直木賞のすべて
第84回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/1/15

もりたなるお
Morita Naruo
生没年月日【注】 大正15年/1926年1月9日~平成28年/2016年11月21日
経歴 本名=森田成男。東京生まれ。警察学校卒。工夫、百姓、警察官、海軍軍人などの職を経験後、風刺漫画を書く。師に近藤日出造がいる。
受賞歴・候補歴
  • 二科賞
  • 二科漫画賞
  • |候補| 第1回作家賞(昭和39年/1964年)「デーモンの子」
  • |候補| 第21回小説現代新人賞(昭和48年/1973年下期)「幕下」
  • 第23回小説現代新人賞(昭和49年/1974年下期)「頂(いただき)」森田成男名義
  • 第19回オール讀物推理小説新人賞(昭和55年/1980年)「真贋の構図」
  • |候補| 第84回直木賞(昭和55年/1980年下期)「真贋の構図」
  • |候補| 第95回直木賞(昭和61年/1986年上期)「画壇の月」
  • |候補| 第97回直木賞(昭和62年/1987年上期)『無名の盾』
  • |候補| 第100回直木賞(昭和63年/1988年下期)『大空襲』
  • |候補| 第104回直木賞(平成2年/1990年下期)『銃殺』
  • 第12回新田次郎文学賞(平成5年/1993年)『山を貫く』
サイト内リンク 小研究-記録(高齢候補)
小研究-ミステリーと直木賞
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第84回候補  一覧へ

しんがん こうず
真贋の 構図」(『オール讀物』昭和55年/1980年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」  別表記表紙 「文藝春秋」併記
巻号 第35巻 第9号  別表記創刊50周年記念・9月特大号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「しんがん」「こうず」
印刷/発行年月日 発行 昭和55年/1980年9月1日
発行者等 編集兼発行人 豊田健次 印刷人 澤村嘉一 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
装幀/装画等  田代 光
総ページ数 424 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 264~288
(計25頁)
測定枚数 78
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和59年/1984年11月・文藝春秋/文春文庫『疑惑の構図 「オール讀物」推理小説新人賞傑作選2』所収
>>昭和61年/1986年1月・文藝春秋刊『真贋の構図』所収
>>平成1年/1989年6月・文藝春秋/文春文庫『真贋の構図』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 もりたなるお 男55歳
選考委員 評価 行数 評言
山口瞳
男54歳
11 「この分野での作者会心の作ではなかろうか。完全に一人前の端倪すべからざる作家に化けているのを知って驚いた。あえて難癖をつけるならば、(引用者中略)巧緻に過ぎて新味が薄れ、直木賞受賞作としてのハナと重量に乏しいというところだろうか。」
阿川弘之
男60歳
0  
村上元三
男70歳
6 「推理小説の読者ということについては、人後に落ちないつもりだが、(引用者中略)二度読み返してみたものの、推す気にはなれなかった。」
水上勉
男61歳
0  
五木寛之
男48歳
0  
源氏鶏太
男68歳
4 「読んでいて、気持のいい作品であった。が、直木賞作品としては、風格に欠ける。」
城山三郎
男53歳
0  
今日出海
男77歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和56年/1981年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「9」
時代設定 場所設定
昭和50年代  東京~静岡県伊豆
登場人物
光倉(B新聞文化部記者)
滝口正文(法曹界の長老、美術コレクター、偽「佐殿流謫之図」所有者)
伊集院盛市郎(実業家、美術コレクター、真「佐殿流謫之図」所有者)




直木賞 第95回候補  一覧へ

がだん つき
画壇の 月」(『オール讀物』昭和61年/1986年3月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」  別表記表紙 「文藝春秋」併記
巻号 第41巻 第3号キ  別表記3月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「がだん」「つき」
印刷/発行年月日 発行 昭和61年/1986年3月1日
発行者等 編集人 田所省治 発行人 安藤 満 印刷人 鈴木和夫 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
装幀/装画等  坂本富志雄
総ページ数 424 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 200~237
(計38頁)
測定枚数 123
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 もりたなるお 男60歳
選考委員 評価 行数 評言
池波正太郎
男63歳
0  
陳舜臣
男62歳
0  
山口瞳
男59歳
0  
藤沢周平
男58歳
0  
五木寛之
男53歳
0  
黒岩重吾
男62歳
8 「テーマもストーリーも良い。ただそれだけに終ってしまっている。この作品の欠点は、名誉欲と芸術家としての誇りが交錯し揺れ動く心理描写だけで、当然、それに伴うべき人間描写が欠落していることである。」
村上元三
男76歳
3 「モデルにちょっと興味があっただけであった。」
渡辺淳一
男52歳
0  
井上ひさし
男51歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和61年/1986年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一」~「十三」
時代設定 場所設定
太平洋戦争戦中~同時代  東京~群馬県下仁田
登場人物
井上久治(元・聖戦美術家、戦後画壇の実力者)
菊子(井上の妻)
水野良郎(元・軍曹)
安藤雄祐(井上子飼いの美術評論家)




直木賞 第97回候補  一覧へ

むめい たて けいさつかん にいにいろくじけん
無名の 盾―― 警察官の 二・二六事件』(昭和62年/1987年1月・講談社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙・背・扉 「無名の盾 たて 警察官の二・二六事件」 奥付 「無名の盾」
印刷/発行年月日 発行 昭和62年/1987年1月23日(第1刷)
発行者等 発行者 野間惟道 印刷所 信毎書籍印刷株式会社 製本所 大製株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 安彦勝博
総ページ数 263 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×19行
×1段
本文ページ 7~260
(計254頁)
測定枚数 472
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>平成3年/1991年5月・講談社/講談社文庫『無名の盾 警察官の二・二六事件』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 もりたなるお 男61歳
選考委員 評価 行数 評言
陳舜臣
男63歳
6 「第一章の品川巡査の印象ばかりが強く、そのあとに登場する警官たちの影が薄い。章ごとにムラが目につくのが残念であった。」
藤沢周平
男59歳
19 「作者の力量が十分に発揮された佳作だった。」「簡潔な文章が最後までゆるまずに持続し、題材はやや地味ながら受賞の水準に達した作品に思われた。」
黒岩重吾
男63歳
8 「新視点で二・二六事件を描こうとしている。それなら徹底的に巡査達を描き切る必要がある。ノンフィクション的なのも気になるが、小説とは何かを今一度考え直していただきたい。」
田辺聖子
女59歳
12 「珍しい素材であるが、冒頭のみごとな出だしがそのまま終りまで続けばよかったのに、と惜しまれる。」「竜頭蛇尾に終った、というのが私の感想であった。」
井上ひさし
男52歳
0  
渡辺淳一
男53歳
6 「警察側から見た軍隊への視点がユニークで興味をそそられたが、作品の収斂度が不充分で、主題がやや散漫になってしまった。」
山口瞳
男60歳
19 「警察官や兵隊の抱く劣等意識、劣等意識を抱かざるをえないような情況設定が見事だった。改行の多い簡潔な文章も効果的だ。もりたさんには『真贋の構図』という推理小説の傑作があり、それを勘案したうえで推したのだが私の力が足りなかった。」
村上元三
男77歳
10 「二・二六事件を警察官の側から見た点に新しさがあり、きちんと書いてあるが、この作者は画壇を扱うより、警察官という経歴を生かして行ったほうがいい。」
平岩弓枝
女55歳
11 「横に広がりすぎてフィクションとしても、ノンフィクションとしても中途半端になってしまった。」「むしろ、重臣の盾となって殉職した警官とその家族にしぼって、追跡調査をしてみたら、もっと人間が描けたのではないかと思った。」
五木寛之
男54歳
20 「私がもっとも興味をそそられた主題は、もりたなるお氏の〈無名の盾〉のそれである。」「残念なことに、〈無名の盾〉の作者は、みずからが掘り当てた希有な鉱脈を、知ってか知らずか巧みに回避して心情的な小説づくりの方向へ筆をすすめているようだ。」
選評出典:『オール讀物』昭和62年/1987年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 巡査交替」「第二章 巡査と兵隊」「第三章 重臣と警官」「第四章 天皇と巡査」「第五章 疑心暗鬼」「第六章 蹶起部隊出撃」「第七章 重臣の盾」「終章」
時代設定 場所設定
昭和11年/1936年  神奈川湯河原~東京
登場人物
品川忠雄(警視庁の警護巡査)
牧野伸顕(前内大臣伯爵、蹶起部隊の標的)
丸山(警視庁巡査、牧野伯お気に入りの警護警官)
内尾(交番勤務の外勤係巡査、霞町派出所勤務)
井上敏行(警部補、特別警備隊小隊長)




直木賞 第100回候補  一覧へ

だいくうしゅう しょうわにじゅうねんさんがつとおか すざきけいさつしょ
大空襲―― 昭和二十年三月十日の 洲崎警察署』
(昭和63年/1988年10月・講談社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙・背・扉 「大空襲 昭和二十年三月十日の洲崎警察署」 奥付 「大空襲」
印刷/発行年月日 発行 昭和63年/1988年10月18日(第1刷)
発行者等 発行者 加藤勝久 印刷所 豊国印刷株式会社 製本所 黒柳製本株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 熊谷博人
総ページ数 285 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×20行
×1段
本文ページ 7~281
(計275頁)
測定枚数 538
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 もりたなるお 男63歳
選考委員 評価 行数 評言
田辺聖子
女60歳
17 「すべり出し好調、しかし龍頭蛇尾の感は拭えない。」「最後までもっと何か出るかと思っていると、ついに出なかった、という感じ。それならその代りに、道中の万般に井伏さんの「多甚古村」のような芸が欲しいところ。」
黒岩重吾
男64歳
22 「大空襲下の描写には迫真力がある。この作品も余り欠点のない作品だが読後感は弱い。例えば主人公が熊坂巡査と同じ交番にいるのなら必ず衝突し、火花を散らすようなドラマが展開する筈だが、この作品にはそれがない。」
陳舜臣
男64歳
8 「戦争の狂気をけれん味なくえがいた佳品である。四十余年の歳月は、当時の軍国少年をピエロ化したが、作者は堂々とピエロ以前のすがたを復原している。いまひと息だった。」
村上元三
男78歳
8 「警察官の立場から空襲の前後をよく書いているが、それ以上には出なかった。筆力のある作者なのだから、もっと広い視野で扱ってほしかった。」
藤沢周平
男61歳
22 「新米巡査高川洋一は、時代の劇画である。(引用者中略)時代が変って行動の意味が変質し、劇画性がうかび上がって来たのである。そこに着目した作者の目は鋭いと思ったのだが、「あとがき」まで読み返しても、作者にこの視点があるかどうかの確証が得られなかった。」
山口瞳
男62歳
0  
平岩弓枝
女56歳
15 「好感のもてる作品だった。」「若い警官の目が捉えて行く空襲そのものには納得出来たが、同時に主人公があくまでも目撃者であり、傍観者でしかないという点で、読者に訴えるものが弱くなったように思う。」
井上ひさし
男54歳
12 「主人公を皇国主義、国粋主義、軍国主義、そして竹槍精神主義で染め上げ、その主人公を読者の前に投げ出すことで、「読み」の異化作用の発動を企んだ」「「とにかく読み手を楽しませなければならぬ」という苛酷な条件の下で試みられた(引用者中略)冒険や実験に評者はまず脱帽し低頭する。」
五木寛之
男56歳
7 「私の好きな作家である。今回も興味深く読んだ。欲を言えば、震災後の天皇の現地視察の情景を、被災者の目を感じさせるように書いてほしかったと思う。」
渡辺淳一
男55歳
13 「着眼は面白いが、空襲の話だけではさすがに盛り上りに欠ける。」「前に候補になった「無名の盾」よりは落ちる。」
選評出典:『オール讀物』平成1年/1989年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 洲崎弁天町交番」「第二章 防空警察」「第三章 空の要塞」「第四章 密告」「第五章 合宿待機」「第六章 空襲前夜」「第七章 弁天町燃ゆ」「第八章 現人神を拝す」
時代設定 場所設定
昭和20年/1945年  東京
登場人物
僕(語り手、高川洋一、弁天町交番の新任巡査)
熊坂(弁天町交番のベテラン巡査)
菊代(僕の従妹、電線工場勤務)
細川孝男(国民学校教師、要注意人物に指定)




直木賞 第104回候補  一覧へ

じゅうさつ
銃殺』(平成2年/1990年10月・講談社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 平成2年/1990年10月5日(第1刷)
発行者等 発行者 野間佐和子 印刷所 信毎書籍印刷株式会社 製本所 黒柳製本株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装画 風間 完 装丁 安彦勝博
総ページ数 269 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×19行
×1段
本文ページ 5~267
(計263頁)
測定枚数 489
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>平成6年/1994年1月・講談社/講談社文庫『銃殺 運命の二・二六事件』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 もりたなるお 男65歳
選考委員 評価 行数 評言
渡辺淳一
男57歳
20 「二・二六事件を皇道派の将校の側から書いたところが新鮮で迫力があった。」「主人公がなぜ皇道派にくわわるにいたったのか、その部分が抜けているところが小説の彫りを浅くしてしまった。文章は長年のキャリアを感じさせてたしかだが、そのたしかさが小説のつくりにまでおよぶと、少し問題が生じてくる。」
平岩弓枝
女58歳
7 「力のこもったいい作品ですが、終章を女性の視点にするならば最初の書き出しの部分、ドラマの進め方の計算が違うのではないかという気がしました。」
陳舜臣
男66歳
6 「主人公が皇道派に共鳴した背景が、十分説得力をもって書かれていない。皇道派善玉アプリオリが作品を軽くしたようにおもう。」
井上ひさし
男56歳
6 「テーマにたいする凄まじい執念と平明で安定した文章。」「一読して三嘆すべき立派な作品だった。」
田辺聖子
女62歳
12 「氏のお作はいつも読後、ある重い感動が残るのだが、またいつもどこか、もどかしい不満もある。この作品の主人公も静止的で、それが盛り上りに欠ける印象を与えるのだろうか。」
五木寛之
男58歳
8 「逝きし人々への鎮魂の譜として、作者の真情がよく伝わってくる力作だ。登場人物たちをつきはなして視ることがむずかしい点が、この作品に評価のわかれるところではあるまいか。」
黒岩重吾
男66歳
0  
山口瞳
男64歳
16 「二・二六事件の全容を明らかにしたいという作者の執念に打たれた。」「第八章「蝉の声降る」の緊迫感が圧巻だと思った。私はこれが受賞作となっても少しも不思議ではないと思っていたが、意外に票数が伸びなかった。」
藤沢周平
男63歳
22 「皇道派が掲げる理念の全体像、あるいはのちに二・二六事件となる蹶起に対する主人公の認識の甘さがあるようで、そこが気持にひっかかった。」「また、私はもりたさんの文章を信用しているのだが、「銃殺」ではやや緊張感を欠く表現がみられた。」
選評出典:『オール讀物』平成3年/1991年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 軍旗祭」「第二章 天誅」「第三章 歩調とれ徳さん」「第四章 射撃と演習の秋」「第五章 尊皇討奸」「第六章 軍旗の下に降る」「第七章 春は過ぎゆきて」「第八章 蝉の声降る」「終章 軍旗帰る」
時代設定 場所設定
昭和10年代~[同時代]  千葉県佐倉~東京
登場人物
宮林直大(中尉、佐倉第五十七連隊中隊長、皇道派思想の持ち主)
工藤俊作(大尉)
北畠雄一(少尉、皇道派)
海保市太郎(一等兵、小作農出身)
花島桜子(直大の許婚)
栗原安秀(中尉、歩兵第一連隊の皇道派将校)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ