直木賞のすべて
第87回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

飯尾憲士
Io Kenshi
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「候補作家の群像 飯尾憲士」と同じものです。
生没年月日【注】 大正15年/1926年8月21日~平成16年/2004年7月26日
経歴 大分県竹田市生まれ。五高文科卒。業界誌編集などの後、文筆業。「海の向うの血」がすばる文学賞佳作入選。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第52回芥川賞(昭和39年/1964年下期)「炎」
  • |候補| 第11回作家賞(昭和49年/1974年)「団地の中で」
  • 第2回すばる文学賞[佳作](昭和53年/1978年)「海の向うの血」
  • |候補| 第83回芥川賞(昭和55年/1980年上期)「ソウルの位牌」
  • |候補| 第86回芥川賞(昭和56年/1981年下期)「隻眼の人」
  • |候補| 第87回直木賞(昭和57年/1982年上期)「自決」
  • |候補| 第10回新田次郎文学賞(平成3年/1991年)『静かな自裁』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ほのお
炎」(『詩と真実』187号[昭和39年/1964年11月])
媒体・作品情報
誌名 「詩と真実」  別表記表紙 「文芸雑誌」併記 表紙・目次 「詩と眞實」 奥付 「詩と真実」
巻号 第187号
印刷/発行年月日 印刷 昭和39年/1964年11月20日 発行 昭和39年/1964年11月25日
発行者等 編集人 永松 定 発行人 吉良敏雄 印刷所 日進印刷株式会社(熊本市)
発行所 詩と真実社(熊本市)
総ページ数 56 表記上の枚数 目次 137枚 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 2~41
(計40頁)
測定枚数 143
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『文學界』昭和40年/1965年2月号再録
>>昭和59年/1984年8月・文藝春秋刊『隻眼の人』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 52回候補 一覧へ
候補者 飯尾憲士 男38歳
選考委員 評価 行数 評言
石川淳
男65歳
0  
瀧井孝作
男70歳
3 「甚だ幼稚だと見た。」
石川達三
男59歳
4 「構成上の無理、乃至は慾張りがあるようだ。」「いろいろ盛り沢山に出て来るが、どの人物も薄弱で中途半端である。文章に一種のポーズがあって、それも気にかかった。」
井上靖
男57歳
0  
丹羽文雄
男60歳
0  
高見順
男57歳
2 「作柄がいわばきまじめであるだけに、この種の小説の規格品という感じがした。」
中村光夫
男53歳
2 「欲張っていろいろ書こうとして、失敗しています。」
川端康成
男65歳
0  
永井龍男
男60歳
0  
舟橋聖一
男60歳
8 「読後、私の心に、(引用者中略)残った。」「中間小説風の道具立なのが気になったが、興味をもって、最後まで、惹かれた。」「ソツのない構成である。然し、授賞作には適かない。」
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和40年/1965年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




いはい
「ソウルの 位牌」(『すばる』昭和55年/1980年2月号)
媒体・作品情報
誌名 「すばる」  別表記表紙 「昴」ロゴ「文芸誌」併記 奥付 「昴 すばる」
巻号 第2巻 第2号  別表記2月号
印刷/発行年月日 発行 昭和55年/1980年2月1日
発行者等 編集者 水城 顯 発行者 堀内末男 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社集英社(東京都)
総ページ数 292 表記上の枚数 目次 140枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 104~149
(計46頁)
測定枚数 139
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和55年/1980年8月・集英社刊『ソウルの位牌』所収
>>昭和63年/1988年7月・集英社/集英社文庫『ソウルの位牌』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 83回候補 一覧へ
候補者 飯尾憲士 男53歳
選考委員 評価 行数 評言
丸谷才一
男54歳
0  
大江健三郎
男45歳
0  
吉行淳之介
男56歳
0  
瀧井孝作
男86歳
8 「朝鮮のソウルにて、叔父・甥、叔母・姪たちに歓迎される酒宴の場面、ありありした描写に私は惹込まれて涙ぐんだりした。実感の強い作にて、私はこれ一つを推した。」
中村光夫
男69歳
0  
遠藤周作
男57歳
0  
井上靖
男73歳
0  
丹羽文雄
男75歳
0  
開高健
男49歳
0  
安岡章太郎
男60歳
6 「主題が好いし、素直な筆致でおもしろく読めたが、父の母国である韓国まで出掛けて、作者も主人公も、ともども主題を見失ってしまったのはいただけない。」
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和55年/1980年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




せきがん ひと
隻眼の 人」(『文學界』昭和56年/1981年10月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第35巻 第10号  別表記10月号
印刷/発行年月日 発行 昭和56年/1981年10月1日
発行者等 編集兼発行人 松村善二郎 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 56~81
(計26頁)
測定枚数 74
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和59年/1984年8月・文藝春秋刊『隻眼の人』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 86回候補 一覧へ
候補者 飯尾憲士 男55歳
選考委員 評価 行数 評言
吉行淳之介
男57歳
0  
丹羽文雄
男77歳
0  
大江健三郎
男46歳
0  
遠藤周作
男58歳
0  
瀧井孝作
男87歳
3 「文章はいいが、一寸、古くさい。」
丸谷才一
男56歳
0  
安岡章太郎
男61歳
0  
井上靖
男74歳
6 「隻眼の人物もよく書かれてあり、主人公のその人物へのこだわりも、まあ、不自然でなく書かれている。」
開高健
男51歳
0  
中村光夫
男70歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十二巻』昭和58年/1983年1月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和57年/1982年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第87回候補  一覧へ

じけつ もりこのえしだんちょう ざんさつじけん
自決―― 森近衛師団長 斬殺事件」(『すばる』昭和57年/1982年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「すばる」  別表記表紙・目次 □囲み白抜き「昴」併記 奥付 「すばる 昴」
巻号 第4巻 第6号  別表記6月号
副題等 表紙・目次 「森近衛師団長斬殺事件」 本文 「――森近衛師団長斬殺事件」
印刷/発行年月日 発行 昭和57年/1982年6月1日
発行者等 編集者 水城 顯 発行者 堀内末男 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社集英社(東京都)
総ページ数 326 表記上の枚数 表紙・目次 520枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×26行
×2段
本文ページ 8~168
(計161頁)
測定枚数 528
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和57年/1982年8月・集英社刊『自決』
>>昭和60年/1985年7月・集英社/集英社文庫『自決』
>>平成11年/1999年2月・光人社/光人社NF文庫『自決―森近衛師団長斬殺事件』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 飯尾憲士 男55歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男70歳
4 「力作には違いないが、ノンフィクションとして読むべきであろう。」
水上勉
男63歳
6 「直木賞候補となったのが不幸である。別の文学賞で論じられる方が作者も納得されるだろう。執念ぶかい事実へのこだわりに敬意を表したい。」
村上元三
男72歳
10 「わたしはノンフィクションの部に入れたが、それにしても無駄を書きすぎる。」「読み終って残ったのは、ただ空しい徒労感だけであった。」
山口瞳
男55歳
0  
池波正太郎
男59歳
6 「私にはおもしろく読めたが、それはあくまでも材料のおもしろさ、ドキュメントとしての興味ゆえで、この作品は直木賞のものではない。」
阿川弘之
男61歳
0  
五木寛之
男49歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和57年/1982年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「1」~「25」
時代設定 場所設定
同時代~昭和20年/1945年  東京~鹿児島~熊本~長野~京都~埼玉など
登場人物
私(語り手、元陸軍航空士官学校生徒)
上原重太郎(大尉、航空士官学校生徒隊付隊長、私の区隊長、森師団長斬殺事件ののち自決)
窪田兼三(少佐、現存者、自ら森師団長斬殺事件の犯人と名乗る)
荒武禎年(大尉、上原と同郷で上原の自決の介錯を務める)
柄沢勇太郎(中尉、豊岡憲兵分隊長、上原に自決を促す)
加藤治(私の同期生、私の近所に在住)
備考
初出と単行本とで章立てに違いあり




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ