い貝殻、滅びへの旅の船、それが化石となり石の中に封じこめられるのだそうだ。魅力ある表象である。」「すでにすぐれた腕前の作品である。しかし一回限りの性の火が、ほのかにせよ、化石たちをどう照らしているか――それにはその「光源」があまりにも無難に、平俗に、扱われた。」
大庭みな子
女65歳
0  
池澤夏樹
男51歳
8 「地方都市の呑気な生活をユーモラスに描いて愉快だが、どうも話が延び足りない気がした。」「作者は伎倆を誇示しているだけで冒険をしていない。化石の方へでも話を広げた上できっちりまとめられれば、相当な力量ということになったはずなのだが。」
河野多恵子
女70歳
8 「同じ系統の以前の作品に較べて、登場人物たちの――つまり作者の筋骨が余程しっかりしてきた。しかし、叙述がくどすぎる。」「百五十枚ほどもあるこの作品が約半分に凝縮されていたならば、ずっとよいものになっていたにちがいない。」
選評出典:『芥川賞全集 第十七巻』平成14年/2002年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成8年/1996年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ