直木賞のすべて
第52回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/12/13

中川静子
Nakagawa Shizuko
生没年月日【注】 大正8年/1919年3月22日~平成6年/1994年1月27日
経歴 別筆名=木屋明子。徳島県麻植郡川島町生まれ。小学校卒業後、様々な職を経験。呼吸不全の持病と闘いながら創作活動を続ける。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第30回読売短編小説賞(昭和35年/1960年10月)「他生の縁」
  • |候補| 第35回読売短編小説賞(昭和36年/1961年3月)「茶湯散華」
  • |候補| 第17回講談倶楽部賞(昭和36年/1961年)「禿鷹の拠る城」
  • 第18回講談倶楽部賞[佳作](昭和37年/1962年)「雪をつかむ」木屋明子名義
  • |候補| 第56回読売短編小説賞(昭和37年/1962年12月)「日々の不安」
  • |候補| 第60回読売短編小説賞(昭和38年/1963年4月)「寂光」
  • 第25回オール讀物新人賞「幽囚転転」(昭和39年/1964年下期)
  • |候補| 第52回直木賞(昭和39年/1964年下期)「幽囚転転」
  • |候補| 第53回直木賞(昭和40年/1965年上期)「白い横顔」
  • 第2回徳島県作家協会賞(昭和54年/1979年)「花明かり」
  • |候補| 第12回新潮新人賞(昭和55年/1980年)「花明かり」
  • 第7回歴史文学賞[佳作](昭和57年/1982年)「一期は夢よ」木屋明子名義
  • 第11回徳島県出版文化賞(昭和61年/1986年)『小少将』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第52回候補  一覧へ

ゆうしゅうてんてん
幽囚転転」(『オール讀物』昭和39年/1964年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」  別表記表紙 「文藝春秋」併記
巻号 第19巻 第12号  別表記12月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「ゆうしゅうてんてん」
印刷/発行年月日 印刷 昭和39年/1964年11月20日 発行 昭和39年/1964年12月1日
発行者等 編集兼発行人 中野 修 印刷人 柳川太郎 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 文藝春秋新社(東京都)
装幀/装画等  佐多芳郎
総ページ数 350 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 280~304
(計25頁)
測定枚数 81
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『徳島作家』6号[昭和36年/1961年☆月]、7号[昭和38年/1963年☆月]
>>昭和49年/1974年5月・出版刊『徳島作家代表作選集』所収「幽囚転々」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 中川静子 女45歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男65歳
0  
海音寺潮五郎
男63歳
0  
木々高太郎
男67歳
6 「よみやすく、イメージもはっきりしている。然しこれはまた、如何にも小説らしくして了っているところに、私の不満はあった。」
源氏鶏太
男52歳
0  
大佛次郎
男67歳
0  
村上元三
男54歳
0  
今日出海
男61歳
0  
小島政二郎
男70歳
2 「平凡過ぎた。」
中山義秀
男64歳
0  
松本清張
男55歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和40年/1965年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「五」
時代設定 場所設定
江戸前期[慶安年間~延宝年間]  阿波~下総~信州~若狭~京
登場人物
堀田正信(元・佐倉城主、幽閉の身)
塚原数馬(正信に従う唯一の家臣)




直木賞 第53回候補  一覧へ

しろ よこがお
白い 横顔」(『暖流』5号[昭和40年/1965年2月])
媒体・作品情報
誌名 「暖流」
巻号 第5号
印刷/発行年月日 発行 昭和40年/1965年2月
発行所 暖流の会・徳島事務所(徳島市)、暖流の会・東京事務所(東京都)
総ページ数 184 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 28~52
(計25頁)
測定枚数 87
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 中川静子 女46歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男53歳
0  
海音寺潮五郎
男63歳
0  
小島政二郎
男71歳
5 「小説には、小説の文体というものがあることを熟考してもらいたいと思う。」
川口松太郎
男65歳
0  
中山義秀
男64歳
15 「女流の真剣さが目についた。」「叙述と心理の追及が叮嚀である。新しさと巧みさはないが、女主人公の心理過程には読む者を首肯させないではおかない、ある強さをもっている。」
木々高太郎
男68歳
0  
大佛次郎
男67歳
0  
村上元三
男55歳
6 「地方の同人雑誌での作家の中に、これぐらいの技倆を持った人はざらにいるし、この人はむしろ大衆文学をやる気持など持っていないと思われる。」
松本清張
男55歳
0  
今日出海
男61歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和40年/1965年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
戦争中  東京
登場人物
藤川素子(素人作家、役所勤め)
柴原舜(詩と小説の会「かがり火」主宰)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ