令和6年/2024年
上半期
誰が直木賞を
受賞すると
思いますか?

直木賞第171回期(令和5年/2023年12月1日~令和6年/2024年5月31日)
の期間中に発表された、
新人・中堅作家の大衆小説を独自にラインナップしています。
あなたは、どの作家のどの作品が、今期の直木賞を受賞すると思いますか?
受賞してほしいと思いますか? ご投票ください。
Last Update[R6]2024/7/14
「大衆選考会」投票方法について

入力欄に、あなたのお名前(ハンドル名・仮名も可/入力必須)、メールアドレスをご記入ください。

左のリストにあるチェックボックス(四角)をクリックすると、自動的に「推薦する作品」欄にその作家名・作品名が入ります。もし、自動的に入らないようなら、恐れ入りますが、直接入力してください。

「推薦文」欄に、推薦理由など(その他どんなことでも)を書き込んだのち、「入力完了」ボタンをクリックしてください。確認画面に移ります。

お送りいただいた投票および推薦文は、当サイトにて順次ご紹介していきます。また、左のリストにない場合でも、推薦したい作家・作品を「推薦する作品」欄にご入力のうえ、ぜひご投票ください。大歓迎です。

左のリストの作品ラインナップの基準は、こちらをご覧ください

あなたのお名前(必須)
※ハンドル名などでも可
メールアドレス(任意)
推薦する作品(必須)
推薦文
現在までの投票結果は以下のとおりです。
2024年07月14日 23時39分47秒
推薦人さく
推薦作品岩井圭也『われは熊楠』
なし
2024年07月14日 23時12分45秒
推薦人とらお
推薦作品柚木麻子『あいにくあんたのためじゃない』
柚木先生の人物描写は鋭いところをついています。料理に対する執念も良きです。
2024年07月13日 19時53分26秒
推薦人ファミリー
推薦作品青崎有吾『地雷グリコ』
現代の志向に沿った内面軸ハードボイルド作品と思われる。
2024年07月13日 17時10分29秒
推薦人広子
推薦作品青崎有吾『地雷グリコ』
今までにないドラマ内容、登場人物が魅力的
次世代の直木賞として選考されることを希望する
2024年07月13日 12時58分18秒
推薦人ツチノココノコ
推薦作品われは熊楠
日本の神社が海外の投資家に買い叩かれているなかで、神社を最後まで守り抜こうとした南方熊楠に焦点を当てたすばらしさ。文学賞を越えた歴史的なパラダイムといってもよい事件です。この作品が直木賞を受賞して、南方熊楠がなにを成し遂げたかを、現代の日本人は知る必要がある。なぜ熊楠は鎮守の森を守ろうとしたのか。温暖化対策、脱二酸化炭素文明。いえいえ、違うでしょう。古来から日本人は、神社という形式で、生物の多様性を守ろうとしてきたのです。脱二酸化炭素ではなく、日本の生態系をより豊かにすることで、より多くの二酸化炭素を消費する文明を築こうとしてきた。西欧の科学の方法で、古来からの日本人の営みを解き明かそうとしたのが熊楠なのです。その試みはあまりにも大きく、あまりにも複雑なので、いまだに全容が理解されてはいません。『われは熊楠』が熊楠が夢見た世界の最初の一歩になれば、これほどすばらしいことはありません。
2024年07月12日 08時33分43秒
推薦人ウハティ
推薦作品青崎有吾『地雷グリコ』
思いも寄らない展開。
2024年07月11日 23時22分50秒
推薦人くりぱれ
推薦作品柚木麻子『あいにくあんたのためじゃない』
飛び抜けた作品がなく、無理に選ばなくてもと思ってしまう今期ノミネート作品たち。
敢えて選ぶなら作家活動の累積点という意味からこの作家を推す
2024年07月09日 18時05分35秒
推薦人あいす
推薦作品岩井圭也『われは熊楠』
詳細な調査と骨太のストーリー展開の中で、熊楠のキャクタが光っていると、わたしは思います。
2024年07月08日 11時51分14秒
推薦人ゆとれひと
推薦作品青崎有吾『地雷グリコ』
繰り広げられる頭脳バトルは、どんでん返しと伏線回収が見事。
連作短編集で語られるストーリー展開も秀逸で、他の候補作のように社会問題をテーマとして取り上げていない分、読後感も爽やかでエンターテインメント作品として心置きなく楽しめる。
2024年07月07日 18時39分45秒
推薦人うさこ
推薦作品柚木麻子『あいにくあんたのためじゃない』
なし
2024年06月27日 10時37分19秒
推薦人おにー
推薦作品柚木麻子『あいにくあんたのためじゃない』
なし
2024年06月17日 23時24分57秒
推薦人なぎさ
推薦作品青崎有吾『地雷グリコ』
なし
2024年06月15日 21時28分27秒
推薦人にー
推薦作品柚木麻子『あいにくあんたのためじゃない』
面白かった!柚木さんらしさ全開で好き!
2024年06月13日 00時18分33秒
推薦人雲紫
推薦作品増田俊也『七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり』
青春
2024年06月08日 09時17分22秒
推薦人ゆん
推薦作品早見和真『アルプス席の母』
なし
2024年06月07日 21時50分11秒
推薦人えんじにあ
推薦作品梶よう子『広重ぶるう』
読み終わっていませんが・・・
江戸時代にヨーロッパから伝わった「ベロ藍」(プルシャン・ブルー)に魅せられた浮世絵師の歌川広重。
そして広重の前に「ベロ藍」を使って富嶽三十六景を出版した葛飾北斎の存在。
2024年06月06日 07時40分10秒
推薦人リク
推薦作品柚木麻子『あいにくあんたのためじゃない』
トリアージュ2020が良い
2024年06月05日 10時02分59秒
推薦人富士山
推薦作品伊吹有喜『娘が巣立つ朝』
今期はこれ!という作品がないですね。出版元が文藝春秋ですし、これまでの著者の作品の論功行賞という意味合いも込めて。