直木賞のすべて
選評の概要
9495.
96979899100.
101102103104105.
106107108109110.
111112113114.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H27]2015/8/16

藤沢周平
Fujisawa Shuhei
生没年月日【注】 昭和2年/1927年12月26日~平成9年/1997年1月26日
在任期間 第94回~第114回(通算10.5年・21回)
在任年齢 58歳0ヶ月~68歳0ヶ月
経歴 本名=小菅留治。山形県生まれ。山形師範卒。
受賞歴・候補歴
処女作 「溟い海」(『オール讀物』昭和46年/1971年6月号)
個人全集 『藤沢周平全集』全26巻・別巻(平成4年/1992年6月~平成24年/2012年1月・文藝春秋刊)
直木賞候補歴 第65回候補 「溟い海」(『オール讀物』昭和46年/1971年6月号)
第66回候補 「囮」(『オール讀物』昭和46年/1971年11月号)
第68回候補 「黒い繩」(『別冊文藝春秋』121号[昭和47年/1972年9月])
第69回受賞 「暗殺の年輪」(『オール讀物』昭和48年/1973年3月号)
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part3
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 94 昭和60年/1985年下半期   一覧へ
選評の概要 本物の凄み 総行数61 (1行=14字)
選考委員 藤沢周平 男58歳
候補 評価 行数 評言
男60歳
16 「築地市場とそこに住む人びとをよくみがかれた詩的な文体で描き出し、ことに第四章波除神社は、人間と人間の運を語って比類のない一篇になっていた。読み終って、作中の人物が出来すぎてはいないかといった疑問もうかぶけれども、この小説にはそうしたいくつかの弱点をさし引いてまだ残るうまさと魅力があった。」
落合恵子
女41歳
20 「落合さんのこれまでの作品は、疑わずに風俗に乗って書くような性質の軽さで損をしていたように思う。」「後半に移るにしたがって物語に厚みが加わり、第四章の老境の野田の物狂い、第五章のララバイのママを描いたところで、落合さんの筆は人生の深いところにとどいたと思った。あえて森田さんとの二作受賞を主張した理由である。」
女31歳
20 「私は一応受賞圏内に入れながら積極的には推さなかった。理由はこの小説が、当世風の男女の世界を巧みに描いているものの、それだけで自閉している感じが不満だったからである。」「しかし林さんの小説はすでにプロの安定感をそなえていた。」「受賞を機会にひとまわり大きく成長することも期待出来、最終的には受賞に反対しなかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和61年/1986年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 95 昭和61年/1986年上半期   一覧へ
選評の概要 抜群のリアリティ 総行数60 (1行=14字)
選考委員 藤沢周平 男58歳
候補 評価 行数 評言
女56歳
26 「私は以上の二作(引用者注:「百舌の叫ぶ夜」と「忍火山恋唄」)と皆川さんの「恋紅」を受賞圏内の作品と考えて銓衡会にのぞんだ」「周到な考証と適確な想像力なくしては生まれない抜群のリアリティに感服した。」「欲を言えばリアリズムに過ぎて花に欠けるきらいがなきにしもあらずだったが、しかし読み終って時を経てなお感銘が持続する堂々たる受賞作」
逢坂剛
男42歳
9 「文章がよく斬新な試みに魅力があった。作者にとっても新境地をひらいた作品と思われ、受賞は逃したが将来有望と考えたい。」
選評出典:『オール讀物』昭和61年/1986年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 96 昭和61年/1986年下半期   一覧へ
選評の概要 二作受賞を喜ぶ 総行数59 (1行=14字)
選考委員 藤沢周平 男59歳
候補 評価 行数 評言
男43歳
10 「「百舌の叫ぶ夜」にひきつづいて、この作家のもはや安定した力量と呼んでいい筆力を示した作品だった。これだけの長い物語を倦かせずに読ませる構成力と達意の文章は、もうプロ作家のものである。」
男55歳
17 「ときめきと不安が混在する青春なるもの、ことに昭和三十年代初期という時代の青春を見事に描き出した作品だった。」「小説のとどのつまりは文章によって成立すること、丁寧でつつしみ深い文章がどういうことを表現出来るかを示した作品でもあった。」
選評出典:『オール讀物』昭和62年/1987年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 97 昭和62年/1987年上半期   一覧へ
選評の概要 三篇を推す 総行数135 (1行=14字)
選考委員 藤沢周平 男59歳
候補 評価 行数 評言
男55歳
14 「人物の造形がやや浅いところがあって、この作家の最良の作品とは言えないかも知れないが、船の活躍とその描写がその不足を補ってあまりあり、スケールが大きくいきいきした海洋小説になっていた。安心して読める筆遣いとここ一番のところの重量感のある描写はさすがに老練の筆で、この人の受賞で時代小説に厚味が加わることは疑いない。」
女28歳
25 「才能は疑いがないものである。私たち読者が、耳にピアスをして強い香水の匂いを発散させるジゴロを「粋」だと感じることが出来るのは、この作家の天性の才能と肯定的で力のある文章による説得力のせいである。」「ただ話のつくりはやや古風で、また八篇の短篇がすべて傑作というわけでもない。」「しかしその(引用者注:私が感服した)三篇が、山田さんのほかには誰も書かない小説であるのもたしかなことに思われた。」
もりたなるお
男61歳
19 「作者の力量が十分に発揮された佳作だった。」「簡潔な文章が最後までゆるまずに持続し、題材はやや地味ながら受賞の水準に達した作品に思われた。」
  「今回の候補作は八点で、やや多いかと思われたが、(引用者中略)選考のための下読みは興味が苦痛に勝って、さほど疲れなかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和62年/1987年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 98 昭和62年/1987年下半期   一覧へ
選評の概要 胸打つ重い感慨 総行数172 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男60歳
候補 評価 行数 評言
男54歳
41 「見事なのはこの小説の細部である。」「そして細部というものは、しばしばその作家の才能と感性がもっともよく現われる場所でもあるので、ここにも阿部さんの才能とみずみずしい感性がのぞいているのを見ることが出来るのである。」「形、内容ともにととのった、受賞にふさわしい作品だった。」
三浦浩
男57歳
40 「私には政治に対する根強い不信感があって、政治、ことに国際政治においては、裏にどんな取引や密約があるか知れたものではないという気持もある。したがって「海外特派員」もあり得べき悪夢として読んだ。」「第一級の国際謀略小説だと思う。」「受賞圏内の作品だった。」
選評出典:『オール讀物』昭和63年/1988年4月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 99 昭和63年/1988年上半期   一覧へ
選評の概要 不安のない才能 総行数126 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男60歳
候補 評価 行数 評言
男48歳
47 「一応受賞圏内の作品を考えて選考会にのぞんだ」「快いおどろきを感じた。」「欠点はあるものの、「凍れる瞳」、「端島の女」はともに人間の体温が感じられる情感ただよう作品になっていた。」「万全の本命作品とは言えなかったが、才能という点では際立っていた。」
男41歳
61 「一応受賞圏内の作品を考えて選考会にのぞんだ」「第三章まではすばらしい出来。ことに幻想的なプロローグはまれにみるうつくしさで、今度の直木賞はこの人で決まりと思わせるものだった。」「ところがこのあとにはじまる活劇調の展開は、よく考えられているものの所詮底の浅い立ち回りの印象をぬぐえないものだった。」「万全の本命作品とは言えなかったが、才能という点では際立っていた。」
小松重男
男57歳
14 「一応受賞圏内の作品を考えて選考会にのぞんだ」「とぼけたような文章で書かれた人物がみなおもしろく、また運転手と女郎の純愛をあかるく描き切って、読後に余韻が残った。これはこれで一篇の佳作と思ったけれども、支持が少なかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和63年/1988年10月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 100 昭和63年/1988年下半期   一覧へ
選評の概要 才気と丹念な作りと 総行数131 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男61歳
候補 評価 行数 評言
女35歳
23 「今度の候補作を一読するにおよんで、格段の進歩におどろいた。しかもその進歩が、悪達者といった弊をまぬがれて、素直にのびのびと成長したところが値打ちであり、こういう例はめずらしいかと思う。」「総じて平均点の高い佳作というべきだろう。」
女39歳
19 「才気煥発の作品。」「ただ、この小説の結末の部分は案外な不出来で、その理由は筆を惜しんだひとり合点にあるとしか思えず、私はきわめて不満足だった。」「しかしその一点の不満を我慢すれば、この作品はやはり受賞圏内のものである。」
  「今回の候補作は全体に小柄な感じで、かつ実力に大差がないというのが最初の印象だったが、読みすすめるうちに各作品の個性が目立って来て、小柄ながら粒ぞろいという感じに変った。」
選評出典:『オール讀物』平成1年/1989年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 101 平成1年/1989年上半期   一覧へ
選評の概要 笹倉さんを推す 総行数143 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男61歳
候補 評価 行数 評言
多島斗志之
男40歳
22 「レーニンの約定書をめぐる規模雄大なフィクションで、文章も一級品、ことにP・グリーン回顧録の構成と文章には堪能した。」「しかしこの小説には弱点がある。英公安機関の謀略というせっかくの二重構造のフィクションが、この小説の後半部に密度の希薄な部分、カラ騒ぎの印象を生み出しているのである。私は抜群のテクニックと、虚構に賭けようとする作者の姿勢に一票を投じたものの、この弱点があっては受賞にとどかなかった。」
男40歳
21 「読むほどに、次第に寄るべない一人のフィリピン女性の孤独と犯罪がうかび上がって来る感触がすばらしく、重厚な筆力が感じ取れた。」「一見したところは地味な小説であるけれども、中身は十分に濃くて、私はフィクションの本道を行く、いわゆる虚構の真実に手がとどいた作品とみた。」
男41歳
38 「「天狗熱」、「六月の蠅取紙」、「真冬の金魚」の三篇が、素直な文章と初初しい感性でなかなかの短篇になっていた。」「しかし小説の考え方として、私小説よりは虚構の作物をより上位に置きたい私としては、このちまちまとした私小説ふうの骨格を持つ小説にあまり高い点数はつけられず、またこの作品のそういう性格も直木賞にふさわしいものとは思えなかった。」
  「結果として評価に差はついたものの、今回の候補作品はおしなべて質がよく、点数ほどに差があったわけではなかった。」
選評出典:『オール讀物』平成1年/1989年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 102 平成1年/1989年下半期   一覧へ
選評の概要 将来性に富む二作品 総行数144 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男62歳
候補 評価 行数 評言
酒見賢一
男26歳
19 「使うべきところにそれにもっともふさわしい言葉が使われていて、その選択はほとんど狂いがなく見事というほかはない。」「おもしろく読み終ってさて振りかえってみると、何を読んだか大変心もとない気がする弱点はあるが、この稀有な才能に敬意を表して、私は一票を投じた。」
男43歳
37 「明白な欠点を抱えるにもかかわらず、この小説にはなお受賞作に推したくなるものがそなわっていた。」「作者はこの作品でハードボイルド調を完全に自分の物にしているだけでなく、魅力ある文章と魅力ある一人の私立探偵を造型していた。」「私は、前記の欠点のために、この作品を受賞圏に入れることを断念して出席したのだが、第一回の投票で意外に票があつまったのをみて矢もタテもたまらず変節し、受賞支持に回った次第だった。」
男68歳
18 「男たち(ことに南北の描き方が秀逸)はうまく書けているのに肝心の男狂いの小伝のあわれ、またはかわいらしさが伝わって来ない不満があり、読後感もまた快いとも言えない小説だが、作品が暗くて楽しくないという点は、この作者がまだ言いたいこと書きたいことを沢山持っているせいではないかと思われて、むしろ今後に期待を抱かせるものだった。」
  「今回の選考について言えば、圧倒的な一作というものはなかったが、瑕瑾を理由に見送るには惜しい気がするきわめて将来性に富む二作品はあったというのが私の考えである。」
選評出典:『オール讀物』平成2年/1990年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 103 平成2年/1990年上半期   一覧へ
選評の概要 大人の小説 総行数128 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男62歳
候補 評価 行数 評言
男57歳
37 「完成度の高い短篇集で、ほかの候補作を読んだあとでこの作品を読むと、よくもわるくも大人の小説を読んでいる安心感があった。」「べつにおもしろおかしく書いているわけではないのに、一人一人の人間がおもしろく、技術のあれこれがみなおもしろかった。描写ということを知っている文章と、そこに登場する一人一人の人生が的確に描き出されているからだろうと思う。」
選評出典:『オール讀物』平成2年/1990年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 104 平成2年/1990年下半期   一覧へ
選評の概要 本来の実力発揮 総行数143 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男63歳
候補 評価 行数 評言
男65歳
26 「新聞小説のせいか編年体ふうに書きいそいだ印象があり、また重要な個所でやや突っこみ不足を感じさせるところもあって、私はそれについては不満を述べたが、しかし総体として眺めれば、この作家の安定した筆力は候補作の中で頭ひとつ抜け出ていた。特に孤独な境涯に落ちる晩年の描写が、伝説的なテナー藤原義江の孤影を陰影深く彫り上げて、作者の本来具えている実力を示していた。」
酒見賢一
男27歳
17 「短い話の中に(引用者中略)いきいきした人間の動きが書かれていた。」「前々回候補作「後宮小説」の衝撃はないものの、そのかわりに一段とまとまりがよくなり、酒見さんが着実に一人の作家に成長しつつあることを感じさせるものだった。」
堀和久
男59歳
33 「第二章に入ると内容、表現ともに一変して引きしまり、緊張感みなぎる小説になる。圧巻は主人公である失意の修行僧が悟りをもとめて旅に出る部分」「この小説は第一章と最終章が不出来で損をしているが、概ね受賞の水準に達していて、堀さんの進境を窺わせる作品だった。」
選評出典:『オール讀物』平成3年/1991年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 105 平成3年/1991年上半期   一覧へ
選評の概要 魅力的な二作品 総行数118 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男63歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
29 「前回の候補作「天空の舟」に比較すると、作品に艶が出たように思った。」「この作家の興味はいまのところは模索して歴史を述べるところにあるようで、その場合の、骨格がただしく、言いつくして渋滞のない文章が見事である。」「弱点もふくめて何かしら大きな完成を予感させる将来性と、作品にそなわる魅力に一票を投じたいと思った。」
男41歳
16 「ユーモアあふれる才筆で高校生たちの青春を描いた佳作。」「「渚のデート」というわりあいしんみりした一章がまたよく書けていて、このひとのすぐれた資質の一端を示しているように思った。ここに書かれているのは青春以外の何ものでもないと思わせる稀有な小説。ただし、文章が軽快に過ぎて再読すると白けるところがあるのは、一考を要するだろう。」
選評出典:『オール讀物』平成3年/1991年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 106 平成3年/1991年下半期   一覧へ
選評の概要 底力秘める二作品 総行数130 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男64歳
候補 評価 行数 評言
男46歳
22 「よくまとまった時代小説だった。」「これまでの高橋さんの山形ものには風俗に気持を奪われるところがあったが、この作品では風俗は底に沈みこんで、その分だけ厚みのある物語ができ上がった。底力を感じさせる作品だった。」
男44歳
33 「恐怖小説という形になっているにもかかわらず、作品には実在の世界の手ざわりがあり、またこの短篇集には、小説でなければ表現出来ないものが書けていて、この作品にも私は底力を感じた。」「この作家にはむかしからどこかに未完成な感じがあり、(引用者中略)私はむしろその未完成の気配に魅力を感じる。」
選評出典:『オール讀物』平成4年/1992年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 107 平成4年/1992年上半期   一覧へ
選評の概要 あざやかな「切子皿」 総行数124 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男64歳
候補 評価 行数 評言
清水義範
男44歳
57 「おもしろい小説だった。」「一冊の本の中に現代のサラリーマン像を見事に定着し得た佳作だと思う。」「特におもしろいと思ったのは、虚構のいろをうすめ、限りなく事実に近づけて書いたこの小説が、当然ながら虚構の作品だということで、この反語的な虚構の物語を成立させるために、清水さんは全力投球をしたように見える。」「この作家の端倪すべからざる奥行きを示していると思った。」
男42歳
40 「「切子皿」があざやかな作品だった。」「胸の内ではうちとけていない親子が、祇園で飯を喰う。人生を感じさせる場面で、その場面を切子皿がぴしりと締めている。この小説には感動がある。」「ところが「切子皿」以外の作品は、まとまってはいるもののどことなく決めどころが手ぬるく、私はこの作品の受賞には消極的賛成の立場に立った。」
選評出典:『オール讀物』平成4年/1992年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 108 平成4年/1992年下半期   一覧へ
選評の概要 見事な表現力 総行数131 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男65歳
候補 評価 行数 評言
男48歳
55 「作品全体を読み終ってみると、二、三気持にひっかかるものが残る作品でもあった。」「しかし(引用者中略)第一章の最後にあらわれる文章、あるいは関東大震災当日の光景など、この作者が正面から取り組んだ文章には懐の深い、見事な表現力が示されていた。隅田川がブリキの切片を一面にまきちらしたようにさざなみ立ったなどという文章は容易に書けるものではない。」
宮部みゆき
女32歳
25 「小さな疑問点が目につくものの、この作品には着想の非凡さとすぐれた推理小説だけが持つ、興味を先へ先へとつなぐ綿密な論理性がある。」「作品の最終場面には、表現をみがいて作品の質を高めようとする禁欲的な意志と、そのことに物を書く喜びを見ている作者の姿勢が出ている。それらを総合して「火車」も十分に受賞の水準に達していた。」
選評出典:『オール讀物』平成5年/1993年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 109 平成5年/1993年上半期   一覧へ
選評の概要 「マークスの山」を推す 総行数115 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男65歳
候補 評価 行数 評言
女40歳
45 「選考委員が異口同音に言ったように、欠点の多い作品だった。それにもかかわらずこの小説を推理小説史上に残る傑作と断定したくなるのは、話のおもしろさに加えて人間が書けているからである。」「物語に厚みがあり、描かれている警察機構と刑事たちに迫真のリアリティがあった。」「これほど欠点が目立ちながらこれほどためらいなく推せた受賞作もめずらしいと言わねばならない。」
女55歳
18 「登場する男女のことも、それぞれの一篇の結末も淡白に過ぎ、小説としてはやや燃焼不足のように思われた。そういうことで私は積極的に推しかねたが、この短篇集にはたしかな江戸の手ざわりがあり、また作者の個性も明瞭で、誰かが推してくれればいいと思っていた」
選評出典:『オール讀物』平成5年/1993年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 110 平成5年/1993年下半期   一覧へ
選評の概要 二作それぞれに特色 総行数115 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男66歳
候補 評価 行数 評言
男52歳
38 「ユニークな作家である。ただしこのユニークさは、単純に異色などということではなくいささか奥が深い。」「考証は従属的な位置から解放されて、作品の中で進行する物語と等質等量の役割をあたえられているようにみえる。ユニークというのはこのへんのことで、佐藤さんの小説の新しさもここにある」「物語と考証の絶妙のバランスが生み出した傑作」
男37歳
19 「「新宿鮫」シリーズは、四作目の「新宿鮫 無間人形」に至って、三作目までの娯楽性が勝った作風を超えたように思われた。主人公鮫島の超人的な設定など、二、三気になっていたところが整理されて、派手なおもしろみは減ったかわりに、ずしりと重い現実感が前面に出てきたのが四作目の特色である。」「直木賞にこのエンタテイメントの傑作を加え得たことをよろこびたい。」
選評出典:『オール讀物』平成6年/1994年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 111 平成6年/1994年上半期   一覧へ
選評の概要 虚構の奥深さ 総行数145 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男66歳
候補 評価 行数 評言
男45歳
30 「直球でストライクを取ったような、単純だが気持よく読める作品だった。」「読者を作品世界の中にひきこむのはヒューマニズムである。」「中村さんの従来の小説にみられた資料からくるわずらわしい感じがなかった。」「受賞に値いする長足の進歩と思われた。」
東郷隆
男42歳
24 「前作の「人造記」、「打てや叩けや」などにくらべると、イメージが鮮明で文章もくどさが消え、急にうまくなったような感じをあたえる。」「「絵師合戦」、「熊谷往生」の二篇が秀逸で、「開眼」は前半の人物造型はすぐれているのに肝心の後半がよくなかった。しかしこれも相当の作品だった。」「受賞の水準に達した作品だった。」
男44歳
51 「この二篇(引用者注:「帰郷」と「夏の終りの風」)にくらべてほかの四篇は総じて物語にふくらみを欠き、二篇との落差が大きすぎた。」「私はこの作品をいまひとつ積極的に推奨しかねたのだが、議論を重ねるうちに「帰郷」が持つ虚構性のなつかしさ、奥行きの深さが胸の中にどんどんふくらんで来て、(引用者中略)最後の評価の段階では躊躇なく受賞賛成に回った次第だった。」
選評出典:『オール讀物』平成6年/1994年9月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 112 平成6年/1994年下半期   一覧へ
選評の概要 感動が残る志水作品 総行数164 (1行=13字)
選考委員 藤沢周平 男67歳
候補 評価 行数 評言
中島らも
男42歳
18 「小説のおもしろさということでは、(引用者中略)ずば抜けていた。」「やや才気が鼻につく個所があり、また勉強のあとが正直に出ているところもあるが、この作者の才能は疑いの余地がないものだ。図抜けたおもしろさも直木賞の守備範囲にきちんとおさまり、十分に受賞水準に達した作品と思われた。」
志水辰夫
男58歳
54 「文学の原点に出会ったようでほっとする」「「赤いバス」と「トンネルの向こうで」は、秀作と呼びたい出来ばえである。」「小説は、ああおもしろかったと読み捨てるのではなく、読後なにかしらこころに残るようなものでありたいものだが、「赤いバス」にはそれがある。」「十分に受賞に値いする短篇集だった。」
  「票が散って受賞作を出せなかったのが真相である。しかし懸念がないわけではない。」「小説ひと筋というのはいかにも古いようだが、しかしその思いがなくなれば文学はいずれほろびるだろうというのが私の考えである。」
選評出典:『オール讀物』平成7年/1995年3月号
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ